High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
V.A. -TOO LATE TO KISS THE TRUTH A TRIBUTE TO SNUFF、SOMEHOW IT DON'T BOTHER ME... A TRIBUTE TO SNUFF 2


SNUFFの新しいトリビュートを紹介したので、久々に聴きたくなって引っ張り出す遺産。TTUSBなる文明の利器を借り、便利に聴けるようにしてるのですが、やはり7inchには、ターンテーブルが似合います。このプチッ、プチッってのがたまらないぜとか、一人で悦に入ってるのですが、そんな2枚のアナログ盤。
UKメロディックを日本へ伝える伝道師的役割を長きに渡り担っておられる、SNUFFY SMILEの記念すべき第一弾リリースとなった"Too Late To Kiss The Truth"と、今となっては豪華と言わざる負えないメンツの"Somehow It Don't Bother Me..."という、1993年と1994年(たぶん)の2枚のSNUFFトリビュートの紹介です。
いや、もうなんかエラいプレミアとか付いてそうな気がするので、紹介するのも躊躇われる感じがしたり、しなかったり。それでも、やはり先日の"Yowavinalaaaafincha?"と、比べて書くのが面白いだろうし、こんなことでもなければ、アナログ盤とかはあまり取り上げる機会もないだろうし、"Too Late To Kiss The Truth"は本当に素晴らしいので、行きます。

SNUFFY SMILEの第一弾リリースであるとともに、私の知るかぎりおそらく世界で初のSNUFFのトリビュート作品であろう、"Too Late To Kiss The Truth"は、かのUKアプローチ的パワー・ポップ・パンクの雄、SAMANTHA'S FAVOURITE、そして、"Yowavinalaaaafincha?"にも同じ曲のリテイクで参加している独特の個性を放つ、COKE HEAD HIPSTERS、当時のシーンの担い手でもあったBEYONDSとNUKY PIKESのメンバーからなるNOT ENOUGH、そして、ボーカルは初代Hi-STANDARDのボーカルだったとされる方がボーカルの、SLIME FISHERという4バンドです。爽快な疾走感と、どことなくクリアな透明感を感じさせるSAMANTHA'S FAVOURITEの"Spend,Spend,Spend"、COKE HEAD HIPSTERSは当時も今も変わらぬ、ある意味クセのある歌唱とアプローチで、"That's Enough"をやっており、現代のバージョンと比べると、そのクォリティーや細かな部分は、やはり劣るかもしれませんが、料理の仕方自体は全く変わっていないので、その味が炸裂しています。なぜか"I See/H.M. Trout" のイントロから突っ込み、壮大な解釈でのカバーを披露するNOT ENOUGHの"Too Late"は、後半部分は"Not Listening"の間奏も引用するなど、メドレー的アレンジで、SNUFFへの愛を非常に感じます。ラストSLIME FISHERは"Damage Is Done"を細かなギターリフなどに手を加えつつ、ストレートに高速カバーをしています。いや、カッコいいです。

そして、SNUFFトリビュートの第二弾となる"Somehow It Don't Bother Me..."。こちらはGOOBER PATROL、WAT TYLERといった外人さんを含め、RON RON CLOU、Hi-STANDARD、MIDDSHADEといったラインナップです。GOOBER PATROLは"What's Kind Of Love"をカバーしており、この頃はなんか最初期に感じたSNUFFをポンコツにした感とかはなく、かっちりとカバーしています。"Keep On Beat"を披露するRON RON CLOUも、結構ストレートなカバーであると思います。そして、Hi-STANDARDの、"Now You Don't Remember"。全くの私見ですが、私は個人的にはHi-STANDARDにパンク感といったものを感じないのですが、このカバーは非常にストレートにパンク/ハードコア感が出ていると思います。MIDDSHADEは"I Know What You Want"を力強いカバーで、WAT TYLERは例によって、例の如くといった、いつものスタンスで"Somehow"です。

この2枚は先日お話した、トリビュートの概念からすると、概ねアプローチもほぼ変わらない、ある意味ストレートな作品であると思うので、そういった意味では"Yowavinalaaaafincha?"とは、対極に位置する作品かもしれませんが、どちらもSNUFFへの愛情は、すごく感じられる作品であると思います。
もうそろそろ、ここ日本だけでなく、海外の方々もSNUFFへの愛情をブチ捲けた、この3作品のような、素晴らしいトリビュートをかまして頂く方が現れないかなと、切に期待しております。

ストレートに高速感を求めるのであれば、圧倒的に"Too Late To Kiss The Truth"がオススメですが、やはりメンツ的にも"Somehow It Don't Bother Me..."の方を探してる人は多いのだろうなと思います。
まぁ、しかし、スゴいプレミアが付いてて、それに手を出すのも、いや、どうだろうかと思いますので、中古屋での奇跡の遭遇などを期待しながら、探してみるのもいいかもです。ついでに初期のSNUFFY SMILEのEPを発掘するなど、新たな奇跡に巡り合うかもしれません。
とは言いつつ、ぜひともCD化を熱望するところではあります。あと、SLIME FISHERとかも。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。