High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MISLED BALDS,FIRST RETRIEVE,NOW OR NEVER -LIGHTS FROM THE GUTTER VOL.1-


圧倒的に突出した個性と破壊力を誇る、東名阪国内メロディック・パンク3バンドが、最新の楽曲を持ち寄り、国内メロディックの実力を見せつける、超強力なSplit、"LIGHTS FROM THE GUTTER VOL.1"が発売です。
NOW OR NEVERのドラマーでもあり、COCK SUCK RECORDSの代表でもあるゾリ井上氏から、その制作前から、彼の熱い思いや、また制作過程の苦心などを直に聞いている私としては、非常に感慨深い心情もありますが、この作品を客観的に見せていただいても、今のジャパニーズ・メロディックのシーンに於いて、後世に確かな爪痕を残す、非常に意義の作品であることに間違いはないと、完成したこの作品を眺めながら思っています。

そのオープニングを飾るのは、東京プログレッシヴ・スピード・ロック・バンド、MISLED BALDS。世界的にも、多くのバンドがその"プログレッシヴ"といった括りを気軽に名乗る中、このバンドはもう、日本の範疇でどうこうとか言うより、世界的に見ても、圧倒的に優れた、本物のプログレッシヴであることを冠に置ける、屈指の存在であると思っておりますよ、私は。
実に私的な表現で言わせてもらうなら、その怒涛のアンサンブル、猛スピードでカオスをメロディアスに整合するといった感じでしょうか。
今作に於いても、その独特の個性が炸裂しております。しかしそれでいて、いわゆるプログレッシヴと評されるモノにありがちな、難解さ、聴きづらさといった、受け手側のストレスを不思議なほど感じさせないとう部分は、非常に魅力的です。それは彼らの持つ、アンサンブルの妙であるとか、フレーズの妙といったものもあるかもしれませんが、ただ単純にロック的にカッコいいと感じるフレーズと、その圧倒的なスピード感に起因するものかもしれないななどと感じました。
まあ、しかし、ほんとその端々のフレーズや、随所のアプローチもそうですが、4曲目とかのメロディーラインとか、ホント常に意表を突く意外性とかも持ち合わせながら、それをカッコよくサラッと流暢に流すことができるという、ホントこのバンドは心底カッチョいいなぁとか思うところですね。激情、叙情、耽美、混沌、そのようなものを、パンクの粗暴さも一際際立たせながらも、インテリジェンスすら感じさせるのは、パンクにおける天賦の才ではないでしょうか。

そして続くは、名古屋の重鎮、もはやベテランの域に達するメロディック・ハードコア、FIRST RETRIEVE。自身の既作では、いわゆるメロディック・ハードコアというジャンルでありながら、その独特のハードロック感とか、質感ではないメタル感覚といった、彼ら独特のアプローチが、どこか聴く人を選ぶというか、むしろ個性が溢れるあまりに、ある意味では自ら時流を拒絶するかのような、排他的な一面を随所に覗かせていたように感じたのですが、今作では、そういった部分をアプローチや味として残しつつも、もっとシンプルに料理していると感じさせて、それをストレートに近代メロディック・ハードコアといったものに混ぜることに成功したような気がします。また、それにより、圧倒的に良いメロディーが引き立って、すごく歌モノ的な部分が前に出てきたような感じがしますね。いや、ホント良い曲と、良いメロディーを持ったバンドなのだなと実感。
濃い口と薄口を絶妙にブレンドし、ガキにでも食わせることができつつ、何かわけのわかんないものを隠し味で入れてるという、その極悪さがなんとも素晴らしい。
このメンツの中にあっては、もっとも正攻法のメロディック・ハードコア的な仕上がりながら、どこかニヤリとさせてくれたりもするという、まさにベテランならではの旨味ってヤツを感じさせてくれます。

で、大トリは大阪のメロディック・パンク・シーンを牽引し続ける、NOW OR NEVER。彼ら特有の爆走メロディック・ハードコア・ショート・チューンはもちろん、パンクのみならず様々なバックボーンを消化しつつ、独自のアプローチで、皮肉やユーモアを交えながら、パンク的解釈で弾き出すという、クセのあるナンバーなども含むといった、起伏を感じさせる構成。
このNOW OR NEVERにも、MISLED BALDSのようにパンクのインテリジェンスをいつも感じますね。敢えて言うなら、MISLED BALDSのインテリジェンスを先天的とするなら、NOW OR NEVERは後天的であるという。そして、パンクの感性といったものに関しては、むしろその逆のような感じがします。
暴走や爆走といった表現も似合いすぎるほど似合う、パンク本来のアイデンティティーを先天的に持つNOW OR NEVERというバンドですが、そこに前述したような、彼らの持つ音楽的なバックボーンや、そして広い視野といった、後天的に蓄積されたものが、ゾリ井上のフィルターを通して、ある種の知性的部分として再構成され、それによって、暴走や爆走をある程度コントロール出来る、または計算をしながら暴走ができるという。時にそれはリミッターとしても作用するかもしれませんが、それ自体は決してスピードや威力を殺すといった意味ではなく、絶えずバランスを保つことが可能であるという。また、それによって常に何かしらの実験を絶えず継続することが可能であるという。まあ、しかし、むしろ外人こそ、このバンドのサウンドを聴くべきだろうとか思うのは、私だけでしょうか。

とまあ、そんなわけで、人様の作品なのに、久々になんかつらつらと迷惑顧みず、勝手なことを語っちゃってますが、私が自身制作のコンピなどに於いて提唱するコンセプトと同様のコンセプトを有する作品だからこそ、私らしく、私なりの解釈で解説してみましたよという感じでひとつ。
何を持ってしてジャパニーズ・メロディック・ハードコアなのか。ひいては日本のパンクとは何ぞ?といったその答えは、日本人によって導き出していかなければいけないわけです。その今後も続くであろう、誰かが続けていかねばならない、暗中模索の系譜の中の、重要な一枚として愛されなければならない、ジャパニーズ・パンク作品です。

MISLED BALDS MySpace http://www.myspace.com/misledbalds
FIRST RETRIEVE MySpace http://www.myspace.com/firstretrievejp
NOW OR NEVER MySpace http://www.myspace.com/noworneverjapanosaka
COCK SUCK RECORDS Official http://www.cocksuckrecords.com/top.html



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
レビュー凄く嬉しいです。

必ずこの恩は返しますんで。

そして、本当にパンクが好きじゃないと出来ないレビュー。これってだいじですよね。
2010/03/19(金) 17:15:27 | URL | ゾリ #3DpfYUu6[ 編集]
>ゾリさん
無事リリースおめでとう!!
多くの人に、そして色んな人に聴いてもらいたいですね。

2010/03/19(金) 17:52:38 | URL | Ku-ge #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。