High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BEDTIME FOR CHARLIE -IT AIN'T ABOUT THE MUSIC-
bfc Itaint

私はその極悪の見かけとは違い、かなりケツの穴の小さい男なので、カウンターとかちまちまと気にするのですが、一昨日の週間カウンターがダダ下がってて、私がネット繋いでなくて、仕事をしている間に何が起こったんだ!?とか思ってたら、設置カウンターのカウント数が週間カウントに反映されないという障害が起きてるとのことで、また、それもなんとか直ったみたいで、少し縮んだキンタマも、ホッとして膨れた感じです。そんなわけで気を取り直したところで、イタリアン・メロディック、BEDTIME FOR CHARLIE をご紹介です。

その前身、POOR BOY RECORDから、圧倒的にマニアックかつ良質な、海外のバンドを紹介して、またディストロで提供してきたYu-kiさんの立ち上げたレーベル、MILESTONE SOUNDSからの第一弾リリースはBEDTIME FOR CHARLIEの2nd.アルバムとなる、この"It Ain't About The Music"、しかもMILESTONE国内盤ときたら、Delux Editionで、ボートラ3曲付いて、さらに1st."Winning Is For Losers"も付いてるという、ダブル・ディスク仕様。いや、1st.持ってんですけど、これはこれでなんかすげぇ得した気分になる。ちなみに欧州盤のジャケはぶっ壊れたギターの色が違うです。で、さらにJET MARKETと一緒に予約すると、BEDTIME FOR CHARLIE+JET MARKETのサイド・バンド、MEN ON MARSのCD-Rが貰えるじゃない、すごいじゃない。カラー・ジャケがキュートでめっさ気に入ってます。でも、ユニオン専用の単色ジャケまでも欲しかったです。といった、なにせ太っ腹なそのサービス精神に、頭がブチ下がる思いです。きっと、ケツの穴の小さな私だと、MEN ON MARSで一枚リリースをデッチあげるかくらいのセコさなので、そういうところからして根本的に、自分的に反省が必要ですな。

で、BEDTIME FOR CHARLIEですが、前作、といっても一緒に聴けるわけですけど、私は以前から、良いメロディーを持っているけど、少し整合感が無かったような印象を受けてたのですが、何故だろう?今新作と合わせて一緒に聴くとすごく良いじゃない。で、ふと思ったのですが、このバンドのメロディーは、その1st.に収録されているサイモン&ガーファンクルのカバーなんかにも如実だと思うのですが、そういったオールド・スタンダードの名曲などを思わせる、味のあるメロディーや節回しなんかを上手く取り入れてるのではないのかなとか思って、またそれを今日的メロディック・ハードコアのスピード感に乗せて疾走をかましてるなといった、結構、色々と昔の音楽も知ってて、応用しているのではないかなといった印象を受けました、今聴くと。1st.のほうの印象です。
で、本篇とも言える、2nd.ですが、すごく整合感であるとか、均整が取れてる感じがします。メロディーとかも相変わらず良いし、ただ、垢ぬけて、少し洗練されて、非常に整合感などが上がった分、いわゆる、すごくちゃんとしたメロディック・ハードコアのバンドになったなとか感じ、多少うす口になったなとかも思うのですが、それでも、それはすごくUSメロディックっぽさだなと感じました。それはイタリアの多くのバンドとは逆の意味で、個性的な感じすらします。前作に感じた、ある種の整合感の無さといったものも、それは魅力的な感じではありますが、彼らがMySpaceに挙げている、彼らが影響を受けたとする、いわゆるUSメロディック・サウンドといったものを、実に上手くサウンドに反映させることができるようになっているのも、大きな成長と言えるのかもしれません。私的には、NO USE FOR A NAMEの"Hard Rock Bottom"、"Keep Them Confused"辺りの、質感やアプローチにアルバム自体似ているなとすごく感じました。そんなわけで、聴き易く、良いメロディーを求めつつ、疾走感すら欲しいといった方にオススメです。

ちなみに、私も昔自分のバンドで、作品の嵩増しを図り、"Sound of Silence"をレコーディングまでしたのですが、レコーディングの前日にDICKIESのヤツでコード覚えて、当日の朝にアレンジをして、歌詞を覚えてなかったので、適当にフィーリングで歌える2番くらいまでしかやんなくて、そいつは本物の5~6分の1くらいの速さで曲が終わります。BEDTIME FOR CHARLIEのちゃんとした、こうしたかったな的な、素敵な"Sound of Silence"を聴きながら、今、猛省しています。
なんだかわかんないけど、いろんな意味で、今日は反省です。

BEDTIME FOR CHARLIE MySpace http://www.myspace.com/bedtime4charlie
MILESTONE SOUNDS http://www.milestonesounds.net/
MILESTONE SOUNDS MySpace http://www.myspace.com/milestonesounds

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。