High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSYCHOMANIA -ANOTHER GREAT ABOUT TRACKS-


不和が頂点に達し、一回解体したた後にオイラがギターも弾くことにして、当時まだ年端もいかないテッキンを言葉巧みに騙してメンバーにして、ドラムは前のメンバーに手伝ってもらったりしながらトリオでゴーという新生PSYCHOMANIA、1992年頃の7曲入りテープ。

俺自体それまでギターって曲作るくらいしか弾いてなかったんで、まあ、それがいきなりボーカリスト兼ギタリストになっちゃったわけで、曲作る時も、これLIVEとかで弾きながら歌えるんか?それも暴れながらとかって、そんなこと考えて作るから、おのずとシンプルな感じになるわけで。
ま、しかし、そこはアレンジとかバリエーションで補ってる感はちっとしたりするので、これまでのものよりは本当に自分のやりたいことをやり始めた感じとかは思うのですよ。なにより、自分の本来のドス黒さとか湿り気とかが一気にリミッター解除されて、歌詞にもメロディーにも曲調にもそれが反映されてるってのを実感できるという。

当時、前のメンバーをどうやって殺したろかいなとか考えながら作ってるという、"気狂いピエロ"や"メリーゴーランド"とか、もうグリグリに黒くて怨嗟とか孕んでたりして、この辺りはホントこの頃の感性が出てるなとか。
後に大幅に歌詞を変え、メロディーを練り上げて、再構築することになる"メリーゴーランド"は、歌詞が病んでて、曲調もLETHERFACEみたいで、さらにテッキンならではのグリッグリのベースラインもかっちょいい、こっちのバージョンも同じくらい好きなんですよね。
そんなこと言いながら、歌謡曲からインスパイアされたり、あれほど疎ましかったポップであることや、キャッチーであることを、それも重要な要素であると素直に感じられるようになってたりして、人間の器は相変わらずちっさいのですが、音楽的な許容範囲は広がってきたってことが、この作品の自分的に重要なポイントだったりします。
まあ、昨今のメロコアとかってもんでは決してないと思うんだけど、メロディアスな部分やキャッチーな部分ってのを残しつつ、オールドスクールな味わい、Oiとかハードコア的な要素、そんなものを当時なりに消化できてるし、今聴いてもパンクと定義づけられることをきちんとやれてたんだなと思えるのは、やっぱ当時やりたいことができてたのと、安心できる相棒がいるってのが大きかったんでしょうな。

でもって、この後、女の子ドラマー入れたり、俺もルックスがキャプテン・センシバったりして、一見ポップなルックスををきどりながらハードコア路線気取るのが萌えだよねとか、もう思いつくままに好き放題やりまくる裏の全盛期に突入してくわけだね。

http://hsfr.jp/contents/0/img_1335590133455731.jpg http://hsfr.jp/contents/0/img_1335590221721336.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。