High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSYCHOMANIA HighSpeedFlower 好評発売中です!
んなこと言いながら、まあ、ボチボチとかチビチビとかで売れてる感じなわけで。つか、買って頂いた方からは今回かなりダイレクトに意見なんかかも聞けちゃうのですが、これが意外にも好評みたいなんで、ま、好評発売中って言わしてもらってもいいよね?

ガッツリご紹介とかもして頂いてます。
Zodiac Recordzさん http://zodiacrecordzpunxoxo.blog.fc2.com/blog-entry-32.html 
さっそくのレビュー、Katsuさん、いつも本当にありがとうです。まあ、ここ最近は大方の皆さんがシカトでメールすら返してもくれん中、ほんといつも取り合ってくれてありがとね。黄昏乙女×アムネジアも見てますよ。

あと、音楽など.さん http://k----m.blogspot.jp/2012/05/psychomania-jpn.html 
海外中心のご紹介の中、初の日本のバンドでウチを紹介してくれて、うれしかったです。つか、PSYCHOMANIAのこれまでのことはキッチリ網羅してくれてるので、もう、ここ見て頂ければ話が早いという。kenさん、本当にありがとうございます。

そんな中、ホントにニコ動になんかアップしてくれてる人がいるぢゃなイカ。
コレ持ってんだから、きっとオフイシャルの予約で買った人ですよね。いや、ともかくありがとうございます。まあ、いいんだか、悪いんだかしんないけど、なんか嬉しかったので黙認。いや、もうコレは最近流行りのステマとかいうヤツといった解釈で黙認でゲソ。つか、欲を言えば眠らずに歌詞を入れて欲しかったでゲソ。


つかさ、なんか俺も動画とかに触発されたので、ココは一発、オフィシャルにコマーシャル的なモノを作ってみたよ。



つか、動画とか、内蔵のソフトでこういう簡単なもんてのは作れんだね。初めて知りました。まあ、ちゃちゃっとやっつけたので、たいしたモノでは無いですが、一応オフィシャルのコマーシャルってことで。これからはもっと研究とかして、凝ったヤツとか作りたいところ。
あ、ニコ動のほうにも上げときました。http://www.nicovideo.jp/watch/sm17812007

スポンサーサイト
PSYCHOMANIA/HighSpeedFlower発売です!!


PSYCHOMANIA/HighSpeedFlower
サイコマニア/ハイスピードフラワー

HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS
発売日/配信開始日:5月9日 CD 全16曲収録/配信 全15曲
品番:DQC-877 価格:\1,890(税込み) POSコード:4543034031511
流通: BounDEE by SSNW

01 悪意という名の街
02 Junky bop
03 メリーゴーランド
04 Chainsaw
05 東京スクラップ
06 気狂いピエロ
07 道化の華
08 空華
09 Anthill minus
10 Still waiting
11 Lost
12 Sundance
13 Rise
14 HighSpeedFlower
15 Don't say "lazy"
16 Anthill
(※16 AnthillはCDのみ収録)


「高速メロコアと80'sスタイル日本語パンクの奇妙かつ絶妙なマッチング。当時を体感した人でなければ、このサウンドは産み出せないだろう。メロディーラインは哀愁一本道!」
LOUIE (BELLS ON RECORDS)

「愛と狂気に満ちた16曲、ラストーリニコフとソーニャへの愛の賛歌なのか!?僕が在籍していた頃よりも 格段に加速度を増して帰ってきたキ●ガイ達、PSYCHOMANIA!」
 工藤哲也 (BEYONDS/HUSKING BEE)

1987年式高速哀愁パンク、15年ぶりの再起動。ゲストに元メンバーでもあるBEYONDS/HUSKING BEEの工藤哲也を迎え、過去の楽曲を新たなロジックとメソッドで完全リテイク。アニメ「けいおん!」のエンディングテーマのカバー、DOUBLE BOGYSのカバー、新曲を含む、全て新録の全16曲を収録。
欧州の高速メロディック・ハードコアのようなスピード感と哀愁を帯びた楽曲、日本の歌謡曲を彷彿とさせるメロディー、そして独自の世界観を持った歌詞。近代的な高速メロディック・ハードコアの手法を取り入れつつ、どこか'80年代の熱い日本のパンクロックを想起させる、昨今のメロディック・ハードコアとは一線を隔す強烈なまでの唯一無二の個性がここに在る。今も貫くは、独特の世界観と高速にしてメロディアスなパンクロック。

全16曲のサンプル音源サンプルは下記よりDLください。
http://www.mediafire.com/?pwfl949cq9alc04

HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS ONLINE SHOP http://hsfr.cart.fc2.com/ca1/149/p-r-s/

全国CDショップ、オンライン・ショップ各店でもお取り扱いしていただいてます。
amazon http://www.amazon.co.jp/HighSpeedFlower-PSYCHOMANIA/dp/B007C4EJ9K/ref=sr_1_4?s=music&ie=UTF8&qid=1330822208&sr=1-4
TOWER RECORDS http://tower.jp/item/3069888/HighSpeedFlower
HMV http://www.hmv.co.jp/product/detail/4981140
disk union http://diskunion.net/punk/ct/detail/XAT-1245571011
※ディスクユニオンオリジナル特典:1988年の最初期のフレキシのB面をはじめ、1990年、1994アナログ音源、1997年の未発表のスタジオLIVE音源など、過去のカバー音源4曲を収録したCD-R
STM online http://shop2.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17263&item=305925

そんなわけで、PSYCHOMANIA 15年ぶりのフルアルバム、"HighSpeedFlower"、本日5月9日発売です。
ウチのリリースとしては、初めての日本語詞のバンドですし、また、当然のように昨今の近代メロディックハードコアといったバンドたちとは、かなり趣を異にするバンドではあると思うので、好き嫌いも分かれるのではないかと思いますが、昨今の流れとはまた違った視点でのパンクの多様性や可能性といったものを、私なりの個性と質感をもって表現したつもりです。
そりゃもうかなりのブランクですし、本当にエライ歳もくっちゃったわけですが、当時はやれなかったことも含め、今回、思い切りやらせてもらいました。そして、PSYCHOMANIAというバンドは、15年の時を経て、昔ながらの雰囲気や趣を残しつつも、新しいサウンドへと生まれ変わったと思います。
いろんな方に手に取ってもらえればいいなと思ってます。よろしくお願いします。

http://www.facebook.com/pages/PSYCHOMANIA/178347225556120
http://psychomania.bandcamp.com/
http://www.myspace.com/psychomaniahsf

PSYCHOMANIA -HighSpeedFlower-


高速メロディックとかみんなもうどうでもいいんでしょうし、まあパンクはおろか、流行りのモノ以外の音楽全般、CDとかも全く必要とされなくなった感バリバリの昨今ではありますが、ま、そんな中、空気が読めないクソレーベルは、相変わらずのスタンスでリリースとかしちゃいますよ。あまつさえ、ついに自分のバンド。
レーベルのリリースとしては前作の超近代的メロディックハードコアsplitから趣もかなり違う、1987年式高速哀愁パンク、高低差あり過ぎて耳キーンってなるわって感じ?ま、とはいえ、そこは国内最速を目指すウチなんで、いつもどおり、ブチ飛ばしてカチ飛ばしてますから。
そんなわけで、1987年に大分で結成されたPSYCHOMANIA、唯一のオリジナルメンバーであんまお友達の少ないKu-geちゃんが、新ギタリストにex.PATLASHのシゲちゃんを迎え再起動、結成25周年を記念してお送りする、15年ぶりとなるフルアルバム"HighSpeedFlower"。あ、25周年とかって最近気づいたんで後付けサクサク。

そんなこんなで、まあ、過去の自分の作品、色々とああすりゃよかったこうすりゃよかったとか、今やってみたらどうなんだろうなとか、そういうのも常々ありまして。つか、まあ要は、ボクちゃんのPSYCHOMANIAのCDもちゃんと納得のいく形で出せて、あまつさえ全国どこでも買えて、なおかつ私自身が楽しめちゃえればそれでオッケーという感じで、もう調子ん乗って16曲くらい録っちゃいましたよ、ええ。
ましかし、んなこと言いつつ、なにせ仕事のほうは、このチンピラバンド史上、これまでにないほどキッチリとやったつもりですよ。こんな時間かけてレコーディングしたこともあまりなかったですし、ものぐさな私が歌とか何回も録り直したりするのは、本当に初めてのことなんじゃないかなとか。
で、ウチの元メンバーでもある、BEYONDS/HUSKING BEEのテッキンこと工藤哲也くんにベースを5曲ほどプレイしてもらったり、FREEGAN/MasterplanBのKei Ishikawaくんに楽曲を提供してもらったり、アナウンスの文章をBells on recordsのLOUIE氏にお願いしたり、コネものほうも全開でフル稼働。また、DOUBLE BOGYSのカバーやらせてもらったり、メンバー共通のフェイヴァリットアニメ(笑)、けいおん!のエンディングテーマのカバーとかやってみたり、過去のリテイクのみならず、カバー、新曲含め、充実のボリュームでお送りさせていただきますって感じなわけです。

レーベルの性質上というか、私の嗜好そのものと言いますか、まあ、高速ってものにそりゃあ並々ならぬ変質的な拘りとか毎度見せちゃうわけで、んで、それが今回自分とこだしで、なおさら、現代テクノロジーとかを駆使して際限なく加速とか追求したいとか思ってみなくもなかったのですが、変な色気出して近代的な高速感とか金属感とか出したりとかすんのはやっぱらしくないなと。それこそ近代の流行寄りのメタルだかパンクだかわかんねぇことしちゃうのとかもなんか違うしと。
そんなわけで、過去の作品と比べ、明らかに新しいサウンドにはなってると思うのですが、あくまでもあの頃のサウンドの延長線上にある、いい感じの高速感っていうのを心がけたつもりです。あくまでも僕らの思う僕らの速さで全編飛ばしまくってみたつもりです。
また、どこかしらの古さや懐かしさや、その今風ではないアンダーグラウンド感だったり、日本人独特の感性だったり、昔気質のパンク的ダサさだったり、もう全編に渡りオシャレとはほど遠い漢臭さだったり、そんな最近のバンドならきっと排除するであろう部分も、敢えて感じてとってもらえたらいいなと。
それにしても、仮に私一人でコントロールしてたとすると、先に言ってたような、際限ない加速に特化したり、かなり極端な仕上がりを見せていた可能性もあったわけですが、今作より加入のシゲ池嶋の思う、PSYCHOMANIAらしいサウンドやそのイメージが、私のリミッターになってくれたのかもしれません。本来の彼の領分のギターもそうですし、またその他のアレンジ面に於いても、私の作る楽曲に対してのその理解度はもとより、彼のアイデアの多くが、尊重できるものだったし、新たな指針ともなったし。
また、スタジオや機材、様々なソフトの調達、そして何より根気強く粘り強く、延々と続く作業に付き合っていただいた、もはや第三のメンバーといっても過言ではない、エンジニアの長松氏の尽力にも感謝の極みです。
もはや風化さえしてるはずだった過去の化石であるところの、このPSYCHOMANIAというバンドが再び動き始めるための、その原動力は、この二人が、私以上に担っているのではないかと。

そんなわけで、私自身にしか書けないこともあるだろうし、まあ、どうせだれも紹介とかしてくんねぇだろうから、圧倒的なボリュームで曲ごとの解説にゴー。
まずオープニングを飾るのは、"悪意という名の街"。この曲は今回リテイクした中でも最も古い曲ですね。オリジナルは全然ツタツタとかじゃないんですけど、今回、カチ飛ばしてブチ飛ばしてみました。狙いとしてはWILLARD meets 高速メロコアってイメージで。ベースはテッキンが弾いてくれてます。
次、"JUNKY BOP"。元々、こういうガキ殴り殺したりする歌詞とかが好きで得意なんですが、そういうの含めてまだ書き足りなかったし、もっとブチブチ殺したかったので、さらに破壊度を増幅させる2番の詞を書き起こして倍尺になってます。つか、倍になったところで結局2分ちょい(笑)。曲といい、歌詞といい、実にPSYCHOMANIAらしいブチ飛ばしナンバーと言えるかもです。
で、"メリーゴーランド"。先のコンピにもこっち入れようかと思ってたくらい、シゲちゃんの作ってきた元のアイデアとか途轍もなく気に入ってまして。コンピの時にも一回録ったし、けっこう何回も録り直したりしたんで、私の性格上、完全に飽きちゃってもいいんですが、それが不思議とあんま飽きないし、良い曲だなぁとか思っちゃう、自分が作った曲なのに、恥ずかしげも無く(笑)まあ、ホント、アレンジとか含め、自分でもとても気に入ってる曲です。
そして"Chainsaw"。1分以内カチ飛ばしで単純なコード進行の割にメロに起伏をつけてなんかわめき散らして終わらせようという、ま、コンセプトとか歌詞とかからして、結構どうでもいい曲なんですが、ある意味ではこれもウチを体現しているような早漏メロディック。
"東京スクラップ"はこれまたさらにエゲつなくてミもフタも無い歌詞を足したかったのと、珍しくミディアムな入口のこの曲の、後半をさらにブチ飛ばして加速とかしたかったので倍尺。やっぱり倍になったところで3分足らず。PSYCHOMANIAは基本3分以上の曲はめんどくせぇと思ってます、で、もうなんでもかんでもブチ飛ばすことにしてます。
でもって"気狂いピエロ"。もう歌いだしたのと同時に放送禁止。今作では最もオリジナルパンク的な料理をしつつ、元曲よりもシンプルにサクっと。DAMNEDチックなそのアレンジが気に入ってるし、そのルーツみたいなものを感てもらえればなと。そんな中も、アタマとケツにこの曲のなんともいえない退廃した世界観を如実に表現するシゲちゃん作成のSEがキモナイス。うん、テッキンのベースラインもカッコいいよね。欲を言えば、ボーカルとかにもっとアホみたいにエフェクトとかかけてグリッグリにこの世のもんじゃないくらいにしてやりたかったというのはちょっと後悔している。
そしてDOUBLE BOGYSのカバー、"道化の華"。大方の予想に反して2枚目の"MACARONIC SPIRAL"から、元曲はDOUBLE BOGYSにしては珍しいオルタナティヴの要素みたいなものを色濃く感じる楽曲なわけですが、いや、もう元からしてその歌詞とか私の思ってるとおりの趣や言葉のチョイスでして、今、僕らがやるならこの曲しかないなと。いや、当然のように元アレンジを破壊するブチ飛ばしぶりと、エスカルゴ氏とは似ても似つかないドスの効かせっぷりは、もう申し訳ないですというしかありませんが、入り口とかにリスペクトバリバリ。なにせ俺はDOUBLE BOGYSを愛してるからなっていう思いは感じて頂きたいという。同じくDOUBLE BOGYSを愛してるテッキンもベースをプレイ。
んで、"空華"。アルペジオを多用し5フレット以内で簡略化コードっていう私の弾いてる元曲のドス暗い印象と変わり、パワーコード主体でトーンが明るいリフとかも使ったりするシゲのギターとの違いとかが如実に表れてて、だからこその新生PSYCHOMANIAって感じですかね。
で、Kei Ishikawaの曲に私が歌メロと歌詞を乗せた新曲、"Anthill minus"。minusって付いてるんですよ、文字通り引いちゃってるから。原曲の持つ、彼ら世代らしさといった、近代メロディックの旨味のようなリフやアレンジを割愛し、より加速度に特化し、さらに短いものをより短くしてみるとアラ不思議、ほんとPSYCHOMANIAチックだよねっていう。いや、こういうイジリ方して、Keiくん本当は怒ってんじゃないかなって心配ではあるんですけど。
して"Still waiting"。歌詞は全面改装、尺的にも足して、構成もかなりイジったわけだが、やべーよ、なんか3分かなり越えちゃったよ。とまあ、パンクなのに3分越えの自分たちを責めたいところではありますが、間奏のギターとか気に入ってたりするし、時にはドラマチックにメランコリックな趣とかも醸し出してみちゃおっかなと思う中年たち。
で、唯一カチ飛ばしではない"Lost"。いや、もう全編死ぬほどカチ飛ばしてむしろ死ねばいいのにくらい思ってたんで、こういうの入れなくてもいいんじゃねぇかなとかも思ってたのですが、SNUFFチックにハモンド的なアレがやりたかったし。あと、テッキンがベース弾いたらカッコいいかなとか思って。あとまあ、起伏とかってのも大事だよねとか思って。
そしてコンピにも収録した"Sundance"のアルバムバージョン。ギターもひつこいくらいにエフェクト、ボーカルもあまっあまに歌う感じで、コンピのバージョンとはかなり違うイメージかもしれません。元々、帰ってきたウルトラマンの敗北の夕焼けシーンとか、わけわかんないもの連想しながら作ったんですが、まあ、それが哀愁ラブソングみたいになるというわけの分からなさもボクらしいね。
んでもって"Rise"。最初の叩き台をシゲちゃんが持ってきたとき、妙なピコピコ音とか入ってて、それがキモおもしろかったんで、やってもやらなくてもよかったんですが、結局録ってみました。が、結果そのピコピコもちょっと中途半端な感じがしたので割愛して、もうまんまシンプルなアレンジでストレート高速になってしまいました。ましかし、そういったピコピコ音とかのイカレた加工ってのは次作ではもっとカマしてやりたいなとか、そんな次作へのモチベーションかもしれません。
そしてタイトル曲、"HighSpeedFlower"。ご存じの方は少ないと思いますが、ウチの"HighSpeedFlower"ってのは元々別の曲がありまして、まあ、しかし、後にできた当時はタイトルの違うこの曲の元曲こそ、ああこの曲こそイメージ通りだぜ、これこそ"HighSpeedFlower"ってにしとけばよかったぜっていうのが常々ありまして、そういうのも込みで今回、歌詞も全面改修の上、"HighSpeedFlower"になりました。いや、書き直した歌詞はかなり気に入ってんですよね。言葉とか今風にアレンジしたり、そうしながらも日本的な風情をブチ込んだりしてみちゃったりして。まあ、自己満ですけど。アレンジの方はけっこう難産で、元曲のノリとかってどうしても機械にはできなさそうだし、ああでもないこうでもないと。ベースも元曲と同じくテッキン本人が弾いてるんですが、まあ、やっぱり当時のノリみたいなのとかとは少し違った仕上がりになりましたね。いや、もちろん気に入ってるんですよこれも。つか、サビにかぶるギターとか超好き。
で、けいおん!、"Don't say lazy"。つかこの曲いい曲だよねって、聴くのとやるのでは大違い、キーとか上で合わせらんないし。つか、最初からわかりきってたことだけど、こうして完成してみると、もう男が歌うとほんとかわいくねぇな。そんな、かわいい感とかは台無しで、初音ミクにでも歌わせればよかったとか思う半面、やってる本人はちょっと楽しかったりして。
最後は"Anthill"限りなくオリジナルバージョン。ギターもKeiくん本人のを使用。前述のminusと比べるとこの曲本来の旨味とか感じてもらえるわけですが、そういうのはCDで買って聴いてくれという、近代的な曲でありながら、配信には含まれていないという若者には不親切な仕様、そういうとこがPSYCHOMANIAらしさ。

そんなわけで、当初の予定では、1年に2枚もフルアルバムとか出したら超カッチョいんじゃね?パンクじゃね?とか考えてて、さらに新曲を足して、ガッツリ2枚分30曲とか録ってからたて続けに出すとか大それた考えもあったりしたんですが、きっと俺、途中で間違いなく飽きちゃって、もうやめよっかとか言いかねないし、まあ、そんなわけで、いい感じのとこで切り上げてキチンと一枚って感じになりました。
つか、コレもそんなに売れ無さそうだし、一年以内に次のヤツ出せるのかっつーか、レーベル自体に明日はあるのかっつー感じなんで、まあ、次のアルバムは一体いつ頃になるか見当もつきませんが、まあ一応は継続はしてくつもりです。だってここまで好き放題自分のやりたいようにやれるのもこのバンドだけだから。つか、演歌のカバーとかもやってみたいし、もっとグリッグリに他人のやらないようなことやってなおかつブチ飛ばしてカチ飛ばすという。そんな、やりたいこともまだまだ一杯あります。

最後に、BEYONDSのレコーディングもあり、またHUSKING BEEも再活動となにかと忙しい中、ベース弾いてくれたテッキン。曲提供してくれて、特典のボカロまで作ってくれたKeiくん。そのブレない姿勢が私のレーベルの指針ともなってるBells on recordsのLOUIE氏。カバーのお願いも快くOKしてくれたDOUBLE BOGYSの皆さん。そんな、この作品の制作に快く協力してくれた皆さんに心より感謝です。


2012.5.7 PSYCHOMANIA/HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS Ku-ge


PSYCHOMANIA feat.初音ミク -Hatsune Miku singing HighSpeedFlower-
DQC-877preordersp 350

モーレツ宇宙海賊で30分経つの早すぎ。ヒキ上手すぎ。即決、即断、茉莉香ちゃん萌え。耳付きの帽子の新入生萌え。チアキちゃんにクソ萌え。こうなってくるともう、弁天丸とかオデットII世とかバルバルーサのプラモねぇのかなとかDVDとかさえ欲しい勢い。
そんな中、結構長々と根気強く続けてきたDiscography of the PSYCHOMANIAもこれにて最終回。つか、いきあたりばったりでノリだけで毎日やってきただけでちゃんと解説できてんのかもわかんないけども。しかし、こうしてみると10タイトルとか結構あんだな。まあ、もう25年とかだもんな。で、最終回はオマケの特別編。

PSYCHOMANIAの新作のタイトルナンバー、"HighSpeedFlower"を、初音ミクに歌ってもらいボク自身が喜ぶという、みっくみくに夢とロマンにあふれ、みっくみくにエキサイティングな、5月9日発売"HighSpeedFlower"オフィシャル・プレオーダー2曲入り特典CD-R。いや、もうむしろこっちをアルバムのほうに入れてやりゃあよかったぜとかってくらい思ってるし。

「BPMが139という時点で勝ちを確信しました笑」というKei Ishikawaの暗黒面であるオタサイドの手腕により生みだされた、めっさかわいい初音ミクのソロバージョン。俺のリクエストの「せぇ~の」とか入れてくれってのはモチのロン、それ以上にいろいろと全編に渡るオマケ的な合いの手とかもAwesomeな逸品。
で、あまつさえ、俺も一緒に歌いたくなったので、俺のボーカルも混ぜ合わせて、ツインドライヴフルバーストって感じ?そんなデュエット・バージョンも収録。オフイシャルで予約してくれた方のお手元にはもうすぐ届くはずなの。

つかさあ、もう機械ってのは何でもできるな。文句も言わんしな。いや、ま、その機械いぢってる人は文句言いたいのは山々だろうな。ま、なんにせよ、俺も途轍もなくボカロとか超欲しくなってきたぜ。いっそ全曲みっくみくにしてアルバムプレスしてコミケとかで売ったろかいなって勢い。

http://psychomania.bandcamp.com/track/mikuspeedflower

PSYCHOMANIA -TEST THE FAST-
testthefast 160

とにもかくにも忘れてもらっちゃあ困る5月9日にアルバム"HighSpeedFlower"をリリースに先駆けての、あくまでキャンペーンの一環的な一時的な気まぐれによる2011年のデモ音源集。7曲入りCD-R。
ちなみにこちらは"LIST THE PAST"のほうとは違い、再起動後の完全新録音の未発表スタジオ音源。当然のように、くどいようですが5月9日に発売するアルバム"HighSpeedFlower"とは、完全なる別テイク、別ミックス。つか、コンピのときと違い、今度はちゃんと屋内で録ってるので、ちゃんとしたスタジオ音源と言っていいでしょう。

まあ、再稼働後のPSYCHOMANIAは、そのスタジオ音源ってのは、同じ曲でも歌は新録だったり、ギター入れ直してたり、コンピからこっちの誰かしらの手に渡るもの、その全てが別テイクであるっていうのは暗黙の了解だったりするので、そういう意味でもアルバムとはまったくの別テイクで、ま、そういうのを楽しんだりするマニアックな御仁以外には別に必要でもなんでもないという、いわゆるそういった人たちしか楽しめないデモ音源集。

この上さらに別テイクとか存在するが、まあ、これ同様に、本編とはかなり違うかなってのは、先着DL特典の方に入れておきましたが、まあ、PSYCHOMANIAが売れまくる可能性なんて皆無なので、これらが今後世に出ることはきっと無いでしょう。

ちなみに仕様云々は先の"LIST THE PAST"とまったく同様。そう、同様に気まぐれ。

PSYCHOMANIA -LIST THE PAST-
Listthepast 160

PSYCHOMANIAの過去音源編集盤。くれぐれも5月9日にアルバム"HighSpeedFlower"をリリースに先駆けての、あくまでキャンペーンの一環的な一時的な気まぐれによる過去音源編集盤。15曲入りCD-R。
過去音源を余すことなく収録した先のThe panda that dopes it runs なんちゃらを持ってる人にとってはさほどありがたくないかもしれない過去音源編集盤。

ま、しかし、The panda that dopes なんちゃらかんちゃらに比べ、ボク自身がまあ見せていいかなってケツの穴だけ見せてる選曲なので、The panda that どうたらこうたらよりヴィヴィッドではないが、ソリッドではある作りで、割とサクっとスッキリ過去のPSYCHOMANIAってのをおさらいしてみれるという編集盤。
また、今回新作でもリテイクした過去の曲で、"FIRST STRIKE"収録以外の曲とかも入れてあるので、どんだけ変わったのかとかを比べたり、さらに改造前のオリジンやモチーフになった曲を聴いてみてふ~んってな感じの使い方をするとよろし。

ちなみに初回ロットはツルピカハイグレード紙両面印刷仕様。で、今日現在の通常版は普通紙ふたつ折仕様。で、最近はこういうのもなんか作るのもめんどくさくなったんで、まあいい感じの頃に引っこめるつもりだけど、忘れたらそのまま。全ては気まぐれ。

PSYCHOMANIA -V.A.HIGH-SPEED-FLOWER VOL.3 TOO FAST EVERYWHERE-
hsfvol.3 160j

チンコバンド自然消滅からかれこれ14年の歳月が過ぎ、Ku-geおいたんもすっかりアラ45。そんな中、まさかのファッキン再始動。
とまあそんなわけで、実に14年ぶりとなるスタジオ音源を1曲提供。つか、スタジオ音源とか言うとりますが、これスタジオで録ってないからね。つか、ガチでそこら辺の近所の公園で録音しとるから。
そんな衝撃のレコーディング風景はこちらを参照。http://highspeedflower.blog25.fc2.com/blog-entry-474.html

ま、そんなわけで、正確には屋外公園音源。FIRST STRIKEに収録していた"Sundance"をリテイクしてみました。で、なんかカッチョいんじゃね?とか、"Setting sun seems to be dance"ってサブタイとか付けてみましたよ。
しかし、いかんせんあまりにも長いブランク。歌い方とかも完ぺきに忘れちゃってるんで、なんかダミ声だね。俺以外のギタリストがちゃんといるのも何年ぶりだろね。
オマケにも一曲、"メリーゴーランド"も録ったので、そちらは当時のオフィシャル・プレオーダーの特典に収録。
まあ、そんなこんなで、ホントはこれ一発遊びで録るつもりだったのだが、これがけっこう面白かったので、ま、今のご時世、別に機械さえありゃ何でもできるし、いっちょこれから作品でもシコシコ作っていきますかってなことに相成ったわけですね。

久々の相方、ギターのシゲちゃんですが、俺とひと周りくらい歳も違うし、彼の前のキャリアであるPATLASHも、丁度PSYCHOMANIAと入れ替わりくらいに出てきたバンドだったんだけど、何故か彼は元々PSYCHOMANIAが大好きだったりして、つか、誰が喜ぶんだそんなもんという、トリビュートとかまで作ろうとしてたというなかなりマニアックなツワモノで、近年はアンダーグラウンドアイドルに曲を提供してたとか謎の経歴の持ち主、ま、そんなこんなで機械いぢりもお手のものという。とまあ、そんなわけで、これまでの自分では想像もしてなかったようなロジックの下、ガイキチ高速パンクユニットが稼働してくわけです。

PSYCHOMANIA -HISTORY OF THE PSYCHOMANIA 1988-1997 The panda that dopes it runs through at full throttle-


つか、タイトル長っ。なわけで、これまでつらつらとご紹介してきた1988~1977年までの音源を、未発表曲とかまで混ぜて、カバー曲以外はほぼ全て網羅したという、2008年の全29曲収録のガイキチCD-R。
つか収録時間及び諸般の事情により割愛したカバー曲とかアウトテイクも当時オマケでもう一枚CD-R付けたったりしたのでそれ入れるとなんと全39曲。結局つつみかくさず丸出してんこもり。その上、映像特典CD-Rとかまでオマケに付けてもうおなかいっぱい。ママ~ンもう食べれないよぉって感じ?つか、作った本人もこんなもん2時間も3時間もかけて続けて聴いたことねぇわっていうシロモン。

俺がHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSを始める前のディストロ商品で、自分でアナログ音源をデジタル化した時、ついでになんか気まぐれでおすそわけっつう感じのアレで、たぶん30枚やそこらしか出回ってないぜ。
つか、もうこんなケツの穴まで全部見せちゃうようなシロモンは、もうこれ以上版を重ねる気はないぜぇ、せっかくパンツくらいは穿こうとしてる新作のほうを聴いてほしいぜってのが本音。つか、新作買ってくれよ、つか、まあ別に聴かんでもいいから、とにかく買いさえしてくれりゃあそれでいいからってのがさらに本音。つかつか、もうほんと働きたくないでござる、楽して儲かるなんかエロイ仕事とかないですかってのが究極の本音。

こつらの作品に関しては、勝手に音源レビューさんのこつらの記事 http://cdreview.exblog.jp/9525619/ が、きちんと良心的な解釈とともに懇切丁寧に解説してくれてるんで、それを参照にしてくだちい。

PSYCHOMANIA -FIRST STRIKE-


メンバーチェンジにより、フレキシビリティとオールマイティーさが損なわれたのであれば、もう加速度のみに特化しちゃえという手法をチョイスするという実にシンプルな考え方の俺。その辺りがいわゆるメロコアチックと言えなくないんだろうなという、前作とはうってかわって、よりツタツタと哀愁にと、もう一踏ん張りして、ハイペースで曲を書き続けてCDでも一発作ろうかって感じで、苦節十年ににして初のちゃんとしプレスしたCD、1st.フルアルバム、12曲入り、1997年の作品。

まあ、それにしてもレコーディングに時間も金もかけ無さすぎ。そういう弊害も相俟っていろんなショボさも自分でもちょっと泣けるし、メタリックピロピロ世代の子たちはきっと嘲笑うんだろうなとかって思いながらも、自分としては決して嫌いになれない一枚。
いやね、ホントその直前の安定充実期に比べ、演奏力とかのスペックでかなり劣るのは一聴すれば明確なわけですが、とは言うものの、よりメロディーに重きを置き、スピード感(いや、ま、当時の全速ですが)を重視した、今日的なメロディック・ハードコアのスタイルをこの時期にして、それも個性的に目指してるってのは、自分としても客観的に評価してあげるべきだとは思ってる。
またこのサウンドにして、当時でも主流になることが予測されたUSメロコアチックさを完全排除するという暴挙に出て、とにかく欧州、特にUKメロディックやSWEDENのモノとかの趣のみを徹底追及、つまりアグレッシヴ湿り気、黒さと暗さ全開、でもってよりいっそう日本語の歌として成立させてやろうという、その心意気だけは感じてもらいたい一枚なわけで。アルペジオ高速とかも斬新だったはずなんだよ当時は。いかんせん下手なのがタマにキズなんだけどもね、テヘ♡
それにしてもレコーディング前日に作った曲とか、そのレコーディングの日のリハんときに思いついてデッチあげたインストとか入れたりすんのは、あまりにも非常識、そういう意味でも粗っぽさといい加減さがないまぜになり、まあ、苦節十年とか言うとるわりに、パンクなんか元々そんなもんだろうがよとかって押し切っちゃってる辺りがこの頃の俺もやっぱ非常識。で、10曲以上の曲をなんかもう8時間以内で録っちゃってるのも非常識。
しかしながら、俺がほぼ一人で全てをコントロールし、PSYCHOMANIA史上、ある意味最も苦戦を強いられてたんじゃないかとかって思いとは裏腹に、非常に愛着のあるメンバーと楽曲群。

まあ、しかしね、この頃に書いてた曲ってのは、これが自分のやりたかったことだし、今でも決して間違って無かったと思えるし、そういう意味でも、この作品の持ついろんなショボさとか臭さってのはとてつもなく可愛い反面、もっとどうにかなんだろうにってのもあるわけでしてね。
なわけで、当時は思いもよらなかったわけですが、15年もたった今、コレに収録の大半の曲をリテイクとかしてみるわけですよ。

http://hsfr.jp/contents/0/img_1335667974231430.jpg

過去の記事
http://highspeedflower.blog25.fc2.com/blog-entry-104.html

他の方の論評
http://zodiacrecordzpunxoxo.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
http://blog.livedoor.jp/theindecisionalarm/archives/65130715.html
http://cdreview.exblog.jp/9324957/
http://mblg.tv/tgattgat/entry/186/
http://droors33jp.blog28.fc2.com/blog-entry-126.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。