High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HÜSKER DÜ -ZEN ARCADE-
Zen ArcadeZen Arcade


HÜSKER DÜはアメリカ、ミネアポリスでBob Mould (G.&Vo.)、Greg Norton(B.)、Grant Hart(Dr.Vo.)の3人により、1979年に結成されたパンク・バンドで、SNUFFやLEATHERFACEが登場したときも、よくそのサウンドを形容されたりと、いわゆるメロディック・ハードコアの祖にして、先駆といったイメージで、現代のメロディック・ハードコアのバンドにも、大きな影響を与えたと同時に、後のグランジといった一世を風靡したバンドたちも、そのインスパイアを語るバンドも多く、そういった現代のオルタナティヴのシーン全般に多大な影響を及ぼしたバンドでもあります。
それにしても、一時期は違いましたけど、現代のメロディック・ハードコアや、ポップ・パンクといったバンドで、アメリカのバンドより、むしろイギリスなどのヨーロッパのバンドに、HÜSKER DÜの影響を受けているバンドが多いような気がするのは、やはり、彼らのサウンドが持つ、暗さや、哀愁といったものが大きく影響しているのではないかと考えると、非常に興味深いところではあります。ここ最近、かなり明るく、ポップに爽快なイメージすら、感じさせるバンドを取り上げてきましたが、今日はひとつ、日頃の私らしくグッショリと湿った感じで、久々にちょいダークに濡らしあげていきましょう。

'81年にリリースされた、Live録音の1st.アルバム"Land Speed Record"で、彼らは後の叙情的でメロディアスな作品からは、想像もつかないような、ラウドかつグラインドな、トラックの隙間さえ一つしかない、ある意味カオスとも言える作品でシーンに登場します。もう轟音で爆音です。続く'83年"Everything Falls Apart"でもかなり激しいサウンドを展開し、(何かと形容しづらいんですけど、初期のスターリンとかは実に近いかもとか、今聞くと思います) 同年のミニアルバム"Metal Circus"では、その激しいサウンドの中にも、かなり様々な要素が顔を出すようになります。個人的にはこのアルバム、けっこう好きだったりします。このようにHÜSKER DÜのその初期は、かなりノイジーでラウドなハードコア然としたスタイルで、最初期は、むしろハードコアよりも激しいといった、荒っぽく、カオスなサウンドを展開し、そういった意味では、中期、後期の実験的で、難解なアプローチといった彼らの特徴的な部分が、初期においては、全く別の次元での、実験的で難解な上、さらに混沌としており、HÜSKER DÜがそのキャリア全般において、非常に様々な音楽性と、実験的要素を持ち合わせた、特異なバンドであったことを証明しています。しかし、カオスなのに何故か感じるインテリジェンスのようなものはなんなんでしょうか?

'84年リリースの、アナログだと2枚組みの大作、この"Zen Arcade"から、いわゆる疾走感に、キャッチーなメロディーといった、現代のメロディック・ハードコア的なアプローチの曲が見られるようになり、前述した実験&難解な部分も多く残しつつも、随分と世間に歩み寄りをみせたというか、実験方法が変わってきています。このアルバムでは、初期のようなハードコア・ナンバーから、アコースティックなナンバーまで、実にバラエティーに富んだ、アプローチの数々と実験の数々を披露しています。最後の曲あたりは、最初は嫌がらせかと、思うほど長くカオスだったりしますが、ラスト以外もところどころにそんなのが顔を出しますし、ある意味、全編嫌がらせ感丸出しの1st.などからすれば、やはり彼らのスタンスはこの頃においても、そう、大きく変わっていないのかもしれません。なにせスタジオ録音にしても、なんだか轟音を感じさせるバンドであることだなぁと、個人的には思います。この頃から、バランスが取れてきたかなぁと思いつつ、このアルバムをチョイスしてみましたが、今、聴きながら、翌年の"New Day Rising"にしとけばよかったかなと思いつつ、やはりかなり、面白かったりします。2ビート無しで、疾走感や、高速感がバリバリなのも、特徴的な部分だとか、思ったりして、本当にいろいろと面白いかもしれません。まぁ、悪ガキがポケットの中から、いろんなものを出してくるんだけど、中にはカッコいいオモチャがあったり、100円玉があって、ちょっとうれしかったりだとかもするのですが、虫の死骸や、トカゲのシッポとかももれなく入ってたりと、まぁ、なんかそんな感じです。それを大の大人が、大マジメにやるから始末が悪かったり、妙にカッコよかったりするのかもしれません。実に様々なアプローチや展開を見せる、このアルバムでの彼らは、オルタナティヴという形容以外は、どうにもカテゴライズしにくかったりもするのですが、様々な音楽性をもったバンドが、どこかしら彼らの影響を口にするのも、充分に理解できます。歪んで、轟音って、やっぱロックとして、カッコいいなと実感できます。また初期から中期にみられる、全体的なブッ壊れ方だとか、どこかで必ずブッ壊れないと気がすまないといった、音のアナーキストっぷりは、実にロックで、パンクだったりもします。この"Zen Arcade"という作品は、そういったこのバンドの多面性や多角的要素を多く孕んでいていて、HÜSKER DÜというバンドを体現している作品かもしれません。

バランスどうのとか言うと、もう圧倒的に次作の'85年の"New Day Rising"で、まぁ、例のごとくブッ壊れたりもしますが、おかしな言い方ですが、バンドの方向性と聴く側の均整が取れているという、これまでにない普通に良い感じかもしれません。これまで、HÜSKER DÜを聴いてきたけど、俺は間違っていなかったんだ的な、ちょっとおかしな感覚です。そして、同年の"Flip Your Wig"では、さらにメロディアス化とソフト化が進行し初期の頃とは、もはや別のバンドといった趣です。メジャー、ワーナーと契約した彼らは、'86年"Candy Apple Grey"と、'87年"Warehouse: Songs and Stories"で、叙情的なまでに、美しい旋律や、メロディーといった、パンクと言うのも口憚られるサウンドを展開し、と、そう言いつつも良い曲も多く、多くのバンドも、後期の彼らの作品の収録曲をカバーしているのを見かけます。"Candy Apple Grey"収録の"Don't Want to Know If You are Lonely"なんて、もう死ぬほど名曲です。個人的にはRICHIESのカバーが気に入ってます。

もし万が一、HÜSKER DÜを聞いたことがなく、ルーツ・オブ・メロディック・ハードコア的見地で、彼らの音に望もうという若者がいたら、1曲目、2曲目で騙されること受け合いの"Zen Arcade"でも、まぁ、いいっちゃあ、いいのですが、特にメロディック・ハードコアしか聴かないとといった初心者には、"New Day Rising"一択がオススメです。間違って、1st.から極めようとして、"Land Speed Record"をチョイスし、あまつさえ、爆音でかけた日には、きっとお母さんが悲しみますよ。

HÜSKER DÜ 1979-1987 http://world.std.com/~thirdave/hd.html
HÜSKER DÜ MySpace http://www.myspace.com/flipyourwig

スポンサーサイト
ALL -ALLROY FOR PREZ-
Allroy for PrezAllroy for Prez

All


Miloがまたも学業に専念(どんだけ勉強するのこの人)のため、活動を休止したDESCENDENTSのメンバーが、DAG NASTYのDave Smalleyをボーカリストに迎え、'87年に結成されたのが、このALLです。
'88年にアルバム"Allroy Sez"と "Allroy for Prez"をリリースしたのち、Dave Smalleyが脱退。2代目ボーカリストにScott Reynoldsが加入し、'89年"Allroy's Revenge"、LIVEアルバム"Trailbrazer"'90年に"Allroy Saves"、'92年"Percolater"とアルバムをリリースした後、Scottも脱退。'93年のアルバム"Breaking Things"で、シンガーにChad Priceを迎え、'95年"Pummel"、'98年"Mass Nerder"、'00年"Problematic"とアルバムをリリースし、現在に至るのですが、近年は目立った動きもなく、また、ボーカルにScott Reynoldsが再加入するとの噂もあったりと、何かとはっきりせず、あまり動向がわかりませんね。

ALLは、DESCENDENTS時代のサウンドをさらに、ポップかつ、メロディアスに、より分かりやすい形で、その楽曲に反映させ、爽快感さえ感じさせる、ポップでメロディアスなナンバーも多く、現代の若いポップ・パンク、メロディック・ハードコアといったバンドの多くは、DESCENDENTSよりもむしろ、ALLに影響を受けたといったバンドの方が多いのではないでしょうか。しかし、分かりやすくなったとは言うものの、ALLの初期から、中期あたりまでは、DESCENDENTS時代にも見せていた、実験的な要素を多く含んだ、ある意味難解なモノもかなり含まれており、また、1分に満たないハードコア・チューンなども、やってみたりと、その実験的アプローチといったものは健在で、彼らのサウンドへの拘りのようなものが、常に窺えるのは、DESCENDENTSから、彼らのサウンドを好む人にも、それを進化、発展させた形であるとして、ハードコア的要素が多少減退したとしても、好意的に受け入れられているのではないでしょうか。特にChad Priceをボーカルに迎えて以降の作品は、アメリカン・ロック的要素も多分に顔を出し、私自身は、かなりDESCENDENTS時代との、差別化といった特徴的な部分として、ALLとしてのサウンドを確立しているように思います。ともあれ個人的には、歴代3人のボーカリストの中で、Chad Priceの野太く深い、アメリカンなボーカルが一番好みだったりして、"Breaking Things"とか、"Pummel"とかは、DESCENDENTSから変わったよなぁとか思いつつも、非常に大好きな作品だったりもします。

ALLのアルバムを一枚上げるというと、非常に迷ったりもするのですが、前述したようにChadのボーカルが、好きなので、それいきたいなとか、Scottだとどれだ?"Trailbrazer"がLIVEなのに超いいよね、だとか、もう本当に迷ったりするのですが、やっぱ圧倒的にガチだったりするのは、この"Allroy for Prez"だなとか思い、これを取り上げることにしました。全曲通して好きなアルバムです。
私自身あまり使いたくない言葉というのがあって、メロディック・ハードコアを略して「メロコア」と言うのとか、まぁ、たまに使いますけどね。中でも「捨て曲無し」といった、もう最大級のアルバム賛辞の言葉とかが、そうなのですが、「捨て曲」はありますよ、けっこう。どんな良いアルバムにおいても。もう、この曲さえなければとか思い、飛ばしちゃったりするのが。SNUFFとかSTRUNG OUTでも。そのSNUFFの"Reach"は限りなく、「捨て曲無し」という表現に近いのですが、私が持ってるのが、テイチク日本盤なばっかりに、ボートラが全捨てだったりします。シングルとか単体で聴くととても良いのですが、"Reach"の後には聴きたくないなという。まぁ、変な拘りです。私が「捨て曲無し」とか使うことがあれば、それはもう、かなり死ぬほど誉めてる感じです。とまぁ、話は横道に反れましたが、そんな私にとっては大それた表現だったりする、「捨て曲無し」というのに当てはまる、数えるほどしかないアルバムの中の一枚が、けっこう"Allroy for Prez"かもしれません。ただ、パンク的にとか、ハードコア的にとか言っちゃうとまた、変わってきますがと、またも変な拘りが、顔を出してしまいそうですが、もう、いいや、捨て曲なしで。"Allroy for Prez"は、いつ聴いても、トラックを飛ばすことなく、8曲20数分を実に爽快に聴けてしまうのは事実なので。
もう、"Just Perfect"と、"Skin Deep"のコンボから、いきなりヤラレてしまいます。この2曲とか、"Wishing Well"、"postage"とかといった、軽快かつ、爽快な疾走チューンは好きすぎます。もう、ALLのゼンマイをグリグリ巻いた上に、ゴムで引っ張って飛ばしたような速度感は、気持ち良くって本当に大好きです。音の作り方や、リズムの噛ませ方が、本当に巧いなと感じます。その軽快でタイトな演奏は、"Son-O-Qua"のような、どちらかといえばどうでもいいかもしんない感じ(つか自分的に捨て曲じゃん!!)のインストでさえも、一気に聴かせてくれます。また、ALLはそのメロディーも、たまらなく良いものが、どのアルバムにも収録されてると思いますが、このアルバムの曲もそれが非常に多いです。また、DAG NASTYのときや、DOWN BY LOWのときは、不思議とあまり感じることはないのですが、Dave Smalleyは、甘い歌声なのだな、とか思い、実に甘く、切なくいい感じの歌を歌ってくれます。複雑で難解なアプローチが極力抑えられ、ALLのポップ・チューンが満開のこのアルバムは、本当に気持ちがいいという表現がピッタリくる大好きな作品です。

DESCENDENTSのときもそうですが、ALLもその後のアメリカのみならず、世界のメロディック・シーンに大きな影響を与えています。
しかし、自分的には、ALLはパンク的にどうなのよ?とかって、考えも頭をもたげたりもするのですが、それを補って余りあるほど、良い曲と良いサウンドを展開する、ALLはやはり大好きなバンドですよね。

ALL Official http://allcentral.com/
ALL MySpace http://www.myspace.com/all

DESCENDENTS -ALL-
AllAll

Descendents


1978年にアメリカで結成された、DESCENDENTSは、現代のポップ・パンク/メロディック・ハードコアにも、多大な影響を与え、80年代のUSパンクシーンにおいて、最も重要なバンドのひとつです。
一次活動停止後、彼らはALLにバンド名を変え、活動を続け、また、ボーカルにMilo Aukermanが戻ったDESCENDENTS名義でも、'96年に再結成がなされ、Epitaphより"Everything Sucks"をリリース、また、2004年には、FATより"Cool To Be You"をリリースするなど、ALL(ボーカリストが変わるだけですが)と並行して、たまに(笑)活動を続けています。最も近年はどちらも目立った活動も少ないようですが...また、Bill StevensonとStephen Egertonは、多くのポップ・パンクや、メロディック・ハードコアのバンドのサウンド・プロデュースなども手がけ、そういった意味でも、多くの現代のバンドに影響を与え続けていると言えるでしょう。

DESCENDENTSは'79年にシングルを一枚リリースした後、しばしシーンから姿を消し、本格的に活動するようになるのは、Milo Aukermanをボーカルに迎えた、80年代に入ってからです。'82年に1st.アルバム"Milo Goes to College"をリリース、初期の、あまりテクニカルでない演奏の作品の中にも、繊細でメロディアスな曲や、実験的要素を含んだ曲なども、各所に見られ、現代のALL/DESCENDENTSの片鱗といったものも、垣間見れます。その後、Billが、BLACK FLAGに加入、Miloが学業に専念などの理由で、またも活動を休止。'85年に復活し、よりメロディアスになった"I Don't Want to Grow Up"、'86年にかなり難解で、実験的要素を多く含んだ、"Enjoy!"とアルバムをリリース、当時のシーンもあり、その初期はサウンドの質感もハードコア的な肌合いを持っていますが、当然ハードコアの要素も持ちながら、ユーモアや、ポップ・センス、メロディアスな部分などが、他の同時期のバンドより、はるかに前面に出ており、そういった部分が、DESCENDENTSが、現在の支持を確立した大きな要因ではないかと考えます。

そして、'87年にリリースされた、初期DESCENDENTSのラスト・アルバムでもある、この"All"で、現代のALL/DESCENDENTSの不動にして、鉄壁のメンバー、Bill Stevenson(Dr.)、Stephen Egerton(G.)、Karl Alvarez(B.)が揃います。このアルバムでは、よりタイトに、テクニカルになった演奏とともに、メロディアスな楽曲、実験的要素、ポップなエッセンスなど、後のALLとしての、様々なアプローチへの布石が、ほぼ完成といってもいいクォリティで、展開されています。激烈ポップな疾走チューン"Coolidge"は、MILLENCOLINなど、若いバンドもカバーするなど、こういった"Coolidge"はじめ、"Of The World"などの軽快でメロディアスな、ポップ・チューンは、後のメロディック・ハードコア、ポップ・パンクのバンドにも、非常に分かりやすい形でインスパイアされています。また、超ショート・チューンや、変拍子の複雑難解なアレンジの曲なども、このアルバムでも多く見られ、全てにおいて、後の彼ら自身の方向性が見て取れます。
このアルバムでは、初期の少しザラついたハードコア的な質感は、ほぼ皆無であり、まさにプレALL的な作品として、仕上がっていますが、それにしてもDESCENDENTSらしさといった個性も充分に感じられ、初期DESCENDENTSの最後の作品としても、楽しめる内容だと思います。

最も近年のEpitaphや、FATからのリリースの作品は、それこそ、アプローチ的にもDESCENDENTS、ALLともに大きな差異は見られなくなったように思うのですが、そう言った意味でも、この"All"までの初期のDESCENDENTSは、独特の質感とサウンドを持っていて、個人的にはそれが面白く感じられます。

DESCENDENTS Official http://www.descendentsonline.com/
DESCENDENTS MySpace http://www.myspace.com/descendents

THE DICKIES -THE INCREDIBLE SHRINKING DICKIES-
The Incredible Shrinking DickiesThe Incredible Shrinking Dickies

The Dickies


ルーツ・オブ・USメロディックといった感じで、少しUSメロディックに触れていきます。長丁場になるかどうかは私の集中力次第ですが、まぁ、そこそこ頑張りたいなと。まずは、LAパンクを代表して、今も活動してるPOPパンクの祖、THE DICKIESです。
THE DICKIESは、REZILLOSと同じく、現在のポップ・パンク、ファン・パンクの元祖ともいえるバンドで、それはもう、70年代の後半登場した時から、おバカで、POPで、キッチュで最高です。当時、US、UKのシーンとも、ストイックで、シリアスなパンクが多い中、彼らは、キーボードやホーンなどもフィーチャーした、底抜けに明るく、ポップなナンバーで、シリアスなパンクシーンを風穴を開けます。今聴くと、断然にポップに聞こえるはずのRAMONESでさえ、彼らに比べるとハードに聞こえるほどに、THE DICKIESのポップ具合は、ポップに過ぎます。彼らの演奏する、ハイスピードで、メロディアスで、2分弱のポップ短小早漏ナンバーの数々は、今聴いても、かなりブッ飛んでます。彼らの抜群のポップセンスと、ユーモアのセンスは、本当に痛快です。
また、彼らは初期から、カバー・ソングも積極的に演奏しており、そのカバーの数々は、彼らによる、ポップ化と、ハイスピード化が加えられ、実にユニークなアレンジで、原曲を破壊しています。そんな彼らのカバーソングは、パンク・リスナー以外の方にもウケがいいようで、、彼らのカバーソングは、SNUFFなどと同様に、パンクシーン以外でも取り上げられているのを見かけます。しかし、そういったカバーを、既に70年代からやらかしてるあたりに、DICKIESの、そのセンスの凄まじさを感じます。THE DICKIESは、ポップ・パンクの元祖であるとともに、高速パンク・カバーの先駆者でもあるのです。

DICKIESは、1977年に結成。彼らはDAMNEDの米国ツアーを見て、それにインスパイアされ結成したとも言われています。そして、1979年に彼らのデビューアルバム、この"The Incredible Shrinking Dickies"をリリース。このアルバムには、前述した彼らの魅力が、最大限に凝縮されており、1st.アルバムにして、まさに最高傑作とも言える一枚です。
また、前述したカバーも盛り込まれており、中でもブラック・サバスの"Paranoid"は、原曲を45回転にすると、DICKIESバージョンになると、もっぱら話題になりました。しかし、ブラック・サバスにモンキーズにバリー・マグガイアですよ、チョイスが。現在入手可能なCD盤には、さらに、ボーナストラックとして、クリスマス・シングルとしてリリースされた"Silent Night"や、サイモン&ガーファンクルの"Sounds Of Silence"も収録されており、私は"Sounds Of Silence"のスタジオテイクを持っていなかったため、CDを買いなおしました。それほどまでに彼らのカバーは魅力的です。
とにもかくにも、このアルバム、1曲目"Give It Back"から、ブッ飛ばされます。キーボードを大胆にフィーチャーし、当時としては最高の速度を誇ると言える、カッコいい曲に乗る、アニメのような声、回転数を上げたおバカコーラス、もう、カッコいいことこの上なしです。そして、続く"Poodle Party"ではワンコの鳴き真似全開コーラスで、以降も、プープー言ったり、ピーポー言ったりと、ご陽気で、スピード感溢れる、SILLYで、POPな、DICKIES WORLDが次々と展開され、聞く者をおバカポップの大海原に、縛り付けたままフリチンで叩き込みます。今話題の羞恥心とかは、ぜひ彼らの"Poodle Party"の日本語カバーをアルバムに入れたり、"Banana Splits"のカバーやって、バナナをマイクに、バナナの着ぐるみを着て、デカいバナナを放り投げながら、転げ回ったらとても素敵だと思います。
DICKIESは次作、"Dawn Of The Dickies"では、多少スピード感と、バカさ加減を抑えつつも、ポップ街道をひた走るわけですが、その2nd.を最後にキーボードやサックスも担当していた、ドラムのChuck Wagonが、アル中による自殺か何かで、亡くなってしまい、'83年の3rd."Stukas Over Disneyland"は、Chuck Wagonが在籍した'80年にレコーディングされた4曲と、Vo、G以外のメンバーを一新した、新メンバーによる曲を合わせた作品として、リリースされましたが、やはり、初期のハジケ具合といった感は、なりを潜めてしまい、随分と普通のポップになってしまった感があります。そして、以降、迷走と不遇の時代を迎える事になります。

THE DICKIESは、後にUSポップ&メロディック・パンクの雄、ALL/DESCENDENTSなどにも多大な影響を与えたことが窺い知れ、また、近作は、FATからリリースされるなど、後のUS POP PUNK/MELODIC HARDCOREに、大きな道標を刻み、多大な功績を残しました。また、ドイツのGIGANTERや、スウェーデンのSTUKASなど、世界中にフォロワーや、ファンもいます。そしてなにより、DAMNED等と同じく、形を変えこそすれど、21世紀に生き残っている事実こそ、THE DICKIESの類稀なるポップ・センスと、多くのパンクスに愛された証ではないでしょうか。

THE DICKIES Official http://www.thedickies.com/
THE DICKIES MySpace http://www.myspace.com/dickiesband

THE REZILLOS -CAN'T STAND THE REZILLOS-
Can't Stand the Rezillos: The (Almost) Complete RezillosCan't Stand the Rezillos: The (Almost) Complete Rezillos

The Rezillos


THE REZILLOSは1976年、スコットランドで結成、1978年まで活動をしていたバンドで、あまりパンクの範疇でも、語られることは少なく、どちらかというと、イロモノ的な見方で捉えられるほうが多いといった、バンドな気がしますが、この'78年の1st."Can't Stand The Rezilos"では、実にポップで、実にメロディアスな曲をプレイし、今日のメロディック、ポップ・パンクといったシーンにも、通じる、ルーツ的なモノを感じ取れ、おそらく、ファン・パンクというカテゴライズであれば、その祖となるであろう一枚と思います。
そのサウンドも、ベースが、ラインを捻り回し、ブンブン唸っていたりと、実にクールなプレイは非常にパンクで、また男女のツインボーカルという、当時も今も、かなり珍しいバンド形態で、まさにポップかつ、パンクかつ、斬新なロックンロールでした。また、みんなで集まりバカ騒ぎ的な、雰囲気は、これぞファン・パンクといえる趣で、どこかアメリカ的な、陽気さや能天気さを感じるところなど、UKのパンク・バンドであるにもかかわらず、また、その時代からしても、かなりブッ飛んで、突出した存在だったと思います。ちなみに、このアルバムはニューヨークでレコーディングされたそうです。

私がREZILLOSを聴いたのは、オリジナル・パンクの様々なバンドをかなり聴いて、ハードコアさえも通過しようとしていた頃だったと記憶しており、そう思うと、かなり遅かったのではないかと思います。
今、タレントとして大活躍のユースケ・サンタマリアが、地元でパンク・バンドをやっていたというのは、彼自身、テレビなどで述べていますが、彼の故郷、大分は私の地元でもあります。また、彼は私の3、4つくらい下なので、当然、活動時期が被るため、ユースケの所属していた、THE NUTTIESというバンドとは、しょっちゅう、一緒にLIVEをしていました。また、THE NUTTIESのベーシストは、ウチのバンドのヘルプとかしてくれてた時期もあり、また、そのベースの子のお姉ちゃんが、私の中学の時の同級生だったり、、私が最初の会社を、ブチ切れて退社したとき、ユースケの弟がバイトで来てたりと、なにかと浅からぬ縁があったりします。まぁ、テッキンの時の話もそうですが、本当に大分は狭いです。その上、パンクバンドやってたりすると、さらに狭くなります。と、まぁ、話が横道に反れましたが、そのTHE NUTTIESが、REZILLOSのカバーをお得意のナンバーにしていました。特に当時、交流の深かった、年齢も一番近いベースの彼とは、音源のやり取りもよくしており、その彼の超オススメが、このREZILLOSでした。まぁ、ベーシストであれば、大好きなのはもっともだと思います。それこそ、少し敬遠してた感すらあるREZILLOSを、ちゃんと聴き、その音に納得やら、感心できたのは、THE NUTTIESのおかげです。THE NUTTIESは、こういったREZILLOSや、999、RACHEL SWEETなどのポップなサウンドを好み、バンド・サウンドをリズム隊の二人がコントロールし、そこにユースケの、今とほぼ変わらない、陽気で、ユニークなキャラクターを生かした、ステージングを展開して、それはまさに、ファン・パンクそのものといった感じでした。当時から、暗くて、湿って、高速な私のバンドがあっと言う間に、彼らに追い抜かれたのは言うまでもありません。
ともすれば、こういったポップな音を敬遠したままで、変に凝り固まった音楽性を持ったまま、年齢を重ねていたかもしれない私が、今では結構幅広く、寛容に、ある程度フレキシブルな耳を持てるようになったのも、けっこう、彼らのおかげなのかもしれません。と、ふと思い出したことを書いたりしてるウチに、REZILLOSじゃなくて、THE NUTTIESのレビューになってます。

そんな中、そうです、REZILLOSです。メンバーは「音楽なんて、真剣にやったことなんて一度もない」とか、言っていたそうですが、そのフザけた姿勢とビジュアルは、当時の彼らの音楽性とは反比例しており、"Can't Stand The Rezilos"における、メロディーもきちんとあり、ポップなロックンロール・パンクの数々は、当時的には新型ロックン・ロールといった趣で、実に素晴らしい限りです。今、もし何かの間違いで私がバンドをやるようなことがあれば、"Somebody's Gonna Get Their Head Kicked in Tonight"とか、絶対カバーしたいと思います、3倍速で。また、その他、男女のボーカルが交互に顔を出したり、その特殊な編成を生かした、キッチュで魅力的なナンバーが、多く収録されています。
現在入手可能な、"Can't Stand The Rezilos:The (Almost) Complete Rezillos"では、アルバム未収録のシングルや、UKのみで'79年にリリースされたライブアルバムの音源も収録された、かなりのUltimate仕様です。
そんな秘めたる高い音楽性と、ポップ(?)なキャラクターも手伝ってか、彼らは、見事にブレイクも果たし、アメリカにも進出し、ある程度の成功をおさめるのですが、その後、所属レコード会社のとモメたり、さらにはバンド内でもモメることが多かったようで、その後、バンド名もREVILLOSと変え、ルックスやイメージも、さらに宇宙までブッ飛んだかのごとくなり、姿を消していきます。

近代カテゴライズでは、パワー・ポップといった類に、当てはめられてもおかしくはないようですが、私的には、この"Can't Stand The Rezilos"そして、REZILLOS名義の彼らは、パンクの範疇で語りたい、ポップ・パンク、ファン・パンクの祖であると、思いたいものです。
ていうか、最近、私は少しセンチメンタルだなぁとか思ったりして、なんか昔のこととか思い出したりするのって、「俺って死ぬんじゃね?」とか、よからぬ事も予感せずにはいられない、40代は、もはや初老です。
それでは、死なないウチに次回から、ルーツ・オブ・USメロディックにでも、取りかかりましょうかにょ。

THE REZILLOS Official http://www.rezillos.com/
THE REZILLOS Myspace http://www.myspace.com/officialrezillos

MICHAELANE -STRAIGHT FROM THE GHETTO-
MICHAELANE

INSPECTION 12を書いていて、日頃から湿りまくっている自分を省みたりして、切なさを併せ持つ、蒼さとかってのも、心地良いよね、とか思っちゃったりしている、少しオセンチなオッサンが、何故かスタイル・カウンシルを聴きながら、♪オーエッスッ、イージー、ソッソー、イージィーとか鼻唄混じりに、次にオススメするのは、このアメリカはシカゴの新鋭、MICHAELANEです。さぁ、バック・ミュージックは彼らのデビュー・アルバム "Straight From The Ghetto"にチェンジだっ!!

'04年に結成された、まだハタチかそこらくらいであろう彼ら、MICHAELANE。'07年にリリースされた、この1st.フルレングス"Straight From The Ghetto"は、私がここ最近聴いた、若いバンドの音源の中でも、ものすごくグッとくるメロディーと、カッコよく心地良い疾走感を併せ持った、ナイスな一枚でした。彼らのサウンドはINSPECTION 12にも通じる、切なさや、甘さを合わせもった、青春アメリカン・メロディック・ハードコアといった趣を、充分に感じさせます。INSPECTION 12よりも、明らかに近代メロディック・ハードコア的で、高速感も充分に備えているMICHAELANEですが、メタリック・エッジ高速系、ポップ・ファンパンク系、エモ・メロディック・ミディアム系といった、多くの若いパンク・バンドが持つ、特徴的な部分の、そのどれもを持ち合わせ、そのどれとも違うといった印象を受ける、MICHAELANEのサウンドとメロディーは、私的には、INSPECTION 12が、それに最も近い感覚だなと思いました。高速疾走感と、哀愁メロというと、NO USE FOR A NAMEが、よく彼らの引き合いに出されているようですが、確かにそれもアリではありますが、そこにそこはかとなく漂う、甘さや、切なさといった感覚は、私的には、INSPECTION 12を彷彿とさせるといったところです。まぁ、なんにせよ彼らが、グッド・メロディック高速バンドといった表現で、ピッタリくるのは間違いありません。
国内盤は、SNUFFのダンカンのソロ、DUNCAN'S DIVASから、果てはスロヴェニアのLOW VALUEまでも、リリースしてしまう、結構むちゃだけど、各国の良質バンドのリリースも多い、INYAFACEから発売で、昨年はメロディック・ハードコア系も多かったですね。LOW VALUEとか、QUESTION MARKSとか売れたんですかね。少し心配ですけど、これからも、お願いします。

で、MICHAELANEの、"Straight From The Ghetto"ですが、その若々しいルックスと、その雰囲気から、聴く前はかなりエモ、ポップ・パンク的な音を予想してたのですが、予想に反して、かなりメロディック・ハードコア寄りであると思います。ポップなことは、ポップですが、いわゆるFAT系や、初期エピタフ系といったほうが近い雰囲気です。そして、メロディーがちゃんと出来てる上に、曲もかなりアレンジが工夫されて、かなり速い部類に入るので、Bells On Racordsなどのバンドのリスナーの方にも、充分にアピールできるサウンドだと思います。MICHAELANEのメロディーは、最近の速いバンドにありがちの、メロあればいいんでしょ?的なモノではなく、アレンジ、コーラスともよく練られていて、グッとくるメロディーが歌として、きちんと乗せられてます。個人的には2曲目の"Spanish Prisoner"が、かなりググッときました。また、若いバンドらしく、いろんなアプローチを試しているのも感じ取れ、かなり凝ったアレンジも多く含まれ、女性(?)のコーラスや、また、ここのドラムもロールとか、何かと手数が多いですが、ツーバス入れたりとか、ギターリフとか以外で、妙にメタルな高速感を出したりもしますが、実験か、天然かは知りませんが、大いにけっこう。それが個性だと思います。また、"Final Countdown"や、"We're NotGonna Make It"などのカバーで、少しリスナーに色目を使ってみるのも、若いうちは、大いにけっこうだと思います。まぁ、しかし、なんか変なところでアメリカっぽさとか感じたりもするのが、面白いです。

彼らは、すでに2枚目の制作に取りかかっているのか、彼らのMySpaceには、既に新曲のデモも、数曲ポストされているようですが、若干というか、かなりスピードの落ちてるナンバーもあるようで、ちょっと心配になったりもしますが、まぁ、個人的にはアレですが、高速だけが素晴らしいとは限らないし、彼らがどのように変化していくのかも、興味深いところなので、一日も早い新作の完成を期待したいところです。

MICHAELANE MySpace http://www.myspace.com/michaelanerock
INYAFACE http://www.inyaface.co.jp/

INSPECTION 12 -IN RECOVERY-
INSPECTION 12

そのあまりのD.I.Y.っぷりに、私も彼らの音源はこの、"In Recovery"と、続く'03年の"Get Rad" ぐらいしか、CDを持っていなくて、勉強不足の私は、日頃の饒舌さは影を潜めるかもしれませんが、また、その饒舌さとともに、実に日頃の私らしくないチョイスだなと、お思いの方も多いでしょうが、なにせこの"In Recovery"は大好きなアルバムなので、お構いなしにいかせていただきます。で、このアルバムに関しては、当然の如く、饒舌に語り尽くします。それも、日頃の湿度が一気にダウンし、かってないほど、さわやかにです。

アメリカはフロリダ出身のINSPECTION 12。結成は1994年で、'95年にカセット"Eponymous"、'96年に"Come, Hefe, Come!"カセット(フルレングスらしいです)をリリース、翌'97年アルバム"Inspection 12"リリース、'98年に"You're A Nation"、'99年"Step Into the Fire"と、完全に自らの手で、アルバムをリリース。もう絶対に入手不能です。2000年に"Home"EPリリース、そして、'01年に初めて大手とも言える、Honest Don'sより、この"In Recovery"がリリースされ、革新的に流通が良くなります。また、長いキャリアの中には、YELLOWCARD、CRAIG'S BROTHERのメンバーも在籍していたそうです。以上、海外版ウィキ丸写しです。

この'01年の4作目"In Recovery"は、彼らがこれまでリリースした作品の中から、厳選した曲をリテイクしたアルバムで、もう、その楽曲の数々は素晴らしい限りです。
決して、近代的高速メロディック・ハードコアという感じではありませんが、充分に疾走感を携えた曲も多く、その心地よい疾走感と、その泣きまくりのメロディーとともに、全体から湧き出す哀愁には、心を震わせずにはいられません。また、それは、少し青臭いとも言える、青春を感じさせるメロディーなのかもしれません。
語っておりますよ、実に日頃の湿り気たっぷりの、外道上等的な、私らしくない言葉を言っております。私がこのアルバムを称して、「甘酸っぱいカンジ」といったところ、MILESTONEのYuki氏に、私からそのような言葉が出るとは思わなかったと、笑われてしまいました。まぁ、しかし、このオジサンにも、少しはおセンチな一面もあるのだなと、ご理解ください。もう、自分らしくないのを承知で、何度だって書いてやりますよ、とにかくこの"In Recovery"は、甘くて、切ない、涙が出るほど青春で哀愁な一枚です。
もう、いきなりヨロシク哀愁な、歌とギターから始まる"Secure"のアップ・テンポも気持ち良い、疾走感で幕を明け、続く"Sweet Sixteen"では、フックを効かせたリズム・チェンジで一転、高速感を披露するなど、もう、そのシンプルにして、巧みに過ぎるアレンジに、ガッツリきます、ガッツリ。また、その巧いアレンジもさることながら、バンド・サウンドの中に時折顔を出す、バイオリンなどの弦楽器も、実に違和感なく、さらにその哀愁に拍車をかけます。ちなみに、バイオリンはYELLOWCARDのSeanだそうです。高速、ミディアム、スローとバランスよく配分された、メロディアスな楽曲の数々は、彼らの歴史を物語る名曲の数々として、さらにリテイクにより、トータル的な完成度を高め、このアルバムを名盤としてしている要因であると思います。なにせ、一曲、一曲が喜びや、悲しみ、楽しさや、切なさなど、様々なシーンを想い起こさせるように、劇的にドラマチックです。それらは、何度聴いても飽きが来ないほど、いつ聴いても輝きを放ち、私にある種の郷愁のようなものを感じさせます。

このアルバムが素晴らしすぎたため、次作"Get Rad"は、かなりの良作であろうにもかかわらず、その多い曲数に比べ、多少物足りなく感じてしまいますが、"Get Rad"にも疾走感のあるナンバーなども含まれ、これも、持っておいて損はない一枚なのではないでしょうか。"Get Rad"から、また、彼らはD.I.Y.に戻り、Floppy Cow/Takeoverの流通盤はホットドッグジャケで有名ですが、アメリカ盤オリジナルはジャケが違います。私が所有しているのは、アメリカ盤ですが、ジャケ違いだけのためにホットドッグを買おうかどうか、迷いあぐねて、今に至ってます。もう、なんか、あぁ、もうです。
なんだか、絶望的に入手できなさそうな彼らの初期音源ですが、"Home"EPだけは、purevolumeで、全曲DLできます。"In Recovery"収録の曲のオリジナル・テイクなども聴けるので、うれしいかぎりです。

INSPECTION 12 MySpace http://www.myspace.com/inspection12
INSPECTION 12 purevolume http://www.purevolume.com/inspection12

MOURNINGSTAR -THE ANTIOCH-
The AntiochThe Antioch

Mourningstar


MOURNINGSTARは'02年にアメリカで結成された、広いカテゴリーでいうところのメロディック・ハードコア・バンドです。メタリックでダークな、その彼らのサウンドは、やはり暗く、湿っていてます。彼らもグチョ濡れな感じです。もう、昨日から国を隔てて濡れっぱなしで、水浸しです、それも粘着質なかんじです。もう、紅音ほたるも顔負けの噴水っぷりです。というか、言うに事欠いてそんな例えかよ。
そして、何より特筆すべきは、彼らはもう、めちゃめちゃにSTRUNG OUT Likeです、それも近年の。ボーカルの声質や、歌い方が似ているのもあるでしょうが、サウンド自体も、メタリックなフレーズも各所に見られ、メタル・エッジで金属質なのに、何故か湿っていたりだとか、テクニカルであるとか、ダークであるとか、ゴシック感があるとか、それはもう、何から何まで、言葉尻だけつまめば、STRUNG OUTそのものです。
よくLike a STRUNG OUT的な謳い文句のバンドを見かけますが、彼らほどその謳い文句が当て嵌まるバンドはこの世にいないくらい、STRUNG OUTです。そういうと、もう、STRUNG OUTのコピーバンドのようにしか、聞こえないかもしれませんが、そう言いつつも、実に彼らも、高い楽曲のライティング・センスや、高い演奏技術、高い歌唱能力を持ち合わせており、モロSTRUNG OUTという表現は、むしろ最大級の賛辞であるとも言えます。世界中に、どれほどSTRUNG OUTが好きで、彼らのサウンドを真似ようとしても、それをパーフェクトに再現でき、オリジナルとして消化できるバンドなど、片手で数えるほどしかいないはずですから。

'06年リリースのこの"The Antioch"は、そのLike a STRUNG OUTといったサウンドを、より自分たちのオリジナルのサウンドとして、バラエティーに富んだ楽曲の数々で、個性を見せようとしている姿が見受けられ、作品としても、前作より、バンドとしての完成度を高めている感じが見て取れ、今回チョイスしました。
もっとも、超高速メタリック・メロディック・ハードコアという趣を求め、よりSTRUNG OUT LIKEを望むのであれば、'04年リリースの前作、彼らの1st.フルレングス"Distrato"のほうが、オススメなのかもしれませんが、かなり流通が悪く、少し入手しづらいという難点があります。彼らのpurevolumeで"Switchblade Romance"(なんだか曲のタイトルなんかもSTRUNG OUT的だな、やっぱ) が、聴けますが、この曲のような感じのスピード感の溢れる、それこそSTRUNG OUTっぽいナンバーが、豊富に収録されているので、"Distrato"も、ぜひとも、こういったバンドをお好みの方には、聴いてもらいたい作品ではあります。海外では結構入手できそうですし、ディスクユニオンさんでも、よく在庫あったりするので、国内で買えるのは、うれしい限りですが、いつ無くなるかもわからないので、見かけたら即買いをオススメします。
そして、New School Recordsよりリリースされ、圧倒的に流通の良くなった、彼らの2nd."The Antioch"では、MOURNINGSTARは、さらにストロングに、さらにメロディアスに、さらにテクニカルに、モロSTRUNG OUTといった表現は、むしろ失礼かもしれないと感じるほど、確実にそのサウンドを、MOURNINGSTAR自身のサウンドとして、確立させ、完成させています。そのサウンド・プロデュースは格段に上がり、骨太ささえ、感じさせ、また、スピーディーな曲も、影を潜めたわけでなく、このアルバムでも、圧倒的高速ナンバーが、かなり含まれており、それは前作よりもストロング&パワフルでさえあります。また、充実したコーラス・ワークも、かなりMOURNINGSTARの個性といったものを、より強く引き出しているように感じます。曲の展開が前作よりも、さらにフックが効いて、一曲の中でのテンポ・チェンジなども多くあるので、ストレートさといった面では前作かもしれませんが、曲としては、明らかにドラマチックな展開と、大きな抑揚を見せる本作のほうが、個人的には魅力的です。荒っぽく、暗く、ストレートに速い、ハードな印象の"Distrato"も充分にカッコいい作品ですが、私は、この"The Antioch"のほうが、より一層好きかもしれません。

まぁ、しかし、実際のところSTRUNG OUTを引き合いに出さなければ、やはりかなり個性的といった、バンドやサウンドではあるなと、今、聴いていて思います。特に"The Antioch"は。
今後も、MOURNINGSTARは、なにかとその引き合いに、STRUNG OUTの名が挙げられるでしょうが、私個人としては、MOURNINGSTARの新作を、その、次の作品が楽しみでしょうがない、STRUNG OUTの新作と同じくらいの、ものすごい期待感を持って、楽しみに待っています。なんだか、イギリスだかにも同じ名前のメタルのバンドがいるようですが、間違わないでくださいね。

MOURNINGSTAR MySpace http://www.myspace.com/mourningstar
MOURNINGSTAR purevolume http://www.purevolume.com/mourningstar

ANTILLECTUAL
ANTILLECTUAL 1 ANTILLECTUAL 2

オランダのバンドを扱うのは、意外にもはじめてだったりしますね。UNDECLINABLEとか、BAMBIXとか有名でカッコいいバンドいますし、マイナーでも、カッコいいのが、その辺にゴロゴロいます。オランダもパンクは昔から盛んですね。どうも、オランダ人は背が高くて、ナニもデカいイメージが、勝手に自分の中にあります。 まぁ、そんなことはどうでもいいのですが、Netherlands一発目はこの、ANTILLECTUALです。
ANTILLECTUALはもう、それは湿っていて、暗くて、速いです。もう、ウェットさがなんか半端ないです。もう、グチョ濡れです。濡れているところに、デカくて、太くて、超速いです。いや、デカいかどうかはわかりませんが、オランダ人だから、きっとデカいに決まってます。と、とても音楽のブログとは思えない表現の数々ですが、どちらにしても、私の大好物、ダーク・メロディアス超高速バンドということには違いありません。

2000年に結成された、ANTILLECTUAL。彼らもまた、トリオとは思えない、厚みと、充実したサウンドを携えていて、超高速と、巧みなアレンジで、ダークで、ウェットで、メロディアスな曲をプレイします。また、コーラスパートには、スクリーモの要素を含んだコーラスを多用し、それが時には繊細な印象さえある楽曲を、ボーカルの太い声とともに、非常に乱暴で、荒っぽくしているのも、かなり特徴的な部分と言えます。しかし、それは実にパンキッシュで、彼らが一筋縄ではいかない、凡百のメロディック・ハードコアとは、一線を隔しているという事実であり、その変幻自在の楽曲の数々とともに、私の耳には、非常にパンク的かつ、魅力的に聞こえます。

ANTILLECTUALは、'03年に"Facts, Opinions & In Between"をD.I.Y.でリリースした後、'05年に1st.アルバム "Silencing Civilization"をリリースします。この"Silencing Civilization"は、前述したような、ANTILLECTUALの魅力を、目いっぱい詰め込んだ、スピード感あふれる一枚で、10曲、30分足らずと、勇ましいまでの早漏っぷりで、高速かつ、変則かつ、メロディアスなナンバーをつるべ撃ちです。"Raisedfistfuckyou"という曲では、BAMBIXの女性ボーカルが、ゲストで参加しており、Netherlandsパンクデュオを披露してくれているのも、BAMBIX好きでもある、私にはたまりません。また、アルバム全編にわたり、実に変則的に、テンポや、リズムが変わっていく、意表を突く展開は、ドラマチックに楽曲を盛り上げ、決して単調なメロディック・ハードコアのバンドではないことを証明しています。"Silencing Civilization"は、荒っぽさと、繊細さが混在する、彼らの魅力が、たっぷりと叩きこまれた良作です。
そして、昨年デモEP"Waves"のリリースを挟み、'08年、つい先頃、2nd.フルレングス、"Testimony"がリリースされました。待望のこのセカンドは、成長し、充実したサウンドのせいもあるでしょうが、かなり落ち着いたナンバーもありますが、やはりその、ドラマチックな意表を突く展開や、パンク的荒っぽさは健在で、前作を継承しつつも、さらにサウンドを充実させ、推し進めたといった、根本的には何も変わっていないけれど、確かに成長が窺えるといった、完成度をさらに高めた作品であると言えます。当然の如く、バカっ速い曲は、相変わらずバカっ速いです。また、10曲、30分を切る早漏っぷりも変わりません。こういった特殊なサウンドと曲を持った、メロディック・ハードコア・バンドによく見られるような、大幅な路線変更や、失速といったものは、ほとんどといっていいほど、感じられず、ANTILLECTUALらしさといったものが、全く損なわれていない、本当に良いメロディック・ハードコア・パンクのアルバムに仕上がっていると思います。

1st."Silencing Civilization"は、MILESTONEさんくらいでしか、お見かけしませんが、と思って今検索してたら、Amazon取り扱ってますね。かなり高いし、1~3週間ですけど。それにしても以外になんでもあるなぁ、Amazon。ブログ始めて知りましたけど、おみそれしました。"Testimony"はドイツのレーベルでもディストリビュートしているらしく、意外に流通がいいみたいで、HMVとかでも入手できるみたいです。ディスクユニオンさんとかも在庫なくなりませんね。やっぱり、湿り気の多いバンドはあまり、ウケがよろしくないのかもしれません。

ANTILLECTUAL Official http://www.antillectual.com/index.php
ANTILLECTUAL MySpace http://www.myspace.com/antillectual
ANTILLECTUAL Purevolume http://www.purevolume.com/antillectual

THE T4 PROJECT -STORY-BASED CONCEPT ALBUM-
Story-Based Concept AlbumStory-Based Concept Album
(2008/05/13)
The T4 Project


BAD RELIGION,BUZZCOCKS,PENNYWISE,CIRCLE JERKS,SUBHUMANS,THE DAMNED,CONFLICT、etc、といった錚々たるUS、UKのパンクバンドのメンバーによる、オフィシャルでの販売のみだった自主制作アルバムが、ついにCDで一般販売されました。そして、リードボーカルは、私も大好きなあの声、あの歌、STRUNG OUTのJasonです。全編にわたるJasonの歌は、STRUNG OUTファンには、思わぬデカいプレゼントとなることは請け合いです。
ストーリーに基づいたのコンセプト・アルバムということで、ブックレットには、そのストーリーに則した歌詞と、イラストが綴られています。まぁ、英語がわからないと、どうにもそっちは楽しみようがないのですが、サウンドのほうは、パンクなオリジナル曲が、10曲収録されています。そのコンセプト上だと思いますが、クレジットは18曲となっていますが、S.E.的なサブ部分がカウントされているだけです。この辺ジグ・ジグ・スパトニックを思い出しちゃいました。それにしても、これほどまでに豪華なメンツを揃えてるのに、私が知らないだけかも知れませんが、日本では、それほど話題にもなってないようで、もう、どこでもいいので、和訳を付けて、DVDとか付けて、日本っぽく国内盤をリリースしてほしいものですが、まぁ、無理なのでしょうね。

低予算で、複数のセッションをミックスしているというサウンドですが、にもかかわらず、やはり、ベテランが揃っているだけに、曲ごとに質感は、変わる感じはしますが、一曲ごとにキッチリとパンク・サウンドとして仕上がっています。そういったところも、オールスターを集めて余興的に一曲であるとか、そこそこいろんなメンバーで、適当に何曲かデッチあげてといったフザけた姿勢は、微塵も感じられず、そのキチンと作り込まれた楽曲からも、実に真剣に作られたアルバムであることが理解でき、非常に好感がもてます。また、リード・ボーカルは全曲とも、Jasonが務めているので、そういったアルバムとして、バンドとしての統一感や、整合感も充分にあります。ともすれば、彼のような強いボーカルだと、STRUNG OUT丸出しになってしまうかもしれませんが、そこは聴き方にもよるでしょうが、サウンドの質感自体は大きく異なるため、充分に別の個性が窺えます。むしろ高速の曲よりも、ボーカルが歌で引っ張るミディアムや、スローテンポの曲が、モロにSTRUNG OUTといった印象で、それはJasonの歌唱の実力を証明しているのかも知れません。モロといえば、STRUNG OUTよりも、モロ最近のBAD RELIGINといったスピード・ナンバーもあり、この辺りがBAD RELIGINのボーカルがJasonに変わった的な、オモシロさを感じて、個人的には、そちらのほうが、このT4 PROJECTを、サウンドやバンドとして聴く、楽しみ方が見い出せるな気がします。また、かなり多くを占める高速ナンバーも、メンバーが、メンバーだけに、今日的メタリック・ハードコアというより、疾走系メロディック・パンクといった感じで、非常に面白いです。全体的にも、パンク・アルバムとして、かなり高く評価できる作品であると思います。

どちらにせよ、Jasonがボーカルである以上、MILESTONEのYuki氏とのメールのやり取りで、Yuki氏も言ってましたが、なにせあの声は最強なので、STRUNG OUTファンには、マストであることは間違いないでしょう。
そして、いろんな意味で、今日的なパンクロックを物語っている、面白い作品でもあると思いますので、楽しんで聴ける、オススメできる作品だと思います。結構、入手は楽そうで、私はAmazonで買いました。

THE T4 PROJECT Official http://thet4project.com/
THE T4 PROJECT MySpace http://www.myspace.com/t4project

Yes!プリキュア5♡
プリキュア5、スマイル go go!/キラキラしちゃってMy TrueLove!プリキュア5、スマイル go go!/キラキラしちゃってMy TrueLove!



みんな、げんきっ?きょうから、このはいすぴぃどふらわぁは、アニメがだいすきな、おおきなおともだちがあつまる、ゆかいなサイトになることにけってぇ~いっ!!
いや、冗談です。ウケるかなと思ってやってみました。本当にスミマセン、ご迷惑をおかけしますが、恒例のヨタ話です。今日は望まれてもいないのに、アニメについて語ります。まぁ、アレですよ、いくら好きでもパンクの話ばっかしてちゃあ、世間が狭くなります。ここはひとつ、日頃触れていないモノに触れてみて、脳ミソを溶かしてみましょう。私のようにドロドロに。

私の生業がガシャポン屋なのは、既に多くの方がご存じかとは思いますが、キャラクター商品を多く扱うし、お客さんとの話もあるし、なるべく、最近のアニメや特撮は見るようにしています。
この仕事を始める10年前頃は、本当にアニメとか全く見ていなかったのですが、また、店を始めた当初は、仕事上見ている感がありましたが、もう、今では本当に自分の意思で、ガッツリと見ています。もう、日曜の朝とか、ボクもテレ朝キッズです。まぁ、そんなこんなで、最近のアニメは、観れるものは、大概見てます。で、時々泣いたりもします。チョッパーの桜とか、もう号泣です。
もっとも、小学生くらいの頃までは、もう異常なくらいテレビっ子だったので、アニメとか、特撮もガチで見ていて、その上私は、変な記憶力が異常に優れていたりするので、その頃見ていた番組のタイトルとかもちゃんと覚えていたり、あまつさえ、怪人や怪獣の名前を言えたり、エンディングテーマすら、口ずさめるほどです。
しかし、今の仕事にはそれが非常に役立っています。かなりブランクはありましたが、現代のアニメや、特撮も、抵抗なく見れるようになったどころか、最近では、ウチのお客さんより、詳しいほどのマジオタぶりです。私の本質的な、マニアックで貪欲なコレクター精神と、変質的評論家体質は、ことパンク以外のあらゆる所でも、いかんなく発揮されるわけです。

それにしても、本当に日本のアニメは素晴らしいです。その作画といい、技術といい、脚本といい、もう、どれをとっても世界一だと誇れます。政府も、この素晴らしく商品的価値の高い、日本のアニメーションを、本腰を入れて世界にプロモーションしていくべきです。また、行政的に推奨していくなど、なんらかの政策を進めていただきたい。
とはいうものの、日本において、アニメやマンガといったものは、所詮は子供向けであるだとか、低~い文化レベルの大人たちが、その作品の本質を見ることをせず、明らかに幼稚な作品であると、決め付けている感があるのは、今も昔もあまり変わらないように思います。
昨今、宮崎駿氏の作品などが、興行的にも成功を収め、世界的にも評価が高いため、文化レベルの低い大人の方たちも、宮崎アニメは別格かの如く、劇場などにも足を運んだりしているようですが、私から見れば、愚の骨頂、チャンチャラおかしい光景にしか映りません。アニメに大人が見ても恥ずかしくないだとか、何言ってんだろう?という感じです。あえて言おうカスであると!!という感じです。
はっきり言っておきましょう、成人が、「もののけ姫」を劇場にカップルで金を払って観にいくのも、日曜朝に、オタクが一人でリモコン片手に、「Yes!プリキュア5 GO GO!!」を観るのも、まったく同じです。「宮崎アニメはなんか違うよね」だとか、「考えさせられるね」だとか、日頃、アニメも見てないふぜいが語るのは、もっての他です。「アンタ、バカぁ?」といった感じです。また、そういった輩は、秋葉原などに集う、高度な文化レベルの持ち主たちを、バカにしているようですが、キモいとか言ってるそこの女、バカはお前らのほうです。
また、同様にハリウッドで作られた、ハナクソアメリカンヒーローものだとかは、行列作って観にいったり、いけしゃぁしゃあと、最高だとかほざくのですが、ハリウッドでアメリカ人が金かけて作ってるのは、もうそれだけで、素晴らしいとか勘違いしちゃってる、ユルイ大人も多すぎです。覆面付けて、マント羽織って、カッチョいですか?「仮面ライダー電王」のほうが、よっぽど大人から子供まで観れる娯楽作品です。
とまぁ、いろいろと私見を述べましたが、要は日常の、アニメーションや特撮も、ドラマや、ハリウッド映画のように、愛や、勇気や、希望や、友情と、何かを伝えたい大人が、次の世代の子供たちへ、精魂こめて作っている作品であるということです。それは時に、Over40のオッサンの心にさえ響くことが多々あります。決して見もしないで、ツマランだとか、幼稚だとか、言ってはいけません。自分の目で見て、耳で聞いて、感性で感じること、そして、それを次の世代へと繋げていくことが、日本の文化レベルの向上を促す方法だと思っています。

えっ、Yes!プリキュア5 Go Go!ですか?当然、見てますよ。もう、去年のYes!プリキュア5から。何とはなしに一話を観てから、続きが気になって、今だにガチで観てます。主題歌は去年のほうが好きなので、今回画像はそれにしました。主人公のぞみちゃんの、おバカ&食いしん坊っぷりと、ウルトラ・ポジティブ・シンキングは、見ていて実に痛快です。

UKメロディック編 総括
とまあ、7日間に渡り、UKメロディックのバンドをとりあげてみたのですが、この辺り詳しい人だったりすると、ご不満の向きもあるのではないかとか、思ったりもしないではないのですが、あくまで私の暴走の赴くままに、バンドをチョイスしてみました。中には、常識ではありえないモノもありますね。ABSだとか、SENSELESS THINGSとか、SENSELESS THINGSとか、SENSELESS THINGSとか、SENSELESS THINGSとか....とまぁ、そんなのもいいかなとか思いつつ、毎日更新はキツいっすなぁ。どうにか、集中力が続き、ある程度、自己満足的に完結できた感もあるので、そろそろ通常営業に戻します。
このまま、GOOBER PATROLとか、DR.BISONとかと、なだれ込んでもいいのですが、それはまた、おいおい書きます。T4 PROJECTとか、もう、とっくに届いてるし、新しい荷物、聴いてないのがあるしで、なにかと忙しいです。新しいのも聴きたくなりました。
またいろいろと、シリーズ的には、UKメロディックほど続かないかもしれませんが、.ルーツ・オブ・USメロディックだとか、'90sスウェーデン特集だとか、なんか、いろいろとやってきたいなとは、考えております。そのためと、項目開けばかなり見やすくなることが予想されたため、Modernのカテゴリーを増やしてみました。自己満足です。これからも勝手に頑張っていきたいと思います。

そんな中、ほぼ毎日更新というのは、続けていきたい所ではあります。でも、たまには休むかな、やっぱ。まぁ、毎日更新といっても、ヨタ話は挟みますけど、必ず。次は、そろそろ、そんなヨタ話です。せっかくUKメロディックという料理を毎日コツコツ並べておいて、そのちゃぶ台を思いっきりひっくり返すことうけあいです。というか、どうもひっくり返したくなるし、ひっくり返すクセがあります。
というわけで、今後も自己中心的に、頑張っていく所存ですので、お付き合いのほど、よろしくお願いします。

GUNS'N'WANKERS
G'N'W

GUNS'N'WANKERSは、SNUFFのDuncanが、SNUFFを一時解散していた'93年~'94年に活動をしていました。彼らの残した音源は、"Pop"、"Hardcore"、"Metal"という3枚のEPと、"Fears And Oathing"というファンジンの付録の"Silly"というEP、の4枚のEPの音源が、存在すると思うのですが、GUNS'N'WANKERSは、その活動期間の短さと、音源の少なさにもかかわらず、初期SNUFFと同等と言ってもいいほど、高く評価できる、UKメロディックのバンドのひとつであると思っています。

その全てが、7インチアナログの彼らの音源は、"Pop"、"Hardcore"、"Metal"から、"Metal"の"Ever Green"という曲を除き、日本ではSnuffy Smileが、イギリスではRugger Bugerが、それぞれCDとしてリリースしていましたが、現在はかなり入手が困難らしく、FatWreckChordsの、"Metal"の3曲を除いた、最も収録曲の少ない、US盤"For Dancing And Listening"のみが、現在、輸入盤として入手可能です。"Metal"はシングルを掘る以外ないです。また、最も入手が困難であろう、"Silly"の2曲は、デジタル音源としては、やはり、Snuffy Smileが、コンピレーション"The Best Punk In England, Son"に、"Gilette"を収録、"Bing Bong"は、タイトル忘れてしまった上に、どうにも見当たらない、USのコンピに収録されていたと思うのですが、多分、デジタル、アナログとも、入手は困難を極めると思います。"Silly"はどうでもいいっちゃあ、いいのですが、"Gilette"はカッコいいのだけど、短いですし、"Bing Bong"は、まぁ、アレですし。ただ、正規の3枚のシングルのほうは、機会さえあれば、ぜひとも聴いてほしいと思います。特に名曲が揃い過ぎの"Pop"は必聴です。まぁ、そう言った意味では、"For Dancing And Listening"で我慢はできるかもしれません。まぁ、しかし、あそこまで変質的に初期音源を集めて、リリースしてるFATなのに、なぜ削っちゃってるのか、少し理解に苦しみますが。

Duncanは、このGUNS'N'WANKERSでは、ギター&ボーカルを担当しており、まぁ、その巧さ、メタリックさに舌を巻きます。本当になんでも人より巧くこなしてしまいます、この人は。そして、SNUFF節も顕在な、彼のボーカルによる、極上哀愁メロディーは、GUNS'N'WANKERSにおいても、炸裂し放題に、炸裂しています。
Duncanのギターは、実にSimonよりも、さらにメタリック・エッジが効いていて、そういった意味でも、良くGUNS'N'WANKERSは、SNUFFよりもメタルっぽいとの風評も、良く耳にしますが、音だけを語るならば、新しかったSNUFFの音を、さらに新しくしているともいえ、また、メロディアスな曲は、このGUNS'N'WANKERSも、この上無く、メロディアスであり、そういった意味で、捉え方を変えれば、明らかにSNUFFの延長線上に位置するサウンドと言え、既に幻となった、初期SNUFFの幻影を、Duncanが体現してみせたサウンドと、ロマンチストな夢想をしてみるのも一興かとは思います。しかし、GUNS'N'WANKERSは、それ単体においても、超極上のUKメロディック・バンドと、私は断言して憚りません。

ここでは、私が所有している、Snuffy Smile国内盤に付随して、お話を進めていきます。そのオープニングを飾る一曲目 "Nervous"("Hardcore"収録、以降、収録EPをHC、M、P、と記載します)は、そのメタリックな刻みで、高速感のある、フックの効いた、メロディック・ハ-ドコアナンバーです。と簡単に言っても、当時としては、ギターがザクザクだし、かなり驚かされました。続く"Skin deep"(P)では、ガッチリと、クールな哀愁で疾走。"Blah Blah Blah"(HC)はなぜ、"Hardcore"に収録されていたのか、よくわからない、ポップなメロディック・ナンバーです。そして、"668"(M)。グラインド丸出しです。SNUFFでも、それっぽい感じの曲はありますが、G'N'Wのほうが圧倒的にメタリック・グラインド・コアです。続き"Surprise"(HC)はまさに、ハードコアという感じですが、もう、音と速度が、最近のメロディック・ハードコアと差異がないです。。そしてポップナンバー"Raise Your Glass(P)"、"Reach"の楽曲を彷彿とさせる哀愁メロディーの"Sunstroke"(P)と、メロディアス・ナンバー連発です。で、思うのですが、GUNS'N'WANKERSのミディアムや、少しアップといった曲は、速度を落としても、かなり疾走感を感じさせます。そこら辺、私的には、とてもたまらなく魅力的に感じるのですが、Duncanのギターもそうですが、サウンド作りと、演奏が、他の二人も相当に巧いと思います。で、次はまたもグラインド・フックな"Incoming"(M)。そして、野太いベースから始まる、実にハードコアな雰囲気を携えながらも、ポップ感さえある、"Blows away"(HC)ときて、ラスト、メガ・メロディアス"Help"(P)で、ポップかつメロディアスに締めます。
EPをまとめている作品なのですが、このSnuffy Smile国内盤及び、Rugger Buger UK盤は、曲順も実にしっくりきますし、アルバムとしてもバランスが取れているので、実に聴きやすく、素晴らしい作品であると思っています。SNUFFが持っていたような、ある意味での緊迫感や、緊張感が、このGUNS'N'WANKERSでは、その音とは反対に、あまり感じられず、メンバーが楽しんでいる感の方が、圧倒的に大きいように感じられ、聴いているこちらも、楽しみながら聴けるといった、そういった意味で、SNUFFとは、別の魅力や醍醐味が感じられ、その完成度の高い、ポップさ、ロックさは、まさに超極上のUKメロディックです。

SNUFFがシーンからその姿を消していた時期、GUNS'N'WANKERSの前に、DuncanとSimonは、'92年にWat Ttlerとともに、URIN8というユニットで、"Bizarresque"EPをリリースしていますが、一時的な遊びのようで、そのEPをリリースしたのみの活動に終わります。この"Bizarresque"EPのA面は、モロにSNUFFといえるナンバーなので、機会があれば聴いてみてください。当時は楽に入手できたのですが、このEPもB面がかなりアレなので、G'N'Wの"Silly"同様、高額を支払ってまで、手に入れるのは、あまりオススメできませんね。
GUNS'N'WANKERSは、'04年頃に再結成の噂もあったようですが、ベーシストの病気などもあり、実際は、'94年以降、活動やリリースがありません。GUNS'N'WANKERSが再び結成され、この時代にどんな音を出してくるのか、興味深いことこの上なく、なにかの間違いでもいいので、ぜひ奇跡の復活を、気長に待ちたいところです。
この辺のお話を、さらに深く知りたい方は、SNUFFの日本ファンサイト、SNUFFLEや、UKメロディックに
造詣の深い、The Best Punk Rock In Englandなどのサイトを覗いてみることをオススメします。非常に興味深いお話が書かれています。


SNUFF -REACH-
reach

当時、SNUFFが解散したというニュースは、その失望と、喪失感で、私をかなりヘコませてくれました。それほどまでに私は、"Snuff Said..."を聴いて以来、SNUFFが創り出す、新しいサウンドを、新しい曲を、心待ちにしていました。
'92年リリースの、この"Reach"は、'91年にレコーディングされ、SNUFFが一時解散した後に、リリースされた作品です。当時、元THE JAMのメンバーがミックスダウンするなど、様々な噂も流れ、また発売されるのかどうかも不明といった、噂すら流れる始末。しかし、実際は、LEATHERFACEのフランキーらの手を借り、仲間内だけで仕上げたそうで、どうにか埋もれることなく、SNUFFのニューアルバム"Reach"は我々の元に届けられました。私は期待と喪失感とが、ない交ぜになった、なんとも言えない心境で、この"Reach"を聴きました。それ以前も、それ以降も、この時のような感情で、新しい音源を聴くことなど、全く持って経験していません。

しかし、この"Reach"は、そんな私の失望感や、喪失感を、吹き飛ばしてくれるかのような、まさにSNUFFといった、1st."Snuff Said..."にも匹敵する、素晴らしい作品でした。
高速ナンバーではありませんが、実に彼ららしい刻みの"I Know What You Want"で幕を開け、炸裂する哀愁"Teabag"、そして、SNUFFの本領発揮とも言える、"Damage Is Done"、"Spend, Spend, Spend"超高速パンク瞬間芸コンボ、その短く高速の曲の間に、ドラマチックかつ、起伏にとんだアレンジを展開する、まさにSNUFFの真骨頂です。そして、ハモンドとダイナミックな演奏が見事に噛み合った、"If I Tried"。私はSNUFFの、スピードを殺した曲の中で、断然、この"If I Tried"が大好きです。続く"Hellbound"では、カテゴライズを握りつぶす、メタリックでダイナミックな演奏を展開、緊迫感や、軋轢を感じさせたかと思えば、"That's Fine"で、広大な風景を思わせる、叙情感を披露する。そして、Stop & Goな超高速"It's You"、哀愁パンク・ミディアム"Bingo"、またも歌い上げる高速ナンバー"Ichola Buddha"ときて、テクニカルな演奏とアレンジが凝縮された、彼ららしいインスト"Porro"をはさみ、シニカルな歌詞にもかかわらず、明日への希望を感じずにはいられない、"Sweet Dreams"で幕を閉じる。もう、国内盤のボートラが蛇足に感じるほどです。あ、いや、それはそれでうれしかったのですが。あぁ、もう、カッコいいです。アルバムとして、完璧すぎます。もう、私の文章もなんか、昔のシンコーミュージックの人みたいです。私はアルバムとしてなら、その衝撃の1st."Snuff Said..."よりも、この"Reach"のほうが、好きかもしれません。いや、待ってください、選べません、どっちも好きです。もう、この初期オリジナル・メンバーのSNUFFが出す音と曲こそが、いろんな意味で、正解で、ど真ん中で、ストライクで、もう、私の脳髄をグリグリします。...すみません、少し興奮して、取り乱してしまいました。

このアルバムの後、DuncanはGUNS'N'WANKERSを結成、そしてまた、SNUFFを再結成し、今もなお活動を続け、SimonはYOUR MUMそして、SOUTHPORTへと参加、AndyはLEATHERFACEに参加、POPE、JESSEと、Frankie Stubbsと活動を共にし、オリジナル・メンバーは異なる道を歩み始めるのですが、このオリジナル・メンバーのSNUFFは、私にとっては、本当に特別な存在だったりします。しかし、もう一度、このメンバーのSNUFFが見たい、聴きたいと願っても、Andyが亡くなってしまった今、その願いは叶うはずもありません。

知らずしらずのうちに、時は過ぎ、時代は変わり、そこに在るはずのものも、失われてしまうこともあります。年を取るということは、少しづつ、希望や、願いを喪失していくことかもしれません。そんなことを考えながら、なぜか思いだしたけど、"Too Late"の歌詞はなんとも深いな。


CHINA DRUM -GOOSEFAIR-
GoosefairGoosefair

China Drum


「奴らのステージを見た時は、あまりのかっこよさに、俺はバンドをやめようかと思ったぐらいだよ」この、言葉は、LEATHERFACEのフランキーが、CHINA DRUMについて語ったという、初期のシングルコンピレーション、日本デビューアルバムとなる"Rolling Hills and Soaking Gills"('95)の、国内盤ライナーからの引用です。
彼ら、CHINA DRUMも何故か、最近あまり語られる事もなく、時代に埋もれてしまった感すらありますが、私は、初期から、この時期のCHINA DRUMこそが、真のエモーショナルであり、UKメロディックという形容が、最も相応しいバンドのひとつではないかと思っています。

CHINA DRUMは'89年、スコットランドに近いイングランドで結成され、'93年、EP"Simple"をリリース、その翌'94年には、自主制作シングルのみの、リリースでありながら、GREEN DAYのEUROツアーのサポートも努めるなど、LIVEバンドとして、早くも注目を浴び始め、続き、"Great Fire"('94)、"Barrier"('95)、"Fall Into Place"('95)と、EPリリースを重ね、SNUFFや、LETHERFACEより一足早く、米国デビューさえ果たしました。そんな彼らの、待望のフルレングスにして、おそらく最高傑作と言えるであろうアルバムが、この'96年リリースの "Goosefair"です。

原盤オリジナルの14曲に、EPのサブトラックや、シングルバージョンを7曲、ボーナストラックとして、ふんだんに盛り込んだ、徳間ジャパン国内盤は最強です。それまでの一部パンキッシュな音や、ドライブ感といったものは、そのライナーに記されているとおり、確かに質感が変わっているのかもしれませんが、ミッドとスローが中心であるとは言え、その素晴らしすぎるメロディーと、充実したサウンドは、まさにこの"Goosefair"で、ほぼ完成をみていると思います。
初期シングルのリテイクを多く含んだ、この"Goosefair"は、まさにCHINA DRUMの初期のベストといってもいいほど、トータル的にも質が高く、初期のナンバーのリテイクは、その荒さや、初期衝動といったものは、失われているかもしれませんが、実に丁寧に録りなおされています。また、その演奏はシンプルでありながら、工夫をこらしたアンサンブルで、時に隙間を利用し、時に音を積み重ね、トリオ・パンドの魅力を引き出しています。ちなみにベーシストと、ギタリストは兄弟です。そして彼らも、ドラム・ボーカルなのですが、もう、なんでドラムの人は、こうも歌がうまいのでしょう。このアルバムにおける、彼らの演奏は、スローの曲などは特に、ロックというサウンドでありながら、旋律といった風情すらあります。私は、この時期の彼らの作るメロディーこそ、泣きメロであると認識しています。その哀愁のたっぷり詰まったサウンドは、歌物としてのUKメロディック・サウンドの醍醐味を、充分すぎるほど発揮しています。
先行シングルでのリリースもあった、オープニングナンバー、"Can't Stop These Things"の哀愁たっぷりの、疾走感に始まり、"Cloud 9"と飛ばして、"Fall Into Place"などの初期のリテイクを、多少落ち着いたアレンジで聞かせ、"Biscuit Barrel F. M. R. "でフックをかけ、バラエティーに富んだアレンジのミディアムをじっくりと、"Take It Back"で少し加速したかと思えば、初期のパンキッシュ・ナンバー"Meaning"を、なんとコースティック・ナンバーで歌い上げ、バラードで締める。う~ん、カッコよすぎで、シブすぎです。そして、それだけでは終わらない徳間国内盤は、かなり名曲の数々である、EPサブトラックのつるべ打ち。美しい曲が、さらに美しい "Last Chance"の7インチB面バージョンと、"嵐ヶ丘"のカバーは、本当に入れてくれてありがとう、です。

彼らはこの後、'97年リリースの2nd."Self Made Maniac"でも、さらにその音の質感を変換していき、パーカッシヴなドラムアレンジや、かってないほどの、エッジを効かせた曲があったりと、実験的な試みも見せ、なんとも掴みどころの難しいサウンドでありながら、トータル的には、ある種、アメリカン・ロック的な、ホピュラーな展開を見せます。しかし、彼らの作り出す、素晴らしいメロディーは健在で、"Goosefair"ほど、ドラマチックではないかもしれませんが、充分に良作といえる作品です。
しかし、"Self Made Maniac"以降、とんと、そのバンド名すら、耳にしなくなります。バンド名をCHINA DRUMから、THE DRUMに改名して、活動を続けているらしいですが、そのサウンドは、CHINA DRUMとは全く、別のモノだそうです。
美しい思い出を、美しいままで取っておきたい、ロマンチスト(笑)の私は、THE DRUMを聴いたことがありません。
THE ABS -MENTALENEMA-
mentalenema

交代なんかするもんか、ボクはまだ、投げられるんだ!!ほら、もっと遅いスローカーブだよ~ん。と、UKメロディック特集を謳っておきながら、もはやストライクは初日の、LETHERFACEだけのような気が、しないでもないのですが(2日目はなんか自分的に暴投)、そんな私の投げつける大暴投を、ニヤリと笑って、バッター・ボックスに立ち、卓球ラケットで打ち返してくれるような人がいることを信じて、満を持して繰り出す、きっと誰かはホームランは、このThe ABSです。

彼らを初めて聴いて、何年が経ったでしょう。なのに、私ときたら、この"Mentalenema"の8曲と、テイチクの"Underground Rockers"という、コンピ収録の2曲以外、聴いていません。もう、2ndアルバムなんて、当時も今も、どこ探してもありゃあしませんよ。なのに、大好きでたまりません。
太く、深い、シンガロングなボーカル、ドライヴし、うねりまくるベース、イカすリフとカッティングが絡み合うギター、キメでは連打のパンクなドラム、そして、グッド漢メロディー、もう、パンクのカッコよさがここに極まれています。メロディー、スピード感(高速感ではありません)、ラウド感、どれをとっても申し分なく、ポップささえも持ち合わせちゃったりする、REZILLOSに男をふりかけたと言いましょうか、DICKISを進化させたと言うべきか、もう、この上なく、私の理想のパンク・バンドです。あぁ、もう本当にノークレーム、ノーリターンでお願いします。
彼らについては、Boggs(Vo.&G.)とRev(Dr.)が、ABS解散後に、LeatherfaceのDickie(G.)と結成する、DOCTOR BISON(1994-1996)の方が有名だったり、The Best Punk Rock In Englandさんか、眠るさんくらいしか、取り上げているのを見たことがありませんが、また、TRIGGER HAPPYに続き、日本で一番語ってやりますよ、もう、誰の意見も聞きません。

The ABS、その結成は意外と早く、1980年だそうで、このアルバムのラインナップになったのが、'87年だとのことで、同年、EP"Grease Your Ralph"を自主制作でリリース、'88年に12inch.EP"Turbosphinct"をVinyl Solutionからリリース、以降、ファンジンのコンピや、その他のコンピに音源を提供しつつ、'89年にLinkレコードより、リリースされたのが、この"Mentalenema"です。国内盤はやっぱりのテイチクから、'91年にリリースされています。
もう、8曲なんて、あっという間に終わってしまいますよね。もう、さっきから、かれこれ10回ほど繰り返して聞いています。決して、今日的な高速感や、スピード感ではありませんが、やはり、何度聴いても飽きません。実にポップで、ハードドライビング・ロックンロールといった趣です。日頃、高速メロディック・ハードコアを聴き慣れている、麻痺気味の耳に、正常な感覚を取り戻させてくれ、パンク・ロックの意味を再認識させてくれます。
で、今思うのですが、当時感じた曲のテンポではないスピード感は、巧みに構成されたアレンジと、ドライブ感のある演奏もあるでしょうが、シンガロングに歌詞を捲し立てるボーカルによるところも大きいのだなと感じます。で、捲し立てているのに、メロディアスなのは、サビではテンポを落とし、グッと歌い上げたり、その深い声と相俟って、実にテクニカルな歌唱能力によるものです。また、その歌の隙間や、歌を邪魔することなく挟む、ギター・リフが、より一層、彼らの楽曲をメロディアスにしています。なにせ演奏全体が、あくまでもパンク的に巧いです。特に、3曲目の"Sweetest Kiss"という曲は、私が人生で聴いたミディアム・テンポのパンクでも、最高峰に位置します。もう、哀愁の塊が、カッコ良すぎて、死ぬまでに、一度は聴いておかなければいけない曲です。また、"Underground Rockers"の方に収録されている"Englebert Humperdrink's Racing Pigeon"という曲は、This is Melodic Speed Punkです。
メタリック・ハイスピードな、近代的メロディック・ハードコアだけを求める方には、物足りなく、縁遠い音なのかもしれませんが、このThe ABSは、ぜひとも若い方たちに聴いてもらいたいバンドのひとつです。すると、答えも自ずと見えてくるはずです。「メロディック・ハードコア」が好きなのか、それとも「パンクロック」が好きなのか。どちらかが嫌いでも、どちらも好きでも、誰も文句は言いません。良い音楽を聴き、求める自由は誰にだってあります。このThe ABSが、その中の一つであることは、自信を持って言えます。そして拘りや、垣根を越えて、パンクロックを愛してもらえればいいなと思います。

で、そんな皆さんにというか、私に朗報ですが、The ABSの全音源を叩きこんだ、究極盤がついに発売されます(号泣)!!その名も"Wop Bop a Loo Bop a Cough Wheeze Fart"。自主7EP、12EP、この"Mentalenema"、そして幻の2nd."Nail It Down"に、Peel Sessionの音源、未発表曲と、もう、その感激に涙無くしては語れない、Ultimateな2枚組。神様ありがとう!こんな素晴らしいものが、Amazonでだって、簡単に変えるなんて、なんて時代だ、まったく、生きててよかったです。というわけで、また、近いうちにこのABSについて語るかもしれません。あまり、気負うとLOST IN LINEのときのようになるやもしれませんので、自重します。
で、よかったらたまに私の、ウチのお店のお客さんのオモチャ検索エンジンと化している、横のAmazonアフィリの検索エンジンに"Wop Bop a Loo Bop a Cough Wheeze Fart"のタイトルを放り込んでいただき、なおかつショッピングなどしてもらうと、一層喜びが増します。溜まったお金は、店の仕入れなどではなく、私のパンクCDのために大切かつ有効に使われます。


SENSELESS THINGS -POSTCARD C.V.-
senselesspostcard

2球続けて、直球で勝負した後は、俺のとっておきの魔球を見せてやるぜっ、って投げたボールがスローカーブだったりする感もバリバリの、今や知名度も、人気も、再評価も皆無と言ってもいい、その音源も殆どが廃盤であろうことは想像に難くなく、かといって入手困難なのかと言われると、その辺の中古レコード店のワゴンの中にもありそうな感じですが、言っておきますぜ、ダンナ。この"Postcard CV"を見つけたら、買って損はないですぜ。なにせきっと叩き売られてそうですから。トホホ。と、俺だけ大好き、SENSELESS THINGSです。

当時、わざわざ日本くんだりまで出かけて来て、イカ天とかに出たりして、何かと話題を振りまきつつ、日本では東芝EMIから、その甘めのガキチックなルックスも伴い、というか、ガキ丸出しのようでしたが、いささかアイドル的、鳴り物入りな日本デビューを飾ったアルバムが、彼らの初期音源をまとめた、この"Postcard C.V."です。
そのライナーもなんだか、彼らのルックスや、立ち居振る舞いのことにしか、触れておらず、まったくライナーとして機能していません。また、インナーの裏にある、ファンクラブ会員募集、その名もセンセレス友の会(爆笑)の、なんともいえないイーエ~ンムアーイなトホホっぷりが、当時を偲ばせて少し辛くなります。「センセレスのどこが好きかを書いて下記あてに送って! -中略- いろいろ イイ事あるゾ。」って、マジですか!グレイツッ!!ションベンちびりそうだぜ!!ねぇ、かあさん、ハガキちょうだいってことに、パンクスはなりません。別の意味でイタい、バードランドなんかとともに、彼らも日本ではかなり、重症を伴うイタさを感じさせるプロモーションを展開されていました。というか、バードランドの方は本体もイタいような気が...ry
しかし、初期の彼らは、SNUFFやMEGA CITY FOURなどと、LIVEをやったり、コンピEPをリリースするなど、UKメロディック初期のアンダーグラウンドのシーンにも、大きく関わっており、また、そのサウンドも、アグレッシヴで、スピード感にあふれ、尚且つ、ポップなナンバーを披露していました。そのガキ丸出しの、パブリック・イメージそのままの彼らは、ある意味では、天然物のパンクで、また、その音楽性も充分に新しさを備え、パンク界に新風を巻き起こす予感と資質が、充分に垣間見れたのですが、残念ながら、ガキはガキのままで、思いつくままにその音楽性を変換していき、ついには、パンクというカテゴリーからも外れてしまったかのような、パンク・シーンにおける現在の評価の低さに繋がっていきます。

'89年リリースの本作は、イギリスで発売された10曲に、初期音源を追加した、日本編集盤だと記憶しますが、特に散漫な感じもなく、この頃の彼らの楽曲は、実にパンク・テイストにあふれているモノが多く、MC4よりも、断然高速感があります。また、パンクっぽくないテクニカルなベースも、ラインがウルサく、妙なアンサンブルを加えています。私はここのリズム隊結構好きだったりします。全体的にその音は、当時としては古臭さがなく、アプローチが新しく感じられ、そのイメージとは別の、しっかりした音楽性が見受けられます。また、楽曲も非常にメロディアスかつ、ポップで、スピード感も兼ね備えています。アルバム全体としても、曲調が高速とミッドとに使い分けられ、退屈せず聴ける仕上がりを見せています。ていうか、今聴くと、やっぱり少し遅く感じますね。でも、速い曲はカッコいいです。中にはハードコア的速度感を備えた曲もあります。速い曲ではないですが、"Too Much Kissing"という曲は、Travis Cutもカバーしてるそうです、私は聴いてませんけど。また、この曲は、彼らがイカ天に出演した時にも演奏された曲です。また、SNUFFも、このアルバム収録の、"I Want To Get Back"をカバーしています。初期のコンピEPに収録されている曲ですが、SNUFFのベストで聴けます。ラスト前、"I Want To Get Back"と次の、"You Don't Want Me"という、スピード・チューンのコンボが、個人的にはこのアルバムの山場です。
このアルバムをリリースした後、12インチや、日本編集盤をリリースし、その後、EPICと契約し、"First Of Too Many"('91)と"Empire Of Senseless"('93)、"Taking Care Of Business"('95)というフルレングスをリリースしていきますが、初期の勢いのあるパンキッシュさは、東芝EMI音源までで、英国本国メジャーデビュー後の彼らは、イギリスでは、そこそこのセールを記録したようですが、その若さも手伝い、その音楽性に実験的、冒険的要素を取り入れ始め、音楽的にパンクスが求めるサウンドとは、大きくかけ離れていきます。

初期は、私に大いなる期待を抱かせてくれたSENSELESS THINGSですが、後期はオルタナティヴへの傾倒が、如実に表れていき、というか、もうグランジそのままですよ、当時、注目を浴びていた。ホント流行りものが好きだなぁ、小僧は。まぁ、そういったところも実に、彼ららしい一面というか、もう、SENSELESS THINGSというバンドを体現しているので、そう言った意味では、時代を経ての再評価など、彼らにとっては、無用の長物なのかもしれません。

SENSELESS THINGS 1989 - 1998 http://www.senselessthings.com/

MEGA CITY FOUR
TranzophobiaTranzophobia

Mega City Four


現在、方々でUKメロディックが語られていて、ものすごく評価が高くなっている気がするのが、MEGA CITY FOURだと思います。最近のバンドでも、彼らのような曲調やテンポのバンドも少なくはなく、その聴きやすさは、かなりとっつきやすい感じではないでしょうか。もっとも、私個人的にはもう、全くと言っていいほど、思い入れが無く、ただ、なんか当時の流れで、アルバムはLIVEとかまで、全部持ってたりするんですよね。それもトイズファクトリー国内盤で。本当に宝の持ち腐れというヤツです。しかしやはり、私にはあまり無縁の音とはいえ、後期UKメロディックに、多大なる影響を及ぼしているであろう、この、MC4を扱わないというのも、どうかと思い、これから全作品聞きながら、やっていきます。ファンの方は本当にゴメンナサイ。私が本当に肌に合わないだけです。別に悪口を書くわけでは決してありませんが、日頃に比べ、かなりの温度差があるのは否めません。不快な方は読み飛ばしちゃってください。

今、若者に支持を受けて、彼らの琴線に触れているであろう、MC4の青春のメロディーや、切なさといったものが、求めるサウンドや、生き方すらも、そういったところ無縁である私は、儚げで、切なく、弱々しいものを、女性以外には個人的には全く受け付けず、むしろ、そのWizの声質も相俟って、弱々しさを感じてしまいます。
また、私のよく言う、哀愁とか、詫び寂びというものは、確かに切なく、儚げではありますが、大きく意味合いが違うと認識しています。スタンディング・アローンな趣であるはずを、共感し、共有するといった、私とは全く別の感性の受け止め方が、少々気にくわないのかもしれません。
しかし、それはある意味、実に現代的で、MC4が、なぜ、今求められたりするのかといった理由も、非常に納得できたりします。そのことに関しては、多分に私の方が、今の若者の感性と大きくズレている上、さらに年齢的にも非常に特異であるパンク至上嗜好、また、音楽に癒しなど一切求めることのない、私の個性的な感性が、彼らに否定的な部分であると、ご理解ください。

当時、その1st.を見て、聴いたとき、そのジャケットのメンバー写真メインのダサさと、ロゴのメタルっぽさ、また、SNUFFとLEATHERFACEを通過した後に、彼らの音を聴いてしまった、そのスピード感の無さと、あまり新しさの無い音、私からMC4に対する興味が生まれなかったのも、本当に事実でした。そして、これは全く好みと感性の問題としか、いいようが無いのですが、当時から、私は彼らのメロディーが好みではありませんでした。現在、泣きメロと評されているそのメロディーは、私自身には甘メロといった感じに聞こえます。その曲調もありますが、泣いているのはWizの声ではないのかと思っています。確かにWizの声は、個人的には決して好きではありませんが、客観的に見れば、切なげに歌を奏でる、素晴らしい声で、何かを他人に伝える、また、訴えかけるには、最強の音として機能していると思います。それこそが、現在のMC4の高い評価に、大きく関わっているのではないかと、個人的には認識しています。
MC4は、'87年に結成、'89年に1st."Tranzophobia"をリリース。このアルバムの印象は、前述したとおりです。しかし、パンクとして聴くとアレですが、UKメロディックとして聴くなら、ソフトパンクといった趣で、非常に聴きやすいだろう感じます。そして、'90年に2nd.アルバム"Who Cares Wins"をリリース。今聴いてみて、個人的にはこの作品が、一番好きかもしれません。メロディーも合うものが多く、そこそこアップテンホ゜です。当時、流行っていた、マンチェスター・サウンドも導入したりと、そのサウンドに欲や、色気が感じられます。'91年に初期シングルコンピレーション、"Terribly Sorry Bob "をリリース、翌'92年に、3rd."Sebastopol RD"をリリースします。この時期から、私的にはもう完全にダメになってしまいます。しかし、このアルバムに収録の"Untouchable"という曲は、MC4史上、最高ともいえるスピード・チューンで、なぜこのアルバムに?的な感じですが、私はこの曲が、MC4で最も好きな曲だったりします。そして同年、"Inspiringly Titled"という、LIVEアルバムをリリースした後、'93年、4th."Magic Bullets"をリリース。今聴くと、もう、むしろこの辺りののほうが、いさぎよくポップで、好感が持てたりします。と、感じたりする自分に老いを感じます。このアルバムに収録されている、彼らの9th.シングル、"Iron Sky"は、およそ私が好むようではない曲調なのですが、なぜか当時も、今もグッときたりしました。これが、メロディーが合ってるという感じかもしれません。そして、彼らのラストアルバム"Soulscraper"と続くわけですが、どこに消えたか、どうにも見当たりません。う~ん、スミマセン。でも、ま、いいか。
年齢を重ねると、以外に甘いのも、たまにはいいなとか思ってしまう自分の、年の取り方が少し嫌になるので、この辺にしときましょう。

Wizは、MC4解散の後、SERPICO、IPANEMAといった良質のギター・ロックバンドで、活動を続けていましたが、2006年に他界しました。IPANEMAは非常にラウド感があり、私はMC4より、気に入っていたのですが...
好むと、好まざるとに関わらず、良質の音楽を提供し続けていた、彼のような存在は、やはり、シーンには絶対に必要な存在で、残念でなりません。

MEGA CITY FOUR MySpace http://www.myspace.com/megacityfour
IPANEMA MySpace http://www.myspace.com/ipanemarock

LEATHERFACE -MASH-
MushMush

Leatherface


LEATHERFACEは、SNUFFと双璧をなすといっても過言ではない、UKメロディックの初期の代表格ともいえるバンドです。当時も、SNUFFともよく引き合いに出され、日本でも、その人気を二分していました。ストレートなストロング・スタイルといった、男臭くストイックな、しかしメロディアスな、彼らのサウンドは、今も多くのファンとフォロワーがいるようで、つい最近も、世界各国の若手による、2枚組のトリビュート・アルバムがリリースされ、また日本でも、長くUKメロディックをサポートしている、Snuffy Smileから、日本のバンドによる、トリビュートもリリースされています。また、メンバーが、在籍していた、H.D.Q.もつい先頃、その作品がリイシューされるなど、昨今、再評価の気運も高まっているようです。

当時の日本盤のリリースも、SNUFFと同じく、テイチクレコードで、その彼らのサウンドを、HUSKER DU meets MOTORHEADと評していましたが、SNUFF聴いてて、HUSKER DU知ってて、MOTORHEADも好きって、そんなロックファンが、どこにいるのだろうと、よく思ったものでした。まぁ、それはともかく、MOTORHEADは、そのダミ声からでしょうが、確かにHUSKER DUは音の質感とか、良く似ている感じではあります。しかし、現在もそうですけど、LEATHERFACEの出す音は、やはり何々的といった、形容のしづらい音ではあります。曲調もそうですが、全体的に、非常に個性的な音と感じるのは、私だけでしょうか?しかし、当時の彼らの音は、やはりパンクを理解している上、それを近代的に、非常に硬質なサウンドに変換しているといった、実に巧いバンドという印象でした。SNUFFとは別の意味で、またこのLEATHERFACEも突出していたのだなと、改めて感心します。

LEATHERFACEは、'89年、マンチェスターで結成され、初期はH.D.Q.も並行して活動していました。同年、1st.アルバム"Cherry Knowl"をリリース。このアルバムは、彼らの作品中、最もスピード感を持った曲の多い作品です。そして、"Beer Pig"という7インチをリリースした、翌'90年"Razorblades And Aspirin"'7EP、続いて、2nd.アルバム"Fill Your Boots"、ミニアルバム"Smoky Joe"と立て続けにリリース。テイチク国内盤は、"Fill Your Boots"と、"Smoky Joe"の2in1でした。そして、'91年、今回取り上げた、3rd.アルバム"Mash"をリリースします。テイチク国内盤で、前作と同時に聴いた当時の私は、圧倒的に完成度の高い、この"Mash"が非常に気に入り、それは今も変わらず、この"Mash"が、LEATHERFACEの作品の中でも、最も好きなアルバムです。

この"Mash"における、聴いたことがあるようで無い、ストロングスタイルの楽曲の数々。ダミ声なのに、メロディアスに、歌い上げるフランキーのボーカル。その硬派なサウンドは、ストイックなまでに、乾いているはずなのに、そのダミ声と相反する、メロディアスなアルペジオが、ウェット感を被せて、一筋縄ではいかない、彼らのオリジナルのサウンドを作り上げています。そして、ハードコアでもなく、SNUFFとも違った疾走感を、LETHERFACEは展開しています。そこには、近代メロディック・ハードコアが、昨今、稀にしか持ち得ていない、オリジナル・パンクのカッコよさのような、本来のパンクロックの醍醐味が、充分に感じ取れます。
カッコいいバンドは、掴みが肝心で、1曲目の"I Want The Moon"で、すでに目眩がしそうです。どこかの若い方たちも、ぜひ見習ってほしいものです。そして、その曲調といい、テンポといい、起伏にとんだ楽曲の数々は、決して疾走感を損なわず、たたみかけてきます。で、国内盤のラスト、ボートラのポリスのカバーが、本当に素晴らし過ぎて死にます。現在、入手できるU.K.Importもテイチク仕様みたいなので、ボートラで付いてるみたいです。う~ん、素晴らしい!!今、改めて聴きなおしても、こんな音で、こんな曲で、こんなアルバムって無いなぁと、しみじみ思います。

このアルバム以降、さらにメロディアス路線に磨きがかかっていくのですが、それはスピード感や、疾走感を伴うものでありません。しかし、パンクやハードコアといったものに拘らず、UKメロディックという、カテゴライズで語るのであれば、LEATHERFACEは、今も極上で、その上、充分に個性的なサウンドを展開し続けていると言えます。最近、SNUFFのダンカンのソロ・プロジェクト、DUNCAN'S DIVASでも、フランキーが、ギターをプレイしていますが、イントロでフランキー先生とわかる音で、本当に個性的です。

LEATHERFACE Official http://www.leatherface.uk.com/
LEATHERFACE Japan http://www.shebarock.com/lfj/index.html


フェティシズム
私がよく、その音を表現するとき、あらゆる表現を駆使しながら、どうにか読んでいる皆さんに、分かり易く伝えようと努力はするのですが、私の表現や、語感が伝わらないだろうな、などと思うときが多々あります。
私がよく言う、「湿った」などの表現は、そのニュアンスが、同じ感覚を持ち合わせている方でなければ、およそ伝わらないであろうという、代表格のような感じもするのですが、私自身、湿ったと表現する以外、なんともうまく表現のしようがなく、自分的にはうまいこと言ったつもりでいても、もしかすると、全く伝わっていない可能性もあります。しかし、こればっかしは、いかんせんどうしようもなく、また、私の文章によく見られる、ひとつの事柄を論って、講釈を展開するのは、完全に自分自身を、フェテイシストと言ってるようなものだなと、最近よく思います。というか、私は、それはもう、あらゆる面において、フェチです。

とここからは、かなり性的な表現とかも、含まれたりだとか、変態感を伴う、くだらないエロ話だとか、出てくるわけですが、FC2ブログは、この辺も許されるので、あらゆる意味で、実に素晴らしい、フリーブログスペースです。その上、私は本来、下ネタが大好きです。パンクと何の関係があるんだと、お怒りのむきもあるでしょうが、パンクにかこつけて、アホな話を展開するだけな上、いつものような個人的な息抜きだったりしますので、ご理解のほどよろしくです。万が一、女性の方などは、不快な表現とかあるかもしれませんが、そういった方もぜひ、読み飛ばさずに、読んでくださいね(^^)なぜなら、私はフェティシストの上に、サディストだったりするので、もう思うツボです。

前にもお話ししましたが、私は音楽的にも、湿った感じの高速系といったものを好みます。それは、こと音楽的嗜好に留まらず、あらゆる面において、そういったダークかつ、ウェッティーかつ、背徳的なものを好む傾向にあります。最近、書いていて気付いたのですが、ことパンクにおいても、太陽の下を、西海岸を颯爽と、ポップかつ、スポーティーにといったものが、少々気恥しく感じられたりするのは、私が、ただ単に年を取ったせいもあるかもしれませんが、そういった根本的嗜好性が、大きくかかわっているのではないかと思ったりします。
基本、私としては、彼女と太陽の下をスケーティングというよりは、朝から、ノータイムでしっぽりラブホという感じです。こと、エロに関しても、ハワイだの、何だのと、南国の島で、若いミソラのおねぇちゃんが、一糸纏わぬ姿で、にっこり笑ってたりする写真集なんぞ、子供の頃から、なんも興奮なんぞしません。な~にぃ、やっちまったなあぁ、男は黙って、加納典明ってなくらいに、湿ってたり、食い込んでたりするのが、大好きです。見えそで、見えない、これが良いんです。丸出しなんていただけません。そこ、小さいパンツは履いておくべきです。
とまぁ、私は、言い出せば、キリがないほど、あらゆるフェテイシズムを持っていたりします。メガネ女フェチというのもありますねぇ。それは、やんわり、ほっこりメガネタレントのようなアレではなく、もう、スーツとか着て、仕事できそうで、キッツい感じの、ロッテンマイヤーな女性がグーです。そう言うと、一見、マゾっぽいですが、私は、それはもう、筋金入りのサディストです。要は、言うこと聞きそうにない女性が、大好きなわけです。もう、ツンデレ最高!ひたすらデレ待ちというヤツです。
とまあ、ザッと書くだけでも、十二分に私の変態性というか、妙なこだわりが存分に発揮され、ドン引きしてる人もいるんじゃないかと思いますが、あまりの多忙と、金の無さに、そんなことを心配している余裕など微塵もない、今の私は、本当に自由に、自分の息抜きのために、思いつくまま、キーボードを叩いています。まぁ、アレです、3の付く数字と、3の倍数でアホになるのが、今回で、30、31、32と、3が付きまくっているんだなと、好意的に捉えていただけると、非常にありがたいです。

とまぁ、斯様に、あらゆる部分や、あらゆるモノに妙なこだわりを持っている、フェティシストの書く文章は、ことパンクにおいても、そのフェティシズムが、いかんなく発揮され、各所に、何でそんなことにこだわるの?的な、疑問をお持ちの方もいるでしょうが、私のこういった資質によるものだな、まったく、どうしようもねぇな、くらいの軽い気持ちで、お付き合いいただければ、幸いに思います。次はキチンと書きますので許してくださいね(^^;。
まあ、いろいろと実験的な試みもしつつ、たまには、ヨタ話もどうだろうかと、緩急(笑)を付けてみました。せっかく、ツールが使えるので、全編絵文字でってのはどう?とか、ワケのわからない発想も出てきたりして、本当に、いい歳をして、別の意味で、パンキッシュにもほどがありますが、そんなダメな私を見放さず、生暖かい目で見守ってやってくださいね。

リンク
いろいろとヒマをみつけては、いろんなブログ見てるのは、以前もお話しましたが、最近はふと、自分のHigh-Speed-Flowerの名を見つけて、驚いたりします。
音狂い。さんと、勝手に音源レビューさんが、ウチをリンクに入れてくれていて、見ていただいてるんだと、少しうれしくなってしまいます。わたしのほうも覗かせてもらってます。こっちもリンクに入れさせてもらいましたので、この場を借りて、ありがとうございます&よろしくおねがいしますです。
そんな中、ついでのようで申し訳ないんですが、他にも、私がコソーリと覗いている、ブログやサイトも、いろいろとリンクに追加させていただきました。なんか問題とかあれば連絡ください、すぐに削除しますので。

とりあえず、生業のほうが非常に忙しかったりするのですが、今週、何が何でも毎日更新が目標でしたので、今日はこの辺で、お茶を濁しておこうかなと、まぁ、アレです、イロモネアの小島よしおの、失笑だって、笑いは笑いだよ的なアレです。
今後の予定としましては、またヨタ話を挟みつつ、UKメロディックでもいきたたいなと。あぁ、T4は挟みます。まだ、届いてないですけど。そんなこんなで、店に行かないと、間に合わないので、今日はこの辺で。

X-STATE RIDE
X-state 1st, X-state 2nd.

新世代イタリア連発です。本来、同郷のJET MARKETと人気を二分するくらいの勢いがあってもよさそうですが、まぁ、何かと流通の悪さなどもあるし、ニューアルバムをリリースしても、オフィシャルを更新してなかったり、リリースの間隔もかなり開いていて、彼ら自身のやる気を少し疑っちゃったりもしますが、JET MARKETと比べると、いまいちマイナーな感すらあるX-STATE RIDEです。
しかし、このX-STATE RIDEも、JET MARKETに勝るとも劣らない、超高速メロディック・ハードコアで、JET MARKETに比べると、かなり、ダークかつメタルなサウンドは、イタリアでも最も、STRUNG OUT Likeなバンドのひとつとも言えます。

彼らの持つメタリックさは、スチール・エッジな部分的メタリックさではなく、本来の意味でのメタルっぽいサウンドといった感じで、また、スクリーモの要素もふんだんに盛り込み、かなり今風のサウンドといった印象です。また、高速という意味では、リリースした作品全編通して、高速一辺倒です。また、前述したように、ダークな印象の楽曲は、かなり哀愁度の高いメロディーも手伝い、ある意味、湿度を感じさせ、オランダのバンドなどによく見られる、その湿り気や、メタル臭さのような感じが、今風のサウンドなのに、少し古さを感じさせる要因かもしれません。そういった部分が、明るめのカラッとした疾走感を求める、若い方たちには、あまり受けがよろしくない原因かもしれません。しかし、私としては、この湿り気疾走系が大好物なもので、実によく聴いていたりします。また、これほどまでにメタルなのに、なぜかパンクを感じたりするところも、好きなところかもしれません。なぜにパンクを感じるのだかは、自分でもよくわからなかったりするのですが...う~ん、いさぎよいコンパクトさと、やる気の無さそうな感じかな。

X-STATE RIDEは、2000年に結成。初期に"Leave It To Us"と、"Morning Glory"という、EPをリリースしていると思うのですが、当方所有しておらず、不勉強でスミマセン。ともあれ、'04年に10曲入り1st.アルバム、"The Great Rebirth"をリリース。初期のEPのリテイクなども含まれると思いますが、このアルバム、全編通して高速です。基本的な部分は、最近の彼らのサウンドと大きく変わらず、メタリックなメロディック・ハードコアで、やはり、周辺のバンドと比べると、かなりメタル寄りではあります。しかし、メロディアスかつダークな疾走感は、当時から備えており、また高速一辺倒でありながら、至る所ににフックの効いたアレンジが加えられ、退屈することなく、あっと言う間に一枚を聴き終えてしまう良作で、多少、食傷感さえ残るほどです。次なる作品に期待は、いやが上にも高まるわけですが、初期はリリースもマメで、コンピとかにもよく顔を出していたと思うのですが、なにせ、ほとんど噂という噂も聞きませんでした。
そして待つこと数年、'07年に、やっとこさ2nd.アルバム"Against Me"をリリースします。サウンドの厚みとともに、メタル具合も、1,5倍ほど増量された感じですが、またも基本全編高速、充分に哀愁メロディック・ハードコアファンを納得させる、一枚に仕上げています。前作同様、多分彼らの特徴的部分のひとつでしょうが、工夫のなされたアレンジの割りに、高速感も伴い、曲がすごくコンパクトに感じられ、またも10曲なんて、あっと言う間。待ちわびたファンに、またも満腹感は与えないのではないかと感じてしまいます。もっとも、もっと聞きたい感があるのは、すごく良いバンドの証でしょうから、悪いことではないのでしょうが、次は何年待たされることになるのでしょうか。解散などせず、きちんと仕事をしてほしいなと、切に願います。
現状、何かと入手しづらそうな彼らの音源ですが、"Against Me"はディスクユニオンでも、売り切れちゃってるみたいですし、MILESTONEでも、今、無いようです。う~ん。"The Great Rebirth"はなぜか、HMVとかに在庫ありますね。いろいろと、パンク系扱ってるONLINE SHOPあたってみるしかなさそうです。

で、昨日のJET MARKETですが、メンバー本人たちとも交流の深い、MILESTONE MUSICのyuki氏によると、彼ら曰く、Skate Punkサウンドにグラインドをミックスさせた曲とのことで、2nd.あたりは、確かにそういったイメージですね。で、私が初期の音に西海岸的イメージを彷彿とさせる旨書きましたが、メンバーはスウェーデンサウンドを強く意識しているそうで、その辺非常にこだわりがあるそうです。新作のほうも、ボチボと上がってきているそうなので、その辺の情報など、気になる方は、今後のMILESTONE MUSICのブログをチェックしてみてくださいね。つか、ほんと良く働くし、マメだなJET MARKETは。X-STATE RIDEにも、一日も早い新作を期待したいところです。

X-STATE RIDE Official http://www.x-stateride.com/sezioni/news.html
X-STATE RIDE MySpace http://www.myspace.com/xstateride

JET MARKET
JET MARKET2

非常に良質のメロディック・ハードコアのバンドが存在する、現代のイタリアでも、このJET MARKETは、ジャパン・ツアーも行うなど、最もポピュラーなイタリアン・メロディック・ハードコアとして、高速ファンたちに認識されているバンドのひとつではないでしょうか。SATANIC SURFERSや、BELVEDERE Likeな、彼らの、メロディアス高速一辺倒的な、サウンド・スタイルが、若いメロディック・ハードコアの支持層に、快く受け入れられているのとともに、また日本でも、MILESTONE MUSICや、FAST CIRCLE RECORDSといった、良質メロディックのディストリビュートを行っている方たちが、彼らを熱くサポートし、革新的に流通を良くしてくれているのも、その一因だと思います。

'98年、イタリアのローマで結成されたJET MARKETは、'02年に1st.フルレングス"Everyday Casualties"をリリース、このアルバムでは、まさに高速一辺倒といったサウンドを展開、メタリック・エッジな部分や、多少ダークな曲もありながら、西海岸的明るさといったものも、持ち合わせている感のある、バランスの良い作品で、日本人受けもよさそうな一枚といえます。また、母国語と、英語が半々の歌詞が、不思議とスムースに聴けるのも、彼らの特徴的な部分ではないかと思います。
そして、メンバーチェンジを経て、'03年にEP"Freedom Slaves"をリリース、それまでの、メタリック・エッジな部分にさらに磨きをかけ、よりメロディアスに、そのアレンジも1st.に比べ、多彩に変化しています。また、以前のギター&ボーカルのスタイルが、ドラム&ボーカルへと、チェンジしています。このEPは、日本でも、MILESTONE MUSICの前身である、POOR BOY RECORDSが、国内盤をリリースしています。
そして、'06年に、2nd.アルバム"The Reverse Of The Medal"をリリースします。前作のEPを踏襲した、メタリック・エッジな部分を前面に押し出し、初期から比べると、かなりダークになった印象を受けますが、高速ナンバーは当然のように、また、以前にはなかったミディアム・テンポも挿入するなど、向上した技術とともに、かなりフレキシブルな変化を見せています。またミドルなど、フックを効かせることにより、初期の金太郎飴的感覚が、かなり薄れ、かえってスピード感が増し、緩急がきちんと使い分けられ、よりメロディアスな印象さえ受けます。初期もかなり、洗練された感じはあったと思うのですが、この2nd.では、本当の意味で、洗練されたメタリック・メロディック・ハードコアといった趣で、変なバタ臭さなどは、ほとんど感じません。そういった意味でも、JET MARKETは着実に、進化を見てとれるバンドと言えるでしょう。国内盤はFAST CIRCLE RECORDSより、3曲のボーナス・トラックが追加され、リリースされています。

現在、活動を再開されたMILESTONE MUSICで、SALEが行われていますので、旧作など探していた人は、この機会に、お得に入手してみてはいかがでしょうか。また、"The Reverse Of The Medal"もFAST CIRCLE RECORDSで、直接も購入できますし、またSHOPでの取扱も多いようなので、イタリアのバンドにして、実に入手しやすいという、素晴らしい環境のわが国。まだ未聴の人はぜひ。

追:
ついでに。MILESTONE MUSICのyuki氏に伺ったのですが、以前お話した、TRIGGER HAPPYはカナダでは、Sonic Unionというレーベルから出てたそうです。ジャケが若干異なるそうで、なんともマニア心をくすぐります。

JET MARKET MySpace http://www.myspace.com/deathmarket
FAST CIRCLE RECORDS http://www.fastcirclerecords.com/
MILESTONE MUSIC http://msmg.exblog.jp/


THE DAMNED -MACHINE GUN ETIQUETTE-
Machine Gun EtiquetteMachine Gun Etiquette

The Damned


このブログをはじめて一ヶ月が経過しました。というわけで初心に帰り、DAMNEDでもということで、1st."Damned Damned Damned"と並び、非常に高い評価を得ている、DAMNEDの'79年リリースの3rd.アルバム"Machine Gun Etiquette"です。
いわゆる、DAMNEDの第二期が、ここから幕を開けるのですが、商業的にも、鳴かず飛ばずの結果になってしまった、あまり評判も芳しくない、2nd."Music for Pleasure"リリース後、バンドは一時分裂、メイン・ソング・ライターで、ギタリストのブライアン・ジェイムスが脱退し、キャプテン・センシブルがベースをギターに持ち替え、ベースにアージー・ワード(元セインツでしたっけ?)を迎え、'79年初頭に再編成されるわけですが、以前のサウンドの要でもあった、ブライアンが抜けたことにより、その音楽性も大きく変化していきます。そして、以降の彼らの、イニシアチブを握るのが、キャプテン・センシブルです。まさにこの、"Machine Gun Etiquette "は、キャプテンがその本領を発揮し、彼の思いつくままに、ステキセンスを炸裂させています。

荒っぽいロックンロールという、以前の彼らのサウンドが、この"Machine Gun Etiquette"から、よりメロディアスな路線を模索し始め、また、サウンド的にも、その向上した演奏力も伴い、様々なアプローチが見られるようになりました。それは当然、"Damned Damned Damned"での高速ロックンロール的パンクとは、その質感が大幅に異なるのですが、それでも、DAMNEDのパンク的魅力といったものは、この"Machine Gun Etiquette"からも、充分に窺がえ、キャプテン・センシブルによる、センシティブなパンクの進化といった趣の、実にバランスのとれたサウンド・チェンジは、この"Machine Gun Etiquette"を"Damned Damned Damned"とともに、傑作と評する人が、非常に多い理由だと思います。

初期の名曲"New Rose"と並び評される、グレイト・パンク・ナンバー、"Love Song"は、その第二期の幕を開ける、このアルバムのオープニングを飾るに相応しい、スピード・チューンの名曲で、音楽性を向上させた上、パンクをも体現しているという、初期とはまた違った勢いの、当時のDAMNEDのパンクバンドとしての、アグレッシヴさが窺がえます。また、タイトル曲"Machine Gun Etiquette(Second Time Around)"では、当時、顔を覗かせ始めていた、ハードコア的なアプローチを取っており、また、その他にもオルガンをフィーチャーしたり、そこはかとなくサイケな香りを漂わせたりと、実験的なアプローチを、実にいろいろとヤリ放題です。また、MC5の"Loocking At You"をカバーするなど、もともとMC5自体が、パンク・テイストを持ったハード・ロックといった感じなのですが、それにしても、この時点で既に、現代のような、「パンクとメタルの融合」的突飛な発想ができる自体、実に驚かされます。
このアルバム以降も、DAMNEDは、そのアルバムごとに、そして時代ごとに、様々に音楽性を変えていくのですが、それは時に非常にバランスが悪かったり、パンクでなかったりもします。そういった意味でも、この"Machine Gun Etiquette"は、パンクと、その音楽性の進化とが、絶妙なバランスを保っており、パンク以外のリスナーも意識しつつも、パンク以外の何物でもないといった、一枚に仕上がっていると思います。

オリジナル・パンクが出現したとき、誰一人として、DAMNEDが21世紀まで、生き延びていようとは、想像だにしなかったと思いますが、その形を変えこそすれ、しぶとく生き残っていく、DAMNEDと、キャプテン・センシブルの生命力は、こういった先見の明的な、卓越したセンスに裏打ちされているのかもしれません。
それにしても、'01年にNITROよりリリースされた、"Grave Disorder"のオープニングを飾る、パンク・ナンバー、"Democracy"の、その変わり身も、迎合もへったくれもない、開き直ったOFFSPRINGっぷりには、ひっくり返りました。

NOTHING LEFT TO LOSE -THE LAST BATTLE HYMN-
NOTHING LEFT TO LOSE -THE LAST BATTLE HYMN-

先日、パンクのアテイテュード云々というお話をしてから、どうにもいろいろ考えずにはいられなくなったのですが、昨今、次から次へと世界中からあふれ出す、「メロディック・ハードコア」は、もはや、パンクロックのカテゴリーというよりは、その「メロディック・ハードコア」という、一ジャンルになってしまったのではないかと思います。もともと定義付けしにくい、「パンク」という概念にとらわれることなく、若い、新しいバンドたちは、実に自由なサウンドを展開します。中には、完全にメタルであろうとおぼしきバンドも、多数います。そういったバンドも「メロディック・ハードコア」を名乗ったり、カテゴライズされたりしたところで、なんら、問題はありません。「メロディック・ハードコア」の定義は、「パンク」のそれとは違い、実に明確に「メロディアスで高速です。」といった定義が成されます。「メロディック・ハードコア」における「パンク」は既に形骸化しているか、あるいは装飾としてのみ、存在しているのかもしれません。
なにせ、時代が変わったのです。我々が初めて聴いたパンクは、PISTOLSだったり、DAMNEDだったりしたかもしれませんが、今、世界のメロディック・ハードコアを愛する若者たちが、初めて聴いたパンクは、NOFXかもしれないし、STRUNG OUTかもしれません。またBELVEDEREを聴いて、バンドを始めたのかもしれません。そういった新しい世代の若者が、新しい音と、新しい定義を創造するのは、至極当然のお話です。それを'70年代で、精神が止まった年寄りが、嘆き悲しむ必要など、どこにもありません。
私は、LOST IN LINEのアルバムを聴いて、本当に考えさせられました。前述ような、認識を踏まえた上で、彼らの"Smiles That Scream"を聴くと、「メロディック・ハードコア」という、ジャンルにおいては、まさに極上の部類に入る作品だと思います。また、それと同時に、私自身が、本当に求めていて、好んでいるサウンドは、'90年代に多く見られたような、また、現代の「メロディック・ハードコア」の中にも、必ず存在する、確実にパンクを踏襲しているであろう、「メロディック・ハードコア・パンク」でなければいけないのだと、改めて認識しました。


とまぁ、昨日の延長戦の如く、長い前置きになってしまいましたが、本日のお題は、LOST IN LINEよりも、いろんな意味で、成績が悪いかもしれない、アメリカのNOTHING LEFT TO LOSEというバンドです。しかし、彼らは、「メロディック・ハードコア・パンク」の希少種です。
NOTHING LEFT TO LOSEは、いわゆる最近のUSメロディックとかのような、POP感覚とか、都会的な感じがせず、なんか、いろいろとダサい感じすらします。ツタツタいってるくせに、モッサリとした感じがあり、オールド・パンクを感じさせます。曲のタイトル等も見ると、最近にない、ポリティカルな面も窺えるようで、そういった意味でも、パンク臭をプンプンさせていて、何かと今風ではありません。一言でいうなら、Like a BAD RELIGIONなのですが、BAD RELIGIONよりも古臭い感じすらあります。だがそれがいい、です。私は親近感的な、愛情や、愛着を持って、彼らに臨むことができます。

結成は'01年と意外にキャリアがあるようですが、この'05年の"The Last Battle Hymn"が、初のフルレングスのようです。ボーカルの声とか、深くて、すごくいい感じです。また、グッとくるメロディーや、抜群にカッコいい曲なんかもあります。なのにアレです、リズムがベタベタしてて、オープニングナンバー以外は、全て高速ナンバーのはずなのですが、爽快な疾走感ではなく、なんか、コールタール張ったばかりのアスファルトを、そんな無理して走らんでもといった感じの、妙な無茶苦茶感があります。で、高速のリズム運びとかが、たぶんあまり得意ではなさそうな、ドラムの人はオカズの入れ方もなんか、しっくりこないような感じです。あと、とてつもなく、バランスを悪くしているのが、そのコーラス・ワークです。たぶん、今はやりのスクリーモ系を意識しているのでしょうが、なんか、Oiパンクに近いです。ウルセェ感じすらあります。そして、その野太い叫び声を、せっかくメロディーに乗った、BAD RELIGIONが言うところの、ウージングやってるところに、かぶせたりするもんだから、台無しになったりします。
しかし、しかしです。私としては、その彼らの、無意識のうちに、メロディック・ハードコアにアンチテーゼを投げかけているような、ある意味天然な彼らに、たまらなくパンクを感じてしまいます。そしてなんか、そのダサさが、とてつもなくカッコよく聞こえるときがあります。
彼らのMySpaceでも聴けますが、"Death Squad Cowboy"という曲は、もう、ホントに超カッコいいのですが、2分を過ぎたあたりから、全く別の曲に変わってしまいます。彼らは実に天然で、どこまでもパンク的に下世話で、いらんことしいです。まさに「殺し屋集団カウボーイ」です。

とまぁ、昨日とうってかわって、ケナシてるのに誉めているという、なんともおかしな具合になっておりますが、このNOTHING LEFT TO LOSE。決して、近代的高速メロディック・ハードコアを求めている方には、手放しでオススメできません。むしろ、COCKNEY REJECTSや、TTHE BLOODだろうといった感じの人にオススメです。つって、そんな人がどこにいるのでしょうか。

NOTHING LEFT TO LOSE MySpace http://www.myspace.com/nothinglefttolose



LOST IN LINE -SMILES THAT SCREAM-
スマイルズ・ザット・スクリームスマイルズ・ザット・スクリーム
(2008/05/03)
ロスト・イン・ライン


前作のEP"Voodoo Pins and Violins"の、私の絶賛も記憶に新しいでしょう、オーストラリアのLOST IN LINEの1st.フルレングス"Smiles That Scream"です。と、待望のアルバムなので、もう少しテンションが高くてもいいような気がしますが、読み進めていくうちに、その理由も明らかになっていくと思います。
で、結論から言って、この"Smiles That Scream"は、たぶん、最近の「メロディック・ハードコア」のバンドの、デビュー作としては、満点に近い出来だと思います。帯にも書いてあるとおり、彼らは「オーストラリアのNO USE FOR A NAME」です。そういった意味でも、圧倒的に支持の多い、円熟期のNO USE FOR A NAMEのファンの方には、マストです。たぶん、NO USE FOR A NAMEが好きな人で、嫌いな人はいないのではないかというほどに、メガ・マストだと思います。しかし、私個人としては、そこが少々気に入らなかったりします。
かれこれ、これを書くまでに、10数回ほど聴いたと思うのですが、全体的に完成度の高いこの作品は、何度聞きなおしても、あまり印象が変わりません。曲のテンポも速いし、超高速といった曲もあります。メロディーも素晴らしいです。各方面で、このアルバムが、絶賛されるであろうことは、想像に難くないと思います。しかし、発売前に"The Brightness"を聴いて、その、彼らのこれまでにないアプローチに、アルバムへの期待を高めたのとは、明らかに違います。好きか、嫌いかと聞かれれば、嫌いではありませんが、私のLOST IN LINEへの興味は、確実に減退しました。たぶん、私はかなりおかしな事をいっていると、自分でもよく分かります。このアルバムは、非常に良い作品です。そして、彼らが大好きなNO USE FOR A NAMEを、私も大好きです。しかし、「オーストラリアのNO USE FOR A NAME」には、あまり興味をそそられません。

この"Smiles That Scream"は、デビューアルバムにして、ベテランの如き風格さえ漂わす、全てにおいて、完成度の高いアルバムに仕上がっています。結成して、4~5年のキャリアを積んでいるので、それも納得はできます。しかし、BODYJARもそうでしたが、オーストラリアには、どうしてこうも器用なバンドが多いのでしょう。その抑揚をつけた曲順、ポップでキャッチーなメロディー、練り上げられたアレンジ、そのどれもが、現在のNO USE FOR A NAMEにさえ、劣っているところが見つからないかのようです。しかし、"Voodoo Pins and Violins"で見せた、ある種のダークさは、著しく影を潜めています。このアルバムを聴いて、どのバンドをイメージするかと言えば、やはり、NO USE FOR A NAME以外は思い当たりません。高速ナンバーなどには、初期BODYJARなんかも、少し顔をだしますが、彼らが、フェイヴァリットに上げていた、特にエッジの効いたバンドや、メタリック・ストロングなバンドの影響が見て取れるかといえば、あまり見受けられません。前作"Voodoo Pins and Violins"では、確かに感じられていたのですが...そして、全体的にシンプルに聴きやすくなっています。しかし、私としては、そのそぎ落とした贅肉こそが、LOST IN LINEの魅力だと思っていたので、少し残念な気がしてなりません。
なんだか、絶賛しているのに、非常にアイロニカルな意見を述べているようなのは、すでに自分でも気づいているので、やはり、私は、彼らのことが少し気に入らないのかもしれません。"The Balance"という、本来フック・テンポなのを1曲目に持ってくるあたりが、なんともあざとい気がして、あまり彼らに、若さとかみずみずしさを感じません。まぁ、必要ないのかもしれませんけど。私なら、3曲目の"Foces In The Dark"を1曲目にするだろうなとか思いながら、まぁ、なこたぁ、どうでもいいですけどね。というか、ボクは"Voodoo Pins and Violins"のほうが、10倍くらい好きです。本当に私の私見で、なにせ天邪鬼な上に、いろいろと嗜好がアレなので、ともかく買って損はないであろう、このアルバムを聴いた皆さんが、いろいろと判断して下さい。
「なんだよ、全然悪くないじゃん、つーか耳腐ってんじゃねぇの」とかって、なるかもしれないのは、百も承知で、非常に厳しい視点で文句をたれてます。しかもずいぶんと贅沢にすぎる文句です。

正直なところ、私はNO USE FOR A NAMEの新作が、ちょっとダメでした。BESTを除いて、ここ2作あたり、本当に良いなと思っていただけに、期待はスゴかったんですけど。あと、アレですよ、発売前に聴けた、"Biggest Lie"。もう、あの曲が劇的にカッコよかったものだから、全体的にあの雰囲気かなとか、もうスゴく期待してたんですけど。パンクですよね、"Biggest Lie"、で1曲目だし。 でも、私はNO USE FOR A NAMEは、ああいう曲がいまだに書けて、なおかつ、アルバムの1曲目に持ってくるあたりが、やっぱりわかってるな、スゴいなと思います。で、そこが、LOST IN LINEと大きく違う、ベテラン「パンク」バンドなのだなと思います。LOST IN LINEが、「オーストラリアのNO USE FOR A NAME」でこのまま続くのか、それとも彼らにしかできないオリジナリティーとイマジネイション溢れる、サウンドを作り上げていくことができるのかは、この辺にヒントがあるんじゃないかと思います。

私が彼らに鼻もちならない感じを抱く原因は、薄々感づいてはいますが、彼らがすごく成績の良い優等生だからだと思います。成績の良いマジメな子とは少し距離を置いちゃったりします。で、パンクって、乱暴だったり、不器用だったり、でも少しやさしいところもあって、かけっこだけが抜群に速くて、バカでダメな子だったりするのではないかと思ったりします。

LOST IN LINE MySpace http://www.myspace.com/lostinlinestyles
RADTONE MUSIC http://www.radtone.jp/
DOUBLE BOGYS
tightrope macaronicspiral

DOUBLE BOGYSは、'80年代半ばから、'90年代初め頃まで活動していた、日本の元祖メロディック・ハードコアとも呼べるバンドです。先日の理論でいうと、ハードコアというと、語弊があるかもしれませんが、ポップで、メロディアスで、ハイスピード、DOUBLE BOGYSはまさに、行き過ぎたというほどに、早すぎた日本のメロディック・パンク・バンドです。
現在、ボーカルのエスカルゴ氏は、MOGA THE ¥5というバンドをやっていますが、初期ベスト盤的内容である、"DOUBLE BOGYS!! WHAT FUN! 1988-1990"が発売されたのをきっかけに、DOUBLE BOGYSとしても活動を再開しているようです。"DOUBLE BOGYS!! WHAT FUN! 1988-1990"は、現在も容易に入手が可能なので、20年前、彼らが、どんな曲を書き、どんな音を出していたのかを確かめるには、もってこいのアルバムですが、コアなファンの間では、もっぱら'00年に発売された、現在入手がかなり困難らしい、編集盤がマストだとのことで、また、彼らのトリビュートアルバムも発売されていたようで、地方に居住している上、日本のバンドにかなり疎いほうである私は、そのどちらも所持しておらず、どちらも喉から手が出るほど欲しかったりします。また幻のデモテープなる音源も存在しており、それまた最高だそうで、そういった音源の評判を、聞き及ぶに、やはり、DOUBLE BOGYSは、前身のSTRIKESの頃から既に、当時のバンドとしては、珍しく、海外に視点を向けていたバンドだったようで、そのグローバルな視点から、海外にでも通用するかのような、スタンスや、音や、曲を非常に意識していたようです。しかしまぁ、こういった入手しにくい音源や、少ない情報など、先日もお話したような、悪しき日本のカテゴリーに、無理やり埋められてしまった感があるのは、なんとも言えない気分になったりします。

'89年のリリースの1st.アルバム"Tight Rope"。歌詞は日本語中心です。当時、インディーシーンの功績とともに、悪名も高い、旧宝島のキャプテンレコードからのリリースです。
今、聴いてみて、超高速かと言われると、時代もアレですから、なんとも言えませんが、当時としては、日本のバンドしては、群を抜いて、アップテンポで、スピーディーだったと思います。ただ、それは現代のようなハードコア的な高速感とは、少し異なり、できうる限りの最高速を楽曲に持たせたような、「全速力感」といった感じが近いかもしれません。当時の印象としては、初期のDICKIESあたりの感触に、良く似ているなと、感じていました。で、なんにせよ、その楽曲はひたすらに、ポップで、メロディアスです。そのポップさと、メロディアスさは、歌謡曲バリです。ただ、当時こんなガチャガチャして、突っ走ってる歌謡曲はありません。本当に失礼な言い方ですが、DOUBLE BOGYSのなんかつんのめりそうな演奏を聴くたびに、パンクとは演奏技術ではないなとか思ったりします。そして、ポップでキャッチーな歌。なんとも胸にくる、歌とメロディーです。そのDOUBLE BOGYSの歌は、甘く、切なく、しかし、その歌詞からも見てとれるように、時に毒気を内包しつつ、メロディアスに突っ走ります。「ひと思いに殺して 空地へうずめたい そしたらきっときれいな 花が咲くだろう」"花咲く頃"の一節ですが、ヤバイ感じにセンセーショナルなのに、なぜかロマンチストだったりする、なんともいえない視点は、詩、曲を作っている、ギターの大西真氏と、エスカルゴ氏のふたりとも、持ち合わせているようで、そんな二人の作る歌は実に魅力的です。

そして、'92年、2nd."Macaronic Spiral"では、そのシンプルな1st.アルバムとは、かなり違ったアプローチを展開し、実験的な楽曲や、アレンジを駆使していきます。当時、1st."Tight Rope"のときの、シンプルかつキャッチーな歌が、スピードとともに減退し、最大の魅力が損なわれたのではないかと、ファンの間でも、賛否が問われ、私自身も、なんとも判断のつきかねる作品だった印象ですが、今改めて聴いてみると、DOUBLE BOGYSの、そのグローバルな視点は、やはり当時としては異質だったのだと実感します。速い曲は充分に速いし、それは1st.のときよりも、近代的な高速感です。そして、本当にあらゆる角度から、いろんな音楽性を見渡し、多角的な実験を試みているかのような、楽曲の数々は、そのもともと持ち合わせていたポップ感とともに、非常に面白く感じます。しかし、私としては、DOUBLE BOGYSは、その類まれなる発想やほど、バンドとしての器用さを持ち合わせていないような気がして、巧くはいかんもんだなとか思いつつも、その不器用さが、DOUBLE BOGYSのパンクバンドとしての魅力で、実は、大好きなところだったりします。

DOUBLE BOGYSを耳にしたことがない若い人で、これから耳にする機会があれば、古いと感じるのか、新しいと感じるのか、ぜひ伺ってみたいところですが、私としては、その歌に何かを感じてほしいなと思います。
また、活動を再開して、万が一、新しい音源が出されるようなことがあるとしたら、DOUBLE BOGYSはどんな曲を書くのだろうと、興味はつきません。

ホワット・ファン! 1988~1990ホワット・ファン! 1988~1990
(2005/09/17)
DOUBLE BOGYS



DOUBLE BOGYS Official http://www.doublebogys.com/pc_index.html

追:
しかし、なんとも時間がかかってしまいました。実は5/3から書いてました。5/4の「カテゴライズ」の前半の部分は、実は、このDOUBLE BOGYSの冒頭だったりしました。しかし、なんか途中から、変な怒りがこみ上げてきたため、どうにもおかしな具合になってしまい、思っていることを書いてみたら、「カテゴライズ」のような、文章が出来上がってしまいました。あの長ったらしい文章のあとに、自分の思い入れもたっぷりの、DOUBLE BOGYSを書くのも、どうにもしのびないので、全く仕切りなおしていたら膨大な時間を要してしまいました。う~ん、文章は難しいです。
カテゴライズ
'80年代、日本でも、パンクを中心に、様々な音楽性を持った、若い無名のバンドたちが、D.I.Y.の精神を基本として、インディペンデントな活動を始め、やがて、それはアンダーグラウンドのみならず、日本の音楽シーンにも一石を投じ、一大ムーブメントを巻き起こしました。いわゆる、インディーズブームです。当時のインディーズが、日本の音楽シーンに、大いなる活性化を促したのは、言うまでもありません。そして、そのシーンの中にあったバンドたちも、先述したように、様々な音楽性のバンドが存在していながら、パンク、パンクではない、にかかわらず、そのアティテュードは、実にパンクであったように思います。

ブームの先陣を切って出現した、LAUGHIN' NOSEや、THE WILLARDのような、音楽性もアティテュードも、パンクであった、素晴らしいバンドたちに続く、'80年代中盤の、次なるジャパニーズ・パンクの新しいスタイルは、ビート・パンクと呼ばれる、昔ながらのビート・バンドを踏襲しつつつ、ポップな歌唱系を混ぜ合わせたような、一般的には、実に受け入れやすいであろう、歌謡ポップ・パンクのようなスタイルでした。その親しみ易い音楽性もあり、ビート・パンクは、それまで「パンク」というものなどに、まるで認識のなかったであろう、若い女性のファン層さえ巻き込み、瞬く間にシーンに浸透しました。
しかしながら、私は、そのビート・パンクという、呼称に、パンクのアティテュードや、アイデンティティーを、全くと言っていいほど感じません。昔ながらの日本のビートバンド、ロッカーズや、ルースターズや、ARBなどといった、日本でパンクという表現が浸透する以前の、古き、良きビートバンドの多くの、その初期は、明らかにパンク臭が漂う、パンク以前の、パンクの代替に充分なりうる、非常にカッコいいロックでした。むしろそれは、現在では、日本のオリジナル・パンクと呼んでもいいほど、私は当時のビートバンドに、パンクを感じます。
すなわち、私の認識としては、日本における「ビートバンド」は、「パンクパンド」という表現が、生まれる前の表現であると思っています。で、その理論からいくと、「ビート」と「パンク」という同じアイデンティティーを持つ言葉を、くっつけて、重ねている「ビート・パンク」という、この日本語に、首を傾げざるおえません。「ビート・パンク」という言葉ほど、非常に曖昧で、実に日本的な表現をした、わけの分からない言葉はない、とすら思います。本来、かくも男臭く、逞しい響きであろう、「ビート」と「パンク」を合わせて、「ビート・パンク」としたときの、その言葉から、受ける何ともいえない軟弱感と、虚弱感は、まさに日本語で英語をダメにする、見本のような言葉だとさえ思います。誤解のないように言っておきますが、いわゆるビート・パンクにカテゴライズされていたバンドや、その音楽性を否定しているわけではありません。中には、本物のパンクバンドも存在していました。しかし、商業的にも、メジャーからのコントロールが、その気配を漂わせ、インディーズの本来の意味が失われつつあった、このビート・バンドという言葉が台頭してきた当時、本来の意味の、パンクのアティテュードを持ったバンドは、非常に少なかったのではないかと思います。
日本では、このように、シーンやムーブメントを語るときのカテゴリーと、それを全体的に呼称する、名称を作るのが大好きです。アメリカナイズされながら、流行を追い、仲間と共有する記号を持ちたがる、現代の日本人の国民性は、時として、言葉や表現に現れます。

話は少し変わりますが、時に感性の違いで、「メロディック・ハードコア」という言葉も、理解の仕方の違いが、軋轢を生むこともあるのですが、私としては、この言葉はその額面通り、「メロディアスなハードコアパンク」という、ここで多く私が語っているような、パンクロックの嗜好を、実にわかりやすく、端的に表現した、的確なカテゴリー表現の言葉として、同じ音楽的嗜好を持つ方に、非常に伝え易く、なんの躊躇もなく使用できます。それは「ビート・パンク」という言葉などとは、分かり易さ、理解しやすさも、雲泥の差だと思っています。
唐突ですが、私はGREEN DAYをメロディック・ハードコアとは思いません。そのカテゴライズの多様化した表現を用いて、パンクである前提で表現すると、ポップ・パンクなどに類すると思っています。パンク好きと公言してはばからない人で、音楽的に彼らの音を、ハードコアと認識する人がいれば、私はその人に、自分との感性や、言語の理解の仕方に、大きな隔たりを感じます。感性や、表現や、認識の違いは、言語の違いほど大きく、通訳でも介さない限りは、互いに理解し得ません。GREEN DAYに関して言えば、私はGREEN DAYを嫌いなわけではありません。しかし、GREEN DAYは、「メロディック」ではありますが、「ハードコア・パンク」ではないと認識しています。私には、G.B.H.と、GREEN DAYが、同じ音には聞こえないからです。
また、昨今、日本の音楽雑誌、特に洋楽誌でも、そういった感性の違いを多く目にします。パンクというものに対する認識が、'70年代で止まっていたり、メロディック・ハードコアというものをどう理解しているか分かりませんが、とても理解に苦しむバンドを例に出してみたりと、私の感性と言語感覚では、それは到底理解できないので、最近ではそのような、感性の隔たりを感じる音楽雑誌に、お金を払うことすらなくなりました。そういった、音楽を文字で表現することを生業とする、職業ライターより、むしろ、どこぞの掲示板のスレにいらっしゃる、名もない方々のほうが、よく音楽を理解していたり、文章に知性が感じられたりするのは、呆れるのを通り越して、笑ってしまいます。

日本人はカテゴライズするのが、非常に好きな人種でありながら、そのカテゴライズを間違えているのをよく見かけます。私はそこに、日本人の、経験の少なさや、不勉強さや、視野の狭さを感じずにはいられません。
区別するために作ったカテゴリーの基準すら、非常に曖昧な、その日本人的表現は、時には実に有効に作用することもあれば、また時には、何一つ相手に伝えられず、ゼロはおろか、マイナスに作用することさえあるのを、忘れてはいけないと思っています。

皆さんが目にしている、HIGH-SPEED-FLOWERの、ロゴの下にある、ブログの説明の一文は、その日本人的表現を、フル活用させていただき、実にFuzzyに表現しています(^^)

GREEN DAY MySpace http://www.myspace.com/greenday
G.B.H. MySpace http://www.myspace.com/gbh
TRICK SHOTS -DO SOMETHING-
TRICK SHOTS -DO SOMETHING-

ロシアのパンクバンドなんて、私も若い頃から、ほとんどと言っていいほど、聴く機会はありませんでしたが、その上メロディック・ハードコアとは、もう、時代が変わったというか、本当に驚きます。で、そんなお国のバンドでさえ、リリースしてしまうBells On Recordsは、さながら、メロディック・ハードコア世界地図の様相を呈してますが、ほんとに世界各国から、高速系を発掘しては、日本に紹介している、個人運営が信じられないほどの、アクティヴっぷりに脱帽です。しかも今回は、昨日紹介したACTIONMENと、同時発売ってことで、せっかくなので、このTRICK SHOTSの"Do Something"も紹介します。ちなみにコレも1000枚限定ですよ。

ロシアというと、なんか、全体的にかなりキツそうなイメージがありますが、このTRICK SHOTSは、歌詞が英語ですし、随分とアメリカナイズされた感じで、聴きやすいです。変な先入観も、1曲聴けば、すぐに拭い去ることができるほど、他国のメロディック・ハードコアと差異の無いサウンドです。確かに、THE SWELLERSあたりのアメリカの若いバンドのリスナーに、しっくりくると思います。88 FINGERS LOUIEのトリビュートにも参加しているように、そういった、USメロディック・ハードコアなどのサウンドも、よく理解できてるバンドだと思います。
全体的に高速度も非常に高く、メロディーもかなり良くて、アレンジも工夫されています。ただ、その工夫したアレンジと高速度に、時々、隙間が開き、緩急がスムースに運べななかったりが、少々気にはなるかなと、ま、ほんと微妙に感じるだけですけど。最近、非常にこの手のバンドが多い分、多少厳しい見方かもしれませんが、サウンドプロデュースとか、曲を聴かせるアレンジなど、トータル的な部分では、やはりそういった、音楽が多様であったり、この手の音が盛んな国や、地域のバンドのほうが完成度が高いかもしれませんが、そのお国柄ゆえ、きっとライバル的な存在も、かなり少ないであろうし、環境的にも充分であるとはとても思えないので、そういった要素を考慮すれば、デビュー作にして、充分にやれていると思います。
M-2や、M-6などは、本当に今のUSメロディックの若いバンドが、やってそうな曲で、また速い曲もカッコよく、良いメロディー、良い曲が書けることは間違いないので、そういった楽曲の面では、US若手メロディック勢などにも、見劣りはしません。ツアーの面や、ファンの獲得などの苦労は、考えるに余りありますが、ぜひ、世界の土俵に立って、ロシアを代表する高速メロディック・ハードコア・バンドになってほしいものです。USELESS I.D.のように、まさかの国から、大ブレイクなんて、可能性も充分に秘めているので、そうなれば、このCDも貴重盤になるに違いないので、Bells On Recordsや、Bells On Recordsのファンや、青田買いしているこのオジさんのためにもガンバレ、TRICK SHOTS。

昨今、MySpaceなどでも、他にもロシアのパンクバンドを見かけることもありますが、本当に時代が変わったのだと、つくづく実感します。世界も、日本もなにかと、不自由で、息苦しい感じはしますが、そんな中でも、音楽は、自由に広がり、自由に愛されているのが、せめてもの救いかもしれません。

TRICK SHOTS MySpace http://www.myspace.com/trickshotsband

ACTIONMEN -UPA A BABA!-
ACTIOMEN upa

"The Game"で、超絶ミクスチャー・メロディック・ハードコアを展開した、ACTIONMEN、待望の旧音源がついに発売しました。で、かってないほどの高速の勢いで、このACTIONMENの"Upa A Ba Ba"について、今宵も例によって、講釈をたれます。

この作品は、"The Game"より遡ること5年前、'02年にEPとしてリリースされた、彼らのハイスクール時代の音源だそうです。ていうか、ちゃんとしてますよね、最近の高校生は。演奏もちゃんとできてるし、少しバランスは悪いような気もしますが、キチンとレコーディングしてるし、なによりオリジナルがちゃんと練り上げられて、曲としても完成してるし。昔のUKメロディックのバンドなんかの発掘音源とかで、カセットテープで録音したような、ズタボロ演奏のヤツとかが結構ザラにあるので、そんなのと比べると、もう、全然、普通(?)のメロディック・ハードコアのCDとして聴けます。
私なんかの高校生の頃は、バンドもそこそこに、酒飲み歩いたり、酔っ払ってケンカしたり、年上のおねぇちゃんに入れこんだり、他にも彼女がたくさんほしくなり、デュラン・デュランのような髪型にしてみたり、あげくの果ては無免許運転で、家庭裁判所まで行くハメになって、あやうく修学旅行に行けなくなるところを、奇跡的に行けることになり、できたばかりのディズニーランドを満喫したりと、もう、本当に楽しかったのですが、バンド以外が。そう思うと、本当に彼らは、純粋にミュージシャンです。でも、イタリア人だし、きっと影ではいろいろやってるに違いないでしょう。と早くも大幅に脱線しました。

で、ソッコーで書くからには、先ほどから、何度も聴いているのですが、ほんと、きちんとメロディアスですし、高速系メロディック・ハードコアがきちんとできている作品で、"The Game"よりも、若干ストレートにメロコア系が多いです。そういった意味では、若い方とかは、こちらのほうがすんなりイケるかもしれません。ところどころに現在の、彼らの片鱗を垣間見れる、フレーズやリズム運びがありますが、前半はまさに高速押しです。と、そう思わせておいて、こちらを油断させておいて、ナイフでブスリが、最近のガキのヤリ口です。特筆すべきは5曲目ですが、もう嫌になるほど、現在のACTIONMENの、素質丸出しです。というか、"The Game"に入っててもおかしくないような曲です。シャッフルでチョッパーな、このようなことを、普通のパンクスの高校生は、決してしないと思います。とにかくアレンジやアプローチが、最も現在のスタイルに近いのが、この曲だと思います。で、以降の曲は、もう、随所に現在の彼らのような、いやらしい(誉)要素を、入れよう、入れようとしてくる感じがありありです。何度も聴いてるうちに、思ったのですが、ガマンできずに2曲目でカマすか、5曲目だからこの辺でイっとくか?くらいの違いでしかないのかなと。まぁ、しかし、何と向上心と冒険心を、胸と頭に秘めているのかと、呆れるというか、感心させられます。既にこの頃から、彼らの路線や方向性は、彼ら自身、確実に持っているようです。ホントにイヤなガキどもです。妙なOutroとか入れて、後味を悪くして去っていくのも、まんま今のACTIONMENです。

リリースは当然の如く、Bells On Recordsです。1000枚限定だそうですが、多いか、少ないかは判断しかねますが、限定と言われると、予約せざるおえない気持にさせられますよね、まったく。画像がなかったので、リンクしてないですけど、今ならまだ、Amazonとかでも、手軽に買えますです。そう、今ならね。今ならね。二回言うよ。あ、それと、だいぶ前の話になるのですが、ACTIONMEN"The Game"も、Bells Onの在庫切れになるとの話を耳にしたのですが、手頃な価格で入手を試みるなら、Bells On Recordsの国内盤ですよ。もう、倍くらいしますよ、欧州盤は。まだの人は急げ~っ!!

"The Game"で、変態的とまで評された、独創的なメロディック・ハードコア・スタイルを見せた、ACTIONMENは、今まだ若い上に、さらに若き日の、この"Upa A Ba Ba"でも、意欲的で、独創的で、創造性にあふれているいたようです。

ACTIONMEN Official http://www.actionmen.it/
ACTIONMEN MySpace http://www.myspace.com/actionmen
BELLS ON RECORDS http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=bellsonrecords
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。