High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NOFX -WHITE TRASH,TWO HEEBS AND A BEAN-


とりあえず、NOFXというバンドに強い思い入れや、熱い情熱といったものを、あまり持ち合わせていないということは、以前にもお話したと思いますが、この'92年の"White trash,two heebs and a bean"というアルバムは、"Ribbed"から"Punk in Drublic"までの流れの中で、個人的に非常にパンク感を感じつつも、ポップで、キャッチーで、メロディアスで、近代メロディック・ハードコアの規範的な意味でも、そのアプローチのバリエーション、アレンジの運びなど、後の多くのバンドが大きな影響を与えられるかのような、実にメロディック・ハードコア/ポップ・パンクといったものの様式の教科書のような作品群であり、このNOFXというバンドのパンク的な全盛期であると思っています。

この"White trash,two heebs and a bean"は、"stick im my eye"をはじめとする、高速のナンバーのストレートなカッコ良さ、オリジナル・パンク、Oiパンク、ハードコアはもちろんのこと、R&B、カントリー、パブロック、スカ、レゲェまでをも内包した幅広い音楽性を、独自の解釈で、パンク・ロックへと昇華するバリエーションも豊富な楽曲の数々、ホーンなども取り入れるフレキシブルで柔軟な音楽性を、その完成度の高い演奏で次々に繰り出していく、懐の深さ、巧みな表現力、そのパンク・バンドとしてのアティテュードもさることながら、実に充実し、安定感を持った、パンクロック・サウンドを展開していると思います。
およそメロディアスとは無縁とも思われる、声質とボーカル・スタイルのFat Mikeのシンガーとしての資質を、むしろ逆手に取った形であるとも言える、投げやりに歌を放り込みつつも、それに負けないメロディーを誇る楽曲は、まさにパンクとメロディアス/ポップの融合といったモノを感じ、これぞメロディックにしてハードコアな、今日のメロディック・ハードコアの礎であるのかもしれません。その独特のパンクっぷりな歌い上げ方にも関わらず、非常に甘く、キャッチーに、メロディアスな楽曲として耳に飛び込んでくる"liza and louise"のような曲にそれが如実に表れているように感じます。
それにしても、本当にその楽曲、一曲、一曲が、どのようなアプローチでも、全く実に堂の入った、本格的なサウンドとして成立させる、このバンドのトータル面での技量は、全く底が知れません。そして、アルバムとして、トータルすると、パンク・ロック・アルバムとして、完全に成立させているという、う~ん、素晴らしいとしか言いようがないのかもしれません。なんか、少し悔しいのですが。
またも、思い入れが無いなどと、冒頭でのたまっておきながら、このNOFXの"White trash,two heebs and a bean"という作品は今日のメロディック・ハードコアのシーンにおいて、近代メロディック・ハードコアの模範にして規範ともいえる、稀代の名盤といえる作品なのかもしれません。

この"White trash,two heebs and a bean"というアルバムの楽曲の全てが、その曲の速さが、速かろうが遅かろうが、なぜも一曲、一曲、こうも耳に残り、胸に響いてくるのかは、正直自分自身、得心のいかぬ部分もあったりしながらも、ぼんやりと、脳裏に浮かぶのは、現在の彼らのサウンドがどうであれ、NOFXというバンドは、様々な音楽を聴き続け、様々な音楽性に触れ続け、そして、その中で選び抜いた、最も愛すべき音楽が、パンクロックであったということなのかもしれません。
今日のメロディック・ハードコアといったサウンドを提唱するバンドに、少なからず物足りなさや、本来のパンクロックとの違いを感じてしまうのは、彼らのサウンドのルーツが古き良き時代の素晴らしいメロディーを持った、過去の遺産ではなく、近代的な高速感を誇る、いわゆるメロコアだったり、メタルだったりするところに、このNOFXとの大きな違いを見い出してしまい、私の感じる違和感は、そういった部分にあるのかもしれないなと、ぼんやりと思いました。

NOFX Official http://www.nofxofficialwebsite.com/
NOFX MySpace http://www.myspace.com/nofx

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
NOFXをきっかけにパンクに触れた僕としてはやっぱり偉大な存在ですね。

捨て曲が意外と多いのはアレですが、
ベスト盤のクオリティはピカイチだと思いますw
2008/09/25(木) 17:26:03 | URL | Jumbo #-[ 編集]
>Jumboさん
NOFXがきっかけというところに、年の差を激しく感じてしまい、少し涙がでちゃいそうです。

"45 or 46"ですかね。なにげに持ってるところに、変な悔しさをまた感じます。悔しい、でもっ・・・って感じです(笑)


2008/09/25(木) 17:35:38 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。