High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
USELESS I.D. -THE LOST BROKEN BONES-


イスラエルのバンドといった肩書きなど、もはや全く無用なほど、その素晴らしいメロディー・センスで、世界中で支持され、メロディック・パンク/ハードコアの代表格、または大御所とも言える存在にまで成長した、このUSELESS I.D.。
'04年の"Redemption"以来の、実に4年ぶりとなる、注目と待望の新作フルアルバムは、ストイックにして、ダーク、ハードにして、シビアな視点で、哀愁とともに、怒り、混沌、孤独、悲しみ、苛立ちを、熱く歌い上げる、ミディアム中心の作品になりました。

もう、既に説明すら不要な感すらありますが、USELESS I.D.は'95年に結成された、イスラエルのバンドです。'97年に自らの立ち上げたレーベルFalafel Recordsから、1st."Dead's Not Punk"をリリース。1000枚限定の激レア作品でした。このアルバムはYo Yoからリイシューされ、日本でも'03年にBULLIONから国内盤が出ています。Falafel時代、ボーカルは現在のYotamではなく、Guyが担当し、そして'99年に"Get in the Pita Bread Pit"をFalafelからリリースした、翌'00年、彼らの知名度を一気に上げた、THE ATARISとのSplit、"Let It Burn"をリリース。アメリカのKung Fu Recordsと契約した彼らは、"Bad Story, Happy Ending"('01)、"No Vacation From The World"('03)、"Redemption"('04)とコンスタントにアルバムのリリースを重ねるとともに、その持ち前のメロディー・センスは完成度を増し、その知名度や、支持を不動のものにしていきました。
さらに掘り下げた彼らの経緯は、BULLION国内盤の、Bells On RecordsのLUOIE氏の、熱いライナーを参照していただくのが最良かと思いますが、それととともに、今作こそ、その彼ら自身の想いを内包した歌詞の和訳を収録した、そのBULLION国内盤が、ぜひともオススメです。

彼らを取り巻く様々な事情は、かくも悲壮感の溢れるものなのでしょうか。ここ最近、私すら、このバンドがイスラエルのバンドあることを全く意に介していないほど、彼らのその類稀なるソング・ライティング・センスは、かのNO USE FOR A NAMEとも、比肩できる、数少ない才能を持ち合わせたといっても、全く過言であると思いませんが、その素晴らしいソング・ライティングのセンスはそのままに、彼らはこういった、ある意味でハード過ぎるアプローチをかけてきて、彼ら自身が、イスラエルという国に生まれたバンドであるという主張を前面に押し出してきた感すらする、非常に重い作品であると、同時に新境地の作品とも言えると思います。
その抜群のメロディー・センスと、またアプローチによっては、抜群の高速感を容易く表現することができるUSELESS I.D.が、ある意味では武器とも言える部分の一つでもある、高速の疾走感がほぼ全編に渡り極力抑えられ、これまでに彼らが多分に有していた、ポップさや、ある種の爽快感といったものすらも全てオミットしているかのような、この“The Lost Broken Bones”はある意味では、問題作といってもいい作品とも取られ、その賛否は大きく別れるのではないかと思います。
しかし、前述した彼らの類稀なるソング・ライティング・センスは、本作でも寸分も損なわれること無く、感情豊かなその歌とともに、哀愁を帯びたメロディーが、その抑えた速度と、地を這うような曲調に乗せられ、それこそ全編に渡って展開されています。その哀愁と叙情感、そして時には激しさすらも伴う、楽曲の数々に、本来の意味でのパンクの内なる怒りや、渦を巻くエネルギーのようなものを感じずにはいられません。ここにきて彼らは、さらなるパンク、そしてバンドとしての、表現力の高みというものに到達したのかもしれません。
満を持して繰り出される、9~10曲目といった、数少ない高速アプローチの、その爆発力たるや、さすがとも言える彼らの実力を物語り、幅広い表現力とともに、圧倒的な破壊力すら持ち合わせているという、彼らがパンクバンド以外の何者でもないことを証明しているかのようです。

賛否は大きく別れるのではないかと言いましたが、私自身、これだけ高速というものが好きだし、それに拘りながらも、このミディアム中心の“The Lost Broken Bones”が、全てにおいて、メロディアスにしてストロング、そして最もハードな、USELESS I.D.の最高傑作なのではないかと思ったりしています。
それにしても、この胸が苦しくなるような感覚はなんでしょう。彼らの見据える未来は、そして、彼らの目指す到達点は... 新しい作品を聴き、そして早くも次のUSELESS I.D.が気になってしまいます。

USELESS I.D. MySpace http://www.myspace.com/uselessid

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。