High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BAD RELIGION -RECIPE FOR HATE-
BAD RRELIGION - rfh

BAD RELIGIONの通算7作目、1993年リリースの作品です。今では、評価的にどうなのかはあまり知らないですが、当時としては、その2ビートからの脱却っぷりと、前作以上の音楽的実験要素が多く見られたためか、ファンの間でも賛否の分かれることになった作品です。もっとも、私は個人的には、"Suffer"あたりから、このアルバムくらいまでのBAD RELIGIONが一番好きな感じだったりするので、特に気にはなりませんでした。
というか、私はBAD RELIGIONの作品の中で、この"Recipe For Hate"が一番好きな作品だったりします。まぁ、むしろそのほうが賛否が分かれる事のような気がしますが、私のBAD RELIGIONのNo.1はこの作品です。誰が何と言っても。
作品的に素晴らしいとか思うのもさることながら、このアルバムが発売当時、その頃付き合っていた女性と非常によく聴いていたアルバムで、その女性は多分、私が人生で一番好きだったのではないかと思う女性だったりして、何かと青春の甘酸っぱい一枚だったりするというのも、すご~くダメな理由ですが、結構大きな理由なのかもしれません。まさにパンクスにあるまじき軟弱の極みです。だが、それがいい、とか、また自分で言ってみたりなんかして。まぁ、そんなわけで、私は今でもこのアルバムを聴くと、当時のつまらんコトまでも色々と思いだしたりして、少しおセンチになるという、日頃とは一風変わった趣で話を始めている私です。

まぁ、しかし、誰しもそんな想い出の一枚みたいのはあると思うのですが、それがBAD RELIGIONだったりするあたりが、やっぱパンクと言えば、パンクなのかもしれません。
私はパンクスの女の人とか、取り立てて好きだとかいうわけではないので、相手の好みはいざ知らず、こちらとしては、極めて一般的な普通の女性交際するのですが、なんか私がいっつもこういった音楽ばかりを聴いているものだから、付き合っている女性も気が付けば、メロディック・ハードコアとかを普通に聴くようになってしまったりするという、ワケのわからん状況に陥ります。まぁ、別に強要してるわけでもないし、私は基本的に自分以外の誰かが、何を好きだろうが、どんな音楽を聴こうが、それを激しく進められたりとか、自分に実害が無い限り、一切知ったこっちゃあないので、全くおかまいなしなのですが、何故かそうなります。まぁ、ともかく、この"Recipe For Hate"も、その女性と、このメロディーにグッとくるね、なんてなことをのたまいながら、聴いていたのではないでしょうか、当時。

オープニングの"Recipe For Hate"あたりは、日頃のBAD RELIGION感もバリバリで、パンキッシュに突っ込んでいく感じですが、聴き進めていくウチに、やはり、実験的であったり、意図的にテンポを落としていたりするのも感じ、やはり冷静に聴くと、意欲作であったりするのや、野心作であったりするのは感じますが、むしろ少しテンポを落としたことにより、メロディーが持つ、本来の哀愁さが前面に押し出されていたりするのが、このアルバムの歌やメロディーの立て方ではないかと思います。勢いが少しなくなった感じはしつつも、今作のBAD RELIGIONにも、充分にパンクを感じられますし、この"Recipe For Hate"にしても、パンク・ナンバーといったものは充分に存在するし、本当にこの作品によってBAD RELIGIONが変わってしまっただとかいう感覚は全くありません。音楽的な幅を増幅させ、パンクの味といったものがまだ充分に感じられる作品だと、個人的には思っています。むしろ、この作品以降のメジャー数作が、私は何も感じるところのない、つまらなくなった作品だと思っています。いや、私見ですけど。メジャーの長いトンネルを抜けた、最近の作品は好きです。
それにしても、やっぱ英語が分かんないというのは、たまには良いモノで、グレッグ博士の小難しい理論が、直接的に理解できるわけではないので、そのメロディーだけを堪能できるのも、このアルバムが好きな理由なのかもしれません。ちなみに私は"Kerosene"や、"Man With A Mission"、"Don't Pray On Me" あたりに、今でもグッとくるものがあり、何時聴いても良い歌だなぁと思わせられます。そして、哀愁高速な"Skyscraper"で、シビれ上がります。
パンクの質感も維持しつつ、ソフトで一般的なメロディアスな肌触りも見せる、このアルバムは意外に普通の方もすんなり聴けて、非常に旨みとコクのある作品ではないかと思っています。

まぁ、そんなワケでこのアルバムを当時一緒に聴いていた女性が、今の妻ですってなことを言ったら、すごく綺麗にまとまって、話としても素晴らしい感じですが、とっくの昔に別れています。当然の如く、バリバリの独身です。去年の今頃は、14歳年下の女の子とSTRUNG OUTの"Blackhawks Over Los Angeles"を聴いていました。で、今は一人で昔を懐かしみながら、'90s Epitaphです。ダメダメです。
ちなみに14歳の夏、初めておねぇちゃんのオッパイもんでる時の、バック・グラウンド・ミュージックは横浜銀蠅でした。ダメダメのダメポです。

BAD RELIGION Official http://www.badreligion.com/
BAD RELIGION MySpace http://www.myspace.com/badreligion

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
skyscraper最高ですね!
このアルバム自体が名盤と言われていないだけあってマイナーではありますが
skyscraperをほんとに不思議なくらいリピートしていた懐かしい思い出があります。
2008/09/18(木) 00:04:06 | URL | ピ #-[ 編集]
>ピさん
skyscraper最高です!!
skyscraperが名曲であると同時に、このアルバムは私にとっては名盤です。
2008/09/18(木) 07:44:15 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
この間は本当にありがとうございました!!
belvedereとかもstrung outも聴こうと思います!!
2008/09/18(木) 23:39:45 | URL | ミニ柴 #-[ 編集]
>ミニ柴さん
いろんなモノを聴いて、自分に合った音や、好きなサウンドを探していくのも楽しいですよね。
私なんかで分かることがあれば、メールでもいいので、気軽に聞いてください。
2008/09/19(金) 03:07:37 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。