High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HYBRID CHILDREN -UNCENCORED TEENAGE HARDCORE-


誰が望むというのであろうHYBRID CHILDREN弐連発。'96年発売のその雑多な魅力ここに極まれりという、3rd.アルバム、"UNCENCORED TEENAGE HARDCORE"。
ちなみにトイズファクトリー国内盤は、2曲ボートラ追加が素晴らしい。デュランデュランのカバーが素晴らしい。やっぱこの人らはこの辺りも間違いなく好きだったんだということが分かりとても良い。
あ、前回言い忘れましたが、この頃のこの人らのルックスというのは、なんかスラッシュメタルの人とG.B.H.の人が混じってるという、まさに彼らの雑多な音楽性をルックスでも表現してくれていてそれもとても良いぞ。

で、作風としては、その基本路線は変わらず、パンクを中心に、ポップス、ニューロマンティクス、メタル、グラム、スラッシュとか、ごっちゃ混ぜくって、パンクとは付かず離れずを繰り返しつつ、パンクバンドを自称するという、お得意のナイススタイルだ。
で、色々と曲の完成度とか、アレンジがさらに巧みになったりしたり、ポップなことにこなれてきちゃったりしてるもんだから、余計にHANOI ROCKS感が増してるというか、もう、ちょっとパンクっぽくもあり、オルタナってたりもする、古新しい、初見の人には得体の知れないロックバンドにしか映らないだろうという印象だぞ。だが、それがいい。
逆ノリ、楽器の一部アレンジだけ途中一気に加速、速い曲も一気にすんなりとは聴かせない、などなど、もう、ある一部分の加速を聴きたいためにミドルの長い曲も聴いてしまっちゃったりさせる、このイケズ感、そんなカッチョいいきっしょく悪さも、さらに別なる高みを目指して、男前な変態気質の完成度を高めているという、マニアックなごく一部のファンも納得の完成度の高い一枚。

思うに、やってることは充分に万人受けするポップだったり、時にきちんと高尚だったりするのに、その音楽性よりなにより、根本的にそれを表現している本人たちのアティテュードやスタンスがパンクで、しかし多種多様な音楽性は捨てきれず、そんな有体を全てをまとめると、なんか下世話な感もするという。が、なによりそれを本人たちが望んでたりする感じで、その先の一般的な高みを臨むことを善しとしないのではないかと穿った見方とかもできちゃったりするという、ま、端的に言うと、ものすごく勉強ができるセクスィ~なチンピラ。

HYBRID CHILDREN Official http://www.hybridchildren.net/
HYBRID CHILDREN MySpace http://www.myspace.com/hybridchildren

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。