High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hopeless Dew -2nd. Demo-


Masterplan Bに於けるDevuくんのクソカッコいい外人みたいなドラムにその器用さと異常なセンスを感じたわけですが、そんなメンバーのサイドビジネスもこのバンドの面白い要素となってんだろうなとか思いつつ、そのDevuくんが本職のボーカル、ギターを務める本家、Hopeless Dewの2nd.demo、3曲入り。

2008年に東京で結成、FAT、EPITAPH、NITRO、TOOTH & NAIL周辺のメロディック・パンクの影響下にある彼等。昨今のメロディック・ハードコアにしては、過剰なメタリックさを持たず、圧倒的な高速感といったものを売りにしておらず、そのメロディーに重きを置いた作りの楽曲や、ほどよい高速感と疾走感といったところに、逆に個性や魅力を見出すことができるのではないかと。その辺りは巷で言われてるところのMUCH THE SAME、SWELLERSといった印象もありつつ、また一方で多少の粗っぽさといったパンク的な魅力も垣間見えるところなど、88 FINGERS LOUIEやSLICK SHOESといった、日本には意外にいそうでいないタイプを彷彿とさせてくれたりするところなどに、このバンドの正統派メロディック・ハードコア的な魅力を感じるところです。

爽やかなアルペジオから高速で飛ばす爽快なナンバー"Ordinary Heroes"。ウチのコンピに提供してくれていた"Disguised motivation"のようなテンポでグッと漢のメロディックといった印象で聴かす"Prejudice"。最速のギアにブチ込みカッ飛ばしながらシンガロングに雪崩れ込む"Time For Action"。
彼らの場合は、少しテンポを落とした部分に哀愁を感じさせ、高速パートでは爽快感といったものを前面に押し出す感があり、その辺りも特徴的な部分ではないかなと思います。また、その爽快感とともに、全編に漂う無骨な男っぽさといった部分も、彼らの姿勢にパンクを感じる部分でもあります。

"Disguised motivation"で如実に感じた、グッとくるサビが作れ、そのメロディーに重きを置いたスタンスをあらゆる楽曲から存分に感じ取れ、哀愁と爽快感を併せ持ち、さらにそこに武骨さといったものを加えることで、ある種の整合感と破壊力の混在させるという。それは彼等独自のバランス感覚と絶妙な旨味であり、そういった部分が今の日本にいそうでいない、求めたい部分でもあったりするわけです。
少しの期間活動をお休みするという彼等ですが、休止開けには、ウチのコンピへの参加、そして待望の単独音源も準備しているそうで、期待は昂まるとこであります。

Hopeless Dew http://www.myspace.com/thehopelessdew

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。