High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予想以上に楽しませてもらいました、ありがとう
元日本代表監督の御隠居様曰く「PKはサッカーじゃない」。そんなわけで、私も個人的には、PKなんてクジみたいなもんなんで、バッジオだろうが、中田だろうが、誰しもハズレを引く時もあるわけだね、とか思ったりもします。なのでPKでの負けはサッカーの負けの数には入らず、ハズレが出るまで引き続けるクジ引きで、たまたまハズレクジを引いた者を誰も責められないだろうと思います。
なにしろ、カカもルイス・ファビアーノもいない、結果こうならざるおえない戦術を持った者同士がせめぎ合った結果、神様が下した決断がそんなクジ引きのような白黒の付け方だったわけで、それもしょうがないかと。ま、しかし、それはサッカーじゃないわけでなく、それもやっぱりサッカーだったりするのではないだろうかとか。
それにしても、ドイツ-イングランドとか、どうにもサッカーを見てると本当に神様ってのが居るように思えてくるから不思議だね。

まあ、結果はとても残念で残酷なものだったかもしれないけど、ホント、ワールドカップで久々に別の楽しみ方で、随分楽しませてもらいましたからね。谷間の世代が隙間を埋めたというのも面白い。で、フタを開けてみれば、4年前とは大違いで、途中から格段に期待とか持てましたし、心から応援できましたよ。
なんか新聞かなんかで見ましたが、岡田監督は奥さんに、勝つことができなかったら日本には住めない、覚悟してくれとか言ってたそうで、また、警察が監督の家の周りの警備とかしてるとか。そういうの聞くとね、監督とかもちろん、選手もそういう決意とか覚悟で戦ってるわけだから、チャラチャラとテレビ観ながら講釈タれてるボクなんか、良く頑張ってくれたぜって以外に何も言えんですよね。

今回のワールドカップに関しては、傍目に面白かろうが、面白くなかろうが、そのどれもが決して不甲斐ない試合などではなく、今できる限りのことを全力で一丸となってやり、ある程度の結果さえも残すことができたという、日本にとっては充分に意義のあるワールドカップだったように思います。
そして、この4年間全く別の次元になりつつあった、海外の日本への評価も、多少は変わってくることも予想され、海外でプレーする選手も増え、海外での良い試合を組む機会も増え、そういった意味でも、各選手のこれからの動向や活躍なども期待したいし、またJリーグも本当に盛り上がってもらいたい、で、また4年後も、淡い期待や夢を見てもいいんですかね、ってな気分にさせてくれたのはありがたいですよ。
とにかく、お疲れさまでした。俺は日本人として久々に面白かったと思いました。ありがとうです。

スポンサーサイト
Anchor HMV渋谷店インストアLIVE
長きに渡り日本のミュージックシーンを支える一端を担ってきた、HMV渋谷店さんが8月中旬で閉店というのはとてもビックリかつ残念なニュースなわけですが、まあ、なんともこの業界も徹底的な世知辛さといったものを痛感しますね。

そんな中、我がHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSから来春アルバムのリリースを予定しているAnchorが、サーフパンクの雄、NO☆GAINと、そのHMV渋谷店でインストアLIVEを行うことが決まったそうです。
7月4日(日)、HMV渋谷店 2Fイベントスペース、20:00スタート、無料で参加できるそうですので、お近くの方は是非足を運んであげてください。

Anchor MySpace http://www.myspace.com/anchor0429
NO☆GAIN MySpace http://www.myspace.com/nogainnet

Awesomeです


ワールドカップが始まってからこっち一切更新してないですね。つまりサッカーを見て、サッカーを見て、サッカーを見て、サッカーを見まくっている、要するにダメ人間です。本日もとても眠いです。あ、「鋼の錬金術師」も最終回に向けて目が離せませんね。サッカーの合間に一話から見直してたりもします。つまりダメ人間です。

さあ、そんな中、我らが日本代表は、なんとグループリーグ突破しちまいやがりましたね。Awesomeです。
まあ、戦前の予想では四方八方から散々な言われようでしたが、ともかく、海外開催のワールドカップで決勝T進出というのは、快挙以外の何物でもないです。一体何十年この日を待ったことか。
海外からはウンコ試合との悪評も高い初戦のカメルーン戦も、愛国心がそれを吹き飛ばすわけです。余所様にはウンコだろうが、あの初戦、あの一勝というのは日本にとってはとても価値のあるもので、なんかやれんじゃないの?つか、そこそこ守れるじゃん。てか、前三枚で少ないチャンスをモノにできるんじゃんみたいな。
そして負けはしましたが、オランダにも善戦。しかも決して悪い内容じゃない。あ、守れた上に攻めれるじゃん。なんか忘れてたけど、俺たちそんな言われてるほど悪くないよねみたいな。
で、デンマーク戦に於いて、まさにきっちりとやるべきことをやり、勝利を自分たちの手で掴み、堂々と胸を張って予選リーグを突破したという。そりゃあ、Awesomeですわ。つか、デンマーク日本ナメすぎ。壁の作り方とかもなんかナメてなかった?ほら、見たことか、彼らのキックはどちらもAmazingだったろうがっ!
ともかく、ワールドカップで試合を重ねるにつれ、自信を取り戻し、元の希望や輝きを取り戻しながら、なにより、どんな状況であっても、諦めず心折れずに点を取りに行く姿勢といったものは、これまでの日本代表のそれとは少し違う感触で、心から応援したくなるチームになっちゃいつつあるなと。
なにせ肩を組んで君が代とかってのもいいよね。いままでになかったものだものね。岡崎のゴールとかも、実は本田が一人でやっつけられたろうに、岡崎に送ったのか?とかみたいなことも、なんかいいチームだなとかね。

かく言う私も、ユングベリいないし、今年はメキシコかチリでも応援すっかとか、とにかく強ぇとこが負けろとか、でもアルゼンチンだけはなんか応援しちゃうぜ、色々と今回もワールドカップの楽しみ方があったわけで、毎度の如く日本には過剰な期待というものがなかったわけですが、ここにきてこの結果。他所を見ても実に面白い。これが実力が拮抗してきつつある近代サッカーの醍醐味というヤツかとか思いつつ、やっぱ決勝トーナメントで自国を応援できる楽しみが残されてるってのは、Awesomeの極みですね。とにかく、頑張れ日本!!

FROM THE TRACKS 3rd.アルバム HIGH-SPEED-FLOWER RECORDSより発売予定


というわけです。随分前にチラっとお話ししましたが、彼らのほうから以前からコンタクトもらってたんですけど、正直、今はウチもとてもじゃないが良好な状態とは言えないし、どっか良い条件のとこあったら、そういったとこから出したほうがいんじゃね?とか言ってたわけですけども、まあ、今の日本で、そんな喜んでウチがやりますわ、金いくら出せばいいの?みたいなとこはそうそうあるわけも無いですわね。海外モノには徹底的に日本市場は厳しいですよ。まったく世知辛いですよね。

私自身、彼らの事は色んな部分で好きだし、とても良いバンドだと思ってます。メールのやり取りしてるPatrikはすごく丁寧で良いヤツだし、FASTLIFEさんから国内盤もリリースされた、ENDS LIKE THISの時からMikeの仕事はホント面白いなと。なんと言っても、いわゆる近代メタリック・テクニカル高速なのに、とにかく全編にそこはかとなく漂いまくるTrall感とかいいなとか。SWEDENのメロディック・ハードコアの、また違ったアプローチでの進化の形を見せてくれるといった部分も魅力的に映ります。
で、FASTLIFEさんとの兼ね合いもあるし、クロさんにはかなり前にメールでどうすりゃいいの?ってなことをお伺いしましたが、Ku-geさんさえよけりゃあやってあげてくださいってなお返事を頂いてはいたんですけども。
いや、まあ、ウチもいろんな意味でよくはないし、ジリ貧まっしぐら、ふりかけと冷奴でなんとか飯食ってたり食わなかったりしてるとこなんで・・・う~ん、ま、でもいっか。まぁ、今すぐとかじゃなけりゃなんとかなるんじゃね、という感じで。

元々はMikeのソロプロジェクトといった趣で始まったFROM THE TRACKSですが、ほどなくENDS LIKE THISの時の盟友でもある、Patrikが加わり、現在はそこにスコットランドのSicktrickの元メンバーが加入し、継続的にバンドとしての活動をしています。
そんな彼らは、既にその次作の制作にも意欲的に取りかかっており、先日、彼らのMySpaceにアップされたデモは、その3rd.アルバム用として制作した楽曲の一部です。現時点で、他に2曲録っていて、こちらは計5曲のデモをこの前もらってますが、どれも変則ブチ飛ばしな、実に彼ららしい楽曲の数々で、アルバムへの期待も高まるといったところです。
9月か10月に本格的なレコーディングに入るそうなので、こちらの発売は、来年の2月くらいにと考えています。
ともかく、また先の話ではありますが、HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS久々の海外モノ新作の予定。2011年初頭、ご期待ください。

FROM THE TRACKS MySpace http://www.myspace.com/fromthetracks

ENDS LIKE THISの過去の記事 http://highspeedflower.blog25.fc2.com/blog-entry-187.html

本当にありがとうございました!!
FAST MOTION × DRIVE FAR -FUCK THE BORDERS-JAPAN TOUR 2010も無事終了し、FAST MOTIONも無事フランスへと帰国したそうです。

今回のFAST MOTIONの日本ツアーに関しては、DRIVE FARの皆さんに、何から何まで本当にお世話になって、初期からの色々な手配はもとより、ツアー中の報告など、様々な面で、本当に細やかな心遣いをしていただきました。
DRIVE FARの皆さん、スタッフの皆さん、心から感謝しております。本当にありがとうございました!!

また、各地のイベント関係の皆さん、LIVEハウスの皆さん、またサポートしていただいたバンドの皆さん、そしてLIVEに足を運んでくれた皆さん、本当にありがとうございました!!

FAST MOTION、いよいよファイナルです


FAST MOTION × DRIVE FAR -FUCK THE BORDERS-JAPAN TOUR 2010、いよいよ、明日の新宿を残すのみとなり、ついにファイナルです。
私が何もできない分、DRIVE FARのみんなには、本当に色々とお世話になり、心から感謝しております。また、各所イベント関係者の方々にも大変感謝しております。そして、各所のLIVEに足を運んで頂いた皆さんも本当にありがとうございました。
そんなわけで、FAST MOTION来日ツアー最終日、新宿MARZ、お近くの方はぜひ遊びに行ってやってください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。