High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FREEGAN - We Need Brakes


2007年、当時15歳という若さのTAIGA (Gt., Vo.)を中心に結成されたFREEGAN。2009年に現ベーシストKEIが加入し、当レーベルのコンピレーション、"HIGH-SPEED-FLOWER VOL.2 -Soul over the razoredge-"にも参加の、メロディック・パンクの次世代を担っていくであろう彼等の2011年度最新音源。ドラムにHorse&Deerの猫にゃん太を迎え、彼等ともなにかと縁の深いHopeless DewのDEVUがエンジニアリング。全11曲、15分23秒。

"HIGH-SPEED-FLOWER VOL.3 -TOO FAST EVERYWHERE-"にも参加の彼等のサイド・プロジェクト、KEIくんを中心とするMasterplanBがより近代的なメロディック・ハードコアの匂いを感じさせるのに対し、トラくんがイニシアチヴを取る本家FREEGANはより一層、パンクの匂いを撒き散らした、パンク的骨子を持ったバンドであると言えます。
それにしても、この若さでその流れの中の様々なパンク・ロックを消化しているのにいつもビックリさせられます。範疇しとしてはおそらくは最近のメロディック・ハードコアの括りに入れられるのだろうけど、最近のこのシーンには本当に少ない、強いパンク色の打ち出し方と、自由きままっぷり、多様化したパンクを見事に楽曲として消化している様は、本当にカッコいいものだと思うし、そうしたことはうっすらメロコアとかって呼ばれるものしか聴いてないんだろうなというようなバンドとは明らかに一線を画す、様々な意味でのパンクの懐の深さといったものを感じさせてくれます。
ま、しかし、毎度、毎度、本当にコイツらイカレてるなと。いや、褒め言葉ですよ。俺的にはパンクとしての最高の褒め言葉。私が以前言っていたネックの部分も解消され、バンドとしても今後の飛躍が期待されるデモ音源。つか、アルバムとか作ると30曲くらい入れんのかな、こいつらなんかすげぇパンクだし。そりゃあ、楽しみだな。

パンクの楽曲のコンポーザーとしてのライティング・センスは、トラくんもKEIくんもケタ外れだと思うの、ホントに。まあ余談ですが、そんなこんなで、実は俺はKEIくんに、PSYCHOMANIAの曲も一曲作ってもらってたりするのね。ちなみにその"Anthill"って曲は、Kei Ishikawa Worksのbandcampで聴けます。いやね、ほんとインストとして充分完成してるから、歌メロ作るのもムズイのなんの。まあ、そんな感じで合作を強要するほど、ボクは彼等の若いパンクの感性やパンク的な本能に入れこんでます。他にもウチ絡みでちょっとイカレたオタクなお仕事もしてもらう予定なんですが、まあ、その辺はボチボチ報告します。
そんなパンクの若き天才たちの源、FREEGANの"We Need Brakes"、ウチのSHOPにも置いとくんで、気になる方はチェックしてみてください。

FREEGAN Official http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=freegan_dick
FREEGAN Bandcamp http://freeganfixed.bandcamp.com/

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。