High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FORUS,ACTIONMEN,HERO OF OUR TIME,PLAY ATTENCHON -COALITION-


まあ、先週からデザイン周りの仕事をとにかくやっつけて、今週はオヤジが手術だわ、オフクロが病院だわと、パソコン触らん日もあるかなとか思いつつ、暇とか見つけながら、やっぱ音楽は聞きたいのね。で、ずいぶん久方ぶりの趣味のレビュー。
つか、やっと今朝、STRUNG OUTとともに到着。もう、密林は、もぉうっ。そんな待ちに待ってた一枚なのね。BELLS ON RECORDSさんからリリースの、4WAY SPLIT、この"COALITION"。メロディック好きな人にはたまらないバンドを揃え、かつ全部新曲っていう、とても贅沢な一枚ですね。

で、FORUSからですが、ホントに申し訳ないけども、この中だと一番気になるバンドではなかったりするのですが、この突出したピロリ感、若人は直撃でしょうな。一曲目のプログレッシヴ劇的な展開はとても良いですね。プロモカッコいいしな。やっぱそういう雰囲気的な部分も含めて、現代の若者にアピールする色々なモノを持ってんだろうなとか、オヂサンは言ってみる。実は減速する落としの部分とかにグッとくる感じですわ。M-SIXTEENのチョイスはすげぇ意外に感じましたが良いです。
私的なお目当て、この作品の超目玉はなんと言っても、アクチョンメン。ぷはぁ。相変わらずイカレてます。このガチ狂い感が素敵すぎ。何故にダンサブル?何故に日本語?とか、こういった作品に於いても、ガンガンに突出した個性を際立たせ、まあ自由にやってますなあ。高い技術に裏打ちされるこの変態性は、今回もいきなり全開丸出しのフリチンです。日本語とか、日本語とか、日本語とかぁ。でも、何言ってんだか少しわかるのは、昔のTOY DOLLSの日本語よりとてもよかったです。
HERO OF OUR TIME。ますます感じる、SATANICではなくADHESIVE感。前作のSKUMDUMとのSplitでの完成度がなんか異常に高かったので、それから比べるとかなり、色々と作りが荒い感じですけど。そういうムラ的な部分も'90年代SWEDENなのか。なにかと結構無難にまとめた感じが多少するのは少し残念でした。もっともっとやれるはず、きっと。
で、なにげにボーカルが好きなPLAY ATTENCHON。ピロリ感と粘り気をかなり抑えた、歌詞英語チェンジ。いや、これはこれで。クセと臭みを求めるとちょいとアレかもというかきっとアレだ。がしかし、これはこれで。俺はすごく好き。力強く逞しい感じは、また別の部分で前に出てる感じだし。つか、英語にしろ、母国語にしろ、すごく歌な感じがするのが、このバンドの良いところではないかと。それにしてもCRAIG'S BROTHERとか、そのチョイスといい、もう最高。これまた、アイデアも混じりので、意外にハマってるグッドなカバーだと思います。つか、元曲も最高な頃の最高な曲ですからね。

そんなわけで、手っ取り早く、いろんな楽しみ方ができる、充実したとても良い作品でした。買ったほうがいいと思うし。

COALITION http://www.myspace.com/coalitionsplit

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
CRAIG'S BROTHERのカバーにはすっかりやられてしまいました。
90年代のバンドの曲もカバーされる時代になったんですねぇ。
2009/10/06(火) 10:20:59 | URL | Toshi #-[ 編集]
>Toshiさん
私もCRAIG'S BROTHERのカバーってだけで、思わずニヤリとしてしまいました。
やはり世代もあるのでしょうね(笑)
2009/10/06(火) 11:02:57 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。