High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちゃんとKu-ge。
PSYCHOMANIA 1990

随分前に勝手に音源レビューのNikolaさんが、私の昔のバンド、PSYCHOMANIAの音源を紹介してくれたとき、そのコメントにいつかちゃんとKu-geの意味を書きますとかって書いたので、そういうわけで、今日はちゃんとKu-ge。

空華(くうげ)と検索をかけてみると、実に色んな意味や、色んな方が出るのですが、その意味、定義は「目に見える華。目を患った者が空中に見える実在しない華のこと。」、また、日本曹洞宗、道元禅師の『正法眼蔵』の巻名一、らしいのですが、私は基本的に無宗教、無崇拝がポリシーなので、宗教的な意味合いはよくわからんのですが、広辞苑などで、当時、この空華を牽くと、前述したような文章が出て、「盲いた人が、在りもしないのに、そこに花が在るかの如く、手を伸ばしそれを取ろうとする様」みたいな事が書いてあったように思います。

「空華」というのは、私のその昔やってたバンドのCDに収録している中の一曲のタイトルでもあるのですが、元々はこの字ではなく、「供花」という字でした。それを、上記の意味を知ったため、自分の当時の状況なども、まさにそのような感じで、「空華」に変えました。
なぜ、最初は「供花」だったのかというと、その曲は当初、今は亡き、友人に捧げた曲だったからです。だから、花を供えるといった意味で、「供花」としていました。その友人は自分の結婚式の当日に、病気でこの世を去るという、本当にありえないような亡くなりかたをしてしまいました。彼は4人時代の私のバンドのベーシストであり、年齢は私より2つ上ですが、大学の友人でもありました。

私は自分のバンドで、自分で作った曲でありながら、初期の4人の時代の音があまり好きではなく、一度解散した時も、本当にケンカ別れといってもいい状況だったので、当時のメンバー、つまり彼とは一生一緒に音楽をやることは無いと思っていました。もっとも、ことバンド以外では、彼とは元々非常に気の合った友達だったので、かなりの時間は空きましたが、友人としては、普通の付き合いができるようになっていました。当然、その結婚式にも呼ばれていました。
そして、彼の結婚式の当日、別のバンド仲間から、突然の彼の訃報を聞き、全く信じられないまま、バンドが割れてからは初めて、彼の自宅に行きました。そこには数時間前に亡くなったばかりの彼が布団に寝せられていました。
彼の両親に挨拶をした以外は、あまりの驚きに言葉も出ず、しばし呆然としていたのですが、ふと壁を見ると、そこには大きくポスターのように引き伸ばされた、私たちが4人の頃の初期のPSYCHOMANIAの写真が張られてありました。その私が忌み嫌っていた時代の写真は、当時、まだバンドを続けていた私には、どうでもいい過去にしか過ぎず、また憎しみのような感情すら覚えていたのですが、音楽を辞めていた彼にとってのその時代は、華やかな過去であり、楽しい想い出だったのだということが分かり、彼の寂しさや、メンバーが割れたときの彼の気持ちを全く理解していなかった事、新しくバンドを始めるときに彼を誘わなかった事への後悔を、写真の彼と、二度と目を開ける事の無い物言わぬ彼から、思い知らされているようで、その自分の思慮の無さや、無分別を痛感させられ、その自分の未熟さ、何もしてやる事のできなかった歯痒さといった、後悔と懺悔とが綯い交ぜになり、涙が溢れ出して止まりませんでした。他人の前であれほど号泣したのは、あれが最初で最後だと思います。

今でも時々、彼を思い出すことがあります。思えば、あの出来事は私自身を変えていく大きな出来事だったように思います。この頃から、少しは相手の気持ちを慮ることができるようになり、また、私自身も、後先を考えない行動を慎むようになった気がします。
このハンドル・ネームは、元々、そういった出来事があった後に生まれた、自分の作った楽曲からきています。そして、「供花」と「空華」という、二つの意味合いを持った、いわゆるダブルミーニングです。
こういった出来事を経て、大切な友人だった彼、そして過去の無分別でどうしようもなかった自分自身、それでも楽しく過ごした青春の日々、そうした若き日の青臭い自分や出来事に、少しだけ大人になった自分が手向ける花の「供花」。そして、昔のようにはできないよと、どこかでは理解していながら、それでも何かをあきらめることができずに、その何かを模索し続ける様は、在りもしない花を手探りで探しているようであるという「空華」。
まぁ、少しセンチメンタルで自分らしくはないのですが、今の自分を形成しているのは、良くも悪くも、この二つのお花なのではないかなと思います。だから、私の名前はKu-geです。

私は昔を懐かしむことはあっても、昔に戻りたいなどとは思わないし、それでも過去の自分がどんなにバカでも、それも自分自身なので、決して嫌いにはならない。また、他の人から見れば、いい歳をしていい加減にしたらとか思われるかもしれないけど、やりたいことは、まだまだいっぱいあるし、それをやろうと思ってなんか動きまわる。そのために手探りで先なんか見えなくても、前に進もうと思う。
成長していくことは何かを捨てていくことだとか言う人がいるけど、そんな言い口にはヘドが出ます。私は過去の思い出と決別することや、あきらめずに持ってる夢を捨てることが、大人になることだとは思っていないから。何も捨てなくったって生きていくことはできるし、大人にだってなれる。引き算でしか大人になれないのなら、大人になんかなる必要はないと思う。子供だって、何かを考えたり、人を思いやることはできるから。
友達だってなんだって、多い方がいいに決まってる。だから、どんどん足していく。借金とか負債はちと困るけど。なんでもかんでも足しちゃって、すごく荷物が重くなってんのに、その上、まだ足りないものがいっぱいある。だから、その上足していく。しかし、それは自分の荷物だから、決して重たいなんて思わない。私は重い荷物をラクラク持てるようになることが、大人になることだと思ってるから。

ちなみにHIGH-SPEED-FLOWERも、私の作った楽曲からきてるんですけど、この曲はサディストのボクちんを、空想と妄想でドラマチックに仕上げたつもりの、SMハードコア歌謡だったりします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
目から何か出てきそうです。。。

本当の意味知れて嬉しいです。ありがとうございます!
2009/01/24(土) 11:57:47 | URL | Nikola #qj1dUYK6[ 編集]
>Nikolaさん
いや、あんま説明する気はなかったのですが、最近、色々と思うところもありましてね。
生き方とか、なんか仕事してて、考えるんですよ。
でも、Nikolaさんの言ってたことがなければ、きっと書かなかったですね。
こちらこそ、ありがとう。
2009/01/24(土) 12:12:22 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
か、感動のアンビリーバボーかと思いました。
ところで、HNをKu-geではなく「空華(Ku-ge)」とかにかえてみてはどうでしょうか。
もったいない気がしますよ。
2009/01/24(土) 19:32:20 | URL | ピ #-[ 編集]
>ピさん
まぁ、意味とか別に理解してもらうこともないんですよ、本来。たまたま書いただけだし。
漢字を表記するとダブルミーニングでもなくなるし。
まぁ、要は自分の心意気とかの問題なんですよ。
2009/01/25(日) 07:45:14 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。