High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SKUMDUM、HERO OF OUR TIME -2 SIDES OF THE STORY-
skumdum hoot

年末になって、ドコドコと素敵な新譜が出てしまいます。つか、これまたダダ遅れて、たいした宣伝に
もならない上、Bells Onさんのレビューはいつも趣味丸出しです。だが、両バンドともすごく良い。splitとは思えない充実ぶり。たっぷりと腹いっぱいに堪能できる、各バンド6曲の全12曲。いつも大好物をありがとう。

さて、ご存じSKUMDUMはラスティックなんぞかまして、アイリッシュ風味でアレンジの幅を大幅に広げた、意表を突くサウンドを展開しているわけですが、各方面であまり評判が芳しくないようですが、私は彼らの作品で一番好きな気がします。というか、これ聴いて好きになった感じです。実を言うと、私はこの若干遅れてきた感のある彼らのTrall感があまり好きじゃない部分が多くて、かと言って前作のような少しポップなアプローチも、まぁ、それはそれでどうでもいい感じだったのですが、アイリッシュ風味とかいいつつ、アバンギャルドTrallな本作は実に斬新かつ、Trallの深見と、新たなメロディック・ハードコアの可能性の新境地みたいなものが、パンツの脇からこぼれ出た感じで、すごく良いです。このままチンコを放り出して、他人の意見なんぞに耳を傾けることなく、クソ斬新なアバンギャルド・メロディック・ハードコア道を突き進んでいただきたいと思います。
彼らの打ち出したこのアプローチは、その民謡、牧歌的なTrall部分をテイストとして加味しながら、パンクの範疇において、極限までアバンギャルドな打ち出し方をしつつ、それでいてギリギリのメロディック・ハードコアの境界線を綱渡りしつつ、Trallの発展型的な形を見せてくれていると、勝手に解釈しています。DIA PSALMAを極限までオシャレにした感じが、今の彼らのサウンドなのかなとか、これまた勝手なことをのたまってみたりして。その独特のスメルに無理やり芳香剤を叩き込み、それでもこれつけることがオシャレなのよとかって、クソ女に言わしめてしまうような、妙な破壊力さえ身につければ、この世に二つと存在しえないアバンギャルド・メロディック・ハードコアの高みに登り、他のチャラッ速ボンクラメロコアを見下ろし見下す存在になるか、本当におかしな具合になってしまうかのどちらかのような気がしますが、どちらにせよ、その自由すぎる様は、パンクに違いないので、早くも次回作を期待せずにはいられません。
まぁ、私自体、皆さんほどSKUMDUMとというバンドに興味があるわけじゃなかったし、聴く人を選ぶサウンドだと思いますので、あんま参考にしないほうがいいかもしれません。しかし、主観的には、この作品によってSKUMDUMというバンドに、俄然興味が湧いてます。私はSKUMDUMが大好きになりました。

つか、書きすぎちゃったよ、SKUMDUM。まぁ、いいや、で、HERO OF OUR TIME。いや、クソカッコいいです。オシャレ・ワイルドに王道メロディック・ハードコアの高見に向ってます。SKUMDUMとは別の意味で、これまた、すごく素晴らしいです。つか、彼らが心酔しているSATANIC SURFERSというよりも、まさに超近代型ADHESIVEです。うん、ソリッド・メロディアス。どうしちゃったんだ、コレ、いい意味で。もう、リズム隊がすこぶるカッコいいです。クソタイトです。揺るぎなスです。まさにADHESIVEを近代化して、パワーアップさせたかのような楽曲と、トータル面でのクォリティの高さは、成長にもほどがあるだろうって感じです。
で、そのADHESIVEのカバーも入ってますが、カッチョイイんだ、コレが。こういった楽曲のカバーを、同様の音楽性や方向性を持ったバンドがやると、およそ原曲を、ほぼなぞるといったカバーが多い中、その原曲を生かしつつ、たっぷりと肉付けと、味付けのされた感のある、このカバーは原曲抜きのカッコよさに聴こえてしまいます。
また、終始高速で、メロディアスに力の限りブチ飛ばしておきながら、ラスト・ナンバーのケツの、壮大にエモーショナルをブチまける、この叙情感を凝縮して爆発させたかのような、哀愁っぷりに号泣です。HERO OF OUR TIME、ヤバイです。つか、次もsplitみたいですね。アルバム早く作ってください。高速哀愁好きには、まさに文句なしのバンドに成長しようとしています。

いや、マジで両バンドとも、次回作を期待せずにはいられなくなること必至な、豪勢なsplit作品だと思います。年末やべぇな、オイ。今年のベスト・アルバムなんてのを、私もせっかくブログとか始めたので、やりてぇなとか思ってますが、こうも新着が続々スマッシュ・ヒットどころか、ホームランをかまされると、いつ選定していいか分からなくなります。なにげにMUTEのレビューとかも、し損なってるし。まだ。ダンカンのソロとかも出るんですよね。まいったなこりゃあ。そんな中、ダムドの新譜がいつまでたっても来ないです、と思っていたら今きました。

SKUMDUM MySpace http://www.myspace.com/skumdum
HERO OF OUR TIME MySpace http://www.myspace.com/heroofourtimemusic

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。