High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PULLEY -ESTEEM DRIVEN ENGINE-


元大リーガー、Scott RadinskyがTEN FOOT POLE脱退後に始めた、このPULLEY。なんかベースボールは捨てられないとかっつって、TFP辞めたような気がするのですが、PULLEYで見事復活です。その初期のラインナップはSTRUNG OUTにFACE TO FACE、ZERO DOWNとえらく豪勢なメンバーで構成されています。日本に来た時も、LAGWAGONのメンバーかなんかがサポートしてたと思うので、何かと幅広い感じです。
1996年に結成されたPULLEY、その結成年にリリースされたのがこの"Esteem Driven Engine"です。そして、翌年に"60 Cycle Hum"、'99年に"@#!*"、'01年に"Together Again For The First Time"、'04年に "TMatters"、'04年に"TMatters"、'04年に"TMatters"、同年THE SLACKERSとのsplitをリリースしてます。

で、この"Esteem Driven Engine"、出た当初は、そのボーカルのせいもあり、何がTEN FOOT POLEと違うんだろうかってな感じでしたが、TFPと比べると、やはり年代もあるかも知れませんが、少し近代的な感じはしますが、やはりどことなく、高速なのにまったり/ゆったり感などを感じるところもあり、また変にクセのあるアレンジを見せたりだとか、色々と共通点は見出すことができます。そして、このバンドのスタンスもなんか同じような、行ったり来たりの、まったりとしたスタンスといったものを感じるのも、なにかと妙な共通点かもしれません。
サウンドとしては、やはりこなれたメンバーの余裕を感じさせる、メロディック・ハードコア然とした聴きやすいサウンドだと思いますが、アレンジなども良く練られ、カッコいいフレーズや、キメなどもここぞとばかりに決めてきたりするので、初のアルバムにして、なんか妙な風格すら感じさせてくれる余裕っぷりです。また、そのメロディーや、ボーカルの乗せ方も壮大な部分なども持っており、何かと至れり尽くせりといった感じなのかもしれません、今聴くと。ただ、個人的には、TFPと比べるとクセや臭みといった独特の風合いが少し足りない分、少しパンチに欠けるかなと思いますが、それでも充分にカッコいい'90s メロディック・ハードコアであると思います。

その初期には非常に余裕みたいなものすら感じた彼らですが、リリースを重ねていくごとに、たまに余裕を無くしたり、時に丁寧さに欠けたり、変なB級感を取り戻してみたりと、普通の進化をみせないバンドだなとか感じるのは私だけでしょうか?そんな中、アルバムとしては最も近作の"Matters"は久々に初期の彼らを何故か感じる、余裕を取り戻したすごく好感が持てたような作品と思います。"Blindfold"のような、カッコよさと壮大さを併せ持ったグッとくるメロディーの曲を、'90年代を思い出し、つい彼らに求めてしまいます。

PULLEY Official http://www.x-members.com/
PULLEY MySpace http://www.myspace.com/pulleymatters

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。