High-Speed-Flower
徹頭徹尾高速哀愁。HIGH-SPEED-FLOWER RECORDS レーベル情報、高速メロディックパンクを中心に、バンドや音源について書き連ねていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ASADO - EQUIPPED TO FAIL


ああ、待ちに待っておりましたよ。カナダの高速メロディックハードコア、ASADO、最新2nd.フルアルバム、5月15日にBELLS ON RECORDSより発売されました。
高速にしてメロディアス、テクニカルにしてプログレッシヴといった、ガッツリ楽しみながら聴くには、もうほぼ完璧といっていいこのバンド。まあ、3DAYBINGEのボーカリストでもあるRJ師匠のそのよろしく哀愁な歌声だけでも、STRUNG OUTのJason先生とかと同じで、もうなんでもアリとか思えちゃうので、前作同様、絶賛しかしないよボクは。

ま、プログレッシヴといえば、最近はあまりに斬新すぎちゃったりする人とかもお見かけしたりもしますが、この人たちのプログレッシヴさってのは、その緻密なアレンジだとか、自由なアプローチであるとか、そのアンサンブルに非常に巧みに新しいものも取り入れてるという印象を受けるわけで、だから決して聴きづらいとかそういうことが一切ないの。というか、めまぐるしい展開の中にも、その根幹に疾走するロックン・ロール的な感覚があって、そういうのがとても心地よいわけです。そういう点に於いては、この新作では、前作では全く匂わなかったとも言える、3DAYBINGE風味なとこも多少の匂いはしてるというね。
また、前作ではメタリックな部分とかエッジが効いてる部分がかなり全面に押し出されてた感がありましたが、アルペジオ増しな本作では、前述したようなその根幹の部分がよりわかりやすくなったように感じます。
そういう意味では、今作では心地よさとか気持ちよさ増し、やらしさでいうと前作ということになりますかね。ま、もちろん両方とも大好きなんですけども。
以前つまみで試聴した時には、ちょっと落ち着いたかなとかも思ったりもしたのですが、ところがどっこい、もう至る所にフックを効かせつつ、全編にわたりカチ飛ばしのブチ飛ばし、その上、この歌、この声なんで、メロディアス極まる高速モノという他ないであります。
そんなブチ飛ばしながらも、その深みと奥行をじっくりと味わいたい、大人の高速メロディック・ハードコアといった満足と満喫の一枚。


過去の記事 http://highspeedflower.blog25.fc2.com/blog-entry-119.html

ASADO http://asado.ca/
ASADO facebook http://www.facebook.com/Asadoband

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。