High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RANDOM ORBITS -REAL FRIENDS FIX THE RUN-


RANDOM ORBITSの2007年発売の1st.アルバムです。2nd.の発売を間近にして、こちらも紹介しておこうかなと。実は彼らと彼らの国内盤をという話を進めるにあたり、元々、この1st.アルバムをリリースするということで、彼らと話を進めていました。
私自身、この作品も気に入ってるので、いつかやりたいなとかは思いながらも、やっぱ台所事情が厳しいし、こんなにCDが売れないのと、もうあきらめるしかないほどの違法フリーダウンロードサイトなんか見ると、海外盤の旧作をリリースするとかいうこと自体が自殺行為で、意欲はあんま無くなってるのですけどね。
また、本人たち自身もあくまで、これは以前の作品といった捉え方をしてるので、どうしても欲しい方とかいれば、Interpunkなどでも購入できるので、機会があれば聴いてみてください。

RANDOM ORBITSというバンドは、トリオという最小の編成ながら、アンサンブルの妙で非常に奥行や深みのようなものを出すのが巧いバンドなのだなというのが、この作品を聴いた最初の印象でした。
彼らも言っているとおり、ジャム・バンドであるとか、実験的であるとか、そういった色々な音楽をセッション的に混ぜ合わせながら、メロディック・ハードコアに再構築するというか、メロディック・ハードコアという基盤の上に様々な要素を乗せ、別の形で表現するだとか、そういった意味での解釈の難しさや聴きづらさというものは、確かにあると思うので、そういった意味での難解さというと、彼らはメロディック・ハードコアと言うには難解な部類であると理解されるかもしれません。
そして、この"REAL FRIENDS FIX THE RUN"という作品は、彼らのそういった部分が顕著に表れた、ともすると聴き手を選びがちな、難解な作品であるといえるかもしれません。また、変則的な展開、様々に複雑なアンサンブルを擁したアレンジは、高速のナンバーも、決して真っ直ぐに進むことはない場合が多いので、そういった意味では、この時点での彼らは、リスナーの許容量の広さを強く求める音楽性を持っているかもしれません。
1分台の曲から7分に及ぶ大作に至るまで、複雑な構成と変則的な展開を網羅したこの1st.アルバムは、決してストレートにメロディック・ハードコア・ファンに手放しでお勧めできないかもしれませんが、しかし、そこに見え隠れするバックボーンや、曲の構成、そのアンサンブルの妙といったものが、見えてきたとき、その深みにはまり、すごく楽しめる作品になるのではないかなと思います。

さあ、そして彼らの最新作は既に完成してるのですが、その実験的な姿勢を残しつつも、ポピュラリティやシンプルさといった、これまでの彼らのには少なかったものも見せてくれるその2nd.アルバムは、この作品を聴いたことのある人には余計に興味深く、面白さが感じられることはもとより、より幅広いリスナーにも楽しめる作品に仕上がっていると思います。それでは、続きはまたあした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。