High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STRUNG OUT -PROTOTYPES AND PAINKILLERS-


というわけで久しぶりにレビュー。久し振りだから、好きなバンドを書いたりするし。ウチのレーベル絡みのバンドでも、彼等に影響を受けたとか、彼等が好きだっていうのが多くて、私自身も大好きなバンドのひとつです。およそ今となっては近代メタリック・メロディック・ハードコアの代名詞的な語られ方をするSTRUNG OUTですが、何故に私のような、ある意味メタル否定のパンクな人でも、また、多岐に渡る音楽性を持ち合わせているパンク・バンドの方々にも、こうも広いストライク・ゾーンでインスパイアするのかという部分は、やはりこのバンドの本質的なパンクの部分であったりとか、深い理解と巧みな技術によって、アプローチのどれもを本格的なものに変換してしまうという、このバンドの類まれなるボーカルをはじめとした特S級の技量といったもの、そういった部分にバンドとしての音楽性に信頼感があるからではないかと思うのですよ。私などはもちろん、根底にパンクの血が圧倒的に感じられつつってな大前提において。
彼等の表現する、作品ごとに、そして年代ごとに形を変えていくアプローチは、多少リスナーが得心がいかなくても、全てをこれが今のSTRUNG OUTだぜってな勢いで、捩じ伏せ組み伏せようとするだけの技量と説得力と言ったモノを絶えず持っていると思うわけですね。そして以前にも書いたような気がしますが、その抽出フィルター自体が基本的にパンクというもので形成されているので、間違いが生じないのではないかと。いや、まぁ、ただのファンなんですよね?って話ですが、そうですよ。ファンですよ。悪い?って開きなおったりしてみますよ。
というわけで、そういったファンも待ってたであろう、コンピをいちいち引っ張り出してきて聴かなくてよい、便利な一枚、"Prototypes and Painkillers"。いや、便利だしホント。タイトルも相変わらず、クソカッコいい。ジャケもなんかこれにも収録されてる初期の、JUGHEAD'S REVENGEとのsplit7epを彷彿とさせ、発展させたかのようにクソカッコいい。もう、カッコいいバンドは全てに於いてカッコいい。いや、まぁ、だからファンなんですよね?って話ですが、そうですよ。ファンですよ。悪い?ってまた開きなおったりしてみますよ。

というわけで、ありえないくらい前置きが長くなりましたが、7曲の未発表曲、デモ、アウトテイク、コンピレーション提供曲から構成された、STRUNG OUTの全25曲のレア音源・アウトテイク集です。最初期~中期くらいの音源が多く、いわゆる現在語られているところの彼等の特徴とされるメタリックであることにあまり突出していない楽曲も多いです。でも、オジー・オズボーンとかは入ってる。それもメタル・バンドのカバーよりも、巧くかつ速くかつカッコよく。著しくパンクとかけ離れた楽曲及びアプロータであるのに、どうしてこうも自由で変幻自在で、パンクなのでせう。そこよ、そこっ、言いたかったのはって感じでつね。
また、他にも彼等の好きなところの一つとして、コンピレーションとかに参加しても、基本的に必ず別のテイクとかを突っ込んでくること。もう、それでコンピとかでも必ず買ってしまいますよね。つか、その辺りもパンク的で、ファンとしてもうれしいはずよ。そんなFEARLESSのヤツとかはバリバリにアルバムの別バージョンとかですが、そういったものもガッツリ収録。もちろん、FATサンプラーの未発表とかもガッツリ収録。また前述のJUGHEAD'S REVENGEとのsplitの2曲とか、Fat Club 7とかのEPもデジタル化でガッツリ収録。初回プレスのオマケとか、itunesかなんかのオマケとかもガッツリ収録。まさに初めて聴いたりする未発表曲とかもガッツリ収録。ありがとうございます、ごちそうさまでした。と、ファン垂涎のテイクてんこ盛りのちんこ森。
前述したように、初期~中期のメロディック・ハードコア然としたスタイルや、著しくパンク臭の高いスタイルの時期の楽曲を中心に構成されていると思うので、最近のSTRUNG OUTはどうもとかって人にも、すんなりと受け入れられる作品ではないかと思います。

で、ツっこんでみると、V.A."Before You Were Punk 2"のジェイソン師匠のナイスボイスでギザイカス、ポリスのカバー"Breath You Take"が入ってないにゅ。Rock Against Bush Vol.1の" No Voice Of Mine"はどこいったにょ。BLOUNTとのsplit7EPの"Somnombulance"は違くなかったかにゅ。ジャパニーズ・ファンサイトでその存在を知った"Last Song" を綺麗な音で聴きたいにゃあ。Pleatherの別バージョンとかってあるんですよにぇ。V.A."The Show"(グッド・コンピ!)の"Betrayal"も捨てがたいにゅ、てか、さらにもう一バージョンあるんだろにゃ、それもよこせにょ~。とか、変質者は完全なる年代順に並べた、2枚組豪華24ページブックレット付きとか、イカれた要求を提示し所望します。そこそこ高くても金は出すつもりでいるし。とか、私のように変態ストーカー的にバンドの音源に纏わりつきたい人は、ここに収録されてない曲とかもあるので、追いかけまわして、探してやろうぜぇっ、オー!!で、もっと他にもあるぜとか、変態ストーカー情報をお持ちの方は、ぜひともご一報ください。

とか言いつつも、これはこれで、エグいマニアから、軽いファン、なんかメロコア・キッズまで、幅広く楽しめて、なおかつ、アルバム的にも素敵だと思うので、一家に一枚は置いておきましょう。で、さらにもう既に次も間違いないに決まっているとか勝手に思い込んでる、まだ見ぬ新作も、とにかく一日も早く聴きたいなぁと願うばかりの、最近は数少なくなったストーキングしなくてはいけないバンドの一つに、過剰な期待を何年も前から一方的によせる変態ストーカー・コレクターでした。

過去の記事 http://highspeedflower.blog25.fc2.com/blog-entry-6.html

STRUNG OUT Official http://www.strungout.com/
STRUNG OUT MySpace http://www.myspace.com/strungout

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。