High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FROM THE TRACKS -RECOVER-


2009年の末頃だろうか、この作品をKennyさんから譲っていただいたのだが、ENDS LIKE THISは良いバンドだと思っていたし、そのMikeのプロジェクトということもあり、気にはとめていたつもりだったのだが、この作品を聴くまではすっかり失念していたというのが正直なところだった。このバンドの国内盤はENDS LIKE THISを発売していたFASTLIFEさんがやるんだろうし、それ待っておきゃあいいやとか。
まあ、縁というのは不思議なもので、それからホントに間もなく、なんとも絶妙といったタイミングで、そのFROM THE TRACKSのPatrikが連絡を取ってくるわけだ。そして、私は彼らの最新作の国内盤を手掛けることになる。また、今後の仕事もあり、今、最も話をしている海外のバンドと言えば、このFROM THE TRACKSだったりするわけです。

さて、この彼らの2枚目のフルレングスとなるこの"RECOVER"。ダウンロードアルバムであった前作は、当然聴いていたのですが、それよりもさらに彼らのというか、むしろMikeの突出した個性的なアプローチやセンスといったものが前面に押し出された作品だと感じました。この作品自体がMikeとPatrikという二人のメンバーのみでレコーディングされていることもあり、それこそMikeのやりたかったことが凝縮されているのだろうなという印象です。
FROM THE TRACKSというバンドは、この時点では極めてプログレッシヴなアプローチを持った高速メロディック・ハードコアと認識していましたが、彼らのそれが他と一味違うのは、そのTrall感といったものであるとか、どこか往年のSweden懐古的な部分を感じることができるのも魅力のひとつだと思ってます。そして、その料理の仕方が極めて近代的なセンスを持ってモダンな形の整理の仕方といったものを感じるわけです。そのメタリックな要素ももちろんですが、リズムマシーンかのように異常にカチ飛ばすリズムとか、そういった近代的な時に無機質にさえ感じる機械的な部分と、彼らの本質の非常に湿り上げた欧州の土着感といったものが、絶妙に混じっていると言えばいいでしょうか。それはまさしく近代メロディック・ハードコア・パンクのひとつの進化の形であり、そういった部分を私は非常に気に入ってるのかもしれません。
この"RECOVER"に於いては、そういった彼らの突出した個性が、ともすれば難解であるとも評されるほどに、全開になってる作品ではないかと思います。裏打ちや過剰なまでに変則的なリズム、意表を突く展開、一筋縄ではいかないアプローチと、まあ、それこそやり放題という。で、そこに実はかなり流麗で心地よかったりするメロディーを乗せたりするもんだから、非常にヌレっとした爽快感とでも言いましょうか。つか、ヌレっとしてる時点で爽快では無いのでしょうが、俺は変態なので、そういう妙な爽快感を受け入れる体制が存分に整ってるわけだ。で、とにもかくにも速い。曲の基本が速い。バンドの原則が速い。まあ、アプローチごとに減速やシフトチェンジなどあるものの、なにせ速い曲しかやりたくないらしいと感じるほどに、一曲ごとでもどこかが必ずクソっ速い。で、結局、全編通じてクソっ速い印象を受ける。
本作は、その完成度の高さと共に、速さよりもむしろ個性的なアプローチ際立ち、そちらのほうがより目につき、鼻につき、そこ受け入れられないとちょっと無理といった意見すらあるかもしれないという、個人的には実に素晴らしい、変態近代メロディック・ハードコア作品に仕上がっているのではないかと思います。

当時、彼等は今後この路線で、さらにより変態的なヌレッとした方向性を推し進めるのかと思っており、それはそれでウチのレーベルとしては大歓迎この上なしといったところでしたが、実は最新作はこの作品よりもとても聴きやすいというか、まあ、依然、いろんな部分で絶妙にいろんなことをやってきますが、先述した様な要素の融合感と整理の仕方がさらに熟練した感があり、それ、個性を没することなく、しかしながら、極めてスムーズに近代メロディック・ハードコア・パンクとして成立させていってるのではないかと思いますよ。まあ、しかし変態の言うことなんでね。ただ、ひとつ。新作も死ぬほど速いということです。

ENDS LIKE THIS http://highspeedflower.blog25.fc2.com/blog-entry-187.html

FROM THE TRACKS http://www.myspace.com/fromthetracks

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。