High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SUNSETDOWN -DON'T REMAIN IN BETTER DAYS-


もう、出すモノ、出すモノ良質の極みと表現するしかない、快進撃を続けているFASTLIFE RECORDSさんから、国内盤の発売もアナウンスされた、ドイツのメロディック・ハードコア・バンド、SUNSETDOWN。
FASTLIFEさんからは、近々発売される彼らの1st.full-lengthが、国内盤の運びとなっているようで、待ち切れずに輸入盤に手を出しそうな衝動を抑えつつも、楽するにこしたことはないので、間違いなく国内盤をゲットすることになるであろう、このSUNSETDOWN。本日はその国内盤に勢いをつけるためにも、'07年にリリースされた、彼らのCDEP、"Don't Remain In Better Days"をご紹介です。なぜ、私が勢いをつけなくてはいけないかはナゾですが、もう、FASTLIFEさんのリリース・スケジュールを見るたびに、何故か非常にテンションが上がってしまうため、私も一気に加速です。と同時に、そのコンスタント過ぎるリリースに財布の中身も心配になります(泣)

SUNSETDOWNは2005年にドイツで結成された、メタリック且つストロング・タイプといえるメロディック・ハードコア・バンドです。'07年にこの6曲入りのデビューEP"Don't Remain In Better Days"をリリースしており、最初は夏頃と言っていたように思うのですが、もう出たんだろうか、輸入盤、何せ近々1st.full-lengthがリリースとなります。
FASTLIFE RECORDSさんのブログでも、可愛いメンバーのイラストをあしらった、ロゴ画像がアップされてましたが、そこでも言われているとおり、本当に音はそんな可愛くないです(笑)いわゆる、最近の主流となりつつある、メタリックな要素を多分に孕み、スクリーモの要素なども内包した、力強いサウンドで高速で飛ばすタイプの、高速系ストロング・タイプのバンドであると思います。

この"Don't Remain In Better Days"。私はそのバンド名と、そのタイトルにそこはかとなく漂う哀愁みたいなモノを感じ、また、このジャケがなんかいいので、バンドのサウンドを、あまり視聴などせず、手を出してしまったという、アホの子供みたいな理由で購入したのですが、サウンドも当たりでした。というか、中身とかもデザイン・ワークは本当にすごく気に入ってます。
前述したように、メタリックにして、スクリーモな、激しく男臭いサウンドで、高速に突っ走る彼らのサウンドですが、ストロング・タイプといっても、ガチガチではなく、聴きやすい部類であると思うし、メロディアスな部分は、充分すぎるほどにメロディアスに、またそのトータル・イメージが醸し出す、哀愁のような部分を、その高速ストロングなサウンドの中にも、随所に垣間見れたりなんかもして、ある意味、繊細にしてハード、ストロングにして叙情的といった、相反するイメージすらも持ち合わせているバンドなのではないでしょうか。そういった部分をさらに突出した形で、抽出できるのではないかと予想される、そのフルアルバムに期待も高まります。

ゲキヤバなボーナストラックが用意されているという、近々お目見えの、このSUNSETDOWNの1st.full-length国内盤。我慢が出来ないPUNK少年も、私のようなクソパンクジジィも、高まる期待と衝動に股間、いや胸を膨らませつつ、ここはひとつFASTLIFE国内盤を待ちませう。
というか、なんか、SUNSETDOWNの紹介だか、FASTLIFE RECORDSさんの宣伝だかわかんない感じになっちゃいましたが、SUNSETDOWN、良いバンドです。そしてFASTLIFE RECORDS、目が離せないレーベルです。

SUNSETDOWN MySpace http://www.myspace.com/sunsetdown
FASTLIFE RECORDS http://blog.livedoor.jp/fastliferecords/

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。