High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SNUFF -REACH-
reach

当時、SNUFFが解散したというニュースは、その失望と、喪失感で、私をかなりヘコませてくれました。それほどまでに私は、"Snuff Said..."を聴いて以来、SNUFFが創り出す、新しいサウンドを、新しい曲を、心待ちにしていました。
'92年リリースの、この"Reach"は、'91年にレコーディングされ、SNUFFが一時解散した後に、リリースされた作品です。当時、元THE JAMのメンバーがミックスダウンするなど、様々な噂も流れ、また発売されるのかどうかも不明といった、噂すら流れる始末。しかし、実際は、LEATHERFACEのフランキーらの手を借り、仲間内だけで仕上げたそうで、どうにか埋もれることなく、SNUFFのニューアルバム"Reach"は我々の元に届けられました。私は期待と喪失感とが、ない交ぜになった、なんとも言えない心境で、この"Reach"を聴きました。それ以前も、それ以降も、この時のような感情で、新しい音源を聴くことなど、全く持って経験していません。

しかし、この"Reach"は、そんな私の失望感や、喪失感を、吹き飛ばしてくれるかのような、まさにSNUFFといった、1st."Snuff Said..."にも匹敵する、素晴らしい作品でした。
高速ナンバーではありませんが、実に彼ららしい刻みの"I Know What You Want"で幕を開け、炸裂する哀愁"Teabag"、そして、SNUFFの本領発揮とも言える、"Damage Is Done"、"Spend, Spend, Spend"超高速パンク瞬間芸コンボ、その短く高速の曲の間に、ドラマチックかつ、起伏にとんだアレンジを展開する、まさにSNUFFの真骨頂です。そして、ハモンドとダイナミックな演奏が見事に噛み合った、"If I Tried"。私はSNUFFの、スピードを殺した曲の中で、断然、この"If I Tried"が大好きです。続く"Hellbound"では、カテゴライズを握りつぶす、メタリックでダイナミックな演奏を展開、緊迫感や、軋轢を感じさせたかと思えば、"That's Fine"で、広大な風景を思わせる、叙情感を披露する。そして、Stop & Goな超高速"It's You"、哀愁パンク・ミディアム"Bingo"、またも歌い上げる高速ナンバー"Ichola Buddha"ときて、テクニカルな演奏とアレンジが凝縮された、彼ららしいインスト"Porro"をはさみ、シニカルな歌詞にもかかわらず、明日への希望を感じずにはいられない、"Sweet Dreams"で幕を閉じる。もう、国内盤のボートラが蛇足に感じるほどです。あ、いや、それはそれでうれしかったのですが。あぁ、もう、カッコいいです。アルバムとして、完璧すぎます。もう、私の文章もなんか、昔のシンコーミュージックの人みたいです。私はアルバムとしてなら、その衝撃の1st."Snuff Said..."よりも、この"Reach"のほうが、好きかもしれません。いや、待ってください、選べません、どっちも好きです。もう、この初期オリジナル・メンバーのSNUFFが出す音と曲こそが、いろんな意味で、正解で、ど真ん中で、ストライクで、もう、私の脳髄をグリグリします。...すみません、少し興奮して、取り乱してしまいました。

このアルバムの後、DuncanはGUNS'N'WANKERSを結成、そしてまた、SNUFFを再結成し、今もなお活動を続け、SimonはYOUR MUMそして、SOUTHPORTへと参加、AndyはLEATHERFACEに参加、POPE、JESSEと、Frankie Stubbsと活動を共にし、オリジナル・メンバーは異なる道を歩み始めるのですが、このオリジナル・メンバーのSNUFFは、私にとっては、本当に特別な存在だったりします。しかし、もう一度、このメンバーのSNUFFが見たい、聴きたいと願っても、Andyが亡くなってしまった今、その願いは叶うはずもありません。

知らずしらずのうちに、時は過ぎ、時代は変わり、そこに在るはずのものも、失われてしまうこともあります。年を取るということは、少しづつ、希望や、願いを喪失していくことかもしれません。そんなことを考えながら、なぜか思いだしたけど、"Too Late"の歌詞はなんとも深いな。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。