High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FAST MOTION来日決定


そんなわけで、噂はかねがね耳にしてた方も多いと思いますが、FAST MOTIONが5月に来日します。なにせGregがあちこちにメールしてて(笑)、情報が錯綜してて、日程などもちゃんとした情報が出回っていないようですので、現時点で確定という、オフィシャルな情報をお知らせしておきます。
現在決まっている日程は以下のとおりです。

5/19(水) 新宿ACB
5/20(木) 横浜BB STREET
5/21(金) 横須賀Pumpkin
5/22(土) 仙台 ※調整中
5/23(日) 新潟JUNK BOX mini
5/24(月) 初台WALL
5/28(金) 京都 ※調整中
5/29(土) 大阪 地下一階
5/30(日) 岐阜 ※調整中
6/2(火) TOUR FINAL 渋谷 会場未定

私のレーベルはご存じのように、私が一人で全てを運営しており、リリースだけで手一杯で、また立地的にも不便な地域ですので、ツアーのサポートといったものは、イベント関係者の方やバンドの方にメールをするのが精々で、全くと言っていいほど出来ないのですが、そんな中、諸般の事情でまだ紹介できませんが、あるバンドが日程や会場などの調整に尽力してくれていて、本当に感謝しております。
また、色々と新しい情報など入りましたら、随時おしらせしていくつもりです。ご期待ください。

FAST MOTION MySpace http://www.myspace.com/fastmotion

スポンサーサイト
IN-SANE -TRUST THESE HANDS... ARE WORTHLESS-


スロベニアの要注目メロディック・ハードコア、IN-SANE。昨年の12月にClassic EndのToshiさんとこで頂いてたんですが、ここ最近は思うところなぞ色々とありまして、レビューとかしてなかったんですが、やっぱ良いモノは紹介しておかないといけませんよね。そんなIN-SANEの最新2nd.アルバム、脳髄直撃の暗哀愁爆走メロディックです。

オランダあたりのラウドファストなメロディック・ハードコアのバンドとかをより整合した感じであると言いましょうか。ただし整合したと言ったところで、どちらかといえばスッキリした音の質感を暗くプログレッシヴにこねくりまわしているので、ノイジーじゃないってだけで、決して万人受けするようなメロディックではないという。また単純に濡れているとかそういうんではなくて、一様に影のある哀愁感は、その翳りやトーンを常に変化させながら、常に陰影を纏いながらブチ飛ばすとでも言いましょうか。またそのラウド感はいわゆる一般的な重厚感ではなく、曲調やバンド自体が底からひねり出してるような、アレンジの上でのラウド感。で、今日的なメタリック感というものも、いわゆる一般的なピロピロ軽奏でなくて、必要なところにピロピロ。またザクザクとハードコアに刻んでみたりもするという。
とどのつまりは、とても個性的です、もう色んなところが。というか欧州のバンドの匂いはプンプンするのに、そのどれもと違い、独特の質感と個性を備えている。これがスロベニアという国のお国柄なのかなとか妙に納得してしまうという。また、彼らもおよそトリオとは思えないほど、質感と演奏力とを誇っているところが、いと素晴らし。
というか、いろいろと相変わらずの変な表現ですみませんね。でも、こんなのが、本来の私だから。そんなユルユルの私に久々に仕事と無関係にキーボードを叩かせちゃうわけですよ、このIN-SANE。もう久々に脳髄を直撃です。近代流行的な要素を独特の質感と解釈で料理したナイス作品。

実は昨年、彼らに対しては色々とアプローチしよっかなとか考えてたり、また最近、某欧州のレーベルさんから、出してあげてくれないかとか言われてたり、私としては自ら動こうとしてたくらいだから、そりゃあ大好きな音だし、死ぬほど出したいんですけど、なにせ昨年、あれだけ出したにも関わらず、洋モノで当たったモノが一つもないという(泣)。
基本的にこのインターネッツの時代、これだけ海外から直接モノが買えるわけで、またダウンロードとかのデジタル音源ががCDにとって変わりつつある時代、どんどん私のような時代遅れの国内盤CDプレスに拘るヤツは、取り残されていくんでしょうなとか、また死ぬ思いしてプレスして出しても、予算の関係で大した宣伝も、大した仕様にもできませんしね。そりゃ、ありがたがられはしないんだろうな。世知辛ぇなとか。
昨年の秋口くらいから、手をこまねいて、実はやりたいモノ、出したいモノも、我慢しなくちゃいけないんだな、パンクとか言ってもクソみてぇだな、俺。もうモヒカンとかやめちゃおうって、モヒカンもやめて、ただの金髪ハゲのオッサンになったクソ引き籠りが、結局本人たちにもCDくれと頼みづらくて、それでもどうしても聴きたいし、CDが欲しいので、Toshiさんに頼っちゃったりした、痛恨との悔恨の一枚だったりするわけです。

IN-SAINE MySpace http://www.myspace.com/insaneslo

LOW VALUE "RECHARGE"発売です。
HSF-0011 flyer2

スロベニアが世界に誇るLOW VALUE待望の新作"RECHARGE"、1月20日本日発売です。ちなみに本国での発売もまだまだなので、世界最速で日本発売です。ア~ンド、ウチのバージョンのみボーナストラック2曲追加です。Awesomeです。

LOW VALUE/RECHARGE
HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS HSF-0011 \1,890(税込)

01. MYSHAME
02.ON THE ROAD
03.COMMING HOME
04.CALL TO ARMS
05.WANT YOU MORE
06.INSIDE OF A MONSTER
07.ALL ALONE
08.I'M SORRY
09.BURNING DOWN
10.THRESHOLD
bonus tracks:
11.LATEST FASHION
12.LOVE IS A RELIGION WORTH DYING FOR


そのスピードとメロディーの融合を知らしめたスタイルをさらに推し進めつつも、速さのみに頼らず、その巧みで多岐にわたるアレンジやアプローチはそのままに、かってないほど歌を前面に押し出し、よりメロディアスにその楽曲の完成度や整合性を高めた、まさに歳月を重ねた成熟を感じさせる作品となった本作。高速ファンのみならず、全メロディック・パンク・ファンも納得の本格的メロディック・パンク・サウンドです。
レーベルさんやブログさんでもレビューやご紹介していただいております。高速回転日記さん、WE LOVE メロコア MUSICさん、Fast Circle Recordsさん、MELODIC渇望症日記さん、自己満足の音楽ブログさん、Zodiac Recordzさん、Classic Endさん、勝手に音源レビューさん。皆さん本当にありがとうございます。

本当に聴けば聴くほど味わい深く、非常にクォリティの高い作品であると自負しております。初回のオーダー数はあんま多くなかったのですが、オンラインショップさんでも予約で売り切れたりしてるところもあるようで、かなり好評いただいているのではないかと思います。ま、しかしいつもどおり500枚売り切れ御免。全国CDショップ、オンラインショップ各店、またはウチのショップなど、まだまだ大丈夫だと思いますので、お早めにお買い求めいただければと思います。よろしくお願いします。

LOW VALUE MySpace http://www.myspace.com/lowvalue

Marc Ryan's review LOW VALUE -RECHARGE-
そんなわけで、昨日は私がつらつらと解説しましたが、そんな中話に出てた、カナダのMarcusくんこと、Marc RyanがLOWVALUEのRECHARGEのレビューを書いて送ってきてくれたので、せっかくだからアップしておきますね。まあ、本格的に英語ですけど。私の英語力ではカッチリとした翻訳とかできませんので原文のままです。興味のある方はちびちびと翻訳しながら読んでくださいね。では。

Low Value “Recharge” 

Slovenia’s Low Value have shown a lot of improvement in their sound and song writing with their new album “Recharge” out January 20th 2010 on HSFR; their second album to be exact.
Thumbs up goes to Ku-ge for releasing this album as this adds yet another wicked band to his already international punk rock roster.
Being from Slovenia brings a challenge to any band since locating musicians that especially play punk rock is not as easy as you think.
Especially when it comes to punk with technical and progressive influences, it makes it an effort to get all the members on the same page while keeping it stable throughout the years.
With that being said, Jernej, Matej, Pinky, and Tomaz are one hell of a unit.
They all agree on the band’s current direction + they have a broad range of influences that makes the song writing quite diverse.
And while I’m at it, you need this in a band today since you cannot always write the same fucking book.

For this new album, the guys recruited the services of the great and upcoming engineer/producer, Matej Gobec, also from the band’s native land.
You might have heard Matej’s work with such bands as Multiball and Leaf Fat, for example.
With Matej Gobec’s vision and insight of the band, all of the parties involved took it to the extreme in order to get the sound that the band truly deserves.
The guys’ previous effort, “The Language of Stolen Music”, was indeed a great piece of work but please keep in mind that the guy behind the knobs was not a follower of the punk/metal genre so it made it a bigger challenge. But what needed to be done got done and the great raw sounding album did well in the underground scene.
The album was sold independently through the band in Slovenia (just like this new album) and in Japan through the legendary InYaFace/CR Japan Records - hail Bruce.

So, when a new album comes out a statement of some kind needs to be made, right?
Kind of like Belvedere’s “Fast Forward…” with Steve Rawles shouting a big F-U when the album starts off.
Well, Matej (bass/vocals) on the other hand gets the train started by yelling out in rage as if he was possessed.
Caught on your attention, yes, ok good.
The album begins with “My Shame”, which is a typical Low Value song that continues from the band’s previous release - fast, melodic, and great melodies.
The recording quality obviously helps.
The guitars in the song remind me of Never Been Famous’ work which is always a positive factor (the riffs can make or break a song).
The boys have recently filmed their first music video and this song was chosen so you’ll have to check out the band’s links below to catch this video and enjoy the guys’ first piece of acting, in a way.
“On the Road” provides a glimpse of what to expect with the band’s newer sound so enjoy and I especially love the drums’ uniqueness, especially the snare work at the 37. mark - it’s small but it adds a lot.
As I said before, the guys have experimented much more with their sound as the years have passed since their first album.
The pop-punk sound can be heard in many of the guys’ tunes such as “Coming Home”, which could have very well been the band’s first single or maybe a future one?!
The chorus is definitely the highlight of this song and definitely one of the best parts of this album.
In addition, Matej has really evolved as a song writer and his vocal development from the early years to the present can simply be said as “remarkable”.
The melodies and notes that he can hit are jaw dropping; for instance check the part at the 3:09 mark where he sounds like Pavarotti holding a bass guitar.
If this can’t be marked as one of the reasons to pay attention to this band then I don’t know what more could be done.
It’s a special moment of the album so don’t miss it.
“Call to Arms” continues on with a hardcore’ish shouts track that would be a good track to get the crowd involved.
But don’t be fooled with this track being only a good live track, it’s long for a reason…the guitar work from Pinky and Jernej starting at the 5:40 mark is simply classic and rest assured, they are definitely taking you on a drive with style. AWS have nothing on these guys when it comes to that part.
With “Want You More”, the pop element is much better introduced in a Low Value song.
The lyrics and music seem just happier in general than other previous tracks.
The bridge at 2:22 is the high point in this one and even though short, it truly completes the song.
I was waiting for a part like that one and the band did it better than I could of imagined.
Did I say poppy before? Well the next track will definitely get you back head banging with some hardcore breaks and a Strung Out’ish blend of wow.
Following that track (“Inside of a Monster”), Matej presents to us how much of a sweetheart he is by providing a slow tune that the boys and girls will be able to dance to on the floor.
The song in question, “All Alone”, is new territory for the band since it can be up with the good ones of the alternative rock scene.
I’m not talking about Canada’s worst Nickleback though. Low Value at least has melodies and musicianship that matter and it gets your attention.
Next, you most likely heard “I’m Sorry” on the band’s MySpace page since it’s been released as a preview for the band’s album for a long time now.
Like the opening track, it’s pure Low Value. “Burning Down” got me thinking that Low Value really does love this style and they have truly stayed to their roots.
Although a short track, it’s a statement that says: “This is what we play and we aren’t fucking changing anytime soon”.
The last track, “Threshold” encompasses the band’s work on the album and closes out the album with the kind of song writing that we have gotten from Low Value from the start of this release.
Matej continues to shower us with a great chorus line and melodies that only he could pull off for this song.

The more than 40 minutes “Recharge” is a new beginning for Low Value and I truly believe that the band have found their sound.
It’s a masterpiece of sort and must be in the collection of any punk rocker or anyone appreciating great music.
Slovenia may be small in size but in terms of heart they have some quality bands that are putting the country on the punk map (yet again) with some recent and upcoming releases.
Low Value is leading the way and their country mates In-Sane and Golliwog are helping deliver the message to the rest of Europe – Slovenian punk rock should never be ignored.
Now to get the North American kids to catch on.

Watch for the band to be featured on “The Grind” on PunkRadioCast.com in the coming weeks following the official January 20th release in Japan.
Chris (the handsome host) will be playing some new tunes from “Recharge” and he’ll talk to listeners about the band’s recent work as well as future developments.

Check out Low Value at the following links -
MySpace:
Band: myspace.com/lowvalue, Label: myspace.com/highspeedflowerrecords
Facebook:
www.facebook.com/groups/edit.php?edit_members=&gid=35713423856&tab=requested#/pages/LOW-VALUE/53729658374?ref=ts
Cheers,
Marc myspace.com/marc.ryan

LOW VALUE -RECHARGE-
lcpref 160

当時は全くの無名とも言えるバンドであったにも関わらず、INYAFACEから国内盤も発売された彼らの前作、"THE LANGUAGE OF STOLEN MUSIC"は僅か半年で1,000枚以上のセールスを記録するという、今の日本では考えられないメガヒットを飛ばし、日本のみならず、世界のメロディック・ハードコア・ファンの注目を中欧の小国スロベニアに集めるきっかけにもなったバンド、LOW VALUE。そして、そんな彼らの実に4年ぶりの、待望というか、もう忘れちゃうじゃんくらいの、待ちに待った新作がやっとこさやってくるわけです。
前作の国内盤はかなり後からの発売だったので、私は既に輸入盤を買っており、その彼らの全てがイントロでできたかのような面白いアプローチや、意表を突くアレンジを持った楽曲に、多少小粒な印象を受けながらもとても気に入ってたバンドがこのLOW VALUEでした。
後にもGOLLIWOGのようなバンドの国内盤が発売されたり、また最近ニュー・アルバムをリリースしたIN-SANEなど、スロベニアという国は非常に良質なバンドがひしめいているといった印象を受けますね。あ、そういえば、GOLLIWOGも新しいの出すみたいですよね。そんな昨年暮れから今年にかけてのスロベニアはまさに注目の新作ラッシュですね。

さておき、そんなスロベニアが世界に誇るパンクバンド、LOW VALUE。待ちに待った新作"RECHARGE"は、そのスピードとメロディーの融合を知らしめたスタイルをさらに推し進めつつも、速さのみに頼らず、その巧みで幅広いアレンジやアプローチはそのままに、かってないほどの歌を前面に押し出し、さらにメロディアスに、その楽曲の完成度や整合性を高め、まさに歳月を重ねた成熟を感じさせる作品を完成させました。
彼ら特有の多岐に渡る巧みなアレンジとアプローチは、今作ではさらにスピードの緩急にも及び、じっくりとメロディーを聴かせる楽曲や、壮大なストーリー性を感じさせる7分にも及ぶ楽曲など、安易な想像を遥かに超えた創造。それはあたかも、彼らがスピード一辺倒のただのメロディック・ハードコア・バンドではなく、本物のメロディックを追求しているのだということを実証するかのように。そこには、NO USE FOR A NAMEやMUCH THE SAMEなどを彷彿とさせる本格的な歌モノのメロディアスさと、メタリックなアプローチを始め、なおかつ様々な要素をふんだんに取り込んだ、近代メロディック・ハードコアの旨みを凝縮したサウンドがここにあるのではないかと思っています。

中欧の小国スロベニア共和国で、2000年に前身のバンドを結成したLOW VALUE。MATEJ KOSMACIN(Vocals, Bass)、JERNEJ BERVAR(Guitar)、TOMAZ MEDVAR(Drums)、PINKY(Guitar)。NOFX、STRUNG OUT、PENNYWISEといった米西海岸のバンドや、SATANIC SURFERS、ADHESIVEといった北欧のメロディック・ハードコアに影響を受けているようです。そして一時的な活動休止の後、彼らは現在のLOW VALUEを名乗るようになり、幾度かのメンバーチェンジの後、2005年、1st.フルレングス、"THE LANGUAGE OF STOLEN MUSIC"を完全なるD.I.Y.でリリースします。この作品は欧州でも非常に高い評価を受け、また、日本でもその輸入盤が話題となり、翌年、日本ではINYAFACEより、国内盤が発売されます。以後、欧州でのLIVE以外にはさほど大きな動きの無かった彼らですが、2009年、新作へのレコーディングに着手します。そして昨年の暮れ、完成した2nd.フルアルバム"RECHARGE"は、本国、欧州で、2010年1月末にリリース予定。そして本国をさらに先駆け世界最速で、我がHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSが、高速メロディックファン待望の新作の国内盤をお届けすることになりました。

さあ、その新作"RECHARGE"。彼ららしくも、ストロングなスタイルとエッジを備え、さらに全てがパワーアップしたかのような高速リード・ナンバー"MY SHAME"で幕を開けます。そして個人的には前作のイメージに近いなと思いつつもメロウさが明らかにアップしている"ON THE ROAD"。速度を落とし、歌メロを際立てじっくりと聴かせる"COMMING HOME"。ダークかつストロングな味わいで、様々な要素を組み込み、壮大かつドラマチックに仕上げた7分42秒にも渡る大作"CALL TO ARMS"。歌モノにしてメロウ、ここに極まれりといった"WANT YOU MORE"。中盤に再び加速させつつ、方々にダークさをねじ込むクセのあるナンバー"INSIDE OF A MONSTER"。かってないほどのスローっぷりで超メランコリってみたりする"ALL ALONE"。そして"I'M SORRY"で爽快な曲調で再び加速しつつ、続く"BURNING DOWN"でハードコア感全開の高速スっトロングな味わいの中に甘メロも覗かせたりもしいの、とどめは、オルタナティヴな味わいに、極上メロを絡ませていく"THRESHOLD"。そのオリジナルの10曲に加え、日本のファンのためにカチ飛ばしてくれている、ボーナストラック2曲、"LATEST FASHION"、"LOVE IS A RELIGION WORTH DYING FOR"の全12曲。
まさに存分な聴き応えの、大作感がある作品だと思います。中盤から垣間見せる、じっくりと腰を落ち着けたかのような、メロウかつメロディックな、いわば大人の整合感的な減速に、前作のような全編に渡る高速感をを求める方には賛否は分かれるかもしれませんが、まあ、なにせ聴けば聴くほど味わいと深みのある作品だと思いますので、前作から大幅に進歩したと感じる彼らの歌本来の魅力、そして成熟した楽曲といった、これぞメロディックなパンクといった部分を、じっくり堪能していただければいいなとか思っております。

まさか彼らの新作を私が日本に紹介するとは思ってもみませんでしたが、Matejが非常に交渉に慣れていたり、こちらの意見や要望にもすぐに対応してくれるので、個人的にはこれまでの中でも、非常に仕事がやりやすかったです。彼と色々なことをメールでやり取りしながら、お互いに様々なアイデアや考えも忌憚なく伝えられたし、そういった意味では思うように事が運べたし、とても充実した仕事ができたように思います。Matejもそう思ってくれていればいいなと思います。なにせMatej、色々とサンクスです。そして、彼らと私を繋いでくれたカナダのMarcusくんもThanks a lot!
ともあれ、全てがパワーアップしたLOW VALUEの新作"RECHARGE"、ぜひ手にとって聴いてみてください。

2010.1.18. HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS Ku-ge

大変失礼いたしました。
記事アップしてから、色々と爆裂的に忙しくなってしまい、SHOPにLOW VALUEアップ出来てませんでした。遅くなってすみません、商品をアップしましたので、SHOPをご利用の方はこちらからお願いします。
また、メール頂いた方で日頃はSHOPのほうをご利用の方も、ポイントなどありますから、重複はしませんので、お手数ですが、再度SHOPのほうから注文していただければと思います。
よろしくお願いします。
プレオーダーLOW VALUE
lv01 s

"HIGH-SPEED-FLOWER VOL.2 -Soul over the razoredge-"の視聴サンプルも好評で、早くもPunk Rock Is Not A Jobさん、FAST LIFE RECORDSさんや、FAST MELODIC or DIEさんでもご紹介の記事を書いていただいているようで、ひもQさん、クロさん、ろどりごさん、サンクスです。ウチのオフィシャルでも分割版をDLできますので、まだ聴いてない方は聴いてやってください。
と、同時に元旦の朝っぱらから、LOW VALUEの"My Shame"という曲も同様にオフィシャルのほうにアップしておりますので、発売までにこれを聴いてテンション上げていただければと思います。そんな、LOW VALUE、発売まで2週間切りましたので、オフシャルプレオーダー開始です。

1月20日発売、LOW VALUE"RECHARGE"、本国すらブチ抜きで世界最速リリース、国内盤のみ2曲ボートラ追加の全12曲収録、税込1,890円。本日よりプレオーダー受付いたします。今回はボートラとかで彼らにも無理させちゃってるので、特にこれといった特典も無いので申し訳ないですが、もし、ビデオが来たら、予約いただいた方にはDLできるようにはしたいかなと思ってますが未定です。
さておき、今回のプレオーダーも前回同様、発売日までには確実にお届けする感じの発送にさせていただきます。1月14日頃までにご予約いただ来ましたら、ちょい早くらいで発送したいと思います。いつものように、ウチのOnline shopを使って頂くか、highspeedflower@gmail.comまでメールいただければと思います。
そんなわけで、LOW VALUE待望のセカンドアルバム、"RECHARGE"、たくさんのオーダーお待ちしております。

LOW VALUE MySpace http://www.myspace.com/lowvalue

今年もよろしくお願いします。


あけましておめでとうございます。元旦も当然休まず営業、日本一せかせかしてて、がっついてるレーベル、HIGH-SPEED-FLOWER RECORDSです。
元日から仕事するとか、自分でもいかがなものかと思いますが、昨日からなんか色々とフリーソフトいじったりしてて出来た産物をアップしようとか思っていたら、アレもやらなきゃ、これもやらなきゃとかで、気がついたらオフィシャルとかも正月仕様にしたりとか、そんないらんことばっかしてるので、仕事は増える一方ですよ。

そんな中、4月7日発売予定の"V.A./HIGH-SPEED-FLOWER VOL.2 -Soul over the razoredge-"のサンプル繋ぎ音源をオフィシャルでDLできるようにしてありますので、興味のある方はご自由にお持ち帰りください。全20曲のサワリを一気に視聴したい方は9分以上に渡る大作をマイスペにもポストしてます。ま、DL版も二つに分けて部分的に繋いでるので、なにげに大作ですが、なにせ曲ごとは、基本的にはチンコの先っぽ入れて、全く腰も振らせずに、投げキッスをされてる程度の尺だったりするので、ガッツリ腰を振りたくりたくってシッポリと心ゆくまで発射したい方は、4月7日発売の製品盤のCDを買ってください。間違いないから。

そんなわけで、年末も下ネタで締めて、新年早々また下ネタ言わんと気が済まんかったりする、相変わらずのクソ野郎でごめんなさいね、ちょっと通りますよ、よっこらしょってな感じで、2010年もスコスコ行く予定です。
今年もよろしくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。