High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SATANIC SURFERS -HERO OF OUR TIME-
Hero of Our TimeHero of Our Time

Satanic Surfers


SATANIC SURFERSは、1989年、スウェーデンで結成され、NO FAN AT ALL、MILLENCOLINらと並び、90's SWEDISH MELODIC HARDCOREの、先駆かつ中核の役割を果たしたバンドです。彼らの初期から解散時期まで、ほぼ変わることのなかった、徹頭徹尾高速アップテンポという、極めてシンプルなスタイルは、今も世界のあらゆる国で、特に若い世代を中心に支持され、アメリカにも、そのアルバムタイトルを冠したバンドが現れるほど、愛され続けています。ここ日本でも、若い世代に、もっとも支持されてる、90'sメロディックバンドのひとつではないでしょうか。

実を言うと、私自身はこのSATANIC SURFERSに、今の若者たちほど熱い思い入れがなかったりします。彼らの最初期にリリースされた、"Skate To Hell"(94 CDEP)から、ラストアルバム"Taste The Poison"(05)まで、またその他の音源もほぼコレクションしているにもかかわらずです。当時の私は、スウェーデンのバンドを、片っ端から探しては買い漁っており、その中には、掘り出し物的なSTONED、PRIDEBOWL、PASSAGE4、ASTREAM、STUKAS、キツい母国語も素敵なSECTOR SEXES、STREBERS、また、後に驚くことになるMOGELや、CHARLES HARFAGER、またレーベルもBURNING HEARTやBAD TASTEのメジャーから、老舗のBIRDNEST、VENEREA、ADHESIVEなど今やかなりの人気と支持を誇るバンドの最初期音源をリリースした、多大な功績を残した割にショボいBROOLまで、もう、ありとあらゆるモノをです(バンド名とか並べ立てて、少し見づらいかもしれませんが、意図的です。検索などしてみると新しい発見があるかもしれません)。で、話はまたも横道に反れましたが、SATANIC SURFERSも、今では世間的に高い評価を得ていますが、私個人的にはその中のバンドのひとつにすぎなかったような気もしますが、なぜだか時々無性に聞きたくなるバンドだったりもします。

SATANIC SURFERSは、その初期から当然のごとく高速系なのですが、個人的には、初期の彼らが多用していた、SKAフレイバーなフレーズも手伝い、いかんせん軽い印象を受け、また、そのSKAテイストも、現在も多くみられる、いわゆるSKA-COREといわれるバンドの、カッチリとした音楽性ではなく、なんかスカ入れちゃってみました感がありありの、少し、とっ散らかった感じがしました。それと、彼らに本質的に感じる、ある意味アメリカ的な、若さ弾けて爆発中的かわいさみたいなものが、その頃から苦手だったのかもしれません。しかし、それは逆にいうと、今も彼らが、若者に圧倒的支持を誇っている、証明なのではないかと思います。
とはいうものの、SATANIC SURFERSは、リリースを続けるうちに、その高速っぷりは決して変わることなく、演奏や、音作りも、格段に進歩を遂げていきます。そして、キャリア中盤から終盤のアルバムは、その音の厚みや、成長したソングライティングで、どこに出しても恥ずかしくない、まさに「カッコいい」パンクバンドに進化したと思います。

今回取り上げた95年リリースの"Hero Of Our Time"は、彼らが成長過程にありながら、確実に、色んな部分の厚みが増し、肉付けされていき、自国以外のバンドと土俵を同じくするための、まさに、はじめの一歩的な感じが見てとれます。また、まだ伸びシロのある音楽性と、初期のトッ散らかり感と明るさが混じった、決して完成されてはいませんが、バランスの取れた作品ではないかと思います。私は彼らのアルバムの中で、このアルバムが一番好きだったりします。また、このアルバムのオープニングを飾る゛...and the cheese fell down"が、SATANIC SURFERSで一番好きな曲だったりします。また、このアルバムから、2000年頃まで、ドラムのロドリゴが、ボーカルも兼任していくのですが、ドラムボーカルというと、日本だとどうしても、ロマンチックが止まらないピンクの頭を想像してしまい、パンクとか知らない方はなんとも?なかんじがするかもしれませんが、この高速ナンバーをドラムを叩きながら、シンガロングするのですから、カッチョ悪いわけがありません。SNUFFもドラムボーカルですし、ことメロディック・ハードコア界に関しては、むしろ、カッコいいことこの上ないかもしれません。ロドリゴは、まさにSATANIC SURFERSの司令塔であり、最も重要な役割を初期から解散に至るまで、担っていたように思います。その、ロドリゴは今、他のメンバーと、VENEREAのメンバーとで、ENEMY ALLIANCEというバンドをやっています。splitですが、"New Wind & The Second Wave"という作品もすでにリリースされています。以外とあちこちの国でリリースそれているので、比較的入手しやすいです。超速ナンバーも素晴らしいので、ぜひ一聴を。

と、なんだかんだ書いていくうちに、「なに俺、SATANIC SURFERS大好きじゃね?」とかいう、自分に気づき始め、なんだか恥ずかしくなったのでこの辺で。

SATANIC SURFERS 1989 - 2007 http://www.satanic-surfers.com/news.asp
SATANIC SURFERS MySpace http://www.myspace.com/satanicsurfers
ENEMY ALLIANCE MySpace http://www.myspace.com/enemyalliance


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。