High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
V.A. -TJÖPLUSTA PART2-


というわけで、神のお導きのもとに、BRÖÖL特集にすることにした。しかし、そんな私は無宗教の無神論者。1995年、BRÖÖL 006。ジャケが両面印刷されてるぞぉ!?やったぁ!!裏はモノクロで文字しか書いてないけども(笑)しかし、そのデザインは前作の色違いにPART 2と足してあるだけのなんともRÖÖLらしい仕様だ。
まあ、しかしコレも、59 TIMES THE PAIN、ADHESIVE、PASSAGE 4、STEALTH、STONED、VENEREAといった面々を揃えてきてやがるぜっ!!いや、STEALTHとかはきっとどうでもいいんでしょうね。まあ、それにしても今の人たちはきっと欲しがるに違いないのでしょうね。ただオクとかはバンド名だけでカモられそうだから、絶対やめといたほうがいいね。そんな金があるなら、寄付だと思ってウチのCDを買ってくださひ。

まあしかし、VENEREAとかもモッサリしまくってるぞ、当然その頃のヤツだから。STONEDは元々モッサリしてるし(笑)、PASSAGE 4すら、なんかモッサリにしてる感じするし。まあ、全体的に色々と、鋭い切れ味とかを決して期待するのではなく、モッサリをマッタリしつつマッコリでも飲みながら楽しむべきだろうという。で、飽きたら、エロビデオでモッコリでシッポリと一人の夜を楽しもうぜだとか、そんな余計なことをガンガン入れていくのが、本来の私のクソレビューだ。
個人的には、ドラマチックなSLUTSTATION TJERNOBYLとか、なんか暴力的なのに高速メロディックなMENTAL HÄRDSMÄLTAとか、もう一頑張りでなんとかなりそうなのに、決してそこからちっとも頑張れるはずがないことを予感させるEPIDEMICあたりがオススメといった感じですかにょ。

どっちにしろ、私は、USAのかほりがそこはかとなくしてきだすこの2弾よりも、Svensk臭が満喫できる前作の第一弾のほうがお気に入りかなといったところですね。まあ、ついでに書いただけみたいな。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。