High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ASADO - EQUIPPED TO FAIL


ああ、待ちに待っておりましたよ。カナダの高速メロディックハードコア、ASADO、最新2nd.フルアルバム、5月15日にBELLS ON RECORDSより発売されました。
高速にしてメロディアス、テクニカルにしてプログレッシヴといった、ガッツリ楽しみながら聴くには、もうほぼ完璧といっていいこのバンド。まあ、3DAYBINGEのボーカリストでもあるRJ師匠のそのよろしく哀愁な歌声だけでも、STRUNG OUTのJason先生とかと同じで、もうなんでもアリとか思えちゃうので、前作同様、絶賛しかしないよボクは。

ま、プログレッシヴといえば、最近はあまりに斬新すぎちゃったりする人とかもお見かけしたりもしますが、この人たちのプログレッシヴさってのは、その緻密なアレンジだとか、自由なアプローチであるとか、そのアンサンブルに非常に巧みに新しいものも取り入れてるという印象を受けるわけで、だから決して聴きづらいとかそういうことが一切ないの。というか、めまぐるしい展開の中にも、その根幹に疾走するロックン・ロール的な感覚があって、そういうのがとても心地よいわけです。そういう点に於いては、この新作では、前作では全く匂わなかったとも言える、3DAYBINGE風味なとこも多少の匂いはしてるというね。
また、前作ではメタリックな部分とかエッジが効いてる部分がかなり全面に押し出されてた感がありましたが、アルペジオ増しな本作では、前述したようなその根幹の部分がよりわかりやすくなったように感じます。
そういう意味では、今作では心地よさとか気持ちよさ増し、やらしさでいうと前作ということになりますかね。ま、もちろん両方とも大好きなんですけども。
以前つまみで試聴した時には、ちょっと落ち着いたかなとかも思ったりもしたのですが、ところがどっこい、もう至る所にフックを効かせつつ、全編にわたりカチ飛ばしのブチ飛ばし、その上、この歌、この声なんで、メロディアス極まる高速モノという他ないであります。
そんなブチ飛ばしながらも、その深みと奥行をじっくりと味わいたい、大人の高速メロディック・ハードコアといった満足と満喫の一枚。


過去の記事 http://highspeedflower.blog25.fc2.com/blog-entry-119.html

ASADO http://asado.ca/
ASADO facebook http://www.facebook.com/Asadoband

スポンサーサイト
NEUTRAL/THE THIRD COMPROMISE 発売です!!


NEUTRAL/THE THIRD COMPROMISE
ニュートラル/ザ・サード・コンプロマイス

HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS
発売日/配信開始日:2013年5月8日 CD 全17曲収録/配信 全17曲
品番:DQC-1054 価格:\1,890(税込み) POSコード:4543034034871
流通: BounDEE by SSNW

01.Lip synch country
02.Forest
03.No title 07
04.15 minutes ago
05.Finally Found
06.Muddily
07.Move about in confusion
08.Take back Jessica
09.The key to myself
10.Mountain pear
11.Not be concerned
12.fALL
13.I want to be...
14.Technology
15.Distrust
16.Practice time (Bonus track)
17.Nothing Changes -Live 20120923- (Bonus track)

CAFFEINE BOMB RECORDSからHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSへ、活動の場を新たに、より自由に、さらに深く、NEUTRAL再始動!!
極上のメロディーと蹴躓きそうなリズムを引っさげ、懐かしい匂いを撒き散らす2nd.フル・アルバム!!
For fans of LAG WAGON,ALL,DESCENDENTS,NO USE FOR ANAME ...and all '90's melodic hardcore freaks!


HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS ONLINE SHOP http://hsfr.cart.fc2.com/ca1/154/p-r-s/

全国CDショップ、オンライン・ショップ各店でも予約開始されております。
Amazon http://www.amazon.co.jp/THE-THIRD-COMPROMISE-NEUTRAL/dp/B00BJLD1LO/ref=ntt_mus_dp_dpt_1
TOWER RECORDS http://tower.jp/item/3222288/THE-THIRD-COMPROMISE
HMV http://www.hmv.co.jp/artist_NEUTRAL_000000000351956/item_THE-THIRD-COMPROMISE_5361781
disk union http://diskunion.net/punk/ct/detail/XAT-1245582262


というわけで、NEUTRAL、2nd.full-length "THE THIRD COMPROMISE"が本日より全国発売です。
このHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSのリリースの中でも、ひときわ'90年代の匂いやテイストを感じさせてくれる、当レーベルのサウンドのファンはもとより、'90年代のあの頃のメロディック・ハードコアを愛する皆さんに、存分に楽しんで頂ける一枚に仕上がっていると思います。
より自由な発想と自由なスタンスを持って、ここに生まれ変わった新生NEUTRAL。結成15年目を迎え、まだまだパンクを追求し、パンクを楽しみ尽くしていく、彼等の最新作。ぜひ、お手にとって頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

NEUTRAL Official http://www.neutralrock.com/
NEUTRAL audioleaf http://www.audioleaf.com/neutralrock/

NEUTRAL - THE THIRD COMPROMISE


CAFFEINE BOMB RECORDSから、このHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSに移籍し、今年で結成15年目を迎えるNEUTRAL。彼等にとっては2枚目となるフルレングス"THE THIRD COMPROMISE"。NEUTRALの新しい形、そして今を体現した最新作。

CAFFEINE BOMB RECORDS時代は、メタリックな要素も多分に含んだ日本の高速メロディック・ハードコアの奔りとして、その高い完成度やテクニカルさが際立っていた印象だが、2010年以降、現在のラインナップになってからは、彼等はその方向性を大きく変えていくことになる。
メンバーチェンジ後の彼等は、そのフェイヴァリットとする初期のLAG WAGONにも通じる、また、'90年代の欧州のメロディックなどを感じさせる、そんなどこか懐かしい匂いのするメロディック・ハードコア・サウンドを基盤に、以前からも時折垣間見せていた、ALL/DESCENDENTSを感じさせるフックの効いた楽曲も交え、その最大の魅力でもある良質なメロディーにより磨きをかけていく。
彼等が以前の高い演奏力やその確立されたサウンドプロデュースと引き換えに手にしたものは、より個性的なアレンジとアプローチであり、その自由な発想と自由なスタンスだと言えるのかもしれない。

1998年、山梨で結成、地元を中心にマイペースに活動を続けてきたNEUTRAL。結成翌年に4曲入りのSELF TITLE MAXIをリリース。2001年にMAXI SINGLE "FAST MIND"リリース、2002年に配布用DEMO、2004年に1ST. DEMO SINGLEを自主制作によりリリース。
その後、CAFFEINE BOMB RECORDSと契約した彼等は、2006年に初のフルレングスにして初の一般流通作品となる"Work Out A Compromise"をリリース。2008年には結成10周年の記念作となるミニアルバム"Compromised oneself"をリリースする。
幾度かのメンバーチェンジの後、2010年以降の現在の、大高 佑輔(Vo./G.)、服部 大樹(B.)、五味 慎一(G.)、河野 和幸(D.)というラインナップになり、それと共にそのサウンドも大幅に変わって行くことになる。その新しい布陣により、完全な自主制作としてフリーな立場で2011年にリリースした、"All B-side Compromise Disc E.p"は、そんな彼等の新しいスタイルを存分に見せてくれる5曲を収録し、本作へと繋がる布石ともいえる、新しいNEUTRAL、そしてこれからのNEUTRALといったものを見せてくれた作品でもある。そして、同年、当レーベルよりリリースした、"HIGH-SPEED-FLOWER VOL.3 -TOO FAST EVERYWHERE-"に新曲"Distrust"で参加。そして、このHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSに活動の場を移し、より自由に、そしてマイペースに活動を続けていくわけである。

そして本作、この"THE THIRD COMPROMISE"。
オープニングは哀愁のメロディーと疾走感の"Lip synch country"で幕を開ける。そう言葉にすると、以前の彼等の作品とまったく同様の印象を受けるかもしれないが、おそらく一聴していただけるだけで、その質感が違うということを理解していただけるだろう。
決して先鋭的でなくとも、全速で突っ走ろうとする疾走感、至るところに垣間見れる、どこか懐かしいフレーズ、その良質なメロディーを、肩の力が抜き、より滑らかに歌い上げるボーカルスタイルとコーラスワーク。それらはより一層、初期のLAG WAGONなどを彷彿とさせてくれる、'90年代ドストライクのサウンドなのではないかと思う。
続く"Forest"も疾走感のあるナンバーながら、どこか懐かしさや優しさを感じさせてくれる、これまでの彼等とは一線を画す、これからの彼等を体現したかのような、彼等自らが推し曲とするに相応しいパンク・ナンバーに仕上がっている。
"No title 07"は、ALL/DESCENDENTS的な入口と出口でハードパートを挟むフックの効いたショートチューン。"15 minutes ago"も同様にALL/DESCENDENTSの趣を感じさせながら、そこに彼等のメロディアスさといったものを詰め込んだスタイル。そしてサビあたりに歌モノとして起伏を魅せるミッド、"Finally Found"。ハードなリズムから、落ち着きのあるメロディーへ、そしてまたfastへとぶっ飛ばしていく"Muddily"。そしてショートチューンのインスト"Move about in confusion"。ここまでの件は、彼等のALL/DESCENDENTSフォロワーとしての要素が、以前にも増して如実に前面に押し出されている展開であると思う。
"Take back Jessica"は'90年代の海外のメロディック感も丸出しの展開やそのアプローチ、昨今の流れからすると、この辺りにも、もはやオールドスクールとも言えるかもしれない、'90sメロディック・ハードコアへの彼等の愛情というやつが存分に窺えるだろう。
続く"The key to myself"は、現在の彼等のそのメロディーの円熟感や、カッコよさより味でしょうといった姿勢すらも見え隠れするミッド。
そして、"Mountain pear"は、ポッと聴き、英語なのか日本語なのかもわかんないという、実に面白い歌唱で飛ばすFastチューン。その歌詞は彼らにしては珍しい日本語なわけだが、そこに甲州弁なども織り交ぜてるらしく、一種独特の雰囲気を醸し出している。この辺も今の彼らにだからこそできる、新しく、そして実験的な試みなのだろう。
そしてハードコア・アプローチのショート・チューン"Not be concerned"。そしてALL/DESCENDENTSフォロワー特有の変態感すらも匂わせる"fALL"。アコースティックで22秒"I want to be..."。ALLの"Just Perfect"あたりを彷彿とさせるギターフレーズで始まる"Technology"。そして当レーベルのV.A.にも収録のメロディック・ハードコア・ナンバー"Distrust"のニューバージョン。
この起伏こそが、この新しいNEUTRL。それにしても、なに?この溢れる'90sメロディックへの愛(笑)。
時代の流れに逆らい、今一度、自由奔放に己が愛するパンク・ロックを自分たちのスタイルでマイペースに体現していこうとするこのNEUTRAL。そんな彼等の在り様が、個人的にはもうホント痛快なわけです。

一概には言えないだろうけど、昨今の日本、いや海外ですらも、メロディック・ハードコアなるものと言えば、メタリックでメロディアスで高速でって、まあ、そういった形容以外に何も思い浮かばないし、SATANIC SURFERSやBELVEDERE以降のサウンドにしかインスパイアされず、それらをなぞっているようにしか見受けられない若い人たちが圧倒的に多いと思うわけで。
私なんかの世代のオリジナル・パンクから始まって、パンクというサウンドのその流れとしてメロディック・ハードコアという捉え方からすると、そこに突出した個性も年々見い出せなくなってきてるし、今の自分の生業として、そういったパンクの新しい形を提供していく立場にありながらも、一個人のパンクスとしての自分には、そこにどこかしっくりこない居心地の悪さとかってのを感じてしまうわけで。
もちろん、そうなってしまったのは、きっと私なんかにも責任の一端はあるのかもしれないし、そもそもなにもマニアックになれとか言ってるわけではないんですよ。ただね、時代錯誤な言い方になってしまうかもしれなくて申し訳ありませんけども、ボクの若いころは、パンクって、そんなテクニック云々なんてものどうでもよかったし、ただパンクが好きでこれしかやれないって人たちばっかだったと思うんですよ。
そして'90年代とかでも、そういうただ好きなだけで突っ走ってた可愛いバカとかがいっぱいいた思うんですよね。

だからこその今、このNEUTRAL。これまで持っていいたモノをかなぐり捨て、テクニックシカト上等と勝手に自由気ままにブッ飛ばす可愛いバカ共、そんな私の大好きなパンクバカであるこの新生NEUTRALの新しい作品"THE THIRD COMPROMISE"を、彼等以上にどうしようもないバカなパンクスがやってるHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSからリリースしました。


2013.5.6 HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS Ku-ge

NEUTRAL Discography
neutral fastmind
s.t. maxi(1999)
結成の翌年、最初期に自主製作によりリリースされた4曲入りマキシ。
一曲目から、後の彼らとはかなり印象の違う明るめの曲から始まる本作。その他の曲などからは、そのメロディーなど所々にその後の片鱗といったものが見えなくもないが、最初期の作品ということもあり、当然のようにその完成度の高さやバランスの良さといったものはまだ希薄ではある。また、その若さゆえ、やりたいこと、やるべきこといった、目標が定まっていないといった印象は否めない。
この後、高速メロコア的完成度を格段に増していく彼らからは想像もつかない、パンク的な生臭さと青臭さが感じられる一枚。

neutral fastmind
Fast mind maxi(2001)
きちんとプレスされた、セルフ・リリースの100枚限定マキシシングル。今となってはかなりレアな、おそらくコレクター垂涎の一枚。
西海岸を思わす、明るいトーンのメロコア・チューに始まり、二曲目は最近では同様にUS的なものを感じさせながら、いわゆる翳りのあるシブいナンバーを披露。3曲目では変則的なリズムや構成も内包したフックを効かせ、心地よい疾走感を携えるラスト・ナンバー、で、ボートラ。
前スタジオ作から2年、その演奏技術も構成力といったものも格段に進歩し、メロコア的要素も圧倒的に増した色々とカッチリとした印象を受ける作品。

neutral fastmind
配布用Demo (2002)
当時、配布用として録音された、2曲入りCD-R。
ポップパンク心をくすぐる"Enjoy"という楽曲と、後にアルバム"Work Out A Compromise"にも収録される"Remember 1985"の2曲を収録。      
その楽曲は徐々に完成度を増しながらも、前マキシに比べるとラフな印象の質感ではある。 本人曰く非常に出回り数の少ない一枚。

neutral fastmind
1st. Demo single (2004)
これまた、前作同様、ディスコグラフィーから外しちゃってもいいって本人が言うくらいの出回り数の少ないデモ音源。
次作"Work Out A Compromise"に収録の、"I was waiting for you"と"She is..."の2曲のデモバージョンを収録。
ボーカルの感じは確かに"Work Out A Compromise"のほうが良いような気がするが、中から下が響いてる感じのする音作りの"Work Out A Compromise"に比べ、このデモに於ける、全体的に抜けの良いサウンド・プロデュースが実は個人的にはかなりの好み。

neutral workoutacompromise
Work Out A Compromise (2006)
この手のサウンドを中心に扱っているレーベルとしては最大手のCOFFEIN BOMB RECORDSと契約、初のフルレングスにして、初の全国流通のオフィシャル音源。
その曲の完成度といい、ツボを抑えた演奏といい、より近代的な、ジャパニーズ・高速メロディック・ハードコアの奔りとしての意味合いも含め、その旨味の詰まった一枚。
時折みせる甘酸っぱさなども感じさせるポップ・パンク的な楽曲や、DESCENDENTSのようなフックの効いたアレンジの曲なども挟みながら、基本、翳りのあるメロディー・ラインとカッコいいフレーズで飛ばすナンバーで、全編にブッ飛ばす、メロディアスにして高速な、前期NEUTRAのテクニカルさとグッドなメロディーが混然一体となった、実にバランスのとれた良作。

newtral compromisedoneself
Compromised Oneself (2008)
一曲目冒頭からして、そのメタリック感も増幅した、結成10周年を記念するミニアルバム。
基本的には前作の路線を踏襲しつつ、そのメタリック感とともにラウド感といったものも増幅され、最近よく見られる、いわゆるメロディック・ハードコア・バンドの素養といったものが、より如実により的確に表現されている。
そのスピード感とハードさといったものが全面に出ており、男のメロコア的にはバシっとハマるし、前作に続き、とてもカッコいい作品だと思うのだが、彼等の別の持ち味である、ポップさを内包した色気みたいなものがもう少し前に出てればななどと思ったりもする。

neutral abcdep
All B-side Compromise Disc E.p (2011)
メンバー・チェンジ後、COFFEINBOMB RECORDSを離れ、完全自主制作によりリリースされた、これからのNEUTRALの方向性を打ち出そうとする5曲入りEP。
COFFEIN BOMB時代のメタリックにして高速でといった、いわゆる近代メロディック・ハードコアの王道といった路線、そのイメージを完全に払拭するという、大幅にして大胆なモデル・チェンジ。
そのグッドなメロディーは変わること無く、彼等のフェイヴァリットであるALL/DESCENDENT色が全面に押し出され、また、'90年代の懐かしい心地良さといったものを感じさせてくれる、いわゆる現代の時流とはその方向性を異にした、もうひとつのメロディック・ハードコア・サウンドを模索していく。
テクニカルさとかメタリックさとは無縁の、己が愛する古き良きメロディック・ハードコアを追求していくという、今後のNEUTRALの、そして新たなる作品への布石ともいえる一枚。


NEUTRAL Official http://www.neutralrock.com/
NEUTRAL audioleaf http://www.audioleaf.com/neutralrock/
NEUTRALのはっとりくんがいきなり俺を訪ねてきましたよ
DSC_0122 t

そう、一昨日いきなり。なんの連絡も無く。電話があったのは大分に着いてから。いやいやいや、俺んち大分県ですよ。で、この人、山梨のバンドで今は横浜に住んでますよ。
つか、いきなり「今、中津にいるんですけど」とか、ようこそ大分県へ!ってなってから電話かけてくるよ、この人。狂ってるね、いや、狂ってるでしょ。
「今から時間とれますか?」って、そりゃもう時間はたっぷりあるんだけどね。ボク、今、美智子さまとおんなじ「頸椎症性神経根症」だから、家で安静にしてるからね。
つか、中津ってほとんど福岡だぞ。だから、せめて事前に連絡してこいっつうの。さすがにこの身体で中津まで車で迎えになんていけねぇので、どうにか大分市街地まで来てもらって、そっから車で迎えに行って俺んちまで連れてきました。
いや、その日の朝、「ちょっくら西の方に一人旅してきます!1泊2日ですが。」という彼のツイートを見たので、ちょっと嫌な予感はしてたんですよ、でも、まさか、本当にやってくるとは...

で、俺んち来てからも、この人、HELIUM(BODYJARの前身ね)の本物初めて見たとか言って狂喜乱舞しながらジャケを写メっとるし、机の上にVENEREAの昔のヤツとか並べて写メっとるし、なんかCD棚とかまで写メっとるし、MILLENCOLINとかRANDYの昔のEPとかくれとかいう言うとるし、まあ、狂い過ぎ。
俺がパソコンつけてせっかく見せてやろうと思ったHQ洋エロコレクションとかはガン無視(笑) そのデカいパソコンの外観や外付けHDとかシステムにしか一切興味を示さないぞ。
俺はこの時、ああコイツは結婚とかできねぇだろうなぁ、と確信しましたね(笑)。つかそもそもこの男についてく女とか菩薩か観音様だよね、そんなのいたら俺が彼女にするわ。
んでもって、半ば、トホホってなってる俺から、まんまとMILLENCOLINの"Story of my life"のEPをせしめ、鶏のネギソース定食大盛りを食って、ご満悦で帰っていきましたよ、めでたし、めでたし。
いや、かく言う俺も、彼からNEUTRALの最初期の自主CDの原盤とか、オリジナルグッズ詰め合わせとかもらってご満悦といえば、ご満悦なんすけどね。それにしても肩が痛ぇし疲れたし。

ま、しかし、そんなこと言いつつ、リリースをしてもらう以上、せめて直接会って挨拶くらいはしておかないとという、彼のその心意気、その行動力、それはAmazingにしてAwesomeというしかないだろうね、うん。
彼等のそのサウンドはもちろん、そんな律義な姿勢や、突拍子もない行動も、実にパンクだと思うし、ボクも大好きなわけで。
それじゃなくてもこの男はしょっちゅう電話かけてくっから、コンセンサスは図れてるし、つか、ほとんどリリースに関係ないCDとかバンドの話してますけども、そんな彼と実際会って話できたということは実に有意義であるし、なにより、遠路はるばる、ただこれだけのために、こんな田舎まで会いに来てくれるヤツもいるんだなということは、レーベルやっててよかったよねとか久々に思えることだしね。

ただ、他の良い子のみんなはマネしちゃダメだよ。そもそも外人とかに来られたらホント困るから。Gregあたりはマジで来かねんし。まあ、日本の人もわざわざ挨拶だけとかで来なくていいからね。まあ、LIVEだとか遊びがてらとかで来るんなら別に来てもいいんだけど。でもお値打ちCDはあげないからね。で、とにかく、前もって予定をせめて数日前に電話してくるように(笑)

ま、そんなわけで、そんなはっとりくん率いるNEUTRALの"The third compromise"は、私のHIGH-SPEED-FLOWER RECORDSから、もうすぐの5月8日、全国発売です。
よろしくお願いします。

NEUTRAL Hattori twitter https://twitter.com/NEUTRAL_BASS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。