High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LOST & FOUND 詰め合わせ
LOST & FOUND、3日目、というか、少し忙しくて手が回らなくて、更新すらままならない状態なので、一気に何個かのバンドと作品を紹介してみるという、初の試み、というか、忙しさのあまりの手抜き。しかし、手を抜こうと思ったのだけど、なんか時間かかりそうだな、コレ。
とりあえず、NOT AVAILABLEとか、GIGANTORとかやって続けようと思ってたけど、どうにも今の仕事状態で、ガッツリ特集とか無理そうなので、またの機会に単発レビューでもやるとして、何分ヤッツケではありますが、本日ダダダとやろうと思ってたヤツを一気にいって、L&Fは締めます。楽しみにしてくれた人がいるのだかどうだかはわかんないけど、もしいたら、すみません。あ、あとNOT AVAILABLEは4月22日にベストがIn-n-Outから出るらしいので、それ買ってみてください。で、ライナーはJumbo chan、それも楽しみだね。そんなわけでGO。


THREE CHORD WONDER -NOTHING MEANS NOTHING ANYMORE-
まずは、今は脱退してますが、GIGANTERのギタリストで、創立時のメンバーでもあった、Nicoがボーカルとギターを執る、ドイツのトリオ・バンド、THREE CHORD WONDERです。
結成は1989年のようです。つか、この作品は'95年の作品。暗っ暗のベッタベタな感じで、メタリックというか、ハード・ロック・チックな印象で、飛ばす曲もあってカッコいいのもありますが、ネッチネチのゴスいのもあります。というか、ボーカルのせいもあり、非常に中期から中後期のDAMNEDっぽいです。GIGANTERのメンバーだったのがいるので、そういったポップでキャッチーなものを求めて、これを手にするとちょっと痛い目を見るという作品。For funs of DAMNEDです。
THREE CHORD WONDER Official http://www.3cw.de/


BAD HABITS -NO CONVERSATION-
もう、あちこちに色んな同名バンドがいるので、検索とかかけたところで、わけわかんないの。1996年の作品。この人らはボーカルが少しポンコツで、SKAっSKAなのに、その楽曲はカチ飛ばしたりするのがほとんどのバンド。これは今の若い人好きなんじゃないでしょうか。芯から滲み出る、そのB級感といったものは否めませんが、SKAのアプローチと、加速のかけ方が妙に気持ち良かったりと、今見つけたりすると、意外な掘り出し物になるかもしれません。


SPASS DABEI -ALLES NUR WORTE-
つか、マイスペがある、すげぇ。'91年から'99年まで活動してたようですね。母国語メロディック・ハードコアで、なんと言えばいいでしょうか、少し個性とパンチの効いてないWIZOか?この作品は'96年の作品で紙ジャケ。決して悪くないし良い曲も多いと思うのですが、やはりもう少しスパイシーな感じや、エグ味とか、なんとはなしにパンチを効かせてほしいかなと。しかし逆に言うと、ドイツ語なのに割とすんなり聞けるという、聴き易さでは抜群で、ポップでキャッチーな部分をすごく持ってます。臭みを求めないB級母国語パンクを求めてる方にオススメ。
SPASS DABEI MySpace http://www.myspace.com/spassdabeispassdabei


G-POINT GENERATION -LAUD FAST RULES-
'97年リリースのGIGANTER + NO AVAILABLEという、今となっては何気に凄いメンツのカバーばっかの遊びのバンド。タイトルがすげぇカッチョいいですなあ。NO AVAILABLEのDragonが、基本的にボーカルをとってます。が、NO AVAILABLE的サウンドを求めるとちょっと難があります。アプローチ的にはGIGANTER的ポップかつキャッチーなサウンドです。なにげにシングルとかも出てます。で、シングルはGIGANTERのGaguが歌ってます。で、そのシングルの2曲も収録。特に"True Love"がキラー・ポップ・チューンすぎる。


BASEBALL ANNIE -EP COLLECTION-
スウェーデン産、NO FAN AT ALLの元メンバー + MILLENCOLINの元メンバーという、スペッシャルな感じはしますが、とにかく世間というか、SWEDEN '90sの波にも乗りきれなかったというバンドですね。彼らのフル・アルバム"Married"も良くなかったのかな。というか、私はアルバムのほうは全然ダメです。初期の彼らはノイジーな部分もあって、けっこう期待してたんですが、なんか毒が抜けてアルバム録ったみたいになってるし。まぁ、しかし'96年のデビュー・シングルは、スピード感もバリバリあるしノイジーな感じ。で、同年、GIGANTORとのsplitもEPしとて出してますが、その作品もさらにポップさとか増してて、非常にグッドです。で、アルバムでなんだかなぁってなります。で、'97年にその2枚のEPをブチ込んだこの"EP Collection"ってのがオススメかもしれません。前半部分にGIGANTORとのsplitの方が入ってますが、今聴いてもポップさとかも秀逸です。

とまぁ、そんなわけで、すごく時間空けちゃった割に、ショボい特集になってすみません。また、心にゆとりを持てたり、お耳が万全になったら、また昔のような特集もやっていきたいなとは思ってるので、どうぞ、見放さないで、生温かい目で見守ってください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほんとライナーについては恐れ多いですw
L&Fを掘り下げようとは思うんですが、やりすぎないように注意します。
2009/02/06(金) 11:51:18 | URL | Jumbochan #-[ 編集]
>Jumboさん
ライナー楽しみにしております。
L&F掘り下げると、アレもこれもとなるかもしれませんもんね。当時の周辺のバンドとかもエグいのが一杯いますしね。
2009/02/06(金) 12:07:08 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。