High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TEN FOOT POLE -UNLEASHED-


なんか、TEN FOOT POLE、前回で綺麗に締めれたような気がして、すごく自己満足しながら、PULLYにでも移ろうかなとか思いきや、なんかここ数日で沸々と愛情が芽生えてしまい、本日もTEN FOOT POLEで、ついに3連発です。多分、日本新記録です。TEN FOOT POLEでここまでの量を書いて、引っ張るのは、まさに私の本領発揮です。自己満足です。

そんなわけで、'97年リリースの3作目、"Unleashed"です。ホワイト・ソックス→ドジャースのスコットは脱退して、ボーカルがチェンジしてます。それと同時にサウンドのほうも、さらに垢抜けて、まぁ、リリース年も'90年代後期に差し掛かっていることもあり、何かと近代的なサウンドになっています。ギターの音作りとかも近代的で、前作と大きく質感を異にすると思います。ジャケットも非常にスピード感を感じさせる、カッコいい感じで、私も好きなジャケットですが、裏ジャケもなんかイカしてます。そのジャケット同様、これまでよりもラウド感を増した、滑走、疾走感で、オープニングから飛ばしにかかります。
しかし、やはり、聴き進めていくウチに、以前と変わらぬ、な~んか、高速なのにゆったり感だとか、なんか感じる個性的な軽く変態感といったものが、だんだんと前面に押し出されてきて、なんだ、いつものTEN FOOT POLEじゃん、と言った、何か不思議な感覚に捉われてしまう、不思議な作品で、ボーカルがチェンジして、サウンドの質感が大幅に変化しているにも関わらず、何だか根幹は全く変わっていない気がして、超B級を王道に押し上げて、さらに近代化の波に乗せようとしながらも、バンドの個性は損なわれていないという、もう、なんだかワケがわからない、ある意味でTEN FOOT POLEというバンドの本領を発揮しまくっている作品なのではないかと、今思いました。

ちなみにエピックソニー国内盤は、ステッカーが封入されてますが、ステッカーの材質が、ステッカーというか、シールで、明らかに1st.の彼ら自身のくれたステッカーより材質が劣っているのが、すごく納得いきません。天下のエピックソニーにはちゃんとしてもらいたかったと思います。
いや、別にステッカーとかほしいわけではないのですが、なんかオマケはうれしいです。くれるものはウンコでも貰う。前にも話しましたが、ビンボー人の鉄則です。デカイ会社はそれなりのもんをちゃんと付けんかとか文句を言うのも、ビンボー人の特徴的な部分であり、ビンボーの王道に乗り上げて、さらに近代化の波を、手ブラ、一文無しで突き進みつつ、昔のオマケもきっちり保管とかしておきながら、なんか良いモノをタダでよこしやがれという、私の個性は寸分も損なわれていません。せっかく綺麗に締めたとか言っておきながら、ある意味でこういうとっ散らかったお話に持って行って、ちゃぶ台をひっくり返してから次に進むのも、High-Speed-Flowerの本領を発揮しまくっているのではないかと、今思いました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本新記録おめでとうございますw笑いましたw
僕はこれかsubliminable messagesのどちらかがくると思ってましたよ!!6連発はさすがにないと思いますが期待してます^^

2008/09/21(日) 03:48:59 | URL | かず #-[ 編集]
>かずさん
いや、誰が望むんだろう、TFPって感じなのですが、次はちゃんと教科書どおりです(笑)
普通にやっても2週間以上かかりそうなので、なるべく、わかりやすく、聴きやすいのに、いこうかなと思っていたら、いきなりこのザマです。

2008/09/21(日) 06:57:17 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。