High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STRAIGHTEN THINGS OUT -I THINK WE BETTER SPLIT UP-


フランスはマルセイユのメロディック・ハードコア・バンド、STRAIGHTEN THINGS OUTの新作ミニアルバム。
2001年の結成にして、早くも若いバンドからも影響の声を多く聞く、メロディック・ハードコアの真骨頂的な1st.アルバム、"DAWN OF A NEW HOPE"から、二年半ぶりとなる本作は、前作でも素晴らしいのに、さらに一皮むけたというか、高速ファンのみならず、ポップでメロディアスなサウンドを求める方たちにも、充分にアピールできる、幅広さと奥深さを備えた快作となっています。

いわゆる泣きのメロディーで、全編に渡り高速で飛ばしていくといったスタイルで、前作でも大きな支持を集め、一躍フランスを代表する高速メロディック・ハードコア・バンド、そして、またBELLS ON RECORDSの看板とも言えるほどのバンドとなった彼らですが、オーナーであるLOUIE氏の語る通り、近年、飽和状態になりつつある、高速メロディック界に一石を投じるような、メロディー、演奏、アプローチ、そのどれをとっても、非常に純度を高めた、いわゆる本来の意味での、トータル的なメロディック・パンクというものを表現している作品であると思います。
当然のことながら、抜群の高速感と、抜群の破壊力を擁したサウンドも顕在ですが、少しテンポを落としメロディーを強調した楽曲やパートも多く含まれていますが、それを決して失速とは感じず、明らかに成長や懐の深さといった印象に置き換えてくれるのは、彼らのメロディー、そして楽曲そのものが、高い完成度を示している証ではないかと思います。
前作でも大いに感じる、聴き易さ、万人受けする要素といったものを、さらに一歩先に推し進めた、今の時代に生き、多くの音楽性の中から、良いものを自然に抽出して、自らのサウンドに反映させつつも、彼らなりのスタイルといったものが明らかにそこにある、本当にSTRAIGHTEN THINGS OUTというバンドが一流のバンドである証明書のような一枚だと思います。

元々が圧倒的に良質である、BELLS ON RECORDSのバンドは、既にバンドとしての熟成期に入り高みに登ろうとしていくバンドであるとか、ニ周り目に入り、画期的な変革を遂げているバンドなども多く見られ、レーベルそのものも見ても、非常に興味深い印象を受けます。
"DAWN OF A NEW HOPE"は国内盤と、欧州版のミックスが違ったりして、中々のマニア泣かせな作品でしたが、今度はそんなの無いのだろうか?とか少しヒヤヒヤしたりしますが、そういった部分のマニアックなパンク器質も、レーベル、バンドともにイカスところですな。

STRAIGHTEN THINGS OUT MySpace http://www.myspace.com/straightenthingsout

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ホントこのEPは泣けますね!!
速さと勢いにまかせた高速一辺倒じゃないってのがツボです!
2009/02/12(木) 23:35:50 | URL | ひもQ #-[ 編集]
>ひもQさん
聴いてて飽きの来ない作りになってますね。
いろんな部分に、巧さを感じます。
2009/02/13(金) 09:04:49 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。