High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気概というだろうか気骨というだろうか
そんなわけで、困ったことにまたモヒカンにしました。素敵でしょっ?フフフ~ンッ♪ というわけで今日は久々に趣を変え、この頭を料理してくれてる、もう付き合いっつったら40年とかだろうな。そんな私には決して欠かすことのできない散髪屋さんのお話。

まあ、モヒカンにしてくれとかって気安く言ったところで、大分なんてクソ田舎では、それは非常識極まるリクエストらしく、そうそう何処の散髪屋もやってくんないわけです。
私のようなモヒカンって、一旦整えちまえば、後は自分で電動ひげ剃りで一週間に一回くらい剃り上げるだけなので、大した手間もかかんないし、お金もむしろ全然かかんないのね。
ただ、ちっと手間怠ったりして、形のある分を手入れするにはどこでもやってもらえそうなんだけども、ちょいと伸ばしてみちゃおっかなとか思って、伸ばしちゃって、ダメダこりゃ、またモヒカンにしようってなことになると、また一から輪郭を整えていただかなければならなくなるわけですよ。
以前話したかもしんないんだけど、近年、その私の行きつけの店のオヤジさんが身体を壊しちゃって、長い間入院されてた時期がありまして、その時はホント困りましたね。その時、事情を深く知らなかったから、あまりに長くお休みしてるので、こりゃもう他所に行ってやってもらうしかねぇかって、近隣の散髪屋に飛び込んでったわけですよ。が、しかし。ホントもうね、数十件くらい回ったんだけど、どこも無理だって言うの。私はもっと楽観視してたのだが、もう絶望的なまでに断られるわけですよ、これが(笑)
で、まあ、どうにもなんなくって、そこで、毎週のように顔を合わす、近年はボクの最も信頼のおける友人であるSさんを頼るわけでした、ほしたら、そのSさんが自分の行きつけの理容店に頼んでくれて、なんとかしてもらったわけです。
まあ、そこも飛び込みだったら、きっと断ってるそうで、話をつけてくれたSさんにも感謝、で、やってみるわと引き受けてくれた、その理容店さんの心意気にも感謝しますが、担当の方も、「長年やってますが生まれて初めてこのようなスタイルを手掛けました。勉強させていただきましたありがとうございます。」って言われちゃったのすげぇ憶えてるよ。どうやら、常識が欠落してるのは、自分のほうなんだなと、改めて認識した次第です。

つか、エライ前置きが長くなった気がするが、まあいいや、構わず続ける。そんなこんなで、またそれから少し先になって、やっとこさ私の行きつけの近所の散髪屋さんが、病の床から見事復帰したので、元通り、いつもの散髪屋さんで、今もボクの気まぐれで、自由自在に伸ばしてみよっかなとか、またモヒカンしよっかなとか、非常識な選択も自由に行えてるわけです。
まあ、しかし、それまでは普通だと思ってたんですが、そんな経験をしてからこっち、そのオヤジさんの「今日はどげぇするかえ?またモヒカンにするかえ?」ってなセリフがなにげにイカスことこの上なしといった風に聞こえるわけですよ。
いやね、このオヤジさんの娘さんが俺と同級生なんすけどね、それだけでも高齢なのはわかってもらえるでしょうし、で、そんなゴリィおっちゃんとかではなく、メガネをかけて、むしろ物腰柔らかい系の方なんすけど、まあ、昔から変わらず、嫌とかダメとか絶対言わないし、こと、その生業に関しちゃあ、飽くなき探求心とか、チャレンジ精神とか、ホンマの職人気質を感じるわけですよ。いや、ホントひしひしと最近そう思うようになったんですけどね。昨日なんか特にそうだったんですけどね。

オヤジサンは退院後は、年齢的にも、体調的にも、毎日店を開けることが叶わず、また、長きに渡る休業で客足もかなり離れてしまったといったこともあり、お店は土日だけ営業してるわけですが、ひと街程度離れた娘さんとこから、昔からの実家兼職場だったお店に、金曜日の夜に奥さんとやってきて、土曜、日曜と自分の仕事をして、また戻っていくわけです。
でね、昨日、ほんと全部の指に絆創膏とか巻いてて、さらにその上に指サックとかしてるんで、指どうしたのって聞いたら、抗がん剤の影響で、ものすごく指先が荒れたり痛むんだってことで・・・もうね。そうまでしてまだ店開けるかい?続けるかい?
にも関わらず、そのイカすバリカン彫刻&ナイス剃刀捌きでハサミ一切無しという、クサレ美容室のオサレさんには真似できない、散髪屋ならではの技巧を駆使し、この狂ったモヒカンを作り上げるその匠の技は、スピードもテクニックも衰えなんて気づかせもしないわけだ。Awesome!!!!
俺は現時点では、その気概にしろ、気骨にしろ、根性にしろ、魂にしろ、何ひとつとっても、絶対この人には敵わないんだろうなって思ったね。ケンカしたら殴り殺されるかもしんないね。
俺みたいに基本このお店でしか散髪しないって客たちのためにってのもあるだろうけど、やっぱりこの仕事自体が本当に好きなんだろうなと思いますね。まあ、しかし、70をとっくに過ぎて、そんなデケェ病気してまで、それでもまだお店を続けよう、仕事を続けようってのはね、ホント、そらあ、ものっすげぇソウルを感じるわけですよ。アメイジングでビッグでグレイトでガチでソウルフルだとは思いませんか?
本当にね、こういう人の姿とかを見せてもらってね、気概というか、気骨というか、そんな男の仕事はもとより、生き方にさえ絶対に必要なものを学ばせてもらったような気がしますね。

そんなわけで、私はこれからも毛が無くなってハゲちゃびるまでモヒカンで行くことにしました。で、レーベルやバンドも一文無しになってブチ殺されるまで続けます。でもって、チンポが勃たなくなるまでおねぇちゃんのケツも追っかけまわします。

スポンサーサイト
PUNKLOID Vol.13


全国の大型レコード店やライヴハウスなどで配布されているフリーペーパー、PUNKLOIDのVOL.13が刊行中。
3月9日発売のAnchorが紹介されています。WEBでもこちらから見られます。
そんなわけで、Anchor/FUEL INJECTION、プレオーダー中、よろしくです。

PUNKLOID Vol.13 http://issuu.com/punkloid/docs/punkloid_vol013

友達というものは・・・
昨日、思いもよらなかった友人からメールが来ました。私のバンドの結成当時のギタリストです。現在、彼は音楽とは無縁の仕事をしており、幸せな家庭を持ち、愛する妻と子供もいます。仕事の出張の関係でこちらに来たとのことで、時間が取れるなら、会えないかとのことでした。彼とはなんと実に20年ぶりの再会です。
無論、私は一も二も無く、すぐに彼に連絡を取りました。ここ最近、これほど心が躍るようなことはついぞ無く、まあ、いいオッサンがこっぱずかしくも、まるで恋人にでも会おうかというような、ウキウキウェイクミーアップ感とでも言いましょうか、ともかく、本当に随分と久方ぶりに夜の市街地へと出かけました。そして、随分と色々な話をし、本当に楽しい時間を過ごさせてもらい、良い酒を飲ませてもらいました。

彼は一年ほど前に、たまたま検索の拍子に私のブログを見つけたらしく、そのあまりの色々な変わらなさっぷりに間違いないなと。で、それから見てくれているとのことでした。
ま、しかし、じゃあ、なんでもっと早く連絡よこさねぇんだよってなことを彼に問うと、私自身はす~っかり忘れていましたが、彼とは酷い喧嘩別れのような決別の仕方だったそうで、彼曰く、それがずっこ心のどこかにひっかかったまま、これまで過ごしてきたそうです。それで、私に謝りたいのだけど、どうしたもんかなと考えているうち、また時間は経過してしまったそうで、そうこうしてるうち今回、たまたま出張が大分だったということで、会えるものなら、きちんと会って当時のことを謝罪したかったとのことで、本当にかなり意を決してといった感じで、私に連絡をくれたんだそうです。
つか、俺どんだけぇ~って。んなこと謝る必要なんて全くねぇって(笑)。所詮はお互いケツの青いガキでしかなかった頃のお話。当然の如く、彼が一方的に悪かったわけなど決して無いだろうし、たぶんに俺がまた烈火の如く罵詈雑言を並べ立て、彼を追い詰めちゃったりしたのだろうなとかってのは、容易に想像がつくので、そんなもん引きづってたんだとしたら、むしろ謝るべきなのはこちらのほうですよ。いや、謝んないんですけどねボクは。もう忘れとるし。
まあしかし、コイツのこういう繊細さや気づかいってのは、ある意味、ほんとに彼らしい優しさや、思いやりのある部分で、そういう当時から俺に全く欠如してた部分を、コイツは影で補ってくれてたんだろうなと。で、そういった部分は、現在の彼の医療関係といった仕事にも大いに繁栄されてるんだろうなと思ってます。

まあ、それにしても、友達や仲間ってもんは、いつ会っても本当にいいもんですよとか、今さらそんなガキみたいなことを改めて思っちゃうのも、悪くないよ。歳取ったらなおさらね。
20年ってのが長いんだか、短いんだかよくわかんないけど、本当にひさしぶりに会えてよかったよ。
また、当時ほんとチンピラみたいでアホだった俺達に、すごく良くしてくれていた人ともほんと久々に会えたし、その人がまだ音楽のお店やってるのもとても嬉しかったし、そこで飲めたのもとても楽しかったです。また寄らせてもらいます。

これまでだってずっとそうだったし、もちろんこれからだって、俺はいつだって、みんなのことを友達だと思ってる。仲間だと思ってる。本当に気軽に連絡をくれればいいよ。つまらん気なんぞ遣わず、いつでも誘ってください。

バレンタインの高速お花畑通信
今日の話題。わさお、試写会であくび連発...知るかバカ。つか、バレンタインとかホンット全く関係ない歳になっちゃったよね。
そんな中、3月9日発売 Anchor"FUEL INJECTION"は好評プレオーダー中。たまにはかしわとブタバラ以外の肉が食いたいので皆さん買ってくだちい。くだちいと言えば、GANTZも25巻くらいの頃から金無くて買って無いので、続きが読みたいので、とにかく儲けさせてくだちい。

そんなわけで、これからのHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSのリリース予定や情報なんぞを無秩序に漏洩して行きましょう。
まずは、4月6日 FROM THE TRACKSの3rd.アルバム "THE GREATER DISTANCE"。メタリックな要素を多分に含む、近代高速メロディック・ハードコアながら、溢れるTrall臭と、あまりに独創的な展開で聴く人を選んでいたような部分もあったこれまでの彼等ですが、国内盤初登場となる本作では、よりストレートでスマートな印象を受ける仕上がりとなっておるのではないかと。難解ともとられがちであった部分を見事に消化し、より近代的なメロディック・ハードコア王道という感じで、当然、全編ピロッピロのガチっ速なので、これまで聴いてなかったという方は是非にという感じで、乞うご期待です。

で、夏頃からエンジンをかけていくぜ。V.A.HIGH-SPEED-FLOWER VOL.3は8月3日の予定。しばらく出さねぇとかつってたくせに出すことにしたぜ。いつもどおり、全編高速ブチ飛ばし、オール新録で、全20バンド。既に根回しを終えております。
私事ですが、ボクのバンドも12年ぶりに再起動して、コンピにおジャマするつもりです。そんなチンコバンドのカラオケデモをチンコマイスペにアップしてます。メンバーはおもにおうたをうたうくうげちゃんとしげちゃんというギター兼エンジニアの二人。二人の共通項は共に「けいおん!」好き。近代テクノロジーを駆使した、インチキな手品を連発するナポレオンズみたいなユニットだぞぉ。まあ、プリキュアも最初はふたりなので、後々、レモンだのピーチだのと新メンバーが増えればいいなとかは思ってるの、うふふ。今後はさらに新作も視野に入れたりなんかしながら、俺のストレスのハケ口として、そこそこの活動を続けていくつもり。

でもって、9月7日の予定で、SHAMES、NOW OR NEVER、FAST MOTIONでSplit、"STRONG REACTION"。今後こういった国内と海外のバンドをマッチアップさせたりする、全編新録でフルアルバムのボリュームっていう強力なSplitもシリーズ化して続けていきたいなと。次のはFROM THE TRACKSを中心に、金属的で強力なのを作るべく、目下暗躍中。んで、10月はNOISE CASPERのフルレングスと、ここまではほぼ確定。
そのあとは今年中に間に合えばもう一バンド出すかもしれないし、そうこうしてるとFAST MOTIONのフルレングスもできてくるかもしんないし、次は年あけちゃうけどすぐにLAST RESORTのフルと目白押し。

とまあ、ざっと今のとここんな感じですが、色々と流れとか空気とかあるんでしょうけども、そういうのは読まないというか、見て見ないふりとかしながら、ガッキガキやっていく予定です。

つづく。


さ~て、次回のはいすぴぃどふらわぁさんは~っ?

タラちゃんです。きのうのよるパパとママがぼくをなかまはずれにしてプロレスごっこをしてたです。ふくもきてなかったので、すごくほんかくてきだなぁとおもったですが、パンツはちゃんとはかないとかぜひくですよ。
ねっ、イクラちゃん!...はぁ~い!ばっぶー!ちゃーん!!

次回のはいすぴぃどふらわぁさんは、「波平、舟と六発」、「マスオは他所で三発」、「ノリスケ、出張仙台ワカメ酒」の3本です。

来週もまた見てくださいね~っ!!ジャンケンポンッうっふふふぅ~っ

NOISE CASPER
突然ですがNOISE CASPERがHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSに戻ってくることになりました。
まあそれにしても、ケジメというのはきちんとつけるべきだし、一から出直しって気持ちが本心から無いようであれば、うわっ面だけ取り繕って一緒に仕事なんぞやっていくなんて、ちゃんちゃらおかしいし、なによりウチには他にも大事なバンドたちが当時よりも増えているわけだから、言うべき部分はきちんと言うべきであろうと思うので、敢えて、私の本意など包み隠さず報告させていただきます。

ご存じのとおり、彼等は一度はウチの所属を外れたわけですが、当時、表向きには私も大人の対応的な、心にもないクソこそばゆいことはしてましたが、リリース1ヵ月やそこらでバンドがレーベル辞めるなんて、傍から見れば、レーベルにも、バンド自身にも、全くもってネガティヴな印象でしか捉えられず、マイナスイメージ以外の何物でもなく、まあ、私自身、正直に本心を言いますと、安易に出すもの出したら、一方的にてめぇらの勝手な言い草でレーベル辞めて、あまつさえその理由が、他に出したいレーベルがあるんでなんざ、ゆとり丸出しの小僧の理屈以外の何物でもないので、殴り殺してやろうかってのが率直な気持ちでした。
もっとも、HIGH-SPEED-FLOWER RECORDSというレーベルは、私がたった一人でセコセコと動かしてる弱小クソレーベルなわけで、当然の如く全てが順調で万全だと胸を張れるわけではないので、彼等にも面と向かっては言いづらい意見や意向などもあったかもしれませんが。

しかしながら、まあ、自分の子供ほど歳の離れた小僧たちに、込み入った社会通念など問うたところで、時代の違いにその考え方の差は歴然。そんなチン毛が生え揃って10年やそこら、お譲ちゃんを頑張ってイテコマしたところでその数なんぞたかが知れてるだろうという子供たちを捕まえ、チン毛にさえ白髪を見つけ、チンポの勃つかどうかすら危ぶまれようかというオッサンが、本能の赴くままにシバキ倒すぞゴルァというわけにもいきません。
そこでもう一度、バンドってのは何なのか、また、仕事ってのは何なのかということを考え、また自分たちのために動いてくれる多くの大人や、なにより自分たちのサウンドに魅力を感じて応援してくれるリスナーの期待に、本当の意味で応えられるのか。赤の他人が余計なお世話かもしれませんが、そういったことを改めて考えてもらいたいし、バンドとしても、個々の人間としても、本当の意味で成長してもらいたいと思ってるので、今回の復帰を承諾しました。

本人たちがこのような記述をみれば、多少不愉快な思いをするかもしれません。しかし、こちら側でのいきさつは全くこのとおりなので、それに対して腹を立て、逆ギレするようであれば、そんなバカはウチのレーベルにはいらないし、分別のつかないガキと一緒に仕事をするつもりはサラサラ無いので、今度こそ、本当にいつでも辞めてくれても結構だと思っています。
どんなに良いサウンドを持っていようと、どんなに才能があろうと、これからどんな可能性を秘めていようと、道理と礼儀をわきまえない輩は、私にとってクソほどの値打ちも価値も無いと思っております。

私はNOISE CASPERというバンドのサウンドをとても気に入ってるし、期待をしています。だからこそ、これからも言うべきことはきちんと言っていくし、その上で、私にできることなら、何でも力を貸そうと思っています。
そして、私のレーベルよりも、もっとより良い環境と条件で、彼らのサウンドを多くの人に届けるもっと良い方法を持っているレーベルが、彼等をどうしても欲しいと望み、彼等もそれを望むのであれば、それを快く送りだしてやるくらいの器量は持ち合わせているつもりです。それは他のウチのバンドたちにも同じ気持ちです。
NOISE CASPERにしても、他のウチのバンドにしても、辞められたら困るようなバンドになって欲しいと思っています。そしてレーベルを去ることがあれば、それを惜しまれ悔やまれつつ、さらなるステップを踏み出し、大きな成功という結果を出せるような、デカイ存在感を持ったバンドになってほしいと思っています。

ともかく、紆余曲折ありましたが、戻ってくるからには、当然、心血注いで働いてもらいます。まずは8月のHIGH-SPEED-FLOWER VOL.3。そして、10月には待望の2nd.フルレングス。
これからもHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSのNOISE CASPERをよろしくお願いします。

プレオーダー Anchor "FUEL INJECTION"
fuelinjection 380

Anchor/FUEL INJECTION
HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS
発売日/配信開始日:3月9日 CD 全14曲収録/配信 全14曲
品番:DQC-650 価格:\1,890(税込み) POSコード:4543034027828
流通:バウンディー株式会社

01.WE'LL NEVER LOSE
02.DECISION OF DAY
03.SUFFER
04.A RAY OF HOPE
05.BROKEN WING
06.VIRUS
07.MISUNDERSTOOD YOUR FEELINGS
08.FUCK THE TERRORIST
09.GAMES PEOPLE PLAY (COVER)
10.WE ARE ONE
11.THROW AWAY
12.PUPPET
13.FIND MY WAY
14.COME BACK


ハードにドライヴするUS西海岸メロディック・ハードコア直系サウンド、Anchor 初のフルレングス。
'90s US西海岸メロディック・ハードコアにインスパイアされた、哀愁の高速メロディック・ナンバーを中心に、ポップな要素を持ったナンバー、誰もが聞き覚えのあるJOE SOUTHの"GAMES PEOPLE PLAY"のカバーといったキャッチーなナンバーまで、バラエティーに富んだ楽曲で、結成10年、Anchorの今を凝縮した全14曲。
For fans of BAD RELIGION、PENNYWISE、OFFSPRING、AUTHORITY ZERO、RISE AGAINST ...

というわけで、3月9日発売、Anchor/FUEL INJECTIONのオフィシャル・プレオーダー開始です。毎度同様、ご予約を受け付けまして、発売日に確実にお届けするといった発送とさせていただきます。
で、こちらも毎度、当レーベルのオンラインSHOPにてご予約の皆さんには予約特典CD-Rをご用意しております。内容は、Anchorの2010年横浜でのLIVEトラック8曲を収録したCD-Rです。スタジオテイクとはまた違ったドライヴ感溢れる彼らのLIVEテイクを楽しんでいただければと思います。今回も完全にご予約特典ということで、プレオーダー指定日までの予約の方に限り、特典をお付けする形になります。
ということで、予約特典付きプレオーダーの期間は、本日2月9日~3月5日まで。たくさんのオーダーお待ちしております。

Anchor Official http://www.geocities.jp/anchor0429/
Anchor MySpace http://jp.myspace.com/anchor0429

emit -...And there's now-
emit atn

無骨とともに洗練だって必要だろう。というわけで、ポストSUNSGRINDの急先鋒とも言うべき、これからの活躍が非常に期待される、要注目のバンド、emit。

2007年に東京で結成。2009年に2曲入りの1st.demoをリリース。2010年12月にこの3曲入りの1st.EPを全国発売。超高速にしてメランコリックにメロディアス、随所に絡むスクリームミングパート、そのメロウにしてストロングな味わいは、SUNSGRINDなどを彷彿とさせる、テクニカル高速メロディック・ハードコア。

1st.demoでは、その圧倒的な高速感とテクニカルさとメロディアスで、その実力のほどを存分に見せつけてくれた新進気鋭といった感のある彼等。そこでは、彼らのスタイルが充分に理解できながらも、比較的シンプルと言える作りの2曲で、正攻法といった攻め方のような気がしましたが、今作では、さらにそれを推し進めつつ、より練り込まれたアレンジと多角的アプローチといったもので、より懐の深さを見せてくれているという感じでしょうか。
"blind"は彼等の真骨頂とも言うべき爽快な高速チューン、後半はメタリックなフレーズも全開で、そのメロウさとストロングさを遺憾なく発揮。"find out"は少し落としたテンポで、これまでになかった曲調でさらにドラマチックな展開を試み、メロディアスな部分を一層際立たせた感があります。そして、"sacrifice"は高速基盤に、途中のエモーショナルな展開や、巧みな演奏によるシフトチェンジもこれまたふんだんに盛り込まれ、とても魅力的な楽曲に仕上がっています。

この一枚を聴くだけでも、その実力や完成度はおそらく、ここ最近の日本の若手ではトップクラスではなかろうかという、世界的にもこの辺りのアプローチをするバンドに、一歩もひけをとることはない、期待の本物といった存在感は、ある意味で皆さんからは近代メタリック的なパンクに否定的なスタンスを取っているというような誤解もされているではなかろうかという、私にとっても重要なバンドの一つであることは間違いなく、注目と期待をしてしまう存在だったりするのですよ。
メンバーチェンジなどもあり、多少の困難は危惧されますが、今後、まず間違いないであろう国内バンドの一つ。ウチのFROM THE TRACKS辺りと真っ向勝負とかしてもらうと非常に面白いなとか思いつつ、コンピにも当然誘ったのでした。

emit Official http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=emit_00
emit MySpace http://www.myspace.com/emit00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。