High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE DICKIES -THE INCREDIBLE SHRINKING DICKIES-
The Incredible Shrinking DickiesThe Incredible Shrinking Dickies

The Dickies


ルーツ・オブ・USメロディックといった感じで、少しUSメロディックに触れていきます。長丁場になるかどうかは私の集中力次第ですが、まぁ、そこそこ頑張りたいなと。まずは、LAパンクを代表して、今も活動してるPOPパンクの祖、THE DICKIESです。
THE DICKIESは、REZILLOSと同じく、現在のポップ・パンク、ファン・パンクの元祖ともいえるバンドで、それはもう、70年代の後半登場した時から、おバカで、POPで、キッチュで最高です。当時、US、UKのシーンとも、ストイックで、シリアスなパンクが多い中、彼らは、キーボードやホーンなどもフィーチャーした、底抜けに明るく、ポップなナンバーで、シリアスなパンクシーンを風穴を開けます。今聴くと、断然にポップに聞こえるはずのRAMONESでさえ、彼らに比べるとハードに聞こえるほどに、THE DICKIESのポップ具合は、ポップに過ぎます。彼らの演奏する、ハイスピードで、メロディアスで、2分弱のポップ短小早漏ナンバーの数々は、今聴いても、かなりブッ飛んでます。彼らの抜群のポップセンスと、ユーモアのセンスは、本当に痛快です。
また、彼らは初期から、カバー・ソングも積極的に演奏しており、そのカバーの数々は、彼らによる、ポップ化と、ハイスピード化が加えられ、実にユニークなアレンジで、原曲を破壊しています。そんな彼らのカバーソングは、パンク・リスナー以外の方にもウケがいいようで、、彼らのカバーソングは、SNUFFなどと同様に、パンクシーン以外でも取り上げられているのを見かけます。しかし、そういったカバーを、既に70年代からやらかしてるあたりに、DICKIESの、そのセンスの凄まじさを感じます。THE DICKIESは、ポップ・パンクの元祖であるとともに、高速パンク・カバーの先駆者でもあるのです。

DICKIESは、1977年に結成。彼らはDAMNEDの米国ツアーを見て、それにインスパイアされ結成したとも言われています。そして、1979年に彼らのデビューアルバム、この"The Incredible Shrinking Dickies"をリリース。このアルバムには、前述した彼らの魅力が、最大限に凝縮されており、1st.アルバムにして、まさに最高傑作とも言える一枚です。
また、前述したカバーも盛り込まれており、中でもブラック・サバスの"Paranoid"は、原曲を45回転にすると、DICKIESバージョンになると、もっぱら話題になりました。しかし、ブラック・サバスにモンキーズにバリー・マグガイアですよ、チョイスが。現在入手可能なCD盤には、さらに、ボーナストラックとして、クリスマス・シングルとしてリリースされた"Silent Night"や、サイモン&ガーファンクルの"Sounds Of Silence"も収録されており、私は"Sounds Of Silence"のスタジオテイクを持っていなかったため、CDを買いなおしました。それほどまでに彼らのカバーは魅力的です。
とにもかくにも、このアルバム、1曲目"Give It Back"から、ブッ飛ばされます。キーボードを大胆にフィーチャーし、当時としては最高の速度を誇ると言える、カッコいい曲に乗る、アニメのような声、回転数を上げたおバカコーラス、もう、カッコいいことこの上なしです。そして、続く"Poodle Party"ではワンコの鳴き真似全開コーラスで、以降も、プープー言ったり、ピーポー言ったりと、ご陽気で、スピード感溢れる、SILLYで、POPな、DICKIES WORLDが次々と展開され、聞く者をおバカポップの大海原に、縛り付けたままフリチンで叩き込みます。今話題の羞恥心とかは、ぜひ彼らの"Poodle Party"の日本語カバーをアルバムに入れたり、"Banana Splits"のカバーやって、バナナをマイクに、バナナの着ぐるみを着て、デカいバナナを放り投げながら、転げ回ったらとても素敵だと思います。
DICKIESは次作、"Dawn Of The Dickies"では、多少スピード感と、バカさ加減を抑えつつも、ポップ街道をひた走るわけですが、その2nd.を最後にキーボードやサックスも担当していた、ドラムのChuck Wagonが、アル中による自殺か何かで、亡くなってしまい、'83年の3rd."Stukas Over Disneyland"は、Chuck Wagonが在籍した'80年にレコーディングされた4曲と、Vo、G以外のメンバーを一新した、新メンバーによる曲を合わせた作品として、リリースされましたが、やはり、初期のハジケ具合といった感は、なりを潜めてしまい、随分と普通のポップになってしまった感があります。そして、以降、迷走と不遇の時代を迎える事になります。

THE DICKIESは、後にUSポップ&メロディック・パンクの雄、ALL/DESCENDENTSなどにも多大な影響を与えたことが窺い知れ、また、近作は、FATからリリースされるなど、後のUS POP PUNK/MELODIC HARDCOREに、大きな道標を刻み、多大な功績を残しました。また、ドイツのGIGANTERや、スウェーデンのSTUKASなど、世界中にフォロワーや、ファンもいます。そしてなにより、DAMNED等と同じく、形を変えこそすれど、21世紀に生き残っている事実こそ、THE DICKIESの類稀なるポップ・センスと、多くのパンクスに愛された証ではないでしょうか。

THE DICKIES Official http://www.thedickies.com/
THE DICKIES MySpace http://www.myspace.com/dickiesband

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。