High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HYBRID CHILDREN -UNCENCORED TEENAGE HARDCORE-


誰が望むというのであろうHYBRID CHILDREN弐連発。'96年発売のその雑多な魅力ここに極まれりという、3rd.アルバム、"UNCENCORED TEENAGE HARDCORE"。
ちなみにトイズファクトリー国内盤は、2曲ボートラ追加が素晴らしい。デュランデュランのカバーが素晴らしい。やっぱこの人らはこの辺りも間違いなく好きだったんだということが分かりとても良い。
あ、前回言い忘れましたが、この頃のこの人らのルックスというのは、なんかスラッシュメタルの人とG.B.H.の人が混じってるという、まさに彼らの雑多な音楽性をルックスでも表現してくれていてそれもとても良いぞ。

で、作風としては、その基本路線は変わらず、パンクを中心に、ポップス、ニューロマンティクス、メタル、グラム、スラッシュとか、ごっちゃ混ぜくって、パンクとは付かず離れずを繰り返しつつ、パンクバンドを自称するという、お得意のナイススタイルだ。
で、色々と曲の完成度とか、アレンジがさらに巧みになったりしたり、ポップなことにこなれてきちゃったりしてるもんだから、余計にHANOI ROCKS感が増してるというか、もう、ちょっとパンクっぽくもあり、オルタナってたりもする、古新しい、初見の人には得体の知れないロックバンドにしか映らないだろうという印象だぞ。だが、それがいい。
逆ノリ、楽器の一部アレンジだけ途中一気に加速、速い曲も一気にすんなりとは聴かせない、などなど、もう、ある一部分の加速を聴きたいためにミドルの長い曲も聴いてしまっちゃったりさせる、このイケズ感、そんなカッチョいいきっしょく悪さも、さらに別なる高みを目指して、男前な変態気質の完成度を高めているという、マニアックなごく一部のファンも納得の完成度の高い一枚。

思うに、やってることは充分に万人受けするポップだったり、時にきちんと高尚だったりするのに、その音楽性よりなにより、根本的にそれを表現している本人たちのアティテュードやスタンスがパンクで、しかし多種多様な音楽性は捨てきれず、そんな有体を全てをまとめると、なんか下世話な感もするという。が、なによりそれを本人たちが望んでたりする感じで、その先の一般的な高みを臨むことを善しとしないのではないかと穿った見方とかもできちゃったりするという、ま、端的に言うと、ものすごく勉強ができるセクスィ~なチンピラ。

HYBRID CHILDREN Official http://www.hybridchildren.net/
HYBRID CHILDREN MySpace http://www.myspace.com/hybridchildren

スポンサーサイト
HYBRID CHILDREN -HONEYMOON IN BABYLON-


久々のレビュー、なんか気まぐれにこんなとこを攻めたりしてみましょうかという、HYBRID CHILDREN。ボク的には当時から、SEX PISTOLSとDURAN DURANの融合的な、そんなエロさとかエグさとか感じましたし、さらにPUNK寄りのHANOI ROCKSとか、そんな印象をずっと持ってるんですよね。だが、それがいい、という。
パンクを中心に、色んなロックサウンドを雑多に吸収しつつ、自由気ままに表現しているといった感じが、彼らに一貫した全体像ですかね。

タイトでhard-hittingなパンクロックを自称する、フィンランドのHYBRID CHILDREN。'91年の結成とかなんで、ほんと長いですね。キャリアも長いから、アルバムすげぇ出してますよね、8枚とか。日本盤とかもこの次辺りから3枚くらい出てたのかな。つか、まだ現役なのね。'09年に"FIGHT AS ONE"ってニューアルバムも出てます。最近のは持ってないんだけど、オフィシャルのストリーミングとか聴くと、その変わらなさっぷりが実に素晴らしい。

とりあえず、この初期の作品、1994年の2nd.アルバムでは、冒頭で言ってたような、このバンドの全体的な印象よりも、パンクよりでタイトでロケンロールだったような気がしてましたが、ま、そこはそんな気がしないでもないですが、久々に聴くと、おもっくそポップやな。つか、もうこの頃から、すっげぇパンク・ポップスだ。変な逆ノリみたいなメロやリフとかも、この頃からちゃんとやってて、アレンジのきっしょく悪さ(だがそれがカッコいい)を、強引にポップメロで気持ちよく持ってくところとか、とても好きだったりするのですよ。もう、この頃から、いわゆるパンクのくせに、そんなん多様しまくってるのが、このバンドの最大の魅力だと感じてしまうボクなのでした。

まあ、しかし、いつ聴いても気持ち良く、一気に聴けてしまうアルバムであり、バンドであることだなあ。とか、思って久々に聴きましたよ。決して速くないし、パンクかどうかも疑わしいところがてんこもりにあるというのに。
なにしろ、このバンド、SEX PISTOLSとDURAN DURANとT-REXとSTOOGESとかそんなもん、つか好きなもん全部放りこんで、かつ、破綻無く、整合性すら感じさせるというのは、かなり才能だと思うんですよ。
ともかく、カラっとしていると見せかけて、かなりヌルっとしているという、そして、昨今のプログレッシヴとはまた全然別のベクトルでありつつ、これも当時はかなりのプログレッシヴさを感じさせてくれたという。
最近のモノしか聴かんし、自分たちの狭い範疇でしかパンクをカテゴライズできない、底と許容量の浅いガキには決してその良さが理解できないであろう、独特のパンク表現が素晴らしい。

HYBRID CHILDREN Official http://www.hybridchildren.net/
HYBRID CHILDREN MySpace http://www.myspace.com/hybridchildren

モチベーション
上がりません。というか、文章すら全く書きたくなくなってます、ホントは。う~ん。もうJリーグも開幕したというのに。そんな私はというと、アイリス観たり、TVショーを観ながら、東大卒という以外何の売りも無い、きっしょく悪いクソ女が好き勝手なことをほざいてるのを聞いて久々にTVなのにキレたりとか。つか、死ねばいいのに。
あ、あと戦国BASARAにハマってしまいました。アクション、スペクタクル、無限のバカとちょいとエロ、そんな全てが詰まったとても良いアニメですね。1st.シーズンもオマケの13話とかまで全部一気に観てしまいました。いや、面白かった。後半は影の薄い前田慶次の活躍する13話での毛利元就のクソ野郎設定は2nd.シーズンへの伏線か?とか。まぁ、こいつは腐女子もハマるはずだねとか。ともかく追いついたので今度の日曜日の夕方からはボクもレッツパーリーな感じです。なんかゲームとかも欲しくなったな。

いやね、レビューとかもしたいのはヤマヤマなんすけど、なにせ今聴いてるのは、昔の引っ張り出して、THERAPY?とか、NED'S ATOMIC DUSTBINとか、GOO GOO DOLLSとか、果てはDURAN DURANとかだったりするんで、みんな興味ないっしょ?いや、そんなんでよければ、レビューとかしよっかなとか思ってますが、もう、なにせ長きに渡るスランプなもので。
そんな中、メールとかは相変わらず世界中から来たりするという。こちらのコンディションはお構いなしに。色々と英訳して数件返事を返してたりすると、一日終わっちゃってたりして、う~ん。そんなこんなで、スイスの大変結構なバンドとかもメールくれたりとか。日本のレーベル探してるようですね。そらこっちも、ものっそ興味はあるんですが、なにせ金が無いし。なにせ毎度まいど棚からボタ餅はコブが出るほど落ちてきてる気はするのですが、こちらは歯が一本も無くって食えないという。無理に呑み込もうとすると窒息して死んでまうという。
まあ、しかし、ぶっちゃけ、これだけ直接バンドからCD買うことも簡単だったり、違法フリーDLサイトが得意げな顔で横行してれば、正直、海外のバンドの国内盤出せとかって、そりゃ無理な話なんですよ、現実問題。
なので、ウチ的には、海外モノはもうウチしかCDとして現物化しないモノしか出さないつもりなんで、この亀の歩みでもしょうがないでしょうという。

前述した違法フリーDLというものに対する今の考えを述べさせてもらえれば、なんの権利も、己の一枚分以外のなんの金銭的負担も持たない者が、宣伝と称し、他人の持ち物や権利を自由に扱うのは、外道、下法以外の何物でもなく、彼らののたまう宣伝とは即ち、自己中心的な偽善や自己満足以外の何物でもないと思うようになりました。
本当に善意の宣伝というのであれば、数曲でよければ、すぐに提供してあげますって。おまけに感謝の言葉すら添えて。何も全ての曲を丸投げして商品をタダでくれてやる道理は無いはずでしょう?
また、それを指摘すれば、お前は金儲けのためにそのようなことを言うとのたまう始末。いや、そりゃそうですよ、金のためにやってますとも。また元々そこには大きなお金と膨大な労力がかかってるわけだから、あたり前でしょうが。こちらは君らのような頭のイカレたガキの趣味や遊びでは無くて、それを生業としてる仕事ですからね。それでご飯を食べ生活をするわけですよ。君が毎リリースごと、それに見合う金よこしてくれて生活保障してくるってんなら、そら、ウチのだけは自由に使ってくださいよって話ですけどね。
すると今度は、バンドで金儲けをするななどと仰りそうですが、オタク様が何様かは存知あげませんが、それでは、エイベックスだろうが、SONYだろうが、世界中のどんなアーティストに向かっても、聴いてやるからタダでよこせと言ってみるといいでしょう。聴いてほしければタダでなんでもかんでもDLさせろと言ってみればいいでしょう。そんな道理がどこの世界でも通用するはずが無いはわかるでしょうに。一枚プレスだろうが、千枚プレスだろうが、ツアーの交通費だろうが、ちっさな宣伝一つとってみても、この世に金かからんでタダで何でもまかり通る道理なんぞは存在しないのですよ。ソコを否定すればCDはおろか楽器すら買えないんですよ。盗む、かっぱらうは、普通の国では犯罪だと思うのですがね。コソ泥はコソ泥らしく、せめてコソコソとやってほしいものです。

ストリーミングの動画を見てるヤツでは説得力も無いし、また、年寄りの戯言や時代に置き去りのバカの言い草かもしれませんが、いくら時代が変わったとはいえ、インターネット上でのモノの価値や考え方は、やはり現実的なそれとは異質であり、匿名であれば日頃は決して行わないであろう自己表現すらも可能にさせ、流れの中で否が正になることさえありうる。本来、価値のあるべきモノが、価値や意義を失くしていく様は、そういった流れの一部にしか過ぎないのかもしれません。
自分自身もその流れの中に身を置くと、何を持って善しとするのか全く見えなくなりそうな昨今ですが、上っ面の薄っぺらい喜びを一時的に得ることで、それは一時の流行にしか過ぎなくなってしまい、そして、本来の価値や喜びを見出すことができなくなってしまったモノは、次代へと受け継がれていくことはさらに困難を極めるであろうということが予測され、それは、とりわけマニアックなモノであればあるほど、ただ斜陽の道を辿っていくばかりなのではないかなと、最近思い始めています。

おっと、なんか書いていたら、なんか別の方向へと向かっていってしまい、なんか逆に余計にストレスが溜まってきたので、また、近いウチになんも考えんクソレビューでも書くことにします。では、股。

JACUZZI FIEND


しょっちゅう直接メールを送ってくるし、もう、Chanceくんがあまりに熱心なので、半ば根負けに近い状態でご紹介という。そんなこと言いながらも嫌いではないというか、むしろかなり好きだと思ってるその音楽性と、ジャケにも如実な日本寄りの感性というか嗜好性(笑)。つか、マイスペとかも日本語とか使ってあるし、とても日本が好きなんだろうね。

先頃、FAST CIRCLE RECORDSさんもディストロで扱われてたし、高速関連のブログさんでもたまに紹介されてたりするので、既に聴いている方とかいると思いますが、90年代の終盤からけっこうなキャリアで活動を続けているこのアメリカのJACUZZI FIEND。
スピード感のあるナンバーに叙情的なメロディーと感性をふんだんに盛り込んだ、エモーショナル・メロディック・ハードコアといった印象でしょうか。なんと言ってもピアノが正式にメンバーに入ってるというとこも特筆すべき点ですよね。
日本のビジュアル系のバンドなんかにも見られるような、ある種独特の感性や音楽性を持って、個性と独創性が見られるといったころとかは、昨今のメロディック・ハードコアとは一線を画すかの様なバンドでありつつ、そこら辺のニーズにも充分対応しうる高速感を持っていたりと、別の意味でなにかと括りの難しいバンドかもとかは思ったりもしますし、好みは分かれるかもしれませんが、非常に精力的に宣伝活動にいそしんでおるみたいなので、こういった形の紹介でも、今回は少しは協力してあげようということでひとつ。

ここからEPの曲が3曲がダウンロードできるようになってます。ページを開いてDownloadをクリックすれば落とせると思います。Chanceくんが送ってきたURLは下に全て記載してますので、曲聴いてみて、気に入った人は買ってあげたりしてくださいな。
また、なんかフリーCDも送ってくるとのことなので、到着しましたら、ウチのオンラインSHOPで買い物してくれた方にでも配布できればとは考えております。

JACUZZI FIEND MySpace http://www.jacuzzifiend.com/

Embed code for our EP (this will create a playlist that allows all users to download 3 songs for FREE)
Jacuzzi Fiend on iTunes
Jacuzzi Fiend on Amazon
Jacuzzi Fiend on CD Baby

こっちのほうのリケルメ


パラグアイ負けちゃったんだね。バルデスが良い人過ぎるので、応援するつもりだったのだが、連日の夜更かしで今朝はついに撃沈で観損ねたのだが。
それにしても、画像のねぇちゃんがベスト4になったら広場で脱ぐとか言ってたらしいですね。美人過ぎるサポとか言われてますが、全くもって森●にしか見えなくて、同様に脳ミソの欠落を予感させちゃったりして、全くボクのブブゼラはノーリアクションなわけですが、パラグアイだけにここをご覧になってる皆さんのマラ具合のご機嫌をうかがっちゃおうかなと思いまして、仕込み画像にしています。気になる方は画像をクリック。画像はネット上で拾ったモノです(笑)

そんな中、リケルメときて、マラと言えば、アルゼンチンコで、ディエゴなわけですが、あの楽しそうな姿もついに見納め。とにかく、また転落しないことを祈るばかりだが。
そんなわけで、こちらはガッツリ観たぜのアルゼンチン-ゲルマン。実況がメッシ、メッシうるせぇし。つか、全般的に色んな局面で選手名連呼はヘボイ証拠、視聴者のためにもっと努力するように。つか、金田がテベスが大好きなのはよくわかった。
それにしても、小森純は外してしまったが、またもやタコの予想はズバリ的中だ。つか、ドイツ、チートすぎ。このカードにして、しかも決勝リーグで、2戦で計8点とか鬼の所業。つか、完璧に守れた上に、パスでも崩せて、セットプレーも強い、その上今までのドイツより格段に速いってのは、もう死角無しな感じがしました。ブラボーです。エジルが昆虫みたいな顔してるくせに速くて上手くてカッコいいよ。少し分けてほしいくらいのクローゼの決定力は異常。も~う、スペインからも4点、5点取っちゃえ。

とまあ、ここ最近は完全にサッカーのブログな上に、朝から下ネタでラインを押し上げ攻撃を組み立てていくという、今日も高速メロディックファンの方々にはとても残念な結果になってしまったと思いますが、残念ながら、俺は来週もサッカーを観る予定だ。あっ、今日はハガレンの最終回だ、夕方もテレビにくぎ付けだね。

ラレッサ・リケルメMySpace ・・・ とかどっかにありそうですよね。

2010年も半分終わり高速お花畑通信
つか、ヤバイよね。もう今年も半分以上終わっちゃってるよ。つか、なんもしてねぇし。オレのブブゼラは一向に雄たけびをあげることなく、ジャブラニは枠すらとらえねぇぜって感じか。

そんな中、オンラインSHOPのAnchorのマイスペのリンクが間違っておりました。申し訳ないです。修正しておきましたので、よかったら視聴して買ってあげてくださいね。7月4日のHMV渋谷店でのインストアLIVEも観に行ってあげてね。間違いを教えていただいた327さん、ホントにありがとうです。
Anchor MySpace http://www.myspace.com/anchor0429
Anchor Official http://www.geocities.jp/anchor0429/

で、まだサッカーからも目が離せないスペインですが、そんなスペインのMISPLACEがツアーの模様を収めたビデオをアップしました。

MISPLACE MySpace http://www.myspace.com/misplacehc

でもって、SHAMESが一昨日より、12月発売予定のアルバムリリースに向けてレコーディングに突入しました。

とにかく、もう、私自身が今年一番楽しみにしてる音源といっても過言ではないです。こちらは12月15日発売の予定で動いてますんで、乞うご期待です。
SHAMES MySpace http://www.myspace.com/shamesrock
SHAMES Official http://shamesrock.net/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。