High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CURBSIDE - THE SOUND I KNOW


かなり期待していた、BELLS ON RECORDSのニューバンド。LOUIEさんのご厚意により一足先に聴かせてもらいました。それにしても、きっとこういうバンドも、BELLS ON RECORDSのリリースとかが無いと知らなかっただろうし、BELLS ON RECORDSはいつも超頑張ってらっしゃる。頭の下がる思いです。

というわけで、このカナダのCURBSIDE、レーベルのインフォにあるように、聴き応えのあるメロコアの王道といったサウンド、そのメロを前面に押し出したスタイルが非常に好感を持てます。過剰なピロピロっぷりではなく、ほどよいギターアレンジだとか、絶妙な緩急のアンサンブルだとか、最近はこのようなバンドも少なくなりましたよね。
そういう意味でも、ホントに良い感じの歌モノのメロディック・ハードコアといった感じです。力強く良メロを壮大かつ爽快に歌い上げるボーカルスタイルも実にグッドですね。
全編高速カチ飛ばしとかを望んじゃうとアレなんですが、旨い具合の緩急つけたアンサンブルだとか、そのミッド×高速織り交ぜた、ドライヴ感とグルーヴ感といったものを見事に両立させた、魅力のあるサウンドを持ったバンドだと思います。

ストレートに全編に高速メロディック感を叩き出す"BreakIng In"のような高速ナンバー時に飛び出しますが、基本は抑えた切り口でミッドテンポと思わせつつ、時に力強さとかも感じさせぇの、やっぱツッタンツクタンとかはやっぱ途中でやっちゃったりと、そういった緩急で深みやアンサンブルを際立たせるというのが、このバンド本来のスタイルのようですね。サビとかになると急に加速しちゃったりするのとか、盛り上げ方が巧いバンドだなと感じますね。とにもかくにも、全編に渡る良メロってのは基本絶対崩さないし、そこを壮大かつ爽快に、ドラマチックなアレンジとともに歌い上げるボーカル、またコーラスの絡みとかもにも時にグッときたりとか。
そんなエモーショナルな味わいもありつつ、近代高速メロデック・ハードコアの旨味といったものも当然のように内包した、久々の正統派のメロディック・ハードコアといった印象がナイスでしょう。MUCH THE SAMEのカバーとかそういうのもソーナイス。
私が個人的に一番好きな曲は、シブイミッドの入口から加速し、またドラマチックにミッドと高速織り交ぜ、そのアンサンブルでメロの魅力を引き出してみたりする、前述したような彼等の手法が詰まった"54 Queen Street South"でありますよ。

そんなわけで、最近はとんと海外のメロディック・ハードコアを日本に持ってきてくれるレーベルが少なくなったというか、皆無になったと言っていいほどの中、一人気を吐くBELLS ON RECORDS。その姿勢は同業者として常に見習うべきところであり、今後のリリースも期待しております。

CURBSIDE audioleaf http://www.audioleaf.com/curbside/
BELLS ON RECORDS Amazon store http://www.amazon.co.jp/aw/s/?_encoding=UTF8&camp=247&creative=7399&linkCode=ur2&me=A3FOPEHJFOJLZL&tag=boras-22

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。