High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
XRADE -DEMO 2008-


その抜群の高速感、エモーショナルなメロディー、栃木県は宇都宮から、高速メロディック・ハードコア・ファンにはたまらなバンドが出てきました。このXRADEです。
MySpaceにアップされてる一曲を聴いただけでも、ノック・アウトされることは間違いないであろう、メロディアスで高速なその楽曲に、私もノック・アウトされた一人で、mixiなどやっておらず、何かと開かれていないオッサンの私は、勝手に音源レビューのNikolaさんを通じて、彼らのこのデモを入手した次第であります。いや、もうこんな良いバンド発掘できるのなら、mixiやろうかなとかさえ思ってしまいます。

XRADEは、GRINDSEASONとRELICいう、2つのバンドが解散した後、「速くてメロディックでメタリックな音楽がやりたい」という意思の元、SLICKとEDGEを中心に、2006年に結成された、高速メロディック・ハードコア・バンドです。 結成当初、ギタリストにTOO CLOSE TO SEEのスタッフであるKxWxTx氏がいましたが、諸事情により脱退。時期を同じくし、ギターにCNTを迎え、SLICK(B. & Vo.)、EDGE(G.)、CNT(G.)、KYONTEGRA(Dr.)の4人の現ラインナップとなっています。
影響を受たバンドとして、NO USE FOR A NAME、STRUNG OUT、BERVEDERE、STRAIGHTEN THINGS OUTの名を挙げ、また、その他多くのメロディック・パンクやハードコアにも影響を受けたと語るとおり、彼らのサウンドは、その近代高速メロディック・ハードコアを踏襲した、メロディアスで疾走感を持った、非常にカッコいいスタイルを備えています。

初の音源の上、しかもデモの配布作品にして、既にこういった高速メロディック・ハードコアをテーマにした、ブログ各所でも大きく取り上げられるなど、情報通の高速メロディック・ファンの方々からは、高い評価を受け、まさに話題も評価も急上昇している感すらありますが、その反響の大きさに本人たちは少し困惑気味であったりするようで、メンバーのEDGEとのやり取りでも、彼らの謙虚な姿勢がよく分かるのですが、名刺代わりのこの作品での彼らのサウンドは、そういった反響も充分に納得できる、非常にカッコいい、ストロングで、ドラマチックで、メロディアスな4曲です。
その凝ったSEにパンクの美学といったものを感じる、一気に加速するインスト・ナンバー"Intro"。間髪入れずになだれ込む、ハード高速メロディック"The Worst Mistake"、そして今、彼らの楽曲の中で最も聴かれているであろう、彼らの自信のナンバー"One,s Choice is Unknown"。ちなみにMySpaceにアップされているナンバーは"The Worst Mistake"となっていますが、MySpaceで視聴できる曲は"One,s Choice is Unknown"が正解です。彼らの友人がやっちまったらしいのですが、もう修正されてるかな。そして、じっくりと歌い上げる少し速度を緩めた、作品のラストを飾る"Look on the Bright Side"。彼らはこの初の音源で、圧倒的高速感を誇るとともに、骨太なストロング・スタイルさえも感じさせてくれる、メロディアス・ワールドを展開しています。
メタリックかつ厚みのあるサウンド、ストロングなコーラス・ワークとともに、その叙情的で、時には繊細さすら感じるメロディーは、日本のこの手のバンドでは、結構珍しいタイプであろうSLICKの、豊潤に歌い上げる深いボーカルも相俟って、XRADEの高速メロディック・サウンドを非常に魅力的なものにしていると思います。
彼らもまた、メタリックともとれるそのサウンドの中に、STRUNG OUTなどに感じるパンク・スピリッツといったものを感じ取る事ができます。そうしたパンクの部分は持っておきたいと、EDGEが語っているように、私も彼らをパンクバンドとして捉えてます。
今後、彼らがどのような変遷を見せるのかは、わかりませんが、もう、誰も言わないのなら、私が言っちまいましょう、現時点での彼らは、日本の次世代を担うサウンドを携えた、日本のSTRUNG OUTであると。オープニングのS.E.といい、ラスト・ナンバーのリフといい、私は本当に彼らにSTRUNG OUTの影を見ます。
少なくとも私は、この中毒性のあるリピート訴求性に、そう言わずにはいられません。

「より多くの人に聴いてもらいたい」と言う彼らの意向の元、そうしたSNSなどを通じて、彼らの評判や噂を耳にした高速メロディック・ファンの元へ、彼ら自身の手で送り届けられてきて、じわじわと話題や評価を得つつある現状ですが、今後はそういったSNSをされていない方でも簡単に入手できるような、新展開も待っており、今後の彼らの動向から目が離せないところです。また、次なる音源にも期待が高まるところです。
また当ブログでも、ぜひとも応援していきたい、日本の最注目の高速メロディック・ハードコア、そしてパンクバンドのひとつであります。ぜひ、そのカッコいいサウンドを一聴ください。

LIVE!! 8/2(sat) utsunomiya HELLO DOLLY 18:00/18:30 ¥1500/¥1800 1DRINK¥500

XRADE MySpace http://www.myspace.com/xrade

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このデモ軽く20回はリピートしました。笑
ほんと今後の動きに目が離せないですよね~!

そして、もうこの記事、バイオグラフィー並に細かくて分りやすいですv-21

mixiは結構情報量が多いので役立ちます^^ 気がむいたらやってみてはどうでしょう?笑
2008/07/30(水) 11:42:55 | URL | Nikola #qj1dUYK6[ 編集]
>Nikolaさん
私も連続再生とかしてしまいます。ASADOとかと同じく、もう歌えるかもしれません(笑)

私の変質的講釈を完遂させるべく、わざわざ、EDGEクンに資料を送っていただいたという、力の入れようです。楽しんでいただければ、なによりです。今後ともストーカー行為(笑)は継続して、最新情報とか配信していきたいのはやまやまですが、EDGEクンからのメール次第です。

mixiは... う~ん、どうしようかな。マイスペなどもほったらかしなので、何かと自信がないオジサンです。
2008/07/30(水) 14:48:54 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。