High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の高速お花畑通信
DSC00614 y300

まあ忙しい。今後のリリースに向けての音源もガンガン揃ってる。アートワークもなんか2枚分やんなきゃいけない。ここ最近いろんな話で40人くらいとメールしたり電話したりしてる。とうとう昨日は集中力も切れたので、吉沢明歩の「秘密捜査官の女 鬼畜テロリストの淫謀」ってのをガッツリ観ました。日頃おもに海外の分野に目を向けている私ですが、日本の底力を見ました。こういった芝居がかった妙な設定やセリフ回しというのは、日本ならではだと感じ、日本のエロの文化レベルの高さを再認識しました。というか、吉沢明歩が好きになりました。

久しぶりの更新にも関わらず、もう死ねばいいいのにってお話から始める相変わらずのユルさですが、ホントになかなか忙しくさせもらっており、先のリリース陣もそこそこ好調でジワジワと売上を伸ばしてくれてるので嬉しい限りです。Anchorなんて二回も在庫補充したもんね。GENの字、超がんばってるな。そのAnchorもコンピ用の新曲上がってきてますぜ。カッコいいぜ。
で、FROM THE TRACKSも海外モノにしてはかなり健闘してくれてると言っていいでしょう。それも皆さんの応援などがあってこそです。BELLS ON RECORDSさん、高速回転日記さん、魚心あれば水心さん、未定さん、Melodic Metallic Melancholicさん、ご紹介やレビュー、本当にありがとうございます。
なにげに過去の彼等に無いとっつきやすさにこれまたジワジワと売上を伸ばしちゃってたりしてるので、6月のコンパイル作品が出たりすると、ますますイケんじゃねぇかとかほくそ笑んでおりますよ、えぇ。売り切れる前に急いで買ってね。

さあ、そんな中、今日のメイン情報は画像のSHAMES。新メンバーによる最新画像です。
実は"NEVER TRUST"のリリースの後、Dr.のTAGUCHIが脱退しました。もっとも世間によくある音楽性の不一致だとか、不仲だとかそういうのでは全くなくて、彼等も結構な歳ですし、バンドを続けていくには仕事や生活面での環境による負担といったものも多く、そういった面でコンスタントなバンドの活動も難しいとのといった理由で、やむなくメンバーから外れることになりました。TAGUCHIくん、長い間本当におつかれさまでした。
そして現メンバーよりはかなり若いだろう、ピッチピチの新ドラマーとして、FROM THE TRACKSになりたいという狂ったヤツ、Hanyuuを新メンバーに迎え、既に新生SHAMESはバリバリに起動しておりますよ。そしてもうきっちりと完璧な仕事も済ませております。
そんなSHAMESの新音源。一つ目は8月リリース予定の"HIGH-SPEED-FLOWER VOL.3 -TOO FAST EVERYWHERE-"に1曲。そして9月発売予定のNOW OR NEVERとFAST MOTIONとのSPLIT、"STRONG REACTION"に4曲。その5曲とも、当然、新メンバーを迎えての新録で、もちろん全てが未発表の新曲となっております。
"NEVER TRUST"でも見せてくれた、その巧みなアンサンブルと超良質なメロディーもそのままに、さらに近代メロディック・ハードコア的疾走感を増幅したという、なんつったって5曲とも全部、これまで以上にガチっ速っすからね。いや、SPLITとかは曲調とか好きにしていいからって言ってたんだけど、ここまで全曲速いとは思ってなかったです(笑)。まあ、それにしても相変わらずのこのメロディー、このギターのフレーズ。ああ、もう、早く皆さんに聴かせたいことこの上なしといった感じでございますよ。
改めて、このSHAMES。もうこれが嫌いなら、そもそもウチのレーベルそのものと縁が無いので放っておいてくださいよという、徹頭徹尾高速哀愁な、古きを知りつつ新しきを創造する近代メロディック・ハードコア・パンク。これからもウチのまさに看板なので、今後もそらぁ存分に期待してほしいと思いますよ、えぇ。来年は早くもさらにフル・アルバムもやる予定だからね。

そんなわけで、コンピのほうは、ほぼ全バンドの音源も揃いつつあり、SPLITのほうも、FAST MOTIONも4曲録音終わってるし、NOW OE NEVERも、もう歌入れまで終わってる頃だと思うしで、なにかと期待してもらっちゃってもいいんじゃないでしょうか。ええ、いいでしょうとも。ぜひキャンタマ袋がパッツンパッツンになるくらい期待しちゃってくださいよ。
って感じで、そんなコンピやSPLITの俺がシコシコと作業して狂いそうになってるアートワークとか、詳しい情報、そしてさらなる新譜情報等々は、次のてんこもりお花畑通信特大号で。それではアデュー。

SHAMES Official http://shamesrock.net/
SHAMES MySpace http://jp.myspace.com/shamesrock

スポンサーサイト
別冊高速お花畑通信


くうげタンはやまでひとりぐらしをしています。きょうはおともだちのしげタンとなかよくれこおでぃんぐです。
はいすぴぃどふらわぁれこぉどすたぢおにはおやねがありません。あめがふるとそれはもうたいへんです。
でもきょうははるのおひさまがにこにこでぽっかぽっか。
ねぇ、おひさまぁ~、くうげタンはきょうもげんきだよぉぉぉ~っ。

というわけで、ご覧のシュールな画像は先日の日曜に敢行されたウチ所属のとあるバンドのレコーディング風景。樹からマイクとか機材が生えちゃってるぞ。そんな場所はHIGH-SPEED-FLOWER RECORDS STUDIO (別名あやめ池)。春の強烈な紫外線でモヒカンの無毛部分がヒリヒリとかしながら、ちんぴょろすっぽ~んっと、ちゃちゃっと歌入れとかしてみました。

新メンバーの女性ベーシストの亀川クリステルは郷土物産展のイベントの司会のため欠席。2m18cmの長身黒人ドラマー、J.B.デストニーもなんかの競技会があるとかで不在。サポートメンバーのキーボード兼サックス奏者のマンデー桜木(本名:飯田直次郎)も、息子がインフルエンザで女房と実家に帰ってくるということでお休みです。もう、アー写とかもとらなきゃいけないってのに、みんなしっかりしてよねっ、ぷんぷんっ(`ω´*)/

そんな中、このあとミックスダウンして完成した音源のうち1曲は、8月3日発売予定 V.A.HIGH-SPEED-FLOWER VOL.3 -TOO FAST EVERYWHERE-に収録。で、もう1曲はなんかオマケとかにでもということで。
ともかく、なんとも14年ぶりとなる新音源だ。

ま、しかし、なんかスカした感じで甘く歌い上げちゃおうとか考えてたんですが、元々下手な上、14年ぶりノーリハビリぶっつけ本番、で、なにせ桜満開の屋外のすがすがしさに、おかしなテンションになってしまい、過去に無いほどイカツいスタイルになってしまい、メロディックもヘッタクレもあったもんじゃねぇなという、思惑とは全く違った感じになりましたが、まあ、元々非常に性質の悪いほうのパンクバンドだからこれでよしと。

で、今後はというと、さらに過去の曲とかも今風にというか、思ったように練りなおしての再録。さらには近代メロコア的な想像の範疇を超えるカバーとかも録りつつ、新曲も作りぃの、オマケまで入れて15~20曲くらい録りながら、来年のなるべく早いうちに、フルアルバムをリリースする予定です、困ったことに。さらに全曲新曲というその次のアルバムまで視野に入れてるというキ○ガイっぷりだ、このおちゃめさんっ。

そんなわけで、誰も望みもしないのに PSYCHOMANIA 再起動アップデート版。

以後お見知りおきを。

まあしかし、ストレスのハケ口としてはこれ以上の遊びは無いという、自由自在のスタンスでやってく予定なので、近代メロディック・ハードコア的にどうだとか、そういうのとかホント無いからね。一応、哀愁歌謡メロディック・ハードコア・パンクとか言うておりますけども、もうパンクってことのみに突出した作りになりそうなのは目に見えてるし、そんな期待とかはしないでね。全編母国語丸出しだし。あ、オマケだけは全曲英語で歌いますけども。ともかくHIGH-SPEED-FLOWER RECORDS以上に、生温く、ホント、なぁ~まぁ~ぬぅ~るぅ~っく、見守ってやってくだちい。

PSYCHOMANIAのチンコスペース http://www.myspace.com/psychomaniahsf

SECOND SOLUTION VOL.19 - 5周年記念イベント


というわけで、いつもお世話になってます、SECOND SOLUTIONさんのイベントが来週行われます。

SECOND SOLUTION VOL.19 -5周年記念イベント-

2011年4月17日(日)@アメリカ村TWICE CAFE 18:00-22:00
ADV \1700 DOOR \2000(共に1D付き)→メールで事前予約の方は\1500(1D付き)に割引

DJ
SECOND SOLUTION :KINUGASA,NOBU.MAHO
IDIOTS BOX(Guest) :みっちゃん,Shohey

その他、詳細はこちらをご覧ください。
http://www.geocities.jp/secondsolution2006/top.html
http://secondsolutionpunknews.blogspot.com/

お近くの方はぜひ。

FROM THE TRACKS/THE GREATER DISTANCE 発売です!!


FROM THE TRACKS/THE GREATER DISTANCE
HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS
発売日/配信開始日:4月6日予定 CD 全14曲収録/配信 全10曲
品番:DQC-6667 価格:\1,890(税込み) POSコード:4543034028115
流通:バウンディー株式会社

01.THE GREATER DISTANCE
02.REVERSE
03.THIS MACHINE AND I
04.FIFTY FEET UNDER
05.STATE OF GRACE
06.SKELETONS
07.REASON IS ABLE BUT HATRED IS MAD
08.SINKING SHIPS
09.COLD
10.STORIES
11.GHOSTS OF OLD (BONUS TRACK)
12.DRAINED (BONUS TRACK)
13.SHOUT AT THE WORLD (BONUS TRACK)
14.WHAT SEPARATES US ALL (BONUS TRACK)


ハイ・スピード、テクニカル、エモーショナル!スウェーデン超高速テクニカル・メロディック・ハードコア、FROM THE TRACKS日本初上陸!! スウェーデン特有の憂いを帯びたメロディー、メタリックなフレーズ、個性的なアンサンブル。全編、超メロディアスに超高速で飛ばす新型メロディック・ハードコア・パンク、さらなる高速の彼方を目指す、3rd.フルアルバム。さらに4曲を追加収録の全14曲。独特のメロディー展開と圧倒的なスピードで繰り出されるエモーショナルの渦!!

本日4月6日より、全国CDショップ、オンライン・ショップ各店、日本全国どこでも、ご注文、お買い求めいただけます。店頭にない場合はご注文ください。 直接お求めの方は、HIGH SPEED FLOWER RECORDS ONLINE SHOPをご利用ください。

発売延期なども懸念されましたが予定通りに発売です。私自身も一日も早い被災地の方々の安息や復興を願いつつ、何かやれる人間は少しでも自分のやれることを何か前向きにやっていかないとと思う日々です。それが日本そのものの復興につながるのだと信じております。
被災地方面の方からも注文をいただいたたのですが、何かと発送の面などで余計な負担をおかけしてしまったり、到着までにかなりの時間を要するなど様々に心苦しいことはあるのですが、聴きたいと思ってくれる方がいれば、何としてでもお届けしようと考えております。

さあ、そしてHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSが久しぶりにリリースする海外アーティスト。そりゃあもう自信はあるに決まってる。海外モノは売れないとかそんなの関係無いから。俺はもうそんなの知ったこっちゃねぇから。コイツラとはやるって決めたのだ。
というわけで、3年目に突入するHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSがさらなる暴走の幕開けとしてブッ放すスウェーデン高速野郎ども。これが間違ってるっていうなら、もう俺は根本から間違ってるはずなので、もう俺のことは放っておいてください。そんな骨の髄まで高速でメロディアスな一枚。間違ってないと思ってくれてる方は是非ともよろしくお願いします。
そして6月にはそんな彼らの過去音源を網羅した全35曲を一枚に突っ込んで価格も据え置いちゃったりした狂った一枚、"EVERYTHING WE DID IN BETWEEN EVERYTHING ELSE"も休む間もなくブチかましますので、そちらのほうもよろしく哀愁。友達にも恋人にもぜひっ!!

FROM THE TRACKS http://www.myspace.com/fromthetracks

FROM THE TRACKS -THE GREATER DISTANCE-


HIGH-SPEED-FLOWER RECORDSの海外アーティストのリリースとしては実に1年以上ぶりとなる本作。もはや海外アーティストからは撤退しようかと考えていたのだが、このFROM THE TRACKSにより、またやってみよっかなという気になった。
当然、彼らのサウンドが好きだったのもあるけど、彼らとの話を重ねていくうち、至ってシンプルな考え方であることも理解できて、そういう意味でも契約云々の細々した話にしてもNoと言われたことが無いし、諸々のやり取りにしても、私の指示通りに実にテキパキと仕事をこなしてくれるわけで、そういう部分でも彼らの事をとても気に入ったのが大きな要因である。また、昨今のCD軽視の風潮がどうにも納得がいかなくて、CDとしての物理的な意味や価値観を高めるべきだという点でも、お互いの考え方は同じだったから。

2008年、スウェーデンの高速メロディック・バンド、ENDS LIKE THIS(国内盤はFAST LIFE RECORDSより発売)の解散により、その中心人物であったMikeのソロ・プロジェクトとしてスタートしたFROM THE TRACKS。
当初はMikeが全ての楽器の演奏を行っており、彼一人の手で最初のデモをレコーディングしていた。
ほどなく、ENDS LIKE THISのベーシストであったPatrikが正式に加入。2009年にデジタル・ダウンロード・オンリーの1st.フル"THIS MACHINE AND I"をリリースした。また、同年、ベルギーのKickass Recordsと契約し、2nd.アルバム"Recover"をリリース。
その後、バンドはさらにコンスタントな活動とパーマネントな形態を望み、スコットランドの高速メロディック・バンド、SICKTRICKから、ドラムのGavinとギターのSeanを迎えて、現在の4人のメンバーとなる。そして、"THIS MACHINE AND I"を再録音し、"THIS MACHINE AND EYE"というCDとしてリリースした。
今も彼等は、スウェーデンとイギリスを行き来し、圧倒的なスピードでコンスタントなスタジオ・ワークをこなしながら、欧州のツアーなど精力的なLIVE活動も行っている。

彼らの楽曲は全てMikeの手によるもので、作詞、作曲、編曲、さらにはそのアート・ワークに至るまでMikeが手がけている。ワンマン的な印象も受けるかもしれないが、Mike自身は、その自分の考えている作品を具現化できるメンバーは絶対に必要だと考えており、芸術家肌で非常にせっかちといった印象のMikeだが、現在のメンバーには厚い信頼を寄せているのが窺える。また逆に様々な部分でバックアップしてるPatrikをはじめ、スコットランド組の二人も、皆がMikeの才能を信じており、その可能性を最大限に生かしているように思う。
さあ、そんな彼らの最新作、この"THE GREATER DISTANCE"。日本盤ボーナストラック4曲を含めた全14曲。トータルタイム、30分18秒。相変わらず気持ちいいくらい速い(笑)。話といい、仕事といい、曲といい、もう何から何まで速いのが好きなんだろうなと。
SATANIC SURFERSやADHESIVEといった、メタリックな'90s スウェーデン高速メロディック・ハードコアの流れをくみながら、それらをより近代的なスピード感で表現し、さらにスウェーデン特有のメロディーや趣を有したTrall的な独特なメロディー運びや展開といったものをその近代的なサウンドへと盛り込む特有のスタイル。そういった部分でも、彼らのサウンドにはスウェーデンはもちろん、欧州のバンドが持つ、独特の憂いや哀愁といった、溢れる叙情感を多くの湿度とともに携えている。
前作"RECOVER"では、Trallの要素を多く含んだ彼らの独特なメロディー運びや展開が全開で、難解とも受け取られてきた部分もあったが、今作ではそれを完全に消化した感があり、よりスマートに近代的に聴かせながらも、その独特の持ち味は決して損なうことなく、よりメロディアスで高速な楽曲の数々でまとめ上げてきた印象だ。  
相変わらず初っ端はショートチューンでカチ飛ばすのねの表題曲に始まり、彼等が評されるとおりのメタリックなフレーズでテクニカルな高速ナンバーがオンパレードとなっております。で、やはり方々でちょいと独特なリズムの取り方や、メロディー運びと、その個性的なアプローチは至る所に顔を出さずにはいられないわけだこれが。しかしながら、前作でのちよっとしたエグ味とか臭味とかは少し薄れてるような気はする。ただ、そこは決して標準的なスタンスへと歩み寄ってるとかではなく、そのアレンジやアプローチがよりこなれてきたといった印象である。まあ、前作のレコーディング時に録られた曲やこの作品以前に録られたボーナストラックのほうによりエグ味といったものは感じられるかもしれないですな。
彼らと言えば、もっぱらそのメタリックなフレーズであるとか、爆速のリズムマシーンような高速感であるとか、テクニカルな演奏だととが取りざたされるが、なによりその叙情的なメロディーはとても魅力的だと思っている。
それらの要素が混然一体となって、超高速でテクニカルなサウンドに少しクセのあるアプローチを加え、さらには叙情感を交え、怒涛の如く繰り出される様を、私は「エモーショナルの渦」といった言葉で表現とさせていただいた。

まあ、それにしてもMikeの仕事っぶりには関心させられる。ここ2~3年の間に40~50曲の楽曲を作り、それらを全てスタジオ・ワークへと持って行く。3枚のアルバム、1枚の完全なるリテイク、そのほかのデモ、それに付き合うメンバーの仕事量も大したものだと思う。あまつさえLIVEもガンガンこなしてる。本当に恐れ入ります。
そして、さらに彼らのアルバム以外のスタジオ音源を網羅したコンピレーション・アルバムも6月の発売に向け準備万端。さらにさらに、12月発売の予定で、日本の期待の新鋭、emitと、もう1~2バンドで、全て新録のsplitも既に進行中。その話を持っていった時も、まあ、即答だったからね。彼らの制作意欲と才能は尽きないのだろうな。
そんな奴等の仕事に付き合うのは、まあ同じようにせっかちでセカセカしてる人間が合うのだろう。ま、しかしこっちは才能とかは無いんだけどもね。ともかく、私自身は、彼らのペースが実にしっくりくるし、彼らとのテンポの良い仕事は実に心地よく感じてるのは確かだ。

2011.4.5. HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS Ku-ge

新年度の高速お花畑通信


画像は昨日食ったハッピーターン。ハートハッピーがいきなり2個も入ってたので思わずパシャリ。つか、貧相なおかず買いにいったついでに思わず食いたくなって一袋買っただけなのに、こんな結構な確立で出るもんなのか?

そんな中新年度の話題、まずは4月6日発売予定"THE GREAT DISTANCE"も絶賛プレオーダー中のFROM THE TRACKSの話題など。
4月はREBUKEと共に、ヨーロッパツアーを行う予定。本日のスウェーデンに始まり、ドイツ、デンマーク、オランダ、ベルギー、フランス、スペイン、イタリア、スイスと、4月中はかなりのLIVEを突っ込んでます。それから帰ってきたら、おそらくまた新曲固めてレコーディング入るんだろうなと。で、それはウチから12月発売予定のsplitに入れる予定。まあ、しかし働くね。
そんな彼らの"THE GREAT DISTANCE"ですが、現時点では彼等自身は自国でもプレスはしないとのこと。またアメリカや欧州のレーベルからリリースの話はあるんだけども、具体的に動かしてるのは無いとのことで、そんなわけで、物理的にCDをリリースするのはウチだけなわけだこれが。ちなみに彼らが直接売ってるヤツもウチの仕様のだからね。欧州向けに100枚送ったヤツ。で、このような状況なので、出荷数もイマイチはっきりすっきりしてないのだけど、店舗さん用としては流通の倉庫に300枚出庫して、でもって商品サンプル差っ引いたりして、俺の手元に残ったのはなんとも心もとない80枚弱という。で、そこからプレオーダー頂いた分本日発送して、さらに在庫は少なくなりました。まあ、そうそう簡単に無くなんないとは思うのだけど、一応店舗から追加とか求められたりすっと瞬殺ってくらいの量なのね。なわけで直接お買い求めの方はお早めにどうぞ。特典付きプレオーダーは4月6日まで。
ちなみに6月8日発売予定の"EVERYTHING WE DID IN BETWEEN EVERYTHING ELSE"もまったく同じパターンだから。俺、海外のは500枚しか作らないから。追加プレスとか金無いからしないし。つうことで、日本でしかまともに速攻で買える国はないということで、ひとつよしなに。

でもって、次。V.A."HIGH-SPEED-FLOWER VOL.3 -TOO FAST EVERYWHERE-"は2011年8月3日発売予定。ご存じのとおり、国内バンドのみを集め、さらに高速かつメロディックな新録のみを集める、激高速コンピレーションシリーズ最新作。今日はちょいと新年度の手土産にその参加バンドを全部バラすとしようぢゃないか、新年度だし。なわけで、収録予定バンドは以下のとおり。

NAFT (TASTY RECORDS) http://www.myspace.com/nafttfan
SHAMES (HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS) http://www.myspace.com/shamesrock
NEUTRAL (CAFFEINE BOMB RECORDS) http://www.audioleaf.com/neutralrock/
JT301 (COCK SUCK RECORDS) http://www.myspace.com/jt301
NOISE CASPER (HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS) http://www.myspace.com/noisecasper
NOT SO YOUNG (BELLS ON RECORDS) http://www.myspace.com/notsoyoung04
Anchor (HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS) http://www.myspace.com/anchor0429
next (Milgram Records) http://www.myspace.com/nextjapan
emit (defiant records) http://www.myspace.com/emit00
LAST RESORT (HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS) http://www.myspace.com/nakiotoshi
CHANNEL 2 OVERDRIVE (FAST CIRCLE RECORDS) http://www.myspace.com/channel2overdrive
Hopeless Dew http://www.myspace.com/thehopelessdew
WOMANIZER http://www.myspace.com/1004608653
JUST LIKE ME http://www.myspace.com/justlikeme3
Riche http://www.myspace.com/richejapan
Halfwaythere http://www.myspace.com/halfwaytherejapan
SEEK AFTER THE SONIC http://www.myspace.com/seekafterthesonic2
Masterplan B http://www.myspace.com/1004900084
OUT BACK STRAIGHT http://www.myspace.com/outbackstraight
PSYCHOMANIA (HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS) http://www.myspace.com/psychomaniahsf

いかがだろうか?きっと満足してもらえるのではないかと自負しておりますのですがハイ。という、全20バンド、全20曲全て新録という、相変わらずの暴挙ですよ。既に音源届いてるバンドもいますしね。そりゃもう期待してくれちゃっていいんですよ。
あ、一番ケツにひとつ、誰も望んでいないのに勝手に復活し勝手にオジャマしてるバンドがおりますが許してもらえるとありがたい。いや、もうバカは調子ん乗るとガンガンレコーディングとかするからねぃ。プレオーダー特典用にでもとかって2曲とか録っちゃう始末だ。喜ぼうが喜ぶまいが知ったこっちゃねぃや、新録ブチ込んでオマケまで付けてやるぜ、ウケケケケ。でもって、来年までに15~20曲くらい録ってアルバム出す気でいるよ~ん。
ともかく"HIGH-SPEED-FLOWER VOL.3 -TOO FAST EVERYWHERE-"こうご期待です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。