High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NAFT - THE AUDACITY OF HOPE-


ジャパニーズ・メロウ・メロディック・ハードコアここに極まれり、とでもいいましょうか。そういった私なりの括りの呼称を用いらせていただくのであれば、間違いなくその先頭を切って走り、なおかつ極めて高い精度を持ったバンドは間違いなくこのNAFTであると思っています。また、このNAFTというバンドは、現在の日本のいわゆる"こちら側"の高速メロディック・ハードコアのシーンの中のみならず、非常に高い次元や別の次元での勝負ができることが予測できる、特に傑出した存在のバンドであると思います。

同様に特出した存在であると思わせてくれる、MISLED BALDSを引き合いに出させていただくならば、かたや海外のバンドすら及ばぬほどの圧倒的なプログレッシヴさ、かたや世界にも類を見ないほどにポップさを備えたメロウさを高速で叩きつける爽快さと、共に突出した才能を持ちながら、この2つのバンド、全くもって、両極とも言える存在でありながら、その類まれなるセンスや、高い音楽性と高い技術、さらには高い完成度、そしてそれを圧倒的に個性的に表現できる能力を有しており、だからこそ、突出した存在に映るのだろうなと。
まあ、しかし、日本のパンクも恐るべき進化を遂げているのだなと感じずにはいられないという。あえて言わせていただくならば、この2バンドを聴かずして、海外のサウンドのみを追求するのは、愚かな行為ではないでしょうかとか、危険な意見も口をついて出てくるほどですな。
とまあ、相変わらず持論で講釈並べ立てまつって、いきなり脱線しておりますが、ともかくNAFT。そのNAFTの1st.アルバム、"THE AUDACITY OF HOPE"。もう、随分長いこと私の愛聴盤になってるし、レビューするのが遅いにもほどがあるのですけどもね。

NAFTというバンドは、近代高速メロディック・ハードコアというものが持っている、または提示してきた、高速感、メロディアスさ、ポップさ、キャッチーさ、近代的なアプローチとしてのメタリックさ、ある種のプログレッシヴさ、そのような全ての要素を、その全てを及第点以上のクォリティで持ち合わせているなといつも感じるわけです。そしてそれらを非常にバランス良く配置し、なおかつ、メロディーや歌を損なわず、圧倒的な高速感も見せることができ、さらに様々なアプローチすらも展開できるという、近代的に絶妙のアンサンブルを持っているバンドなのだなと常々思っています。
また、その整合された彼らの高速メロディック・ハードコアは、常日頃、PUNKやハードコアといった音楽を聴きなれている我々のような人間にも高い評価や、称賛を持って迎えられるのみならず、PUNKやハードコアとは無縁の人々にも強力にアピールすることができるという、多角的かつ広範囲といった驚愕の攻撃範囲を有しているのも、彼らを希有なバンドであり、理想的なバンドであるとさえ思わせる、大きな要因ではないでしょうか。
多分にことパンクというものに関しては、極めて個性的な声質のボーカルであると思うのですが、そのボーカルもNAFTの超強力な武器のひとつであり、前述の多角的かつ広範囲な攻撃を可能にする、おかしな所からすげぇミサイルが飛んできたってな部分だと思いますね。疾走感に溢れ、攻撃的なFASTナンバーのカッコよさにボーカルとかどうでもいいなとか思っちゃうくらいのイントロからノメリ込んだりすることがあっても、結局このボーカルが出てくると全てをそっちに持っていって、ウラァって、ちゃぶ台をブチ返すことが可能なんですよね。つか、もうこれは本当にすごいなと。結局、このボーカルごとメロディーや歌に引っ張り込みつつ、楽器隊はカッコいいこと続けて、またブッ飛ばしているという。で、それの均整といったものが、きちんと調整出来ているというAwesomeっぷり。そして、このアルバムでは、それまでさほど見せてもいなかったミディアムの、歌モノ的なアプローチといったものも、これまたしっくりくることという。もう、多分なんでもできちゃうんだね、このバンドは。

いや、正直、近年、ほんとパンクってなんだろうなって、いつもいつも思うわけですよ。で、結局、色々と考えながら、この傑作と言えるアルバムにしても、レビューしようしようと思ってたら、今に至ったという。でもね、良い意味でも、また万一悪い意味であっても、高速メロディック・ハードコア・パンクという、ある意味とてもマニアックなはずの音楽を、地下から引きずり出し、無関心な人の耳にさえ捻じ込むことができて、その方法や手段といったものを先天的に有している、才能を持った若者たちが、ここにいるわけですね。あとは、彼らの音楽を受け取った人たちがどう捉えるかとか、送り手がどう送るかとかだけだと思うんですが。
ただ、傍目で無責任に聴いてるだけの私においても、パンク的にも絶対に間違っていないと個人的には思ってるバンドであり、作品だと思います。

過去の記事 http://highspeedflower.blog25.fc2.com/blog-entry-163.html

NAFT Official http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=naft
NAFT MySpace http://www.myspace.com/nafttfan

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。