High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THERAPY? -TROUBLEGUM-


おひさしブリーフもっこりもっさり社会の窓からこんにちは。世俗のいろんなことが重く圧し掛かってて、呼吸困難で、まさにこのジャケのような感じなので、かなり更新してませんでした。つーことで、THERAPY?。高速メタリックピロピロとかもうそっちのけ。

アイルランド出身のTHERAPY?は、'91年に"BABYTEETH"というミニアルバムをインディーでリリース。'92年に2nd.ミニ、"PLEASURE DEATH"をリリース。この2枚は後に北米で"CAUCASIAN PSYCHOSIS"というアルバムとしてリリースされます。もうこの頃のは暗っくら。ともあれ、斬新な切り口だったり、その創造性は、当時から高い評価を得たようで、'92年に初のメジャーリリースとなる"NURSE"をA&Mからリリースします。で、その次の作品が、'94年リリースのこの"TROUBLEGUM"ですね。
前作までは、さほどググッとくるといったメロディーは全面に押し出したりすることは無かったように思うのですが、この作品から途端に、そのアレンジやアプローチもさることながら、なんといっても楽曲の良さやメロデイー面で著しく魅かれる要素が倍増したように思います。それは、次作の'95年の"INFERNAL LOVE"でも顕著に見られる傾向ですが、私的にはなんといっても、オルタナティヴな魅力を持ちも全開に、攻撃性やマニアックさも残しつつ、間口を広げた感のある、この作品がとても印象的だったなと。で、その次の"INFERNAL LOVE"の次くらいからメンバーが変わっちゃったんだっけか、パーカッシヴでカッチョいいこの辺りのドラムが好きだったりしたし、トリオでも無くなったみたいだし、そんなこんなで、"INFERNAL OVE"以降の作品とかはなんか興味無くなってあんま聴かなくなったんですけども。

オープニングの"Knives"~"Screamager"の流れは、個人的にとにかく気しょく良すぎて気持ちいい。つか、頭の2曲すげぇ好き。で、黒くてガッツリな感じが2曲来て、次の"Nowhere"でびっくり。それまではここまでサックリと潔い疾走メロディアスナンバーってのが無かったように思うので、それがまた気持ちよすぎ。ともあれ、そんな前作までにはここまでの圧倒的な開き直りというか、メロディアス的な試みが無かったように思うので、そういった意味でもメロディー面に比重を置きつつ、色んな側面はちゃんと見せてくれるという良作。みなさんには関係無くても俺は好き。
まあ、何かと様々な要素が詰まってるバンドで、アルバムごとに感触がかなり違ったりして、どういう音だとか一言では形容しづらく、色々とカテゴリーが難しいバンドやサウンドだと思うのですが、この時期はCHINA DRUMあたりを好きな人にも充分にアピールできるような、メロデイアスさとか、時折の疾走感だとか、絶妙の哀愁といったものも感じさせてくれるんではないでしょうか。基本暗いし。

私的にはHÜSKER DÜの幻影を探し求めちゃったりしてる時期にポッコリ出てきた感があって、初期は特にその独創的なイマジネーションやインテリジェンスみたいなものも似ているなと思ったし、またどこか冷めてて実験的なといった部分があるといった印象もその感触が似てたのかなと。HÜSKER DÜはアメリカのバンドでも希有なくらい冷えた印象持ってましたし。またトリオってのもなお良しってのがありましたし。
元来私はそういうものが好きだったりするのですが、特にアイルランドって国は、こういうどこか薄暗い、冷え切った、冷たい印象の音出すバンド多いですよね。だから好きなのかもですね。そんなこんなで初期のU2とかもすげぇ好きだったりする私。

THERAPY? Official http://www.therapyquestionmark.co.uk/

スポンサーサイト
GUITAR GANGSTERS -PROHIBITION-
GUITAR GANGSTERS

今日も、私の色んなもので狭っ苦しくなった、薄暗い湿った部屋では、LINKとテイチクのイカれた風が吹き荒れてるぜってな感じで、何故に国内盤?Modern UKシリーズ。GUITAR GANGSTERS。当時の印象としては、名前がダセェ。ジャケがダセェ。でも、曲がすごく良かったなという。もう、BLOODとかとは、別の意味で真逆のバンドだと思うのですが、アプローチというと、ただ、なるべくタイトに演奏しようとしてるだけで、CLASHとかRAMONESとかが好きなんだろうなといったバンドです。なのに、ビートルズとかも好きに違いないという。現在も現役なのは素晴らしいですね。メンバーは一人becomes baldですけど。

GUITAR GANGSTERSは、'89年にロンドンで結成された、3ピースのパンク・バンドで、この作品は'91年の1st.full-lengthです。以降も現在まで、コンスタントに活動を続けており、つい昨年、Captain Oiからベスト・アルバムがリリースされてますね。この1st.も2nd.の"Money with Menaces"と2in1とかで、今も買えるのかな。
それにしても、ルックスとかジャケとか、今のほうが格段にカッコ良くなってますね。一人ハゲてますけど。しかし、黒のMODSスーツはハゲもかっこよくなるぞ。俺もハゲたら黒スーツだ。

LINK→Captain Oiってのもあるのでしょうが、何故だかいわゆるOiにカテゴリーされることの多い彼らですが、本来はロックンロールを基調とした、パンクっぽいロックが彼らのスタイルなわけですが、なんというか古いスタンダード的な要素とかも加味しつつ、味のあるメロディーで、どこかまったりとアップ・テンポに走ってます。で、この1st.時代は、時にとんでもなくそれと一発で理解できる、RAMONESや、CLASHや、PISTOLSのパクリ・フレーズとかが、飛び出してくるという、二昔前の日本のビートバンド的側面も持ってたりします。
かなり甘めのメロディーで、かなりスゥイートな歌メロを、オールドな音づくりで、さほど激しくもなく奏でたりするので、パンク/ハードコア的成分は非常に薄いですが、楽曲など非常に良いので、違うアプローチでカバーとかされたりすると、すごくカッコいいパンク・サウンドになるかもしれません。
どことなく、古き良きパンクというか、それすらも通り越した古さや、懐かしさのようなものを感じさせてくれる、なんとも味のある、心やさしきパンクロックといった一枚だと思います。

ソリッドでタイトなイメージを持ちがちな、UK3ピースなのに、当時、どこかオシャレ感とかが無く、攻撃性がまるで無いなぁってところは、なんだか、当時のこの人たちの人柄といったものが全体的に滲み出ているのかもしれません。そう思うと、THE JAMって途轍もなくパンクなのだなぁ、とか思ってしまいました。しかし、パンクにやさしさってヤツも必要なんですよ。男にも時にそれが求められるように。

GUITAR GANGSTERS Official http://www.guitargangsters.co.uk/index.htm

MIDWAY STILL -DIAL SQUARE-
midway still

BLOODを聴いてたら、ついついテイチク男汁とかが分泌してきて、ついつい近くにあったものまで聴いてみる。で、また古いのでもやろうかなと。で、MIDWAY STILL。マイナーなんだろうな、地味だし、パッとしないし。でも、"Found"はカッコ良すぎです。全部"Found"だったらよかったのに。

MIDWAY STILLは'90年にイギリスで結成された、ギター・ボーカルのトリオ・バンドです。活動時期的にはCHINA DRUMと被ってたりする感じで、サウンドのほうもEmoの走りというか、まぁ、USオルタナティヴの影響下にありつつ、UKメロディック然としているバンドだと思います。ただ、本当に地味な感じで、当時もさほど話題にもならないまま消えていった感じですが、当時のイギリスではレーベルによる争奪戦まで行われていたようで、彼らは結局LETHERFACEなどを擁する、Roughneckと契約します。いわゆるSNUFFとかLETHERFACEの周辺のバンドだと思いますが、今日的疾走感があるわけでもなく、かといってそれに代わる素晴らしい武器を持っているわけでもなく、HUSKER DU辺りに影響を受けつつ、USギター・サウンド、グランジの要素なんかも取り入れつつ、地味に良い曲、良いメロディーを書けているといった印象ですね。ただ、叙情的で、繊細だったりして、そういう部分は非常にUK。どっちつかずにやはり地味なのだな。やはりそういうところが、時代に埋没していった要因もあるのかなとか思います。

この'92年に本国とほぼ同時というか、日本のほうがリリースがちと早かった、彼らの1st."Dial Square"。実はなにげにドン・フレミングのプロデュース。そのオープニングを飾る"Found"に、とりあえず鳥肌が立つほどの、クールさを覚えたりしたわけですが、まぁ、アルバム全体通して聴くと、やっぱすげぇ地味かな。パンク的アプローチでもって、そこに当時のUK/USギター・サウンドを塗したような、心地よい疾走感のあるナンバーもありますが、全体を通して、本当にスピード感やラウド感、ワイルドさといった、ロックの醍醐味的な要素が少ないように感じられます。で、CHINA DRUMあたりとどうしても比べてしまうと、やはり色々とスケールの小ささのようなものを実感してしまいます。と、ここまで書いていると、全く褒めてないような気がしてきましたが、好きか、嫌いかと聞かれると、これが結構好きだったりするわけです、何故か。いや、ドス暗いからかな(笑)まぁ、哀愁には超クソまみれてます。で、今ふと頭をよぎりましたけど、これを極限まで加速させて、ハードコアブチ込んで、近代的カッコ良さとかをふりかけたりしてみると、ONE FOOTになるんじゃないだろうかって。いや、それならONE FOOT聴きゃあいいじゃないって話ですけど、何故だか、急に引っ張り出してきて聴きたくなったりするんですよね。で、毎度、やっぱ遅ぇとかって文句たれてんの。アホカか、俺。
ま、しかし、ボートラでマイ・ブラッディ・バレンタインかなんかのカバーやってんですけど、それが抜群にラウドで、開けてて、弾けてて、すごくカッコいいんですよね。このおかしなロック的要素が、全体に塗してあったりすると、このバンドの印象が大きく変わったんじゃないかとか思います。

まぁ、なんだかダメ~な紹介になっちゃったりした気がしますが、UKメロディックとかが好きな人は掘ってみてください。哀愁にスリリングな曲とかもあったり、なにせメロディアスで暗っ暗ですので。で、一部を除き、繊細かつ叙情的な側面に突出した、ソフトなパンク(?)です。
一言でエモだよね、とか言われると、少し得心がいかなかったりするのは、何気にこのバンドが好きなのかなとか思う証拠かもしれません。

MIDWAY STILL Official http://www.you-here.com/midway/
MIDWAY STILL MySpace http://www.myspace.com/midwaystill

THE ABS -WOP BOP A LOO BOP… A COUGH, WHEEZE, FART!-
ABS -WOP BOP

日本のパンク・ファンの中で、いったいどれくらいの人が、このTHE ABSの廃盤となった作品が聴けるということの喜びに、狂喜乱舞したり、感涙に咽び泣いたでしょうか。かくいう、私も、その中の一人として、多くの人がそうであろうことを、大いに期待するところですが、それはもしかすると大きな勘違いで、国内盤仕様で出すほうも狂っているなら、あまつさえリリース前から、この作品を2008年のベスト・アルバムの上位に放り込もうとしちゃってる、ここにいるキ○ガイとかは、他人さまから見れば、実は非常に滑稽で、そんな人、日本に数えるほどしかいないよって、ツっ込まれちゃったり、ABSとか知らねぇし聴かねぇよとかって、言われちゃったりすると、オジサンは悲しい気持になってしまうのですが、このABSの"Wop Bop A Loo Bop... A Cough Wheeze Fart!"。この作品のリリース自体、そして現代おいて、この音源の存在自体が、すでに神々しいまでの、輝きを放ち、熱いパンク魂の飛沫をまき散らし、全ての日本のパンクスの...いや、間違えた、私の魂の熱望に見事応えた、意義ある一枚というか、ダブル・ディスクであるとご理解いただきたい所存です。

以前、ここでもレビューした、1st.アルバム"Mentalenema"は当然のごとく、夢にまで見た2nd."Nail It Down"、入手など常に絶望的な1st.7inch"Grease Your Ralph"のB面、12inch"Turbosphinct"さえも収録な上に、ファンジンの付録7inchの曲までも収録し、あまつさえ、JOHN PEEL SESSIONの音源や、未発表LIVE音源までもが、これでもかと叩き込まれたばかりか、WATERSLIDE RECORDS/BOSS TUNEAGE JAPANのオーナーのライナーに、BAZ(Vo./G.)自身による、ナニのデカさを誇示する、素晴らしいインチキBioに、帯までが付いた国内盤、嗚呼、鼻血も出そうな入魂の2枚組。
とは言いつつも、1st.7inch"Grease Your Ralph"からは、"Shift..."のみで、ファンジン付録の"Face The Facts"の"Clinkers In My Clefts"は、LIVE音源のみなのですか?"Underground Rockers"に収録されていた、"Fear Is The Key"と"Englebert Humperdrink's Racing Pigeon"の別バージョンが入ってないではないですか!?と、網羅というには、少し納得のいかないところがあるのですが、何とかしてほしいです。THE ABSの全てが手に入れたいです。何度だって付き合いますし、金も落としますから、無理を承知でお願いしたい、ザ・レジェンド・オブ・コンプリートTHE ABSとかって出してください。ここまで音源を集めていながら、収録されてないバージョンや、曲が少しでもあるという、理由が聞きたいです(半泣)メンバーがマスターとか持ってなかったのでしょうか、酔っ払いだから。

気を取り直して解説。PEEL SESSIONの音源から始まる一枚目。貴重音源な上、音質自体も非常にクリアで、演奏も素晴らしく、仰る通り、PEEL SESSIONの音源にハズレはありません。
そして5~12は、ここでも以前取り上げた、パンクの名盤、1st."Mentalenema"。オリジナルを持っていても、何度聴いても素晴らしいアルバムです。未聴の方はこの音源を聴くためだけでも、今回のリイシューを入手する価値は十分にあります。初期THE ABSの魅力、そしてパンクの醍醐味の詰まった作品です。
続く、13~16は、私も初めて聴いた12inch"Turbosphinct"の全4曲。カッコいいです。いや、本当に。スピーディーな曲が多く、少し荒っぽさのようなモノも見え、1st.にも匹敵する、パンクを感じ、シビれました。
17は、1st.7inchの、ディレイ・ギターに、ベース・ラインもスリリングな味わいといったB面収録曲。
18は、一生めぐり合うことなど不可能であろうとさえ思われた、Sniffin Rock Magazineというファンジンのおまけ7inchの曲です。神様ありがとう。パンク的な刻み疾走感がたまりません。
19、20は未発表のLIVE音源2連発。ウェスタンでカントリーな大人の遊び心の19曲目。初期パンクの衝動を感じさせる20曲目。
そして、Disc-2。もう、幻であり、悲願の2nd.アルバム、"Nail It Down"。CDのみの収録曲であった曲も含み、その全12曲を網羅。この音源からベーシストが、チェンジしてるらしく、ビジー・ベースには違いないのですが、少し丸い音で、初期の作品のように、前面で引っ張りまくる感じではありません。もっとも、この2nd.アルバムからは、ライナーにも書かれてあるとおり、大人になったサウンドといった趣で、少し落ち着いた感があるので、そういった意味では、しっくりくると思います。ABS解散後のメンバーのキャリアとなる、Dr.BISONの影も見え隠れしています。しかし、BISONほど、渋い感じはなく、心地よい疾走感といったナンバーや、哀愁を感じさせつつも、明るめの曲調も多いです。また、圧倒的な高速感といったものが、抑えられている分、余計にその深い味わいのボーカルが、メロディーとともに全面に押し出され、非常に印象に残ります。10曲目のような大人のナンバーでは、その歌唱の魅力とテクニックが、いかんなく発揮されています。高速感を抑えていると言いつつも、4曲目や、8曲目のような、彼ら独特の高速アプローチもあるので、曲調も随分とバラエティーに富んでおり、彼らの懐の深さといったようなものも垣間見れます。パンクのイメージを部分的に踏襲しつつも、よりUKメロディックを意識させる仕上がりになっている作品であると思います。4曲目、"Englebert Humperdrink's Racing Pigeon"の途中少し落とすアレンジや、ギターの被せ方など、工夫もみられるのですが、やはり、この曲に関しては、"Underground Rockers"に収録されているバージョンが、ストレートかつ圧倒的高速感を誇っていると思うので、かなりバージョンの違うこの曲を、多くの人に聴き比べていただくためにも、収録していただきたかったところではあります。
そして、アップ・テンポな13曲目からラスト、20曲目までは、LIVE音源なのですが、完成度の高い未発表曲も多く、なにかとコンディションの良い音源なので、ファンとしては、実に最後まで、楽しませていただける作品だと思います。

ライナー最後のG○Nは、当然、アレですよね。もう、どこまで、WATERSLIDE RECORDS/BOSS TUNEAGE JAPANは、私の胸中を察してくれるのかと、失禁してしまいそうです。同人誌のマンガのようなダメアニメイラストの、ジャケのアナログ盤をターン・テーブルに久々に乗せようとしましたが、そういうことなら、御馳走は少し後にしましょう。
そう言えば、ONE CAR PILE-UPすら、廃盤になってしまったらしく、またもCDを買い逃してしまった私。 ONE CAR PILE-UPも国内盤でお願いしたいですorz

THE ABS、Peel Session http://rareindie.blogspot.com/2007/09/abs-peel-session.html


UKメロディック編 総括
とまあ、7日間に渡り、UKメロディックのバンドをとりあげてみたのですが、この辺り詳しい人だったりすると、ご不満の向きもあるのではないかとか、思ったりもしないではないのですが、あくまで私の暴走の赴くままに、バンドをチョイスしてみました。中には、常識ではありえないモノもありますね。ABSだとか、SENSELESS THINGSとか、SENSELESS THINGSとか、SENSELESS THINGSとか、SENSELESS THINGSとか....とまぁ、そんなのもいいかなとか思いつつ、毎日更新はキツいっすなぁ。どうにか、集中力が続き、ある程度、自己満足的に完結できた感もあるので、そろそろ通常営業に戻します。
このまま、GOOBER PATROLとか、DR.BISONとかと、なだれ込んでもいいのですが、それはまた、おいおい書きます。T4 PROJECTとか、もう、とっくに届いてるし、新しい荷物、聴いてないのがあるしで、なにかと忙しいです。新しいのも聴きたくなりました。
またいろいろと、シリーズ的には、UKメロディックほど続かないかもしれませんが、.ルーツ・オブ・USメロディックだとか、'90sスウェーデン特集だとか、なんか、いろいろとやってきたいなとは、考えております。そのためと、項目開けばかなり見やすくなることが予想されたため、Modernのカテゴリーを増やしてみました。自己満足です。これからも勝手に頑張っていきたいと思います。

そんな中、ほぼ毎日更新というのは、続けていきたい所ではあります。でも、たまには休むかな、やっぱ。まぁ、毎日更新といっても、ヨタ話は挟みますけど、必ず。次は、そろそろ、そんなヨタ話です。せっかくUKメロディックという料理を毎日コツコツ並べておいて、そのちゃぶ台を思いっきりひっくり返すことうけあいです。というか、どうもひっくり返したくなるし、ひっくり返すクセがあります。
というわけで、今後も自己中心的に、頑張っていく所存ですので、お付き合いのほど、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。