High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
そんなわけで、なんの感慨も無く昨日42歳になってしまいましたが、2009年も終わろうとしてますね、これまたなんの感慨も無い感じで。
まあ、今年はレーベルのリリースを始めた年でもあり、本来なら色々と思うところあり、感慨深く振り返ったりするものなのでしょうが、この歳になると、幸か不幸か、色々な部分を冷静に客観的に見つめることなんかもできるようになり、そういった意味でも、こんな淡白な感じなのかなと。いつもの年末だな。

今年も自分なりにはできることはやりましたし、かなりの無茶もしたんじゃなかろうかと思いますが、なにせ私は社会不適合者の本物のクズなので、早かろうが遅れようが、他人と歩幅を合わせるとかは全くできず、特に社会に出てからというもの、サラリーマン時代だろうが、自営業時代だろうが、毎年毎年何がしかの問題起こしたり、これ以上に無茶苦茶な動き方してた時もあったような気がするし。
ま、それでも、なにせ過ぎたこととかどーでもいいとしか思わない性分なので、来年はあーしよう、こーしようとかって、来年とか、次のことしか頭になかったりしますね。良いんだか、悪いんだか、ホントそういうところだけはなんかやっぱガキみたいなんでしょうね。

まあ、忙しさのあまり、今年は結構更新とかも少なくて、こんなブログでも覗きに来てくれてる人達には申し訳ないなと思いますが、最近はどうにもレビューとかできんようになってしまってですね。新しいモノもかなり聴いてるのですが、書こっかなと思うと、まあ、高速でメロディアスでなんちゃらとか、メタリックでうんちゃらとか、最近はそういうことしか思いつかない音源も多く、ま、俺が書かんでも、誰か書くからいんじゃね?みたいな感じで。新しいモノにそれほど愛着とか執着が湧かなくなってきたのかもしれませんけど。
私自身が考えるパンクの範疇から反れてる云々とかいう以前に、単純に心や脳に響くとかいった感性の部分で、明らかに昔のバンドよりインパクトを持った、海外のバンドが少なくなったなと感じてしまうのは、私自身が歳をとったからだけでは無いような気がするんですけどね。いろんな意味で時代は変わっていってるんだなと、最近つくづく感じます。まあ、それでも極々たま~にクソ理論は展開しようかなとは思ってます、なんかヒマなときにでも。
で、そんな中でも日本のバンドってのは、どうにも濃い味や、模倣してるはずなのに独自文化が突っ込まれてたりとか、独特の展開を見せてくれるバンドが今だに多く、なんかそれが面白くて、なおさらのこと日本のバンドとかに目が向くようになってるのかもしれません。

実際に自分でレーベルなんかをやってみますと、見えない部分も見えてくるし、また普通でもそんな感じの人間なのに、余計に客観的に色んな事を判断できるようになったりするという。ま、しかし、それに大きな額のお金と膨大な時間を費やすというのは、いくら歳を取っても、やっぱバカはバカのまんまなんだなとか思ってますけどね。
まあ、今年は他人様から見れば、かなり大それたことをやってのけてたように映るのかもしれませんが、本人はそれほど心から胸のすくように楽しめたわけではないので、もっと自分自身が面白おかしくやるにはどうするのかということだけを考えて、とりあえず、今年の色々な教訓を生かし、来年からは、もっと徹底して、好きなモノしかイジらない、それこそ自分の好きなことや好きな方法で、自分自身が満足できて、自分自身が望むことしかしない、さらにクレージーなクソレーベルのクソジジィ分を上げていければいいなとか思っております。

こんな田舎のジジィが一人でやってるクソレーベルですが、それでも極々たま~に楽しみにしてくれたりする、一部のというか、0.007部くらいの日本のコアなファンの方たちのご期待に添えるよう、来年も独自の路線で、なんか自分勝手に自己中心的に邁進する感じなので、生温い半開きくらいの目で余計なものは見ないように、見守っていただければありがたいと思います。
それでは今年もクソお世話になりました。来年もよろしくチンポコまたきてマ○コ。

スポンサーサイト
HIGH-SPEED-FLOWER VOL.2 -Soul over the razoredge-
DQC-440 flyer

はい。というわけでHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSがお送りする、日本最速コンピレーション第二弾、全20バンド、全20曲、全てが新録、未発売曲、"HIGH-SPEED-FLOWER VOL.2 -Soul over the razoredge-" 2010年4月7日発売予定で進行中です。でもって、気になる収録バンドは以下の通りです。Awesomeです。

BEYONDS (東京) http://www.myspace.com/beyonds1990
BETTER OFF TODAY (東京) http://www.myspace.com/betterofftodaybot0313
CONVERSATION ZERO (宮城) http://www.myspace.com/conversationzeropunk
Dirty Little Secret (神奈川) http://www.myspace.com/dirtylittlesecretdls
FIRST RETRIEVE (愛知) http://www.myspace.com/firstretrievejp
FREEGAN (神奈川) http://www.myspace.com/freeganpunk
JT301 (大阪) http://www.myspace.com/jt301
LAST RESORT (東京) http://www.myspace.com/1004365232
NAFT (大阪) http://www.myspace.com/nafttfan
next (山形) http://www.myspace.com/nextjapan
NOISE CASPER (東京) http://www.myspace.com/noisecasper
NOT SO YOUNG (愛知) http://www.myspace.com/notsoyoung04
NOW OR NEVER (大阪) http://www.myspace.com/noworneverjapanosaka
PASS THE JOE (愛知) http://www.myspace.com/passthejoe
R-P (神奈川) http://www.myspace.com/rpjapan
Sentimental (東京) http://www.myspace.com/sentimentalism
高橋組 (栃木) http://www.myspace.com/takahashigumi
THE BACK GROUND (宮城) http://www.myspace.com/thebackground1986
The Hopeless Dew (東京) http://www.myspace.com/thehopelessdew
WOMANIZER (三重) http://www.myspace.com/1004608653

なわけで、無茶にもほどがある、新曲あるいは未発表曲の搾取という、各バンドさんたちにはかなりの負担を強要したわけですが、既に全曲出揃っておりまして、ほぼ全てのバンドが出来たて録りたての楽曲を提供していただき、おかげさまで途轍もなく満足のいく内容になっております。Awesomeです。もう、ガチッ速の暗っくらです。めっさAwesomeです。そう、哀愁カチ飛ばしブチ飛ばし感は、前作を遥かに凌駕しておりますです。もっさAwesomeです。お嬢さん分ゼロ、硬派丸出しです。キンタマ総数78ヶ、俺のも足すと80ヶ、そらぁ濃いのが出るに決まってるよねって感じです。めがっさAwesomeです。
ということで、"HIGH-SPEED-FLOWER VOL.2 -Soul over the razoredge-"、ご期待ください。

クリスマスなんですけどね。
メリー・クリトリス!滝川クリトリス!!そんなわけで、まったく更新できてませんでしたね。ここ最近はといえば、クリスマスとか、そんな浮世のイベントとはなんら関係なく、ひたすら引きこもって仕事してますね。多分かなり腐ってきてますね、いろいろと。
そんな中、聖なる夜にコンピの第二弾の情報でもとか思ってたのですが、収録バンドの資料などの調整や、流通の大幅な変更とか、なにせやること山積で、ここ2、3日はジャケとかのデザインにかかりっきりとかだったので、フライヤーまで行きつかず、詳細に関しては、明日か明後日にドドーンと発表することにしますかという。つか、デザインとかほんと死にますね。なんかどれが正しい色なのかとか、良い色なのかとか、だんだんわかんなくなってきて、目がチカチカしてくるし、久々に現実逃避とかしたくなりましたね。腐りかける上に、病んできたりもしますね、きっと。

なわけで、とりあえずなんとなく更新した感じで、真新しい情報とかもなく、心苦しいんですけど、一応、死なずに生きてるっていう報告がてらに更新という。とりあえず、これからまた、チマチマセコセコした仕事に戻るとします。
ちなみに今日のウチは、ケーキもなく、チキンもなく、可愛いお嬢さんも股をひら・・・いや、もとい、微笑みかけてはくれません。夜は4日目に突入のカレーライスを食います。

NOISE CASPER


前回もお知らせしましたが、NOISE CASPERの作品をご紹介していただいてるブログさん、また増えましたので、改めてご紹介させていただきます。

Zodiac Recordz http://zodiacrecordzpunk.blog66.fc2.com/?no=73
fast graind http://blog.livedoor.jp/fastgraind/archives/944153.html?1260842451
自己満足の音楽ブログ http://startingline0109.blog66.fc2.com/?no=149
Classic End http://classicend.exblog.jp/12478925/
Fast Melodic Hardcoreの聖地、沼宮内を褒めちぎる http://blog.livedoor.jp/gibson0713-fastmelodichardcore/archives/51334070.html
未定 http://upyourscreamogel.blog15.fc2.com/blog-entry-15.html
高速回転日記 http://cgon.blog6.fc2.com/blog-entry-266.html
ショボい、ダサいは褒め言葉Part.2 http://blog.livedoor.jp/hellobastards/archives/1159899.html
Melodic Hardcore http://droors33jp.blog28.fc2.com/blog-entry-245.html

ああ、もうっ、本当にうれしいです。この日本の新人バンドが、海外モノがレビューが中心であると思われる、こういった高速メロディック・ブロガーさんたちに、ここまで好印象で受け止められて、話題にしてもらえるという。本当にうれしく、ありがたい限りです。皆さん、本当にありがとうございます。これが日本の底力です。

これまで国内のバンドにはあまり日が当らず、やはり高い評価を頂ける作品やバンドは少なかったと思いますし、Yuta自身も私と話してて、それをすごく心配していたようですが、これらの高い評価を見て、彼らも本当に喜んでいると思います。
そして、私自身としても、またレーベルとしても、いろんなことを本当に迷いながらやっているわけですが、それが間違いではなかったと、レーベルとしてもバンドとしても、今後に向けいて、とても励みとなる本当にありがたいことだと思っています。

私の考える、徹頭徹尾高速哀愁。メロディック・ハードコア・パンクの次への新しい扉。身近な同じ肌の色をした若者たちが持つ、新たなパンクの進化の可能性。海外に向け、胸を張り、誇ることができる自国のバンドの底力。
それらを背負いながら、頑張っているバンドの一つがこのNOISE CASPERです。
まだまだこれからのバンド、そしてこれからのレーベルですが、小さくても熱い想いだけは常に持っているつもりです。今後ともよろしくお願いいたします。

NOISE CASPER絶賛発売中!!
n03 450

というわけで、久々に絶賛発売中とかって言ってもいいでしょう、NOISE CASPER "NOD OUT IN ZEST"。正直、単独作品ではDEFYING CONTROLさえブチ抜き、初回出荷数No.1を誇っております。これが日本の底力。Awesomeです。まぁ、ウチレベルの話で恐縮ですが。

そんな好評のNOISE CASPER、以下のブログさんで紹介、レビューなどして頂いております。
Melodic Hardcore http://droors33jp.blog28.fc2.com/blog-entry-245.html
ショボい、ダサいは褒め言葉Part.2 http://blog.livedoor.jp/hellobastards/archives/1159899.html
高速回転日記 http://cgon.blog6.fc2.com/blog-entry-266.html
未定 http://upyourscreamogel.blog15.fc2.com/blog-entry-15.html
Fast Melodic Hardcoreの聖地、沼宮内を褒めちぎる http://blog.livedoor.jp/gibson0713-fastmelodichardcore/archives/51334070.html
Classic End http://classicend.exblog.jp/12478925/
敬称略、皆さん、本当にありがとうございます。海外モノのレビューを多くされてる方々に好印象であるのは、私としても非常に嬉しく思っています。

そんな中、発売間もないのに、結構品切れだったりするのとか、また以前もお伝えしたように、タイトル間違えられてたりで、しかもそれがほとんど修正されていないようでして、お買い求めのオライン検索など不便あると申し訳ないので、ざっとですが、取り扱いオンライン店さんの作品直リンクを下記に列挙しておきます。
AmazonTOWER RECORDSHMVdisc unionindiesmusic.comTSUTAYADMM.comNeowingライオン堂玉光堂ビーケーワンぐるぐる王国アサヒレコードバンダレコードe-BESTゲオEショップGmarketMUSICDOORLOWSON古典派.com本やタウンZUSHIRECOムラウチドットコムyesasia.com
とかようなところで、お取り扱い頂いておるかと思いますので、お買い求めの方は、ぜひよろしくお願いいたします。
リアル店舗さんでも、オンライン店舗さんでも、現時点では問題なく、ご注文いただければ入荷すると思いますので、よろしくお願いいたします。レーベルへの直接のオーダーなども気軽にお申し付けください。また、彼らのLIVE会場でも購入できると思います。

また、しばらくは、NOISE CASPERのこの1st.アルバムが彼らの名刺代わりとなると思いますので、彼らの初期のデモなどを集めたウチのSHOPの限定商品、"NOW OVER INSPIRED ZEST"の販売は、年内いっぱいまでと考えております。こちらは、お求めの方は、お早めにお願いいたします。

それにしても、海外中心のウチのリリースの中にあって、このコンピ以来の好感触は、途轍もなくうれしい限りです。もっとも、このNOISE CASPER、私自身は、話題になって当然、作品が体を表してる看板バンドくらい思っており、だからこその国内アーティスト第一弾です。それほどまでに徹頭徹尾高速哀愁、これぞHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSの真骨頂くらいの勢いで、Awesomeであると自負いたしております。
まだまだ、このNOISE CASPERを、そして彼らの"NOD OUT IN ZEST"を、血管がちぎれて死ぬほどよろしくお願いいたします。
 
NOISE CASPER "NOD OUT IN ZEST"発売です!!
HSF-0010 flyer2

4月の設立から唯我独尊のガチ狂いの爆走を続け、リリースを乱発してきた、2009年を締めくくるのは、レーベルが絶対の自信を持ってお届けする、哀愁高速ジャパニーズ・メロディック・ハードコア・パンクの期待の新鋭、NOISE CASPERの初のフルアルバム、まさしく徹頭徹尾高速哀愁を体現する、HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS国内アーティスト単独作品第一弾!
NOISE CASPER "NOD OUT IN ZEST"本日、12月9日全国発売です!!

NOISE CASPER/NOD OUT IN ZEST
ノイズ・キャスパー/ノッド・アウト・イン・ゼスト HSF-0010 \1,890(税込)
01 Never be sorry/02 Rule of the one/03 Standing in the dark/04 My Apology/05 Farewell/06 mrdork/07 What's the point of living life/08 Trigger/09 I'm empty/10 LIVE/11 I don't believe there is GOD/12 On your own


全国CDショップ、オンライン・ショップ各店、日本全国どこでも、ご注文、お買い求めいただけます。店頭にない場合はご注文ください。直接お求めの方は、HIGH SPEED FLOWER RECORDS ONLINE SHOP をご利用ください。また、直接メールください。お近くの店舗やオンラインショップで購入していただいた方も、highspeedflower@gmail.comまでメールいただきましたら、特典をご用意させていただいております。お手数ですが、購入店舗名、住所、氏名、電話番号をご記入の上、お気軽にメールください。


ウチとしては初めての日本のバンドということで、また、制作当初から全てに意見をさせていただき携わってきたということで、やはりいつもとは違った感慨深さがあります。そしてなにより、この作品、このバンドが、今後のHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSの指針となるであろうという、大いなる期待と強く熱い想いを込め、彼らを世に送り出すのだと思っています。それほどまでに、バンド自身のみならず、私にとっても渾身のリリース、絶対に期待を裏切らない、高速メロディック・パンク作品であると思っています。
一人でも多くの、パンクを、メロディック・ハードコアを愛する日本のリスナーに、このバンドの存在を知っていただき、ぜひその作品を聴いてもらいたいと思っています。よろしくお願いいたします。


NOISE CASPER Official http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=noisecaspar
NOISE CASPER MySpace http://www.myspace.com/noisecasper
NOISE CASPER mixi http://mixi.jp/view_community.pl?id=3384

NOISE CASPER -NOD OUT IN ZEST-


"明るくないメロコアをやろう" RUFIO、NO USE FOR A NAMEといったバンドに影響を受け、Yuta(Guitar&Vocal)、Ken(Guitar)、Kei(Bass)、Chiba(Drums)の現在も続くメンバー4人により、2007年5月に東京で結成されたNOISE CASPER。町田を拠点に都内各地を中心にライブ活動を続けている。同年8月に2曲入りの1st.デモ、2008年1月に2曲入りの2nd.デモ、同年8月に3曲入りのデモをリリース。2009年4月にコンピレーション"High-Speed-Flower Vol.1"に新曲"Trigger"で参加。
そして、2009年12月9日、我がHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSが手がける国内アーテイストの単独作品第一弾として、彼らの初のフルレングスとなる、1st.アルバム、この"NOD OUT IN ZEST"がリリースされることとなる。

彼ら、NOISE CASPERとの出会いは、去年の秋頃でしょうか。私のレーベルの第一弾のリリースでもあるコンピレーション、"High-Speed-Flower Vol.1"に収録するための日本の個性的で魅力的なバンドを探しているときでした。
海外のバンドに比肩しうる、日本の良質で高速でメロディアスで個性的なパンクバンドの数々、それらを洋楽中心であろう現在のメロディック・ハードコア等の日本のリスナーに、今一度国内に目を向けてもらい、日本のパンクの存在の認識、そして日本のメロディック・パンクの意義の再構築を図り、日本のバンドのリリースを少しばかりでも手助けしていこうと、それが私がこのレーベルを立ち上げた、元々の動機であり、発端だったのかもしれません。
そして、それをよりインパクトを持った形で紹介する方法を考えたものが、日本のバンドのみの国内最高速メロディックのコンピレーションを目指した既作、"High-Speed-Flower Vol.1 -The rising sun with which emotion begin to overflow-"であります。
既に私自身がイメージし、収録を決めていた、圧倒的な個性やスタンス、そして実力の伴った良質さを持ったバンドたちは多くいたました。しかしながら、もっと更なる可能性を秘めた、新人、新鋭を探す作業も同時に行っていました。そんな時に知り合い、そして強く印象に残ったのが、このNOISE CASPERでした。
彼らのMySpaceなどにアップされていた楽曲は、そのサウンドプロデュースはともかく、オリジナリティーの溢れるメロディーライン、なぜか鬱積し、充満したかのようなエネルギー、どことなく無国籍な質感、そして全体から匂うなんともいえない侘び寂び、それらはいわゆる最近の若いメロディック・ハードコアのバンドとはかなり異質に感じられ、しかしそれでいて、メロディック・ハードコアとして成立しているという、なんとも面白い印象だったように思います。当然の如く、それらを非常に興味深く感じた私は、彼らにすぐ声をかけました。

その時点では知る由もなかったことですが、中心的なメンバーで、コンポーザーの一人でもあるYutaは、私のレーベルの本拠地でもある大分県出身で、そういったことでも何か不思議な縁を感じました。それとともに、彼らに対して、非常に身近に聞き覚えた感触だとか、ある種独特の質感を感じていました。
それは、昨今はあまり感じることが無くなり、もしかすると薄れつつあるかもしれない、九州のバンドが持つ特有の匂いのようなものでした。同時期に話をしていた福岡のTHE STRUCTURE OF A NATIONにも、同様の感覚といったものが当てはまっていたように思います。NOISE CASPERは東京のバンドでありながら、そういった気配が見え隠れするのです。
いわゆる、めんたいビートから脈々と続く、九州のバンドや、九州出身のアーティストが持つ、ある種独特の土着性といったものは、その地に住んでいて、それをガキの頃から周りから嗅ぎながら、自分もそこに混じり、慣れ親しんできた人以外には、なんとも説明しづらく、口はばったいものなのかもしれませんが、なんか九州なわけです。泥臭さとか、土臭さとかいった類のモノ。私とは親子ほど年齢が離れている、この2つのバンドにも、なんとなくではあるものの、そのなんとも言えない、同じ種類の匂いを感じ取れたのです。
しかしながら、その両バンドとも、そこは近代メロディック・ハードコアなわけですから、いわゆる近代のサウンドなわけです。が、その近代メロディック・サウンドに、口では説明できないかのような感覚が入り混じり、またあるいは逆に本質的に持っていたものが、新たな感覚で加工され、要素として加わりといった、いずれにしても、それは個性的と言うに他ならない、独特の質感といったものを携えているわけです。

NOISE CASPERを聴いてもらうと、ある人は洋楽っぽいねとい言い、またある人は日本のバンドらしいねと言う。それを客観的に見るなら、総じて無国籍極まるとしか言いようがない。私的には、それは非常に面白く、興味深い現象であったりするわけです。またそこのヒントは前述したような、近代感覚に混じる泥臭さといったものも要素として含まれるんじゃないかなと。

その上、そこにきて、このYutaという男は、最近までNOFX聴いたことがないとか言ってるくせに、RANDOM ORBITSやNO LABELは、ウチなんかがリリースする前から、知っていたり、聴いたことがあったりするという。いや、いや、いや、普通は逆だろ。まあ、そんなおかしな感覚で、変な資質を遺伝子的に持ちながら、好きなように、速い曲しか書けないから、こうなるという。ある意味でかなりAwesomeです。もう、なんか新世代やのうとか思っちゃった。
その昔、私がまだバンドやってる頃、メジャーデビュー直前の初期のMAD CUPSULE MARKETSと一緒することがあって、君らは何聴いてるのん?って聞いたら、メンバーの一人が、STALINとBOØWYしかレコード持ってないとか言ってたし。それでああなるのん?で、そのあとYMOのカバーとかもやっとるし。Awesomeです。もう、なんか新世代やのうとか思っちゃった。
もう、音楽とか、パンクって一体なんなんでしょうねと。当時感じた感覚と、今、Yutaに最近何聴いてんの?とか話してた時っての、感覚や感触や、新世代感が、印象的にとても近いと感じましたね。
あ、それからYuta、あのゾリ井上氏ですら、お前らはかなり変わってる、おかしな感覚や質感を持ってるって言うてたぞ。だが、俺たちは知ってるんだ。それこそが今の近代パンクに於いて希少価値であり、次の扉を開く可能性なんだと。

そう、そんな近代メロウ・メロディック・ハードコアと見せかけて、実はかなり異分子丸出しの無国籍質感、なのにメロディック・ハードコアとして充分に成立してしまって、聴きようによってはかなりキャッチーで、メロウな感性も感じなくはないという、そんな奇跡の資質を持つ、NOISE CASPERというバンドの初のフルアルバムがこの"NOD OUT IN ZEST"なわけですよ。
おまけにもって、高速ブチ飛ばしが売りのウチのレーベルのリリース作品の中でも、全曲ブチ飛ばしてしまってごめんなさい、遅い曲とかが作れないんですとか言ってるのが、このNOISE CASPERなわけですよ。
で、後日そのリベンジを果たすかの如く、アルバム入れないし、ドラムのChibaがLIVEで死ななようにと、ミディアムとか作ってみようぜって録って、エンジニアから「お前らは遅い曲の作り方がわかってねぇ」とダメ出しとかされちゃうのが、このNOISE CASPERなわけですよ。いや、俺はカッチョいいなと思ったけどね。でも、やっぱギターとか高速の曲みたいにカッティングしてるし、やっぱこいつら、クソ変わってるなとは思ったけど。いや、プレ特典に付けた曲なんですけどね。
なんか褒めてるのかすらわかんなくなってますが、彼らに音源もらってからこっち、もしかすると今年一年で最も聴いた作品が、この"NOD OUT IN ZEST"かもしれない。そこには色んなものが感じとれるから。若さと勢いを感じるし、蒼さと泥臭さを感じるし、そして激しさと切なさを感じるし。私自身、本当にとても大好きな作品です。

彼らがこのフルアルバムのために用意したのは、完全な新曲7曲、デモやコンピのリテイク新録を5曲。その新曲の数々は、さらにメロディアスさや、新たなアプローチを加え、決してそのクォリティを落とすことなく、また彼ら本来の魅力や味を損なうことなく。そして、新たに録り直された楽曲の数々は、そのサウンドプロデュースを高め、さらに彼ら自身の成長が窺える、よりタイトでソリッドな印象で新しく生まれ変わっているはずです。
彼らと、より具体的にアルバムの、それもきちんとしたフルレングスのアルバムでと話を始めて、僅か1年そこそこ。敢えて言うなら、全国流通などのアナウンスのために、その音源は7月中には用意していなければいけなかったのだけど、締め切り前には余裕で音源を仕上げてきた彼ら。その間僅か半年足らず。その間7曲の新曲を書き上げ、レコーディングに入り、LIVEをこなし、私のリクエストに、ほぼ完璧にその意思や回答を返してくるというのは、今年一年、アホみたいに突っ走ってきて、完全にレーベルとしての下地といったものは用意できたであろうと自負している私ですら、凌駕する如くの離れ業のように感じてしまいます。しかし私は、その裏にある葛藤や苦労というものを、誰よりもわかっているつもりです。
そんな彼らの熱い想いや、努力と創造の結晶である、このNOISE CASPERの"NOD OUT IN ZEST"を、少しでも多くの人に聴いてもらいたいと思っています。

まあ、それにしてもよく働くな。発売後はツアーに回る予定だし、このアルバムのレコーディング後も、既にレコーディングして2曲録ってるし。一曲は前述のミディアムというかブチ飛ばしじゃないのに挑戦した曲。そしてもう一曲は4月発売予定の"High-Speed-Flower Vol.2 -Soul over the razoredge-に収録の新曲"Liberate me"。もうほんと手がかからなくて助かります。
その上、来年はウチ以外にも2つのコンピに参加も決まってるようで、さらにウチからsplitもリリースしようとか。もう、それらは全て新録だからね。すごいね。つかどれ一つ同じ音源は提供したくないそうだ。この妙な拘りによる無茶さ加減といい、この気が狂ってるほどの足の速さといい、どれもが全くそのとおりであると共感できてしまうという、この困ったレーベルにして、このバンド。
とにもかくにも、新鋭メロディック・ハードコア、NOISE CASPER。私のレーベルのコンセプトである、"徹頭徹尾高速哀愁"、それをいろんな意味で体現してくれているバンドが、このNOISE CASPERだと思います。


2009.12.7. HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS Ku-ge

NOISE CASPER -NOD OUT IN ZEST-ツアー
ウッズがどうとか言ってる場合じゃなかったよ。

NOISE CASPER "NOD OUT IN ZEST"発売記念ツアー&イベントのおしらせ

12/6(日) 町田SDR NOISE CASPER presents... [-HAYATO- vol.4~Birthday~]
秒殺エンドルフィン&NOISE CASPER Wレコ発party!
adv.\1000/door.\1200 OPEN 17:30/START 18:00
w/秒殺エンドルフィン(大阪)
Niard(大阪)
LAST RESORT
Dirty little seclet
幸せの青い鳥
undersign

もう明後日の話だ。お近くの人、ぜひ行ってあげてください。彼らから直接買ってあげてください。

死ぬほど、よろしくお願いいたします!!

そして、

-NOD OUT IN ZEST-ツアー
2009.12.06町田SDR
2009.12.09赤坂R@N
2009.12.14下北沢 屋根裏
2009.12.16吉祥寺SILVER ELEPHANT
2009.12.22本厚木Thunder Snake
2009.12.28八王子Match vox
2009.12.30町田SDR
2010.1.08新宿ACB
2010.1.11町田SDR
2010.1.17初台WALL
2010.1.20八王子RIPS
2010.1.23池袋MANHOLE
2010.1.30熊谷BLUE FOREST
2010.2.07高円寺GEAR
2010.2.12福岡GRAF
2010.2.14大分T.O.P.S
2010.2.20名古屋 栄REFLECT STUDIO
2010.2.21大阪 新神楽
2010.2.27八王子Match vox
2010.3.14神戸KINGS CROSS
2010.3.16加古川
2010.3.19横須賀かぼちゃ屋
2010.3.26横浜BAYSIS
2010.4.10町田SDR
and more..


そのドライブ感と高速感あふれる彼らの初の全国ツアー、そして、その彼らが渾身の想いで作り上げた、入魂の1st.フルアルバム"NOD OUT IN ZEST"

死ぬほど、よろしくお願いいたします!!!

NOISE CASPER Official http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=noisecaspar
NOISE CASPER MySpace http://www.myspace.com/noisecasper
NOISE CASPER mixi http://mixi.jp/view_community.pl?id=3384220

ウッズ3ホール目
⊇ωレニちレ£、ゐTょ±ω⊇〃(≠レナ〃ω∋ぅ! とイキナリとことん変換ギャル文字で入ってみたりする∋。というわけで、タイトルからして破滅的にどうでもいいような内容になりそうですが、ともかく更新。
そんな中、ほんとウッズは夜もドライバーを振りくり回して、まさに3ホール目も突貫済みとのニュースもイカしてますが、私もできれば夜のチップインバーディーとか決め込みたいところですね。最近のボクはクラブのお手入れすら、ままなってなくて、自分で磨くことすらもしませんからね。とか、ガンガン下ネタで責めてみますよ、ええ。
で、ふと思いつきましたが、ニュースと言えば、世間を賑わせていた事業仕分けとかってのも、意味あんのかなとか思ったりしましたよ。大体、「マイナーなスポーツに金かける必要があんのか」とかはっきりと仰ってる仕分け人さんとかいますしね。オイオイオイって感じですよね。識者といった人とかを選んでてこのザマっすからね。そんなこと言うてたら、スポーツなんぞ、発展とか進歩とかするわけねーですよ。フェンシングをしてるそこの君、そんなものやめて野球をしなさいって、アホか。また、科学的なこととかにしても、結果が出てないとかって、そんな結果すぐ出せりゃあ、日本はノーベル賞学者でいっぱいになりますわな。まあ、こんなもん国民に見せたところで、実際は国の予算なんてものは、結局どんなふうに使われてんだかわかりゃしねぇんで、そんなことより、日頃はおすましさんのウッズのアグレッシヴなラウンドのほうが気になった私でした。こんな国ですから、お互い、自分のクラブの手入れだけでもきっちりと心がけていきましょうね。

ま、なんも考えんで書き始めると大体こんなもんだな。ちょっと手が空いたというか、なんか疲れたので、息抜きになんか更新しよっかなとか思っちゃったんだけども。
そんな中、NOISE CASPERの"NOD OUT IN ZEST"。プレオーダーで昨日までご予約いただいてる方には、全て発送しました。メール便の着のメドってのは、4日というのが目安なそうなので、それを信じると、発売の一日前には確実に届くはずなんですよね。そんなわけで、よろしくです。
あ、それとオーダー頂いた方で、特典上げてるロダが重かったりでDLできなかった方とかいたら、遠慮なくメールください。さっき別のロダに上げなおしたんで、今度はサクサクいくはずです。
まだまだたくさんのオーダーお待ちしておりますので、ふるってオーダーしていただければと思います。
海外モノじゃないと途端にソッポ向かれたり、リアクション悪くなったりもするみたいですけど、ま、海外のしか聴かないとかいう人も多くいるんでしょうし、他人の考え方に口出しとかできませんが、ま、~しかとか、~だけとか、そゆこと言ってるとかなり損してんじゃねぇのかなと個人的には思ったりもしますけどもね。ま、私的には他人様が得しようが損しようが、そんなこと別にどうでもいいんで。つか、とても天の邪鬼なボクは、来年はさらに日本のバンド関係を出していきたいと思ってきちゃたりしてします。
と、なんも考えんで書き始めると、ついそんな余計なことまで言っちゃったりするんですよね。ま、いっか。そんな中でも、NOISE CASPER、オーダーでも、店舗注文でも、超健闘中。Awesomeです。

HIGH SPEED FLOWER RECORDS OFFICIAL SITE


もう、偏頭痛ガンガンしてるのに、飛び出せ!科学くんとか、夜はちゃんと見るわけですが、ボクも吉澤ひとみちゃんとカミナリとか見て、キャッキャ、ウフフとか言いてぇですね。ちょっと、黒ブチ眼鏡を持ってきてくださいな。ホラ、これをかけてごらんって感じですな。と、まあ、毎度忙しかろうが、変態フェチなのに変わりないわけですが、そんな中、オフィシャルサイトのほうも、どうにかカッコ付くようにはなったんではないかということで、HIGH SPEED FLOWER RECORDS OFFICIAL SITE、本日12月1日正式にオープンということでひとつよろしくお願いします。

まあ、色々と凝った作りにしたいなとかは思ったのですが、なんともそんなにスキルも無いもので、一般的っちゃあ、一般的な感じなんですね。とりあえず、パソコンから見るのを想定して作成しておりますので、そういった仕様です。携帯からも見れないことはないと思います、デザインでの文字とか小さくて読めないかもしんないけど。
まあ、何かと色々とあれば、今後も更新していきますし、オフィシャル用にデザインしたものとかもアップしては行きたいなとは思っております。また、なるべく色々とウチ関連には簡単にリンクできるようにもしたつもりですので、たまに覗いてみてやっていただければと思います。つか、バンドとか、リリースの画像一つ一つ作ってたら、ほんと疲れたよ。ま、しかし、今後も何かときちんとやっていくつもりですので、よろしくです。

HIGH SPEED FLOWER RECORDS OFFICIAL http://hsfr.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。