High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FAST CIRCLE RECORDS
まぁ、ランキングなんて、一日で影も形も無くなってて、そんなもんあまり気にしてると、自己中ガイキチリリースは無理だなとか、改めて思い、やっぱ好き放題がいいよねぇとか思う私でした。
そんな中、先日ONLINESHOPも新装開店し、最近はブログも始められた、FAST CIRCLE RECORDSさんのプチ特集。よく考えるとnojiさんとはけっこう付き合い長いんですよね。某ゴールドさんと付き合いしてた頃から、いろいろと噂というか話も聞いてたし、FOR NO ONEとかも買ってたし。つか、そう思うとメロディック・ハードコア系の老舗ですね。改めてリスペクトです。そんなわけで本日は、最近nojiさんとこでちょいと前頂いた、最近よく聴いてたりするカッコいい音源を2つご紹介。



STARTODAY -ILLUSION-
FAST CIRCLE RECORDSさんのWeb限定リリース。STARTODAY。イタリアのIndelirium Recordsからのリリースで、そのサウンドもジャケとかも実にIndeliriumらしい感じのするバンドだと思います。
STARTODAYは2007年にイタリアで結成され、本作"Illusion"が初のリリースとなる音源で、6曲入りのEP仕様となっています。JET MARKETやSTRENGTH APPROACHのメンバーも参加してるのかな。
ストロング・スタイルのスクリーモ要素を多く含むメロディック・ハードコアといったサウンドで、書かれているようにSTRIKE ANYWHEREであるとか、同じレーベルであるX-STATE RIDEとかに近い質感を持ったバンドであると思います。X-STATE RIDEほどメタル感はあまり無いので、どちらかというとSTRIKE ANYWHERE辺りが近い感じするかな。
楽曲もよく練られていて、疾走感も破壊力も抜群で、スクリーモ・パートも多いですが、メロディーはクリアに入ってくるので、メロディアスな部分も前面に出てくることが多く、いわゆるこのスタイルのバンドにしては、かなり聴き易く、すんなり入れるバンドだと思います。今後の作品にも、どういったアプローチでくるのかとか気になるバンドですね。まずはこの1st.EPを堪能して、今後も要チェックです。どうにも最近の私は、趣味で聴く部分だと、こういったオールドスクールよりの、というか、オールドスクール+ニュースクール×メロディック的なガチ・ストロングなものを好む傾向にあります。
STARTODAY MySpace http://www.myspace.com/startoday1



BRANCH -Некогда ждать-
私にはこれがオススメとnojiさんにプッシュされました。うん、正解。つか、ソッコーで品切れになったみたいで、紹介していいものだろうかとか思いましたが、カッチョいいので、再入荷などあれば、ぜひオススメしたい、もうなんて書いてんだかタイトルすら読めないけど、かなりカッチョいいロシアのバンド、BRANCH。歌詞もバリバリ母国語で、ロシア語もかなり粘り絡みつくのだなとかを認識します。
2004年にロシアで結成された、ベース・ボーカルのトリオ・バンド。この作品は2008年の作品。つか、けっこう音源が他にも出てますね。彼等のマイスペから色々と落とせますぜ。滅茶苦茶時間かかるけども。もう買ったほうが早いくらいに。ロダが滑ったりするんで、一瞬で落ちたりするのは何かの間違いだからちゃんとチェックしてね。
いきなり一曲目が8分くらいのブランクで、エラーかよとか思ってドキっとしますよ。なわけで本篇は2曲目から。サウンドのほうは結構、USメロディック・ハードコアっぽいアプローチとかも多く、トーン自体は決して暗くなく、むしろ明るい曲調だと言えるのですが、なんかこう、全編通して粘ってて冷たい感じがしますよね。ロシアって国の雰囲気がすごく音や質感に出てますね。金属感ではない無機質感。これも独特のもんですよね。アイルランドのバンドとかが同様の独特のひんやりとした質感とかを感じますよね。
ただ、その母国語であるとか、独特の質感であるとか、個性的な部分も多く有しながら、スカ・アプローチかましたり、色んな要素を織り交ぜ、自分勝手にブチ飛ばしやがるので、好き放題、やり放題で、かなり潔さとかを感じる痛快娯楽作品です。
BRANCH MySpace http://www.myspace.com/branchtl

FAST CIRCLEさんの扱うのは、THE SECOND GLANCEのようなちょっぴり切なげなメロディーで、ポップなアプローチを持っているバンドとか、スッキリとした爽快感とかを持ったバンドとかと同時に、エグくて黒い感じのメロディックとかもあって、そこが結構いつもツボだったりします。LOST IN LINEの"Voodoo Pins And Violins"とか、もう、まさにソレ。アルバムより、こっちの方が断然好きだったりします。まぁ、好みの問題ですけど。nojiさん、これからもたまに黒くて、エグくて、とっつきにくそうな、ガチっ速い、悪そうなヤツをお願いします。いや、それだと売れ無さそうですけど、少なくともボクは買います。
そんな中、カナダのバンドと契約締結間近ってことで、5月中旬にはフリーサンプラーも配布ってことらしいので、こちらも要チェックですね。

FAST CIRCLE RECORDS http://www.fastcirclerecords.com/

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。