High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RENTOKILL -BACK TO CONVENIENCE-
バック・トゥ・コンビニエンスバック・トゥ・コンビニエンス

レントキル


ストロングで、ハードにお届けしてる感じのここ数日ですが、In-n-Outさんのおかげで、その名も「シリーズ男汁」と今、決定しました。そんな感じだとなんかLOW VALUEとか、M-SIXTEENに少し申し訳ない感じも少しするのですが、まぁ、きっとあぶねぇ汁はかなり出てるだろうし、シリーズ名なんざ、私の思いつき以外のなにものでもないので、まぁ、いったい、いつからがシリーズ男汁なのかは、皆さんの判断におまかせします。しかし、まかせられたところで、困るかもしれないので、やっぱ、昨日からでいいや。CEREMONIAL SNIPSから、シリーズ男汁です。

男汁全開のハードコアと言われて、すぐ思いつくのは、なんと言っても、このオーストリア共和国のパンク・バンド、このRENTOKILLです。しゃがれたボイスにシンガロング、ザクザクの刻み、ダコダコのリズム、蹴躓きそうな速度、もう、漢と書いて男と読む、まさにそれです。そして、またもそんな男汁全開のバンドの1st.フルレングスの国内盤リリースは、In-n-Outさんです。もう、男汁シリーズは別名、漢のIn-n-Out特集の様相を呈しています。
この"Back To Convinience"、オリジナル・リリースは'04年で、その翌年、2つのレーベルのディストリビートに乗り、かなり各国で流通します。In-n-Outの国内盤リリースは'06年です。それ以前の音源は、1999年にMCD"Initation"、'01年にMCD"6 Days"、'03年にMCD"Devils Change Faces"と、全てD.I.Y.でリリースしてます。また、ドイツやブラジルのバンドなどとのsplitもリリースしているようで、精力的に活動しており、そのスタンスや、アティテュードといったものにも、パンクらしさが窺えます。

全体的にオールド・スクールの臭いをプンプンさせながら、近代的なメロディック・ハードコアのスピード感を併せ持つ、RENTOKILLは、一見不器用そうな印象とは違い、結構多くの引き出しも持っているようで、その速度の変化やアレンジにも、シンプルながら、様々に工夫が見られます。初期NOFXっぽい切り口や、またRANCIDのカバーなどもやるあたり、USメロディックの影響も大きく感じられます。またそれ以外にも、多くの国や、時代のパンク、ハードコアといったバンドもバックボーンにあるのでしょう。個人的にはかなりパンクを分かっているバンドで、サウンドだと思います。
"Back To Convinience"でも男節全開で、アグレッシヴに高速ハード・ストロング・ナンバーを全編にわたり展開しています。しゃがれ声ですが、きちんとメロディーもあり、充分にメロディック・ハードコアのカテゴリーに類するサウンドです。前述したように、オールド・スクールと近代スピードがいり混じった感覚は、このバンドの魅力的な部分で、それこそが、彼らが、かなりのストロング・スタイルを保ちながら、近代メロディック・ハードコアのように聴かせている最大の要因だと思います。曲間のフックの効かせ方は、昔のパンクのような感じも多く、他の部分は超高速に飛ばします。そういった、アレンジやフックのかけ方に、往年のパンクやハードコアを髣髴とさせる部分が見え隠れします。そこに近代的なスピード感やギター・アレンジが加わることで、新しさと古さの混在した、パンクの味わいと、彼らの個性を出しています。前半かなりストロングで高速に聴こえますが、耳がこ慣れてきた終盤のあたりは、普通にメロディック・ハードコアに聴こえたりするのも、変な感覚です。そのタフでハードな印象からすると、意外かもしれませんが、かなり幅広い層にアピールできるバンドなのかもしれません。

昨年リリースされたばかりの、2nd.フルレングス"Antichorus"でも、そのサウンド、アティテュードとも大きな変化は見せておらず、というか余計にゴリくなっているようで、頼もしい限りです。これはイタリアかどっかのレーベルから出てるかと思いますが、流通も良いようです。また機会があれば取り上げたいなと思っています。最も近作としては、LEATHERFACEのトリビュートにも参加しており、"Trenchfoot"を、実に彼ららしく、ネバらせたり、カチ飛ばしたりしています。なんにせよ、カバーするバンドのチョイスといい、このバンドは自分たちの特性をよく分かっている感じです。

RENTOKILL Official http://www.rentokill.com/
RENTOKILL MySpace http://www.myspace.com/rentokill


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。