High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Halfway There/Hopeless Dew -Second Action!-


続けていくぜ。Hopeless Dewと、以前はそのメンバーも共有していた、母国語メロディック・ハードコアHalfway Thereの各一曲づつのsplit。

2009年結成、EASELとGenesisのメンバーから成るHalfway Thereの"火は揺らいで"。う~ん、かっこいいね。楽曲はもとより、その姿勢といったものにも男臭く骨太なイメージすら漂う、精神の骨太さが滲む日本語メロディック・ハードコアでブッ飛ばす。ゴリった音で動き回るベースがグー。サビのメロはもう良すぎるね。オジさん思わず歌っちゃってるよ。単独音源の1st.DeomoはBELLS ON DISTRIBUTIONでユニオンさんなどで取り扱い中。
Hopeless Dewの"26'again"は、グッと渋爽やかなミッド。相変わらずサビで殺しにかかるね。こういうタイプの曲やっても、やっぱこのバンドはかなり個性的なんだなと。エモーショナル極まるといったアプローチやメロの運びとかは決して珍しい類というわけではないのだけども、全編の吹きわたる爽快感の中、至る所に喉に引っかかる哀愁や、最近のバンドの器用さの中に覗く無骨さといった部分がここでも垣間見えます。

一曲づつなので、もっと喰いたい感はあるのですが、まあ、とにかくそんな両バンド挨い見えることによって、さらに先日もお話したような男臭さや武骨さといったものがなんか増幅。なんだか一本気なパンク愛みたいな、俺らジジィしか持ってないようなもんを、形を変えて持っているというね。つか、ここ周りの人たちは若いくせになんかそんな武器を持ってるね。
なわけで、無骨で武骨なのとかは、私にもとても必要なので、両バンドともウチの次のコンピに新録で参加予定。

Halfway There MySpace http://www.myspace.com/halfwaytherejapan
Hopeless Dew MySpace http://www.myspace.com/thehopelessdew

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。