High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
next PV


ウチのレーベルのバンドではないんですが、私は激オススメで、なんでもいいのでウチから出してもらえませんかとお願いしたくらいにとても気に入っておりまして、そんなこんなでコンピの2弾にも参加してくれてる、山形の激情メロディック・ハードコア、next(小文字表記が正しいらしいですよ)。まだまだ無名だとは思いますが、私的にはきっとくるに違いない、いやもう絶対に間違いないねとか思ってるわけでして、そんな彼らのPVがアップされたので、皆さんも見ましょうということで、ひとつ。

彼らが激情メロディックたる所以は、いわゆる叙情的なメロディーを持ったメロディック・ハードコア、そのメロディアスすぎるほどメロディアスな歌に、スクリーモの要素なども随所に散りばめられ、またノイジーでラウドな部分も存分に持っているという、充満するパンク・エネルギーを感じるところでしょうか。いや、もうね、激しさの中にその叙情的メロディーが相俟って、繊細さとストロングさのランデヴー、これはキますよ~、ググッときますよ。
とりあえず、彼らの音源自体は、以前に録られた3曲のデモがありますが、現在のところ出回ってはないようなので、もっと色々と聴いてみたいぜとか気になった人は、YouTubeの検索で「小山ヨシユキ」って検索するといろいろな時期のライブが見れるはずです。と、私のメル友で、メールのタイトルがいつもロクデナシなボーカルのHIDEKIくんが教えてくれました。つか、頼むから音源送ってください。

そんな中、ウチの4月発売のコンピも楽しみにしてもらいたいわけですが、彼らの所属するMilgram Recordsさんから、1st.EPも近々リリースされる予定とのことで、これもガチで楽しみですね。next、超期待しておりますよ。

next Official http://nextrock.web.fc2.com/
next MySpace http://www.myspace.com/nextjapan
next audioleaf http://www.audioleaf.com/looking/
Milgram Records http://milgram-records.com/

スポンサーサイト
ひさびさの高速お花畑通信


モヒカンやめてから、結構髪伸びたんで写真などとってみた。つか、モヒカンだったとこが著しく伸びないし、すげぇ天然パーマがかかってきて、金髪パンチみたいになってるし。ユータ曰く、以前のモヒカンよりも遥かにゴリくて怖いという意見。私としては、このままロンゲにして、ヘビメタみたいになるか、ドレッドヘアーとかやってみるつもりだ。2年くらいかかりそうだけども。あと、18年ぶりくらいに本格的に風邪をひいてしまったという。のどチンコボッキボキ。咳とかすげぇ出るし、体がクソだるいです。ほんとこの感覚は最近覚えが無いので、風邪とかって引くとこんなになるんだなぁとか実感してますね。

そんなボクですが、日曜日はNOISE CASPERのメンバー全員とも会えて、くだらない下ネタも交えながら有意義な話もできて、よかったです。そんなNOISE CASPERは今年中には早くも2nd.アルバムの制作にもとりかかろうかというところで、本当に自由にノビノビやってくれたら、あとはこっちでなんとかするんで、もう若さにまかせてこのままブッ飛ばしてほしいと思いますよ。今後もとても期待しておりますとも。チバくんは頼むからドラム叩きながらで死なないでね。

そんな中、今夏のリリースを予定していた、宮城のTHE BACK GROUNDなんですが、なんと申しましょうか、活動を一時休止するかもとのことで、今年のアルバムのリリース自体は断念せざるをえないとのことでして。いや、もうこちらも急な話で、途方に暮れてまして、言おうかどうしようかも迷ってたんですが、以前にアナウンスもしてましたし、やはり一応ご報告はしとかないとなと。今後のことに関しては、彼ら次第ですので、ウチとしては、彼らの再起を待って、アルバムはそれ以後ということになるわけです。期待してくれていた方、みなさん申し訳ありません。

そんなわけで、予定していた確実なリリースがスッポリと抜けちゃったので、今年は4月のコンピ以外、全くの白紙という感じで、ホンマにウチはつぶれてまいそうなんですが、そんな中でも色々と話はあることはあるんですよ。でも、全部、今年の暮れから、来年初頭って感じですかね。で、それも現時点では、あんま色々と情報も教えられないんすよね。

まあ、オブラートにくるみながら、ちょこっとでも。ひとつは日本のバンドで、とても気に入ってる、'90sフレーバーを近代で加工したかのような、オールレンジにメロディック・ハードコア・パンクな、某山梨県のバンドと色々とお話を進めています。実際に話してみると、彼らのやりたいことや、そのスタンスもとてもいいなと思うし、お互いにパンク的に共感できることなども多いなと感じて、ぜひ一緒にやりたいなと思って、話を進めてます。

で、もう一つは、先週メールをくれて、それから色々と話をしている、たぶんここ見てる人ならご存知の海外のバンド。で、そのバンドの、秋レコーディング予定の実質3枚目となるアルバム。まあ、ウチとしては、私も英語も難儀だし、ツアーもサポートしてくれとかはホントに無理なので、海外モノは撤退も考えてたんですが、なにせカッコいいと思うし、才能あって、良いバンドなものですからね。なんか話は聞いてみたくなっちゃってね。そんでまた、瀕死の極貧レーベルなもんで、提示したのはとても良いとは言えない条件なんですが、それでも、私と仕事をするんであって、金と仕事をするわけではないみたいな方向になってきてて、今のとこ、やる方向で話を進めてます。もっとも、彼らにも私のレーベルより、もっとよい条件のとこがあったら、私は気にしないで、バンドに良い選択をしてもらえばいいからと伝えてるので、今後はどうなるかわかりません。ただ、彼らのことはすごく気に入ったので、たとえウチからじゃなくなっても、どんな形でもサポートは続けていこうと思ってます。そんなわけだから、バンド名の詮索や質問はしないでもらえるとありがたいなと。

申し訳けないですね、なんか口はばったい情報ばっかで。まあ、とりあえず、しかるべき情報が解禁出来るときは、ちゃんとお知らせしていきますし、とりあえず、現時点で今年はどうなるかわからん感じになってますが、まあ、なんとかなるっしょくらいの感じで、私が死なん限りは、まだまだ自分なりにできることを続けていこうと思ってるんで、いつものように生温~く見守っていただければありがたいです。

そんなわけで、HIGH-SPEED-FLOWER RECORDSでは、なるべく日本語の話せる素敵なアーティストを募集しています。
ブレーキが外れて制御不能な高速メロディアスなハードコア野郎、古き良きパンクのかほりを漂わせつつ近代高速メロディアスだったりする野郎ども、高速メロディアスでありながらもポップでキッチュなフレーバーを持ち合わせちゃったりして女性ボーカルとかだったり、つかいっそ全員女の子だったらawesomeですといったお嬢さん方、そんなイカしたバンドを随時募集しています。アルバム出してぇなとか思ってたり、なんでもいいからなんかピンときたら、まずは、highspeedflower@gmail.com まで。
あ、それとLOW VALUEが日本に来たがってます。が、ボクにはお金も時間も力もないのでどうすることもできません。なんか助けてやるわって人がいれば、それも、highspeedflower@gmail.com まで、せつによろしくです。

あ、あとボクになんか仕事をくれる人も募集しています。犯罪以外はなんでもしますんで。


NOISE CASPER in 大分


1st.アルバム"NOD OUT ZEST"も好評で、現在九州をツアー中のNOISE CASPER。いよいよ明日、2月14日は、HIGH-SPEED-FLOWER RECORDSの本拠地でもあり、Vo.& G.のYutaの故郷、大分です。
場所は別府カッパ-レイブンスに変更になりました。スタートは18:00です。
大分在住の方、またお近くの方はぜひ遊びに行ってください。私も行きますです。よろしくです。

NOISE CASPER MySpace http://www.myspace.com/noisecasper


LOW VALUE "My Shame" ビデオ完成

Low Value - My Shame

LOW VALUE | MySpace Music Videos


そんなわけでLOW VALUEの"RECHARGE"のリードトラックでもある、"My Shame"のミュージック・ビデオが完成しました。皆さん見てね。で、"RECHARGE"も買ってくださいね。

そんなこんなで、遅ればせながら"RECHARGE"をお買い上げの方に特典を用意していなかったので、この"My Shame"のビデオとアートワークなどが入ってる特典ファイルを、DL版の特典とさせていただきます。ビデオのフォーマットは日本人にはあまりウケがよろしくないというか私はほとんど使わない、mp4なんですが、QuickTimeとかiTunesとかで見れると思います。

既にお買い上げいただいてる方には、随時、DLのurlをメールでお知らせしますのでよろしくです。2,3日経ってもメール来ない方は催促メールをください。また今後もウチのShopをご利用のお客様には特典として継続していきますので、まだまだLOW VALUEの"RECHARGE"をよろしくお願いします。

LOW VALUE http://www.myspace.com/lowvalue

3月20日発売 MISLED BALDS,FIRST RETRIEVE,NOW OR NEVER "LIGHTS FROM THE GUTTER VOL.1"


オールレンジかつオールマイティーにパンクロックの話のできる、ボクの数少ないおともだちの一人ゾリ井上。パンクをこよなく愛する彼が運営するCOCK SUCK RECORDSも本当の意味でのパンクに溢れており、また、ドラマーとしても彼のラウド爆速HCプレイは、日本で一番くらい非常に大好きだったりする。そんなゾリ井上率いるNOW OR NEVERの久々の音源は、日本が誇るプログレッシブ・スピード・ロックバンドMISLED BALDSと、名古屋の重鎮メロディックFIRST RETRIEVEとの3WAY SPLIT。COCK SUCK RECORDSのブッ放す凶暴で極悪なパンク兵器だ!!

とりあえず、現時点で私が聴いてる音源はNOW OR NEVER全部と、FIRST RETRIEVEの2曲とオケ2曲、あと勝手にマイスペで視聴したMISLED BALDS一曲ですが、そらあ、期待していいですぜ、ダンナ。
NOW OR NEVERはラウド高速ナンバーはもちろん、パンク的にも、音楽的にも、多角的なアプローチを交えたりした楽曲もあったり、FIRST RETRIEVEは近代メロディックに歩み寄りつつも、そこは独特のクセのあるフレーズやアプローチも健在だったり、MISLED BALDSは毎度怒涛のアンサンブルで、圧倒的だったりで、こりゃあ期待せずにはいられないでしょうって感じですね。また、HETSON氏によるアートワークもイメージぴったりで素晴らしい。ともかく、トータル的に期待度大な待望の完成品を聴いてから、またじっくり、ねっとりと紹介しようかと思ってますけどね。
そんなわけで、温いメロディックの喉元を喰いちぎる、凶悪なケルベロスがのに放たれるのは3月20日。価格もAmazing破格な1,050円。乞うご期待です。


COCK SUCK RECORDS Official http://www.cocksuckrecords.com/top.html
MISLED BALDS MySpace http://www.myspace.com/misledbalds
FIRST RETRIEVE MySpace http://www.myspace.com/firstretrievejp
NOW OR NEVER MySpace http://www.myspace.com/noworneverjapanosaka

WE LOVE メロコア MUSIC MAGAZINE


CDが売れないといわれる昨今。事実、洋楽パンクに関しては日本全国でも100枚前後の売り上げがザラというこの実状。日本の高速メロディック・ハードコアのシーンひいては、日本のパンクは、表向きには流行っているかのように見えて、その実、非常に厳しい現状が存在します。
そういった状況にあっても、高速メロディック・ハードコアの専門レーベルの先駆にして、国内随一の存在であるBELLS ON RECORDSはいまだ何かを変えるべく、そして変えようとすべく、また次に続く活路を見出すべく、新しい方向性や道筋を惜しむことなく、新たな手法で提示してくれるわけです。そういった意味においても、レーベルを自らが運営している私のような人間や、これから何かを始めようと考えている方が必読であるのはもとより、また少しでも多くの人に手にとっていただきたいファンジンがこの「WE LOVE メロコア MUSIC MAGAZINE」だと思います。

付録と呼ぶには失礼なほどの、ケースを用意すれば完全な製品と化す、歌詞対訳付きジャケット及びバックインレイ内包、盤面印刷を施してあるACTIONMENとMISLED BALDSのCD、オールリリースカタログ、ステッカー付属。AmazingにしてAwesomeです。
またその本体であるブックは非常に興味深い内容が多く散りばめられ、高速メロディックの多面的に充実した情報や記事を網羅しています。インタビューにしても、ライナー的要素を含み、かつ自らのレーベルにしかできない記事や解説などが含まれており、それがとても面白く、また、特集とされているINTERPUNK委託販売攻略は、そのノウハウを非常にわかりやすく解説してくれており、即実践が可能なとても実用性のある記事で、本当に素晴らしいです。少ないページ数ながら実に満足感と充実感を与えてくれる、BELLS ONファンはもとより、高速メロディック・ファンなら納得の記事が満載の、理想的なファンジンであると思います。

私自身、レーベルを始めた当初、LOUIE氏には本当に色々なことを教えていただきました。私の長文の質問にも、丁寧で親切な返事をくれて、様々な方法や手法を教えていただきました。本当に感謝しております。こういった懐の深さを兼ね備えているからこそ、BELLS ON RECORDSが、いまだシーンを牽引する中心であり、そして名実ともに国内随一たりうる所以ではないかと思っています。
私のHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSも、自己中心的かつ自己満足的暴走レーベルながらも、BELLS ON RECORDSの後ろ姿を見失わないよう、またBELLS ON RECORDSが切り開いた道を少しでも広げていけるような、存在になれればと思っています。


追:
以前、私のレーベルからリリースがほぼ決まりながら、こちらの事情でリリースができなくて、リスナーの方はもちろん、なによりもバンド自身に多大な迷惑をかけ、大変申し訳ない思いのある、AFTER THE FALLのリリースがBELLS ON RECORDSから決まったようで、非常に嬉しく思っています。国内リリースとしては、ウチよりも圧倒的な良条件だと思いますし、BELLS ON RECORDSにもとても感謝しております。
AFTER THE FALLの国内盤は1,260円といった、ウチではまず実現不可能な廉価で随時リリースとのことですので、圧倒的に素晴らしいバンドであり、作品と思いますので、ぜひともBELLS ON RECORDS国内盤、AFTER THE FALLをよろしくお願いします。

BELLS ON RECORDS Official http://bellsonrecords.web.fc2.com/
WE LOVE メロコア MUSIC http://blog.diskunion.net/user/BELLSONRECORDS/BELLSONRECORDS/
AFTER THE FALL MySpace http://www.myspace.com/afterthefall518

FIFTY STARS ANGER -MIND GRENADES FOR THE REVOLUTION-


う~ん、WE LOVE メロコア MUSIC MAGAZINEがいまだ届かない、A WILHELM SCREAMのEPと一緒に頼んだからだろうか。そんな中、今日は、激シブ哀愁カッチョいい、男汁シリーズにカテゴライズして間違いないでしょうこつら。いつもお世話になってますのFIRST CIRCLE RECORDSさんから、2月24日リリース予定、カナダはケベックのポリティカル・メロディック・ハードコア、FIFTY STARS ANGERの最新アルバム"Mind grenades for the revolution"です。

なんといっても全編に漂うこの硬派な漢臭、逞しく熱く歌い上げるボーカルもとても魅力的で、また昨今では逆に珍しい部類ともいえる、小手先のテクニックや速さのみに頼らないとこがグー。しかしそれでいて近代要素もガッチリ吸収、アンサンブルはとてもしっかりしてて、なおかつメロディーに重きを置いて、歌の強さを感じるのが、非常に好感が持てます。非常にストロングなタイプでりながらも、キャッチーやメロウであると感じさせるメロディーさえ孕みつつも、それを哀愁に包み、男臭く料理していくという、本当に最近はいそうでいないバンドだと思います。とってもおいしいです。
もっとミディアムがかってるのかと思ってましたが、これが全編に渡り、その速度や疾走感もなかなかで、しかし本当に最近の近代爆高速感というよりは、本当に心地よい高速感や疾走感で、決してタルくなく、それでいてウルさくなく、それもとてもいい感じです。また、速度の緩急の付け方も、時にドラマチックにメロディアスに、時に疾走感を際立たせと、様々なアイデアも、非常にバランスよく組み込まれているのが、このバンドのパンクロック的な魅力だと思います。
実はかなり様々なパンクを理解していて、それをすごくバランスよく配置することができ、なおかつ近代要素や、自分たちの本質を加味することができるという、最近では本当に少なくなった本格派のパンクの魅力を備えた、実力派であるとお見受けしました。

私個人としては、もし仮にこのバンド全然知らなかったとしても、お店で視聴とかしたら、間違いなく手に取ると思いますね。こういうバンドこそ、本当にパンクというものに少なからず興味のある人に聴いてほしいと思いますね。また、最近のメタリック系しか聴かないとかいう人にも。ほんとこういう音こそ、パンクとして忘れないでいてほしいし、売れてほしいなと。
実は近代高速メロディック・ファンはもとより、ハードコア・ファン、オールド・パンク・ファンまで、オールレンジで攻撃が可能な、破壊力のあるパンク兵器だと思います。

FIFTY STARS ANGER MySpace http://www.myspace.com/fiftystarsanger


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。