High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空華という男。


だめだ、ぽ~にょぽ~にょぽにょさかなのこ~♪ってのが頭をはなれねぇ、仕事をしていてもつい口づさんでる自分がいるぜって、そんな中、今日は99回目の更新だったりして、100回目はなんか面白いこと考えつかないかなとか、ついつい考えてしまうオジサンなのですが、なんか今日もぽにょが頭を離れないので、いきなり私の正面写真です。
XRADEのおかげでせっかく回ったカウンターも台無しになりそうな、フルテンションからご臨終ってな感じですが、もう、顔とか見られたところで、別にどーでもいいし、かまやしないんですが、やっぱ青少年とかにはキッついかもしれないので、モザイクを施してみました。というか、黒塗りのせいで余計にストロングさが倍増してしまいました。
金髪のモヒカンとか、一般生活でお目にかかることは極めて稀であろうと思われ、ましてや年末には齢41歳を迎えるのに、今だこのヘアー・スタイルなのには、皆さんの賛否も分かれるところでしょう。こんな男が毎日、毎日、せこせこと、考えられうるボキャブラリーを駆使しながら、丁寧な言葉使いで、ネチネチとした湿った文章を書いているとは、きっと想像がつかず、驚きと衝撃を持ってインパクトを与えるのは、想像に難くないと思います。その上ケータイ捜査官7に萌えだわ、ROOKIESなき後、ヤスコとケンジしか楽しみがなかったり、あまつさえ、プリキュアとかも観ている始末です。最近の好きなタレントは水川あさみです。ねっ、エネゴリくん。

ちなみにこの写真は少し前のモノなのですが、現在はもっとモヒカンの幅が狭く、エッジが効いてて、さらにストロングかつアグレッシヴです。金髪のモヒカンなんて、非常に金がかかりそうですが、実際のところ、全くもって経済的で、週に2回ほど、ヒゲ剃りと一緒に電気シェーバーでやっつけるだけで、それは非常にテクニカルかつハイスピードです。散髪には年1、2回ほど行くだけですし、ブリーチも自分で塗りたくって、こ一時間ほどヒリヒリすればいいだけなので、全く金がかかりません、実質700円未満。極貧生活にはうってつけです。
思えば、2002年のワールドカップの時からなので、もうかれこれ6年間、この髪型だったりします。当時、日本を席捲した、ベッカムさまがソフト・モヒカンなる、クソッこジャレたヘアー・スタイルをしていて、それに対するアンチテーゼといった趣で、ウチのお客さんに「モヒカンにソフトもハードもあるか、クソダラァッ! 俺が真のモヒカンっちゅうのを見せちゃんわいっ!グルァッ!!」的なやり取りが、そもそものきっかけです。実際の私生活での私はそんな話し方で、見た目通りの性格で、お金を落としてくれる人意外には、全く興味も愛想もありません。と、それは置いといて、ともかく、さらなるオシャレ小僧との差別化と、スピード感とポップさと追求するためには、さらに個性を際立たせることが必要であると考えた私は、スウェーデンのユングベリにインスパイアされて、赤紫に染髪したのですが、当時近所のファミマの可愛い店員さんに、「戸田のファンなんですね」ってニッコリ笑って言われちゃったので、赤紫のPunk meets Ljungbergを断念。金髪に落ち着いたのでした。
基本的に何かと面倒臭がりの私は、その経済的な面もさることながら、何もせずとも戦わずして勝てたりする楽勝っぷりが、非常に気に入っており、どこに行っても店員さんとか親切だし、立ち読みとかも実にゆっくりと、広いスペースでできたり、基本、お年寄り意外には誰にも話しかけられず、すごく快適です。しかし、お年寄りは本当に話しかけてきますね、なぜか。もちろんちゃんと答えてあげますよ、「これは楕円形脱毛症といって、真ん中以外髪生えない」とか、「俺は実はママがイギリス人で、パパがドイツ人なので、もともとこういう髪の色で、チン毛も金だ」とか、本当にキチンと話してあげます。
すっかり気に入っちゃって、今なお続くこの金髪のモヒカン、通称ネイティブ・アメリカン・サンセット・カラード・ロング・モホークは、現在では、ウチのガシャポン屋のお客さんからも、それが当然の姿かのごとく受け入れられ、まさに日常に溶け込んだイメージとなり、万一そのモヒカンが無くなったとき、それは大好きなバンドが解散してしまったかのような、多大なる失望と喪失感で受け止められるでしょう。って、他人のアタマなんぞ、そんな気にして見てる人はいねぇし、全くどーでもいい感じです。

というか、なんでこんなくっだらねぇ話だと、キーを叩く手が鬼のように走るのか、自分でもそのヨタ話の手腕にホレボレしますが、今日は本来、誰も興味はないかもしれませんが、私の人となりでも語っちゃおうかなとか思っていたのですが、モヒカンについてだけで、こんなに書いちゃったという体たらくです。私のHNの「くうげ」の意味だとか、私が小学校4年から、おこづかいでタバコを買っていたような、というか、小学6年生の頃は、おこづかいでジャンプと爆竹とロケット花火とタバコくらいしか買わなかったなとか、まぁ、そんな大の愛煙家で、タバコを取られると死んでしまうだとか、私の飲んでいる缶コーヒーは、サンガリアの炭焼珈琲微糖で、スーパーキッドだとなんと39円!、こりゃあ自動販売機なんかでジュースなんて買えないよねだとかって、やっぱどうでもいいようなくだらない話しなので、ま、いっか。そんな中、ちょっといいコト思いついたので、明日もなんかくだらない感じでいくと思うし。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。こちらでは初めまして。

モヒカンについてここまで長文を書けるKu‐geさんにもう畏敬の念しか感じません。
ネイティブ・アメリカン・サンセット・カラード・ロング・モホーク a.k.a NASCLMの人に実生活ではお目にかかる事、滅多にないのですが、皆さんしっかり生活されているんだな~と知れて良かったです。
ありがとう。
2008/08/03(日) 16:34:11 | URL | 郁 #-[ 編集]
>郁さん
コメントありがとうございます。
なぜここまで、くだらない事がスラスラと書けるのか、最近自分でもよく分からなくなってきています。
店のあまりの閑古鳥っぷりに、しっかり生活できているかは、あまり自信がありませんが、それでも、なんとか生きてのびてますよ(笑)
2008/08/03(日) 18:52:21 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
大分には凄い漢がいることを再確認しました。笑

生ぬるいモヒカン野郎達に見せ付けたいですね~!笑
2008/08/08(金) 12:20:21 | URL | Nikola #-[ 編集]
>Nikolaさん
ちなみに大分にはもう一人、モヒカンの生息を確認しています。なんか、車ですれ違ったし。
眼鏡をかけた、さらに希少種でした。

私はと言えば、その風貌からは想像もつかないほど、中身は激しく、生ユルいんですけどね(笑)
2008/08/08(金) 16:35:22 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。