High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STEALTH -A TEENAGE REVOLT-


ながらくコンスタントに更新を続けてきました、SWEDEN特集第二弾、「BRÖÖLのポンコツな魅力をあなたに」ですが、もう、後はFUDGE WAXくらいしか残ってねぇと思うので、これが最終回ってことで。そんなわけで、最終回を飾るに相応しいとは決して思えない、知名度の低いBRÖÖLの中でも、一際知名度なんてあったもんじゃねえ、クソマイナーメロディック、BRÖÖL 007、とかくシカトされ気味のBRÖÖL RECORDSの作品の中でも、単独作品としては徹底的にシカトのSTEALTHの5曲入りのミニ、1995年の作品。

まあ、コンピとかにもそこそこ顔を出してたバンドだと思うので、知ってる人もいるかもしれませんが、まあ、ADHESIVEからキレとかセンスとかを無くして、モッサリしてジャージを穿かせた感じと言ったら、悪く言い過ぎか。でも、ま、ホント、当時からそんな印象。
やる気無さそうに、ダラダラと歌い上げるクソボーカルが、そのセンスをあまり感じないジャージの色をさらにクタクタに洗濯してズルズルにしてたり、周りを見ながらとか、アメリカを眺めたりとかで、それを上手いことパクリ回せればいいのだが、さらに余計なことを方々に入れちゃって、台無しにしちゃったりなど、色々とツッコミどころは満載だ。
ヒドゥントラック的に収録された、ドピュドピュデューシュビュデュバとか言ってるラストなんかも、さらにジャージにウンコを漏らしてしまいました的な、股間が重くなってしまいました的な、ノンストップウンコ感に拍車をかけ、むしろ微笑ましさすら感じさせる。

だからと言って愛せないわけではないのだろうが、決して本妻にはなりえない、というか恋人にするのもちょっと恥ずかしいかもしれない、酔っぱらったあげくに、ついイテコマしてしまい、なんかグダグタと付き纏われて、そのままズルズルとクサレ縁的なとでも言えばいいのか。
まあ、しかし、それこそがB級ウンコバンドの醍醐味である。すなわち、ある意味では、実にBRÖÖLらしい、ジャケのイメージどおりの内容を持った、高速モッサリな、B級高速マニア的に持ってて損はない作品だと言えよう。近代メタリック高速云々な人々にはなんの価値も意味も無い作品だから、カモられないように気をつけろ。


そんなわけで、一連のBRÖÖLとかやったら、途端に筆が走ることだなぁ。やっぱ最近のどれも似たか寄ったかのメタリックピロピロとは一味も二味も違い、旨味成分とか、食えないぇモンも無理やりデコってなんとか食わす的な感覚が、様々なイマジネーションを引き出してくれる。
いやあ、ここ最近、書いてて久々に気持ちよかったので、また近いうちに好きなモノを好き放題に書くことにする。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。