High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お詫びと訂正、および色々とご報告。
商品も届き、近日プレオーダー開始したいなと思ってます、NOISE CASPER"NOD OUT IN ZEST"。もうね、ここ最近大変なことが判明しちゃってね。オンラインの予約とかで、タイトルが"NOD~"じゃなくて、"NOT~"になってんの。DがTに。シャレにならんし。私自身は、自分の提出した資料の原本に全く間違いなかったので、流通先がアナウンスの資料のタイトル間違えてんですね、これが。いや、ググっても出てこないわけですよ。検索かけてて、これが判明した時、本気で顔が蒼ざめたし。私は文章とかはかなり細々チェックとかはすんだけど、まさかタイトルとか間違われてるとか思わねぇもの。大体、資料送った時点で、ユータ本人だって気づいてなかったし。
そんなわけで、急ぎ、流通のほうに言って、訂正の資料出してもらったんですが、あんま訂正は進んでないみたいなので、オンラインなどのお店でお探しの方、"NOD OUT IN ZEST"で出てこないときは、"NOISE CASPER"ってバンド名で検索するか、最悪"NOT OUT IN ZEST"で検索してください。本当にご迷惑をおかけしますが、何卒、よろしくお願いします。

まあ、そんなテンションクソ下がりの出来事もあり、折れかかってた心は、もはや完全に真っ二つにポッキリって感じだったのですが、ボキ折れて、完全にブチ切れたら、なんか逆に開き直っちゃって、リミッターが外れてしまったので、もうめちゃくちゃ仕事してるわけですね、ここ最近。何よこの充実感ってくらいに、仕事に没頭。腹が減りまくるし、スイッチが切れるとソファーで気がつかないウチに寝たりと、人間じゃないような生活してますが、俄然モチベーションがクソ上がってきてますね。
また、なにせNOISE CASPERは、ウチが初めて扱う日本のアーティスト。しかも私はこのアルバムを作るにあたり、彼らがどれだの努力と無茶をしてたのかも理解してるわけだし、私自身、彼らの"NOD OUT IN ZEST"って作品を、とても気に入ってるし、とにかくなんとかできる限りのことはしたいわけです。彼らはもとより、今後のウチのレーベルのバンドのためにも、そしてなにより自分自身のためにも。より充実した体制を持ち、より広く認知していただけるように。

そんなわけで、もうなんか色々とやってますよ、えぇ。今後のこともあるし、時代のことなども考えて、自分には全く無縁の音楽配信。これも今、別の流通先さんと、やる方向で、お話を進めております。ISRCコードの取得とか、初めて知ったことばかりだし、かなり手間とかかりそうだけど。また、CD至上主義である私には無縁だけども、若者のニーズや時代にあった媒体になりつつあるし、決しておろそかにはできないものと考えていかないとですね。なにより、世界に配信できるのはすごいよね、送料いらんしね。そんなこんなで、時間はかかりそうですが、そういうのも進めています。

また、委託での直接の卸し。現在、STM Onlineさん、大阪のさん、とお話を進めていますので、各店、近日入荷予定です。両SHOPをご利用の方は、ぜひともよろしくお願いします。

また、こんなレーベルなのですが、スポンサーさん的に援助を頂く会社に、手を挙げて頂きました。こちらとしても色んな宣伝を含め、効果や成果が得られ、お互いに良い方向で長いお付き合いをさせていただければなと思っております。

そのスポンサーさんの一社が構築したサイト作成システムにより、近日HIGH-SPEED-FLOWER RECORDSのオフィシャルサイトもこれから稼働していきます。もう、そのシステムは抜群の汎用性を誇り、かなり夢であったきちんとしたオフィシャルサイトってものが間もなく実現するので、大変興奮しておりますよ。いぢるの楽しいし。しかし、システムは全く問題ありませんし、私のようなバカでもサクサクいけるのですが、なにせデザインとか、内容の編集は全て、私自身の手にかかっておりますので、本格的な完成まではもうちょい時間がかかりそうですね。しかし、サイト作るのってホント大変ですよね。まだ、色々と変わっていきますが、そんな制作過程なんかも見たい人はHIGH SPEED FLOWER RECORDS JAPAN
そんなわけで、鬼のように動いておりますよ、えぇ。諸々、詳細はまた、高速お花畑でおしらせしていきます。


本当のことをいうと、私は今回の出来事も含め、今年の困難に次ぐ困難と激務で、今年いっぱいでレーベル辞めてもいいかなと思ってたくらいです。それくらいに、齢40過ぎにして、全くゼロからのスタート、そしてたった一人で全ての業務をこなしていくということに、限界や諦めといったものを痛感してました。
それは自営業を始めた頃には見えなかったはずの、充分に若さや情熱といったもので補えたり、気にもしなかったものでしたが、やはりこれが歳をとるということなんだろうなと。
しかし、それでも、こんな私にでも、手を貸してくれたり、頼りにしてくれたり、応援してくれてる人たちはいるわけで、だからこそ私は一人で黙々と仕事を続けられるわけです。そしてそれは一人だけど、決して一人ではないわけですよね。

結局、どうにもならないことは、どうにもならないし、間違えは誰にだってあるし、それを責めるよりも、それをどう補うのかを考えることのほうが大事だし。災難ってのは誰にでも突然降りかかる可能性があるわけだから、なんで俺ばっかりと思う必要なんてない。そんな、クソくだらないこと考えてるヒマがあるんなら、少しでも前に進む方法を考えていったほうがいいじゃない。日々削られていく、若さや情熱といったものを、何を持って補っていくべきかが、少しだけわかってきた気がします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大変でしたね~
でも元気が出てそうでよかったです。KU-GEさんに紹介してもらったところに迷惑を掛けないよう僕も頑張りますね。

NOW OR NEVERも最高の出来なので宜しくです。

あ、昨日PSYCHOMANIA聞いてましたよ。
2009/11/26(木) 12:42:06 | URL | ゾリ #-[ 編集]
>ゾリさん
なんか空元気っぽいんだけども、せめて前へは進まなきゃあと。そちらの話上手くいけばいいですね。
コンピこちらこそよろしくです。あ、PSYCHOMANIAは聴かんでもいいよ^^;
2009/11/26(木) 13:41:12 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。