High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comingtooclose -THE FIRST CONTACT EP-


既に、音狂い。さん、高速メロコアは文化ですさん、Melodic Hardcoreさんと、方々で紹介され、出遅れてしまった感がありますが、そんな巷で話題の期待の新鋭、Comingtoclose。近代高速ピロリ感もイカす、彼らを初の配布音源とともにご紹介。

Comingtoocloseは'07年に神戸で結成。ハードコアの要素に、突出してメタリックなリフや組み込んだ楽曲を展開し、Rei Inada(Vo.)、Tsubasa Takayama(G.)、Yugo Ichikawa(G.)、Naoki Matsuda(D.)に、サポートとして、ArbusのHayato Boがベースをプレイし、地元神戸を中心に活動中です。彼らが影響を受けたバンドの多くが、およそメタリック、ストロング、メロディアスな最近のバンドが多く見受けられますが、彼らもそういった新世代のメタルと、パンクの垣根を越えた、新しい世代のパンクバンドといえるでしょう。

この彼らの初の音源となる、"The first contact EP"。オープニング・ナンバーの"Escape the fate"で、ヤラれちゃいます。かぁ~っこいいいなぁ、オイ。近代高速感に、メタリック・リフ、ピロリ感全開です。しかし、メタルがダメな私とかをも、充分に納得させる、センスの良さを感じます。同様のアプローチである、"Changing"、"Lost Everything"といった曲も、やはり、彼ら自身が述べるとおり、メタリックなリフをハードコアの要素に組み込んだ楽曲で、メロディアス、近代高速感、エッジ・メタリックと三拍子揃っており、そこにスクリーモなどの要素を加え、実に近代的で、先鋭的なメロディック・ハードコア・サウンドを展開しています。そして、"Light"という楽曲では、少しスピード感を抑え、エモ、ポップ・パンク的要素なども盛り込みながら、彼ら自身のメタリックな味付けをし、そのアプローチの広さや、器用さみたいなものを感じさせてくれます。
彼らも、WASTE OF TIMEなどのバンドに見られるような、スバ抜けたセンスと、ズバ抜けた吸収力、それを新しい音として表現する実力を有しており、実に新世代のパンク・バンドだなという印象を受けます。Comingtoclose、ことカッコいいリフや曲を書く、そのソング・ライティング・センスはかなりのものとお見受けしました。

以前、彼らにCD送ってもらおうかなと思っていた矢先に、音狂い。のKazuさんからメールもらいまして、コンピの第二弾やるようでしたら、ぜひ彼らにも声をかけてやってくださいとのこと。いや、もう、そりゃあ、第二弾と言わずに、初っ端から参加してくださいよってことで、こちらとしても、何の異論も無いので、ソッコーでコンタクトを取らせていただきました。そんな由緒正しき音狂い。推薦枠という形で、当レーベルのコンピにも参戦してくれます。新録です。Awesomeです。今、MySpaceにアップされてる、オケだけのサンプル、オケだけでも激しくカッコいいよね。こりゃあ、いやが上にも期待が高まります。

Comingtooclose Official http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=metalliccore
Comingtooclose MySpace http://www.myspace.com/comingtooclose

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。