High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GOLLIWOG -PLAGUE ALLEGIANCE-


男汁満載、タフでストロングな、スロヴェニア、女性ボーカル、メロディック・ハードコア・バンド、GOLLIWOG。以前、国内盤も発売された彼らの1st."MORE THAN MEETS D.I.Y"について書いたとき、女性ボーカルにも関わらず、その溢れる漢臭さに、思わず男汁シリーズに入れてしまいましたが、そんな彼らの4年ぶりとなる新作も男の中の漢です。

近代メロディック・ハードコアの高速感に、オールド・スクールの雰囲気が強く漂う、ストロングなメロディック・パンク、ハードコア・スタイルといった路線、前作では色濃く感じたポップ的な感覚よりも、非常に強いパンク色や、ハードコア色といったものを前面に押し出している感じです。
当然、メロディアスな部分も非常に多く持っているバンドなので、そういった部分は今作でも多々顔を覗かせて、彩りを各所に添えるといった部分もありますが、そういった部分に前作の踏襲を感じつつも、実は逆のハードなパートのほうでバランスで調整しながら、ゴリさがより一層際立つ剛パンク感で攻めるという方向できてますね。
元々最近のバンドとしてはパンク度数が非常に高いバンドだと思うのですが、さらにパンク度数がメーターを振り切り、圧倒的なパンク感を感じるところに好感が持てます。
前作ではNOFX感とか、かなりあったような気がしますが、今作に関しては、そこら辺の匂いはあまりしなくなり、ただただ、男のパンク街道まっしぐらといった感じが潔よし。また、私はそのパワフルな女性ボーカルから、初期のGITSとかも連想しましたが、もっとさらにハードな印象、そして元々個性あるバンドが、より一層個性的になった印象さえ受けます。

メタリック高速の現代のメロディックの時流という意味では、本流のバンドではないとは思いますが、これもメロディック・ハードコアの新しい形のひとつだと思うし、こういうバンドがガンガン出てこないと面白くない。
彼ら得意の爆速高速メロディック・ナンバーから、棍棒で殴りつけるようなパンク・ミディアムまで、昨今のメロディック・ハードコアとは別の路線で、その多様性と個性とを見せてくれる、16曲収録、34分弱、男気溢れる一枚。

過去の記事 http://highspeedflower.blog25.fc2.com/blog-entry-58.html
GOLLIWOG MySpace http://www.myspace.com/golly

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。