High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
X-STATE RIDE
X-state 1st, X-state 2nd.

新世代イタリア連発です。本来、同郷のJET MARKETと人気を二分するくらいの勢いがあってもよさそうですが、まぁ、何かと流通の悪さなどもあるし、ニューアルバムをリリースしても、オフィシャルを更新してなかったり、リリースの間隔もかなり開いていて、彼ら自身のやる気を少し疑っちゃったりもしますが、JET MARKETと比べると、いまいちマイナーな感すらあるX-STATE RIDEです。
しかし、このX-STATE RIDEも、JET MARKETに勝るとも劣らない、超高速メロディック・ハードコアで、JET MARKETに比べると、かなり、ダークかつメタルなサウンドは、イタリアでも最も、STRUNG OUT Likeなバンドのひとつとも言えます。

彼らの持つメタリックさは、スチール・エッジな部分的メタリックさではなく、本来の意味でのメタルっぽいサウンドといった感じで、また、スクリーモの要素もふんだんに盛り込み、かなり今風のサウンドといった印象です。また、高速という意味では、リリースした作品全編通して、高速一辺倒です。また、前述したように、ダークな印象の楽曲は、かなり哀愁度の高いメロディーも手伝い、ある意味、湿度を感じさせ、オランダのバンドなどによく見られる、その湿り気や、メタル臭さのような感じが、今風のサウンドなのに、少し古さを感じさせる要因かもしれません。そういった部分が、明るめのカラッとした疾走感を求める、若い方たちには、あまり受けがよろしくない原因かもしれません。しかし、私としては、この湿り気疾走系が大好物なもので、実によく聴いていたりします。また、これほどまでにメタルなのに、なぜかパンクを感じたりするところも、好きなところかもしれません。なぜにパンクを感じるのだかは、自分でもよくわからなかったりするのですが...う~ん、いさぎよいコンパクトさと、やる気の無さそうな感じかな。

X-STATE RIDEは、2000年に結成。初期に"Leave It To Us"と、"Morning Glory"という、EPをリリースしていると思うのですが、当方所有しておらず、不勉強でスミマセン。ともあれ、'04年に10曲入り1st.アルバム、"The Great Rebirth"をリリース。初期のEPのリテイクなども含まれると思いますが、このアルバム、全編通して高速です。基本的な部分は、最近の彼らのサウンドと大きく変わらず、メタリックなメロディック・ハードコアで、やはり、周辺のバンドと比べると、かなりメタル寄りではあります。しかし、メロディアスかつダークな疾走感は、当時から備えており、また高速一辺倒でありながら、至る所ににフックの効いたアレンジが加えられ、退屈することなく、あっと言う間に一枚を聴き終えてしまう良作で、多少、食傷感さえ残るほどです。次なる作品に期待は、いやが上にも高まるわけですが、初期はリリースもマメで、コンピとかにもよく顔を出していたと思うのですが、なにせ、ほとんど噂という噂も聞きませんでした。
そして待つこと数年、'07年に、やっとこさ2nd.アルバム"Against Me"をリリースします。サウンドの厚みとともに、メタル具合も、1,5倍ほど増量された感じですが、またも基本全編高速、充分に哀愁メロディック・ハードコアファンを納得させる、一枚に仕上げています。前作同様、多分彼らの特徴的部分のひとつでしょうが、工夫のなされたアレンジの割りに、高速感も伴い、曲がすごくコンパクトに感じられ、またも10曲なんて、あっと言う間。待ちわびたファンに、またも満腹感は与えないのではないかと感じてしまいます。もっとも、もっと聞きたい感があるのは、すごく良いバンドの証でしょうから、悪いことではないのでしょうが、次は何年待たされることになるのでしょうか。解散などせず、きちんと仕事をしてほしいなと、切に願います。
現状、何かと入手しづらそうな彼らの音源ですが、"Against Me"はディスクユニオンでも、売り切れちゃってるみたいですし、MILESTONEでも、今、無いようです。う~ん。"The Great Rebirth"はなぜか、HMVとかに在庫ありますね。いろいろと、パンク系扱ってるONLINE SHOPあたってみるしかなさそうです。

で、昨日のJET MARKETですが、メンバー本人たちとも交流の深い、MILESTONE MUSICのyuki氏によると、彼ら曰く、Skate Punkサウンドにグラインドをミックスさせた曲とのことで、2nd.あたりは、確かにそういったイメージですね。で、私が初期の音に西海岸的イメージを彷彿とさせる旨書きましたが、メンバーはスウェーデンサウンドを強く意識しているそうで、その辺非常にこだわりがあるそうです。新作のほうも、ボチボと上がってきているそうなので、その辺の情報など、気になる方は、今後のMILESTONE MUSICのブログをチェックしてみてくださいね。つか、ほんと良く働くし、マメだなJET MARKETは。X-STATE RIDEにも、一日も早い新作を期待したいところです。

X-STATE RIDE Official http://www.x-stateride.com/sezioni/news.html
X-STATE RIDE MySpace http://www.myspace.com/xstateride

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。