High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE BLOOD -FALSE GESTURES FOR A DEVIOUS PUBLIC-


SUNSETDOWNの国内盤が、発売前から予約しているにも関わらず今だに来ません。どうしたらいい?PROPAGANDHIはちゃんと来るんかいな?ってかユニオンに頼めばよかったなとか後悔しています。とまぁ、ポンポンと新作をレビューしていこうかなとか思ってたんですが、何故か無性に聴きたくなって今聴いているという、THE BLOODとかかましてみる。まぁ、ここを見ている近代高速な人には、別にどうでもいいかもしんないです。まぁ、聴きたくなったので書いてみるシリーズ。

THE BLOODは'80年代前半のイギリスのバンドで、デビュー当初はOiパンクあたりにカテゴリーされていたバンドです。実際にそのサウンドは"Machinegun Etiquette"頃の第二期DAMNEDあたりのサウンドを持ったバンドです。'83年に2枚のシングルと、この1st.アルバム"False Gestures For A Devious Public"をリリース。また、同年、2nd.アルバム"Se Parare Nex"をリリースして、バンドは活動を停止。そして'88年に再結成してますが、鳴かんし、飛ばんかったようですね。ちなみにUK盤は近年再発されて、10曲のボートラ付きで、それは今でも新品で買えると思います。で、私の所有しているのは、SNUFFとかの流れで何故か当時、何故ここにコレ?的にリリースされた'91年のテイチク国内盤。リリース元がLINKレコードってアレもあるのでしょうが、かなりの力技とお見受けしました。で、当時、相当にイカレてる、いや、失敬、イカしてるテイチクさんは、'91年に彼らの初期デモやら、セッションやら、オムニバス収録曲を集めた、当時どこにそれを望んでいるのだか、およそ見当すらつかないという、マニア垂涎の編集アルバム"More Blood"ってのも発射してしまいます。こいつもちなみに'91年です。もちろんまんまと罠にはまって買いましたけど。こちらは初期のOi/ハードコアな荒削りなナンバーから、ちょいと腐りかけてるモノまでまんべんなく網羅されています。

で、このBLOODですが、当時('80年代ね)はこれでも、圧倒的なまでに高速感もバリバリに感じ、パンクとメタルを最も効果的に融合したバンドとかって、非常に高い評価を受けてました。確かに、このサウンドは当時としては、非常に斬新なものだったのだろうなという感じはします。しかし、彼らは決してアバンギャルドだったり、ニューウェーヴだったりとかでは全然なくて、パンクの王道からは大きく外れてるのに、そのくせなぜか非常にパンク然としていて、ドラムとかもヘタクソです。だが、それがいい。それでも、今聴いたりすると本当に思うのですが、全体的に圧倒的にB級丸出しなのに、素晴らしくアイデアと才能に満ちており、なのに一聴するだけで理解が可能であるという、このチンピラ・パンク感覚。Awesomeです。
なんともいえない大胆な曲展開や、ラッパや鍵盤などをフィーチャーするといった、当時のハードコアにあるまじき暴挙を、既にこの時点でやってのけているあたり、キ○ガイいや、もとい、奇跡的にアプローチの才を持っています。なのに何故にチンピラのようなパンクなのかというと、精一杯、力一杯に、ドラムが叩ける範囲で可能な限りブチ飛ばそうとするその楽曲と、ドス効きまくりにメロディアスな歌をガナリ立てるボーカルと、それに被さる強烈なユニゾンのコーラス、ユニゾンって時点で、もはやコーラスではなく、全員ボーカルのせいです。一歩間違うとゴスってみたり、サイケたり、メタったりするところを、彼らは寸分も間違うことなく、パンクへと修正してきます。いや、その歌とか、すっ転びそうなリズムで。その全てにおいて、大胆、豪快、自由という、その有様は、まさにパンク以外の何物でもありません。
そんなこと言いつつ、彼らは曲によっては、たまらなくメロディアスだったり、素晴らしくセンスの溢れるリフやアレンジをかましたりもします。いや、どうでもいいだろうとか言いつつも、ぜひとも若い人、特にバンドやってる子とかには聴いてもらいたいバンドなんですけどね。どう言うのか本当に聞いてみたいです。

思えば、このTHE BLOODも、ABRASIVE WHEELSなんかとともに、圧倒的なまでに早すぎたメロディック・ハードコア・パンクバンドだったのかもしれません。この今の時代に、近代アプローチでもって、いや、別に近代アプローチなんてどうでもいいんですけど、BLOODやABRASIVE WHEELSのカバーなんかをやってくれるバンドなんかいねぇかなとか思うんですけどね。まぁ、無理だろうな... あっ!そうだ、ゾリさん、ゾリさ~んっ、NOW OR NEVERで...

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
よだれなレビューありがとうございます!!正に上記レビューどおりのバンドで当時のセンスとしては斬新過ぎる!!

単純に曲がよいので現代のプロダクションでやると革命ですね!!

ABRASIVE WHEELSの1st1曲目、THE BLOODはMEGALOMANIAをカバーしたいです。

メンバーと相談します!!
2009/02/18(水) 11:48:32 | URL | ゾリ上 #-[ 編集]
>ゾリさん
センスとしてここまで斬新なのに、無茶苦茶パンクなのがたまらんですなぁ。

多分に、このアルバムを丸ごと、最近の巧い高速バンドなんかが焼き直したりすると、途轍もない名盤が生まれそうですが、そこはかとなく漂うバカっぷりが再現できないはず。

NOW OR NEVER的にありすぎだと思うので、ぜひ、カバーかまして聴かせてください。
2009/02/18(水) 13:09:33 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。